中谷 百合 犬 猫 みなし ご 救援 隊。 NPO法人 みなしご救援隊 犬猫譲渡センター 犬猫ひきとり,犬猫里親さがし,犬猫保護団体,保護犬引きとり保護,保護犬カフェ,保護猫カフェ,ドッグカフェ,犬猫引きとり施設,犬が飼えなくなった,猫が飼えなくなった,犬の里親になりたい,猫の里親になりたい,殺処分ゼロ

労災・労働災害・社会保険に関することなら栃木県の大塚労務管理事務所/ホットニュース

中谷 百合 犬 猫 みなし ご 救援 隊

www. inu-namae. com. 2019年9月30日閲覧。 「障害犬急増、関心持って ペットブーム 安易に交配 疾患協会「法規制を」」『』2010年10月4日、西部夕刊、p. サイゾーウーマン. 2019年9月30日閲覧。 「猫すべて引き取ります 殺処分 県内0へ 安佐北のNPO=広島」『読売新聞』2016年7月22日、大阪朝刊、p. 「復興掲示板」『読売新聞』2012年3月17日、東京朝刊、p. 「福島の警戒区域で動物保護 那須塩原に拠点のNPO法人、活動記録を写真集に/栃木県」『』2012年3月14日朝刊、栃木全県・1地方、p. 「野良猫の殺処分ゼロへ、NPOが不妊・去勢手術 備前・日生 /岡山県」『朝日新聞』2017年11月24日朝刊、岡山全県・1地方、p.

次の

余命三年時事日記って真に受けていいの?61

中谷 百合 犬 猫 みなし ご 救援 隊

2020. 中小企業へ出る東京都の感染拡大防止協力金も、NPO法人は除外となっております。 とはいえ、当センターが無くなってしまえば、今ここにいる保護犬猫の行き場がなくなってしまう事に繋がり、それは避けなければなりません。 様々な状況を鑑みまして、心苦しいのですが東京支部は感染拡大防止策を徹底しての開場とさせて頂きます。 これは来場を促すものではありません。 犬猫たちは人間を癒してくれる存在ですが、里親希望者や散歩ボランティア. 相談等を優先し、不要不急の来場はお控え下さい。 また、徒歩や自転車. 自家用車での来場をお願いし、公共交通機関を使ってのご来場は極力お控え下さい。 入場時は、下記をお願いしております。 スタッフも消毒体調管理等を徹底して参ります。 東京支部ページ下部のGoogleカレンダーにて、その日の営業時間はご確認をお願い致します。 皆さまどうぞご協力のほどよろしくお願いします。 2020. なお、一階のトリミングサロンは感染予防対策をし、営業致します。 7日以降の営業は、おってお知らせ致します。 犬猫たちのお世話はスタッフがおりますので、ご安心下さい。 自粛を乗り越え、この事態が一刻も早くおさますよう、願っています。 2020. 一日でも早く保護犬猫たちに、あたたかな里親さんを探してやりたい… 団体運営としても休んでいてはこれからどうなるのだろう… が、 今は己の事ばかりでなく世界全体を考え行動するべき時、一刻もはやく正常化するには急がば回れだと考え、臨時休業とする事としました。 いま世界中で、不安のなか前線で戦われている医療従事者の方々には頭が下がる思いです。 皆さんも団結してコロナを乗り越え、またカフェの保護犬猫たちに会いに来てやって下さいませ!•

次の

労災・労働災害・社会保険に関することなら栃木県の大塚労務管理事務所/ホットニュース

中谷 百合 犬 猫 みなし ご 救援 隊

Sqj NOZOMI3. tNOnono. 歌にも仕事にも集中できず、大好きなフットサルの練習と試合にも集中できませんでした。 梨華ちゃんと一緒になって、何度もあいぼんに説得したのだけど、全然わかってもらえなくて 梨華ちゃんと泣きながら家に帰った事もたくさんありました。 せめてこんこんとこんこんの友達とは、プライベートで遊ばないように何度もお願いしても 返ってくる言葉は「プライベートにまでいちいち干渉しないで」の一点張りでした。 あいぼんがこうなったのもWのリーダーである私のせいです。 これまで応援してくれたファンの方や、これからのWのことを心配してくれるファンの方に ホントにホントに「ゴメンなさい」と直接会って泣いてあやまりたいです。 もしそういう機会があったらどうかののとあいぼんのことを許してあげてください。 あいぼんはののや四期メンバーにとってなくてはならない存在なんです。 あいぼんがいないWなんか考えたこともないし、あいぼんのいないWで活動するのは寂しいです。 これまでWを応援してくれたファンの方に心からおわびをします。 「すいませんでした。 」 そして今回のことを許してくださるファンの方に、「これからのWは心機一転がんばりますので、 どうかこれからも応援してくださるようにどうかどうかお願いします。 」 by辻希美 土曜日夜9時からの土曜ワイド劇場枠で単発三作品が放送され、その後レギ ュラー化。 当初は「相棒・警視庁ふたりだけの特命係」というタイトルだった。 因みに警視庁には特命係と呼ばれる部署は実際に存在している(正 確には略称であるが正式名称の中に特命係と含まれているので特命係と 呼称される)。 しかし、生活安全部ではなく警備部の所属となっている。 劇中内のエピソードでは特命係は本来刑事部の所属となるはずであったが、 エリート志向の強い刑事部が閑職を部内に置くことを嫌い、しかたなく本庁内でもランクが低いといわれる生活安全部に押し付けたということになっているらしい。 脚本・キャストのクオリティは刑事ドラマの中でも屈指の高さで 、ドラマの完成度が非常に高いため、ファンからは全作品のDVD化を 求む声が絶えない。 杉下右京(警視庁生活安全部特命係係長・警部。 土曜ワイド初期設定は警 部補)-水谷豊 東京大学を卒業した後、イギリスに渡る。 帰国した後警察庁に入庁する。 警視庁刑事部捜査第二課に出向し次々に事件を解決するが、あまりにも切 れ過ぎる頭脳と、何を考えているかを判らせない素振りが、周囲には「変 人」に見え、それ故に窓際部署である特命係に追いやられたままである。 特命係では備え付けのコーヒーを飲まず、いつも丁寧に入れた紅茶を飲む というかなりの紅茶通。 1st Season終了時一旦警察庁に戻り、警視庁警察 学校の教官(ちなみに、この部署は出世が約束される花形ポストである) に異動するがこれを拒否し休職してロンドンへ。 2nd Seasonで特命係復活に伴い復帰、3rd Seasonでは免職されているがこれまた復職している。 亀山 薫(警視庁生活安全部特命係・巡査部長。 土曜ワイド初期設定は 巡査長)-寺脇康文 実家は新潟県にある造り酒屋(本籍地(初期の設定か?)は松山市)。 大 学を卒業して警視庁に入るが、お人好しの性格の為か捜査第一課内で失 態を重ねたため、特命係に追いやられる。 腰が重いわりに、口が軽い。 警 視庁内で唯一杉下右京と長時間一緒に居ることが出来る。 「特命係の亀山」と 呼ばれることを特に嫌っている。 1st Season終了から2nd Seasonで特命係 復活まで警視庁の運転免許試験場に異動、3rd Seasonでは第5話まで麹町東署刑事課捜査一係(強行犯係)に異動していた。 推薦で体育大学に進学できたほど、運動神経は良い。 奥寺美和子(帝都新聞社会部記者)-鈴木砂羽 警視庁記者クラブの記者を務める。 亀山とは大学時代からの付き合い で長い間同棲していたが、3rd Seasonからは別居中。 過去に刑事部長の 足を踏みつけたこともある(1st Season 第5話にて)。 土曜ワイドでは「新ふくとみ 」の女将)-高樹沙耶 右京の元妻。 離婚しても杉下のことを何かと気遣う。 角田六郎(警視庁生活安全部薬物対策課課長)-山西惇 「よっ、ヒマか?」が口癖。 角田自身がヒマなのかは不明だ が、ちょくちょく特命係にやって来て(特命係の上司という わけではない)コーヒーを飲みながら雑談している。 本人は何をしてい るのかは不明だが、特命係が薬物関係の事件を解決すると手柄は角田の ものになる。 刑事部長との仲はあまり良くないようだ。 また、実兄が京 都府警で働いている。 実在の薬物対策課は「銃器薬物対策課」への変更 を経て現在は組織犯罪対策部組織犯罪対策五課なのだが作品世界の都合上そ のままになっている(杉下に対しては「警部殿」と言っているが、本庁の課長であることから、階級は警視もしくは警視正であると考えられる)。 米沢 守(警視庁刑事部鑑識課)-六角精児 特命係に対して協力的である。 趣味は落語と、右京と共通する点があり、 何かとウマが合う。 高所恐怖症でもある。 また、自称アナウンサーオタクらしい。 さらに、離婚経験もある。 「落語のチケット」と交換に、「捜査一課がつかんだ情報」を右京に提供している。 伊丹憲一(警視庁刑事部捜査第一課)-川原和久 特命係が動くことを疎ましく思う一人。 「特命係の亀山~!」や「亀吉~!」は、亀山と鉢合わせた時に出るセリフ(「特亀」や「亀子」と言っていたこともある)。 しかし事件によっては亀山と協力して捜査することもある。 特異体 質の持ち主でもあり誰かに噂されると背中がかゆくなる。 亀山に「伊丹」ではなく「畳」と呼ばれたことがある。 ( 1st Season 第9話で亀山が「この人、警部狙ってますよ~」と言っていることなどから、階級は警部補と考えられる)。 三浦信輔(警視庁刑事部捜査第一課)-大谷亮介 伊丹とともに特命係が動くことを疎ましく思う一人。 土 曜ワイド劇場の1作目では、特殊犯捜査一係の室谷警部補としての登場だった。 芹沢慶二(警視庁刑事部捜査第一課) -山中たかシ 亀山、伊丹、三浦の後輩。 島根県出身。 伊丹、三浦に何かと指 示されているが、二人に比べると特命係に敵意は無い。 若いせいか、たまに刑事とは思えないような言動をする。 2nd Seasonからの登場。 1st Seasonの第1話では亀山を狙撃しようとするスナイパー役で登場した。 内村警視長(警視庁刑事部長)-片桐竜次 亀山を特命係へ追いやった張本人。 出世のためか保身 のためか、特命係の動きを最も疎ましがる。 中園警視正(警視庁参事官)-小野了 内村と行動を共 にすることが多い。 内村と同様、特命係の動きを疎ましがっている。 内村の腰巾着的な存在。 小野田公顕(警察庁長官官房室長)-岸部一徳 警察庁から警視庁に出向し ていた幹部の一人。 警視庁時代に、某人質事件に対応すべくプロジェクト チーム「緊急対策特命係」を作り、その参謀が杉下右京だった。 この時判 断ミスでメンバーに殉職者が出てしまうが、この責任は窓際部署「特命係」 への封じ込めと言う形で杉下一人に押し付けられた。 つまり特命係誕生の原 因を作った人物でもある。 その後も何度か廃止された特命係の復活に関与し、 特命係を自分の手足、はたまた趣味に使うことがある。 通常は右京たちの味方 だが、たまに味方なのか敵なのか分からない行動をとることもある。 結果的 に「ただの役人であり、結局は利用しているだけ」と言えるだろう。 ちなみ に「官房室長」は架空の役職名だが、2nd Seasonから杉下、亀山には実在の役 職名である「官房長」と呼ばれていた。 階級は警視監(1st Season 第11話 で「警察庁長官官房の小野田警視監だ」と言う伊丹の台詞がある)。 杉下と 二人で食事をすることもあり、回転寿司店で食べ終わった皿をレーンに戻し て杉下にたしなめられたことがある。 [編集]その他のキャスト浅倉禄郎( 元東京地方検察庁検事)-生瀬勝久 亀山薫の無二の親友だった男。 東京地検 でも優秀な検事であったが、「平成の切り裂きジャック」という異名をとら れるほどの連続殺人犯であることが発覚、特命係に逮捕される(土曜ワイド 劇場「相棒2」にて)。 死刑判決を受け拘置中だったが脱走し記憶喪失状態で 発見され再拘置されたものの、2nd Season 最終話で拘置所内で殺されてしまう。 武藤かおり(武藤法律事務所・弁護士)-松下由樹 法の裁きがすべてであると信じて疑わない弁護士。 大河内春樹(警視庁監察官) -神保悟志 2nd Seasonから登場。 かなり几帳 面な男で、常に錠剤を口にしていることから、周辺からは「ピルイーター」と呼ばれている。 警視庁内では珍しく特命係を助けることがある。 実は錠剤と見せかけているものは彼の大好物であるラムネ菓子。 瀬戸内米蔵 -津川雅彦 衆議院議員で元法務大臣。 実家は寺であり、幼少の ころに得度を受け、以後僧侶として生活していたが、選挙に出馬するにあたり 還俗した。 その為正義感も人一倍強く、また法務大臣任期中には死刑執行書 には署名をしなかった。 その一方で北条が犯した事件に関して、小野田か ら北条の保釈を依頼され、苦渋の決断を下した、ということもあった。 2n d Seasonの最終回スペシャルで登場。 以後は主にスペシャル版で登場する ことが多い。 海音寺菊生(麹町東署刑事課長) -竹中直人3rd Seasonに て亀山が異動となった麹町東署の刑事課長であり、亀山の直属上司となった 男。 非常に変わった性格の持ち主であったが、本当は亀山のことを理解している人物。 1st season最終話で杉下達に殺人罪で起訴されるも、その後通常 ではありえない司法取引で保釈された。 鹿手袋啓介(院内紙記者) -西村雅彦 元帝都新聞記者で美和子の先輩。 3rd Seasonで美和子の浮気相手として登場。 ヒロコ -深沢敦 亀山の知人で、都内で飲食店(ゲイバー)を経営。 若杉栄一 -マギー 同じく亀山の知人。 かつて都内で借金取りをしていたが 、現在は北海道内でタクシー運転手を務める。 杉下花 -原沙知絵 右京の姪(正確には遠縁)で、ニューヨーク在住のフォトグラファー。 ハーバード大学卒であり性格は右京とそっくり。 土曜ワイド劇場脚本:輿水泰弘 音楽:池頼広 助監督:安養寺工殺陣:二家本辰己 宣伝:保坂正紀 tv asahi チーフプロデューサー:松本基弘 tv asahi プロデューサー:島川博篤 tv asahi ・香月純一、須藤泰司 東映 プロデューサー補:西平敦郎 東映 監督:和泉聖治 製作:tv asahi・東映 [編集]1st Season 脚本 輿水泰弘 1・2・5・8・11・最終話 櫻井武晴 3・4・7・10話 、砂本量 6・9話 監督 和泉聖治 1・3・5・6・11・最終話 、麻生学 2・4話 大井利夫 7・8・10話 、吉野晴亮 9話 タイトルバック・・・サワイアキヒコ(ピヨゴンピクチャーズ) [編集]2nd Season 脚本 輿水泰弘 1・2・10・11・13・18・21話 櫻井武晴 3・7・8・15・16話 砂本量 4・5・6・9・14・17話 深沢正樹 12・20話 、坂田義和 19話 監督 和泉聖治 1・2・7・9・11・12・15・16・20・21話 大井利夫 3・4・5・6・10・13・14話 橋本一 8話 、吉野晴亮 17話 、長谷部安春 18・19話 [編集]3rd Season脚本 輿水泰弘 1・2・3・4・5・9・19話 砂本量 6・7・12・16話 櫻井武晴 8・11・13・15話 東多江子 10話 、岩下悠子 14話 、林誠人 17話 、近藤俊明 18話 監督 和泉聖治 1・2・3・4・5・11・12・15・16・19話 長谷部安春 6・7・10・13話 猪崎宣昭 8話 、橋本一 9・14・17話 、近藤俊明 18話 土曜ワイド劇場 脚本は3本とも輿水泰弘 「刑事が警官を殺した!? 」(2000年6月3日、視聴率17. 第5話 「蜘蛛女の恋」 2003年11月12日 第6話 「殺してくれとアイツは言った」 2003年11月19日 第7話 「消えた死体」 2003年11月26日 第8話 「命の値段」 2003年12月3日 第9話 「少年と金貨」 2003年12月10日 第10話 「殺意あり」 2003年12月17日 第11話 「秘書がやりました」 2004年1月7日 第12話 「クイズ王」 2004年1月14日 第13話 「神隠し」 2004年1月21日 第14話 「氷女」 2004年1月28日 第15話 「雪原の殺意」 2004年2月4日 第16話 「白い罠」 2004年2月11日 第17話 「同時多発誘拐 消えた16人の子供達」 2004年2月18日 第18話 「ピルイーター」 2004年2月25日 第19話 「器物誘拐」 2004年3月3日 第20話 「ニ分の一の殺意」 2004年3月10日 第21話 「私刑」 2時間スペシャル 2004年3月17日 [編集]3rd Season 2004年10月13日 - 2005年3月23日、全19回、平均視聴率13. ただし、シリーズの呼称は『赤かぶ検事シリーズ 』となされている。 を原作にしたフランキー堺主演によるテレビドラマ・ シリーズの総称。 本稿で著述する。 なお、1994年からは橋爪功に主演がバト ンタッチされ、そちらは『新・赤かぶ検事奮戦記』シリーズと呼ばれて区別 されている。 製作史朝日放送と松竹によって第1シリーズ全5回が製作さ れ、1980年10月にテレビ朝日系列で金曜日夜9時から1時間枠で放送された。 原作同様に既存の推理ものドラマを覆す面白さが受け入れられて、以後こ の金曜夜9時の時間枠において1985年までに計4作のシリーズ、90年代はじめ に3本のテレビスペシャル、そして1992年にタイトルを「赤かぶ検事の逆転 法廷」と変更したシリーズ正統な連続ドラマなどで、赤かぶ検事役のフラン キー堺とその古女房役の春川ますみは固定しながらドラマの舞台やレギュラ ーを変えつつもティストを崩さずに作られていた。 素人探偵が犯人に崖で自白させて解くような現在の凡百の推理モノのドラ マとは違い、はいあがりの赤かぶ検事が一癖も二癖あるエリート弁護士と の法廷対決から苦節何十年の経験と法律知識を駆使して解き明かすから、納 得がいく面白さ。 そして毎回一話完結でテンポよく進んだ。 これは原作のほ うの「赤かぶ検事シリーズ」初期における一話あたりの長さが中編というス タイルなため功を奏したと言えよう。 また、初期原作で一話だけ取り入れら れた、弁護士ではあるが実の娘の葉子との法廷親子対決が毎回描かれる。 [編集]シリーズ一覧 赤かぶ検事奮戦記 全5回、1980年10月1日から10月31日まで 原作どおり 、岐阜県高山市が舞台。 娘・柊葉子役は倍賞千恵子、赤かぶ検事の相棒とな る榊田警部補役は森田健作、敵役で敏腕弁護士の法眼正法(ほうがんまさの り)役は沖雅也。 赤かぶ検事奮戦記II 全13回、1981年11月27日から1982 年2月26日まで き続き岐阜県高山市が舞台。 柊葉子役は片平なぎさに、法眼 正法役は勝野洋にチェンジ。 かぶ検事奮戦記III 全14回、1983年1月7日 から4月8日まで 原作に沿い、岐阜県高山市から山口県に転任して、歴史情 緒ある萩市の萩支部と日本有数の水産都市の下関市の下関支部を兼務。 前2 作に出ていた森田健作が、やはり赤かぶ検事の相棒となる笛吹警部補役とし て再登場。 葉子役は和泉雅子にチェンジ。 敵役となる敏腕弁護士の妙泉憲正 (よしずみのりまさ)役に荻島真一、そして原作にはない設定で、その妙泉 と娘・葉子は結婚していて一女までもうけている。 赤かぶ検事奮戦記IV 全10回、1985年11月15日から1986年1月31日まで ラマオリジナルの設定で静 岡県浜松市に赴任。 しかし、前シリーズ「III」の設定を破棄して葉子は原 作通り未婚の独身に戻る。 その葉子役に星野知子。 葉子が所属する浜松の弁 護士会を束ねる大物弁護士の大久保団蔵役に内田朝雄。 赤かぶ検事の相棒は 二人となり、本多泉検察事務官役の小倉一郎と水野鉄太郎刑事役の竹内力が 凸凹コンビのライバルを演じる。 テレビスペシャル いずれも「火曜ミステリー劇場」枠赤かぶ検事奮戦記 おしゃべり地蔵殺人事件 1990年4月17日 いままでの設定をトータル リコールし、舞台は岐阜県高山市に戻る。 葉子役にかたせ梨乃、法眼正法 役に田中健赤かぶ検事奮戦記II 笑う楊貴妃観音殺人事件 1990年10月16日 同じ岐阜県内ではあるが、郡上市の郡上八幡支部に転任。 葉子役に美保純。 赤かぶ検事奮戦記 南紀勝浦温泉殺人迷路 1991年2月12日 2時間サスペン スドラマのお約束ごと、温泉観光地がある和歌山県の南紀勝浦に転任。 葉子役 は引き続き美保純。 赤かぶ検事の若かりし頃のエピソードも描かれる。 赤かぶ 検事の逆転法廷 全11回、1992年1月6日から3月16日まで スペシャル版最 後の赴任地、和歌山県勝浦から原作の設定にある石川県金沢市の加賀支部に転 任。 赤かぶ検事初の女性の相棒となる池山早苗警部補役に沖直美、敵役の法眼 正法役は石川県出身の御木本伸介。 葉子役は引き続き美保純だが、このシリー ズでは法廷親子対決はかねてからの信憑性のなさが指摘されて無くなる。 葉子 はもっぱら赤かぶ検事の調査の補佐役。 他のレギュラーは、テレビスペシャル から起用された吉沢検察事務官役の桜金造や榊田捜査課長役の高峰圭二がそっ くりそのまま移弱者を法律で救う熱血行政書士事務所職員の物語である。 週刊 モーニング連載。 資格を持たない行政書士補助者だった主人公の田村が試 験に合格して資格を取った時点で一度連載を終了し、2005年7月から『特上 カバチ -カバチタレ! 2-』とタイトルを変えて再連載中(2006年2月現在)。 人間が長年にわたって形成してきた慣習や振舞いの体系。 本稿で以下に記す。 いわゆるハイカルチャー(文学、美術など)を指すことも多い。 例えば「日本文化史」と称する本の多くは、源氏物語や和歌、仏教美術など上位の階層が担った文化の記述が大半を占めているはずである。 (上記の意味から派生)日本において主に大正時代に生まれた(あるいは輸入された)商品によく冠された言葉。 文化包丁、文化住宅、、文化鍋など 地名の1つ。 東京都墨田区にある。 日本の元号の一つ。 文化 元号 を参照。 衣、食、住などの日常生活に関わる慣習や習俗、さらにそれを支える芸能、 道徳、宗教、政治、経済といった社会構造まで文化の幅は非常に広く捉えら れてきた。 イギリスの人類学者エドワード・タイラーは、文化を、上述のよ うなものに加え、人間が社会の成員として獲得したあらゆる能力と慣習が文 化に含まれることを指摘している。 また、タイラーは単独の要素よりも様々 な文化要素の複合に着目し、それらが全体として文化を構成すると主張して いる。 会の成熟度が増していくにつれて、文化的事柄の体系と分岐は、繊細 さと精緻さの度合いを増していく。 たとえば、茶道や華道のしきたり、決まり の細かさを見るとよいだろう。 こうした様式の洗練は、文化の成熟の目安で もある。 タイラーの指摘に従えば、茶道や華道が単独で文化を構成すると言 うよりも、茶道が発達する社会的背景、慣習、宗教などの複合的全体が文化 であると定義付けることができる。 編集]化の尺度また、文化は、「未開」 の対極と考えられることもある。 ラテン語colere(耕す)から派生した英語 やドイツ語のcultureやKulturは、「文化」という意味以外に「耕す」、「培 養する」、「洗練したものにする」、「教化する」といった意味合いを持。 文化の概念は、通常、ある程度以上のサイズの人間集団に対してのみ用いら れ、個人に適用されることはない。 また、地域や集団、時代によって文化様 式は大きく異なることがある。 19世紀末から20世紀にかけて活躍したアメリカ の文化人類学者ルース・ベネディクトは、文化相対主義の立場から、個々の文 化はそれぞれの固有様式で統合されており、他の文化からの基準では本当の 意味では理解することができないと主張している。 文化は人間集団によって作 られるが、同時に個々の人間も環境という形で、不断に文化に適応、学習させ られていると考えられる。 日本文化や東京の下町文化、室町文化など地理的 、歴史的なまとまりによって文化を定義するもの、おたく文化のように集団 を構成する人を基準に文化を定義するもの、出版文化や食文化のように人の 活動の種類によって定義するものなど、個々の文化は様々な形で定義、概念 化される。 更に小規模な集団にも企業の「社風」、学校の「校風」、ある家 系の「家風」などがあり、これらも文化と呼ばれる。 なお、一般には文化の 概念を人間以外の動物に適用することはないが、文化の概念をより一般化し た形で、動物にも認める考え方もある。 文化 動物 を参照。 [編集]文化の特 徴人間は他の動物に較べ、環境に適応し生存していくための身体的特徴が少 ない。 動物の場合、肉食動物には牙や爪があり、寒冷地に住む動物が獲得し た厚い毛皮や皮下脂肪など、生存のための顕著な有機体的特徴・機能を持っ ている。 これに対し人間は、生存手段を生物としての身体的特徴以外に持っ ている。 狩の際には狩猟のための文化、即ち狩の道具や獲物を解体する道具 を用い、気候が寒冷ならばそれに適した文化、即ち体温維持可能な服装や住 居・生活習慣を生み出してきた。 このように、文化は有機体としての身体的 特徴を超えたところに存在する。 このような文化の特徴を、超有機体的性質 という。 文化のこの性質のために、人間は多様な環境に適応することができ 、技術の進歩や社会体制・思想の変化などに応じ、新たな文化体系を生み出 文化多元主義(マルチカルチュラリズム、多文化主義、英: multiculturalism)は、多民族社会において民族文化の多様性 を積極的に奨励し保とうとする思想、または政策。 国民の帰属 意識を一つに統合しようとする国家主義の対概念になる。 カナダのケベック州、アメリカにおける英語・スペイン語の二言語教育など が文化多元主義政策の好例である。 政治思想としては、主に共同体主義 者らが奨励し、価値中立的で手続き主義的なリベラリズムでは少数民族 の文化問題はうまく扱えないとして批判した。 政治思想では、 カルチュラル・プルーラリズム(Cultural Pluralism)の訳語として使う場合 もある。 この場合はマルチカルチュラリズムを単に「多文化主義」と明確に 区別する。 カルチュラル・プルーラリズムは近代主義とセットで使われ、同 じ文化の多様性を標榜する思想ながら次のような違いがある。 マルチカルチュ ラリズムが近代を数多ある文化のひとつとして位置づけるのに対し、カルチュ ラル・プルーラリズムは近代の中の枠内での多様性を認めるとする。 リージョ ナリズムのように近代と両立可能な範囲でローカルなものを再帰的に維持し ようとする立場もある一方、ネオコンのように近代の枠内と両立不可能のも のをすぐさま排除しようとする立場もある。 リージョナリズム(地域主義)とは、限定された地域内での関係を強化する ことにより利益を追求する考え方であり、グローバリズムと対立する概念で ある。 自由、無差別、多角的貿易秩序を目指すWTOに対して、リージョナリ ズムは特定地域間の経済的取り決めを促進する点で相反する。 しかし、WTO の前身であるGATTの加盟国がGATTのルールによらず、2国間の輸出自主規制 措置などをとった事実と照らし合わせると、全世界規模での貿易の取り決め は難しく、地域的経済統合により拡大された経済関係を作り出すことに意義 があると現在言われている。 アジアにおいてもヨーロッパ・北米の試みに刺 激され、地域的経済統合の兆候もあり、「東アジア経済グループ」が1991年 ASEAN経済閣僚会議で提唱されている。 しかし、アメリカなどによりアジア でのブロック政策として強く批判され、具体化しなかった。 その後「東アジ ア経済グループ」の発展させた東アジア共同体の構想が練られているが、こ れにも同様の批判があり、また、内政不干渉の原則などにより、各国が政策 を一致させるということも困難ではないかとされている。 トランシルヴァニ ア(Transylvania)はルーマニア中部・北西部の歴史的地名。 トランシル ァニアは「森の彼方の国」という意味であり、12世紀のラテン語文献に「T erra Ultrasilvana」の形で初めて現われる。 これはハンガリー人(マジャ ル人)がハンガリー南部の平原から西カルパティア山脈以遠の地を指して 呼んだ語であった。 政治領域としてのトランシ ルヴァニアは時代によって若干変化するが、一般には東、南、西の3方をカ ルパティア山脈に囲まれた地域を指し、現在もそのように用いられている。 トロツキズム(英:Trotskyism)は、レフ・トロツキーの共産主義革命 理論のことである。 トロツキズムを奉ずる者を、トロツキストという。 トロツキーの提唱した永続革命論の立場から、ヨシフ・スターリンの一 国社会主義論に反対し、世界革命なくしては社会主義の達成は不可能で あるとする。 日本共産党を含めた第三インターナショナル(コミンテルン) の系譜からは、反革命の烙印が押されてきたが、1956年のフルシチョフに よるスターリン批判で、トロツキズムに立つ左翼運動家が現れた。 フランスの 大統領選挙では、5%を得票している。 長年、各国共産党は、自党の指導 に従わない共産主義者を、トロツキーの思想の影響下にあるなしとは関係な く「トロツキスト」と呼んで非難していた.このため、広く、共産党とは別 の立場にある共産主義思想・およびそれを信奉する者全般を指して「トロツ キズム」「トロツキスト」と総称する場合もある。 同時に、トロツキー主義 を信奉しない左翼勢力でも、共産党を「スターリン主義者」と批判している。 マルクス主義(マルクスしゅぎ、独: Marxismus)とは、マルクスとエンゲル スによって確立された諸理論から成る大規模な思想体系である。 レーニンに よるならばドイツの古典哲学(ドイツ観念論)、イギリスの古典派経済学、 フランスの初期社会主義が思想的な源泉だとされる(「マルクス主義の三つ の源泉」)。 しかし、今日ではレーニンによるこのような定式化は否定され ている。 労働者階級をプロレタリアート、資本家階級をブルジョアジーと呼 び、労働者が資本家から剰余価値を搾取され、支配されていると規定し、そ の支配を暴力革命によって打ち倒し、労働者階級の権力を打ち立てた後に共 産主義社会を目指すのがマルクス主義の根本であるとされる。 マルクス主 義は、最も読まれている『共産党宣言』によって、既存の社会体制を暴力 革命によって打ち倒すという「暴力革命必然論」、歴史発展段階における 最後の階級対立をブルジョアジーとプロレタリアートの対立としてとらえ る見方、『ゴータ綱領批判』での「プロレタリア独裁不可避論」、「プロレ タリア国際主義」などによって知られている。 初期マルクスに依拠するマルクス主義者は、労働をブルジョアジーによるプ ロレタリアートの疎外という概念で説明した。 つまり、プロレタリアートを 被支配者、ブルジョアジーを支配者とし、資本家が利益を追求する以上労働 者は労働者のままであり、資本家によって富から疎外されているととらえた。 そして、この搾取と疎外が経済格差などの社会問題を生み出す原因である と考えた。 ここでは、労使間は階級闘争に結びつく対立的なものとして捉え られている。 このような疎外論は、広松渉などが説く物象化論の登場により 、あくまでも初期マルクスの通過思想にすぎないと説かれた。 しかし、後期 マルクスの著作である『資本論』にも疎外概念が登場することからしても、 広松らの物象化論は失当であり、後期マルクスにおいても疎外論が貫徹され ていると見るのが妥当である。 弁証法的唯物論(史的唯物論)では、生産関 係(下部構造)によって、社会形態 上部構造 が決まり、下部構造が変われ ば上部構造も変わると考えた。 歴史的には、この関係を一方向的に捉え人間 の主体性や創造力を軽視・無視する傾向が支配的となったこともあるが、こ れはマルクス主義の負の遺産であり、ドイツ・イデオロギーに見られるマル クスの思想とは異質のものである。 そして、 その資本主義の究極の発展により、社会が弁証法的に否定の否定がなされ、 ふたたび、そして資本主義の成果を止揚した共産制に転ずるというのがマル クス主義の基本理論である。 この資本主義の本質はブルジョアジーによる搾 取であり疎外であるから、プロレタリアートによる革命によって共産主義に 取って代わりさえすれば、社会問題は完全に解決されると考えたマルクス主義者が多かった その運動は19世紀末にベルンシュタインによる修正主義を生み、議会制民主主 義と段階的な社会改良による社会主義への平和的・連続的な移行を説くように なり、一方レーニンによるロシア共産主義は、議会主義の未発達なロシアの現 状から武力による革命と革命の前衛党である共産党の独裁を強調した。 マルク ス本人の「これをマルクス主義というのなら、私はマルクス主義者ではない」 という発言もあり、何を以てマルクス主義と定義するかという論争はマルク スとエンゲルスの死後にいっそう活発に行われた。 「正統なマルクスの後継 者は誰なのか」「科学的社会主義の正しい理解とは?」ということが労働者 に基盤を持つ革命家たちの焦眉の課題となっていき、マルクスの残したテキ ストはドイツ、またはロシア社会民主党員の間では政治闘争の武器となってしまった。 1917年のロシア革命をレーニンらがプロレタリア独裁をめざす革命と規定した ことにより、『マルクス主義の実現を果たした』ロシア(ソ連)のレーニン が、そしてレーニン死後は書記長として権力を掌握したスターリンが、マル クス主義の最高権威であるとされた。 理論の正統性なるものが一部の人物や 傾向に独占されたことは、共産主義運動内部での理論的批判を著しく困難に した。 同じマルクス主義でもレフ・トロツキーやローザ・ルクセンブルクの 著作は、レーニンやスターリンに対する反逆として共産主義運動から追放され 、その他のブハーリンなどの異論はスターリン時代のテロリズムや粛清裁判 で物理的に排除された。 従って、毛沢東のようなマルクスの予想の埒外の革 命戦略は、マルクス理論に照らして検証されず、中華人民共和国がソ連から 自立したときにかえって中ソ論争の火種となったと考えられる。 イタリア共 産党創立者のグラムシのような、現代でも豊かな可能性がある社会思想が積 極的に紹介されたのは、スターリン死後のことである。 『資本論』(しほんろん, Das Kapital)(英名:The Capital : a critiqu e of political economy) は、カール・マルクスの主著。 ドイツ古典哲学 の集大成たるヘーゲルの弁証法の批判的継承、古典派経済学の批判を通じて、 資本主義的生産様式、剰余価値の生成過程、資本の運動諸法則を明らかにした。 全3巻(全3部)。 サブタイトルは「経済学批判」。 1867年に第1巻がはじめ て刊行され、1885年に第2巻が、1894年に第3巻が公刊された。 第1巻は、マル クス自身によって発行されたが、第2巻と第3巻は、マルクスの死後、マルク スの遺稿をもとに、フリードリヒ・エンゲルスの献身的な尽力によって編集 ・刊行された。 なお、「第4部」となる予定だった古典派経済学の学説批判に 関する部分は、エンゲルスの死後、カール・カウツキーによって『剰余価値学 説史』の表題で刊行された(『資本論』という表題に関する版権の問題、カウ ツキーの「独自の見解」などにより、『資本論』第4部として刊行されなかった)。 第1部は「資本の生産過程」。 「商品と貨幣」「貨幣の資本への転化」「絶対 的剰余価値の生産」「相対的剰余価値の生産」「労賃」「資本の蓄積過程」 という7つの「篇」と、25の「章」で構成される。 第2部は「資本の流通過 程」。 「資本の諸変態とそれらの循環」「資本の回転」「社会的再生産と流 通」という3つの「篇」、21の「章」で構成される。 第3部は「資本主義的 生産の総過程」。 「剰余価値の利潤への転化、および剰余価値率の利潤率へ の転化」「利潤の平均利潤への転化」「利潤率の傾向的低下の法則」「商品 資本及び貨幣資本の商品取引資本および貨幣取引資本への(商人資本への) 転化」「利子と企業者利得とへの利潤の分裂 利子生み資本」「超過利潤の 地代への転化」「諸収入とその源泉」という7つの「篇」、36の「章」で構成され、中絶稿で終わっている。 計画経済(けいかく けいざい)とは、経済を市場競争に任せるのではなく、 国家が「五ヵ年計画」といった経済計画を策定、生産・分配・流通・金融を 統制し、経済を運営していこうとする体制のこと。 私有制は認められず、原 則的に全ての生産手段が公有とされる。 主に社会主義国家の経済体制である が、現在、純粋にこれを採用する国は少ない。 対立概念は「市場経済」。 カー ル・マルクスの考えが基になっているが、体系化されたのはスターリン期のソ 連である。 そもそも、複雑極まりない経済動態を当局者(ソ連ではゴスプラン と呼ばれた)が完全に把握し、需給を調整したりするのは極めて難しく、コ ンピュータを用いてこれを解決しようという試みもあったが(社会主義計算 論争)、結果的に失敗してしまった。 ただ、中華人民共和国やベトナムとい った社会主義国は、名目上は計画経済を採用していることになっていたが、 もともとその運用はソ連や東欧諸国に比べて弛緩していたため、皮肉にも経 済改革(市場経済化)がスムーズに実行できる要因となった。 特に中国では 毛沢東時代から既に経済の分権化が進んでいたと指摘される。 なお、計画経済 には「指令型」と「指導型」があり、一般的にイメージされる計画経済は前 者である。 現在でも中国では「五ヵ年計画」という言葉が使われているが、 実際には当局が予め目標を定めて、経済をそれに誘導しようと試みるものの 、価格設定など仔細な点まで立ち入らず、目標にも固執せず柔軟に対応して いる。 したがって後者に近いと考えられるが、「社会主義市場経済」という 言葉が用いられる。 なお、「計画」という言葉から、中国語ではより自由な ニュアンスのある「規画」という言葉に変わる予定である。 一方、ビスマルク政権は、世界で初めて災害保険・健康保険・老齢年金など の社会保障制度の制度を整備し、労働者を懐柔した。 (いわゆる「飴と笞」の政策) [編集]第2期 20世紀前半(1901~1938)1917年(大正6年)、ロシア革命の時 期が、反共主義勢力の高揚期であった。 チャーチルを初め、反共勢力は労働 者政権の再来と高揚を恐れた。 「共産主義を赤子のうちに捻り潰せ」と大号令し、反革命戦争を主導した。 日本では、日本共産党が、労働者の解放のみならず、天皇制の廃止を掲げた ために、当時の田中義一政権は三・一五事件や四・一六事件を主導し、徹底 的に赤狩りを行った。 その頃から猛威を揮った特高警察は、当初は共産党へ の弾圧を目的としていたが、次第に宗教界や言論界、反戦運動、戦時統制へ 反対する人々にも弾圧を加えて行った。 又、1929年(昭和4年)を境に世界恐 慌の時代に入ると、北一輝、ムッソリーニやフランコに代表されるファシス トが台頭し、二・二六事件などのクーデターを起こした。 編集]第3期 熱戦と冷戦(1939~1979) 第二次世界大戦は、連合国と枢軸国という、いわば反共主義国家同士の戦争 でもあった。 ロシア革命でも白軍を支援したチャールは、第二次世界大戦( 熱戦)の終結後に「鉄幕」演説を行い、1940年代のスターリンとトルーマン の霸権争い(冷戦)を形容した。 冷戦時代の反共主義勢力は、スターリン政 権下のソ連の専制主義を持ち出して、労働運動を潰そうとする事が特徴であ る。 下山事件に始まるレッドパージはその典型で、その後も反共主義勢力は 、この手口で労働運動や社会主義運動の芽を潰していった。 反共主義が苛烈 を極めた例が、悪名高いマッカーシズムであった。 又、ソ連を盟主とする東 側陣営の国家も、労働者の保護を謳う本来の共産主義と異なって、庶民の生 活インフラへの投資を怠り、軍事費に国家財政を浪費した。 アメリカを盟主 とする西側陣営の国家は、そんな東側陣営の弱みを衝いたとも言える。 反共主義の始まりは、俗説ではロシア革命の時と言われる。 実際には産業革命の 頃から既に始まっていた。 当初の反共主義勢力の目的は、高まる労働運動への 破壊だった。 1848年にマルクスとエンゲルスが共産党宣言を出した頃、イギリ スを初めとする西欧では労資紛争が絶えず、ラッダイト運動が日常茶飯事の状態であった。 共産党宣言から23年後の1871年(明治4年)には、世界初の労働者政権であ るパリ・コミューンが成立した。 この時、資本家を初めとする反共主義勢力 はこれを潰そうと躍起になり、僅半年でパリ・コミューンを転覆した。 その 後、共産主義勢力は、第二インターナショナル運動へと進んだ。 それに対し、 反共主義勢力は、ビスマルク政権の社会主義者鎮圧法や、山県有朋政権の治 安警察法などのように、弾圧法で社会主義・共産主義運動を弾圧した。 その反共主義の始まりは、俗説ではロシア革命の時と言われる。 実際には産業革命の 頃から既に始まっていた。 当初の反共主義勢力の目的は、高まる労働運動への 破壊だった。 1848年にマルクスとエンゲルスが共産党宣言を出した頃、イギリ スを初めとする西欧では労資紛争が絶えず、ラッダイト運動が日常茶飯事の状態であった。 共産党宣言から23年後の1871年(明治4年)には、世界初の労働者政権であ るパリ・コミューンが成立した。 この時、資本家を初めとする反共主義勢力 はこれを潰そうと躍起になり、僅半年でパリ・コミューンを転覆した。 その 後、共産主義勢力は、第二インターナショナル運動へと進んだ。 それに対し、 反共主義勢力は、ビスマルク政権の社会主義者鎮圧法や、山県有朋政権の治 安警察法などのように、弾圧法で社会主義・共産主義運動を弾圧した。 その イリノイ州タンピコで、ジョン ジャック ・レーガンとネル・ウィルソンの 間の2人の息子の2番目として生まれた。 レーガン家はアイルランド系の家系 である。 数年間にわたり町から町へ引っ越した後、1920年に一家はイリノイ 州ディクソンに定住した。 11歳のときにレーガンはディクソンの使徒教会で洗礼を受けている。 1924年にディクソンのノースサイド高校に入学した。 1927年、16歳の時か らロックリバーの近く、ディクソンから2マイルのローウェル公園で水泳場 救助員として働いた。 彼は水泳場救助員として7年間働いている間、77人を 溺死から救ったことが報告される。 後年レーガンは、「 救助した 彼らの うち9人は私に有難うを言わなかった。 」とジョークを話したという。 イリノ イ州のユーレカ大学に1928年に入学し、経済学と社会学を専攻し、1932年に卒業した。 幼い頃より話術と演技に才能があり、後にそれをさらに発展させ、シカゴの大 リーグチーム・シカゴ・カブスのラジオアナウンサーになった。 ティッカー( ニュースなどを紙テープに印字する自動受信機)の紙テープからわかる試合 の輪郭だけをもとに、自らの想像と話し方の才能をつかって実況放送を行っ た。 1934年のセントルイス・カーディナルス戦において、カブスの9回の攻撃 時に放送回線が故障したが、機器が回復するまで架空の実況放送を即興で滑らかに行った。 レーガンはハリウッドで二線級主役男優として成功した経歴を持っている。 彼 の映画初出演は1937年の映画"Love is On the Air"であった。 1939年末までに 、彼は19本の映画に出演した。 1940年には、映画"Knute Rockne All American "でジョージ「Gipper」ギップの役を演じ、そこから彼はギッパーという愛称 を得た。 自身最良の作品は"Kings Row" 1942年 であるとしている。 他には、" Hellcats of the Navy"、"This Is the Army"、"Bedtime for Bonzo"などに出 演している。 ハリウッド大通り6374番の「ハリウッド・ウォーク・オヴ・フェ ーム」には、彼の名前が刻まれた星形の敷石がある。 保守主義者ロナルド・レーガンはフランクリン・デラノ・ルーズヴェルトおよ び彼のニューディール政策を支持して、自由民主主義者として政治活動を始め たが、のちに保守主義者に転じた。 彼は、映画俳優組合 SAG の委員長の立場 でありながら上院議員ジョセフ・マッカーシーやリチャード・ニクソン率い る下院非米活動委員会に協力し、「ハリウッドの赤狩り」に手を貸した。 彼 は多くの反共主義者と異なりアメリカ共産党の非合法化強く反対したが、共 産主義であった同僚数人を引き渡した。 ゼネラル・エレクトリック社に雇わ れたのは反共産主義のスピーチをラジオ放送上で行ったからである。 1950年 代アメリカの反共・反ソ気運は彼の政治的なイメージを増強した。 1964年の 大統領選挙では、レーガンは保守的な共和党員バリー・ゴールドウォーターの熱烈な支持者だった。 [編集]カリフォルニア州知事1966年には、カリフォルニア州の第33代知事に 選ばれた。 レーガンは1968年および1976年に共和党大統領候補の指名を獲得 しようとしたが、共和党大会で敗北した(ただし、1976年の本選挙ではこの 結果に不満を持った選挙人によってレーガンへの1票が投じられている)。 彼 は1980年に共和党指名を獲得することに成功した。 選挙活動はイラン大使館 人質事件への対応で特徴づけられた。 海外のマスコミは、選挙後まで人質を 拘束させ続けるためにレーガン陣営が秘密の取り引きを結んだと非難した。 ほ とんどのアナリストはカーター大統領の人質危機解決に対する無力さが彼の敗 北およびレーガンの勝利に大きな役割を果たしたと考えた。 なお、1980年の大 統領選挙勝利まで日本では誤ってリーガンと呼ばれていた。 レーガンの支持者の多くは冷戦の勝利は彼の功績であるとする一方、他のも のは、ソ連の経済恐慌の増大、経済・政治改革の失敗および1989年の東ヨー ロッパ、ソ連の共産主義体制の崩壊はソ連大統領ミハイル・ゴルバチョフに よって始められたと考えている。 レーガンの政策は、アメリカの軍事力によ る強力な支援と「力による平和」主義を含んでいた。 論争の的になっている 彼の提案のうちの1つは戦略防衛構想 SDI ソ連による核ミサイル攻撃から アメリカを防御するミサイル防衛システム だった。 SDIは空想的あるいはそ の非実用性を揶揄して、「スターウォーズ」と呼ばれた。 SDIの批判者達は 、技術的な目標は達成されないだろうし、この試みは軍拡競争を増長し、国 家間関係を不安定化させることにつながるだろうと懸念した。 他の批判者は 、いくつもの別々のSDIプログラムに関わる巨額な予算は軍産関係における 無駄な出費であるとみなした。 支持者たちは SDIのことをソ連との軍拡競 争に終止符を打つ棺桶の釘と呼んだ。 彼等はSDIはソ連が彼等の核ミサイルは 時代遅れであり、さらなる核抑止力を維持するための新しい技術を開発する のが負担になることを思い知らせることになるとみなした。 これらのアメリ カの軍拡措置が、それについていこうとするソ連の経済的破綻を引き起こし 、結果アメリカは冷戦に勝利することになったとも言われている。 談笑する レーガンとゴルバチョフレーガンは多くの世界中の保守派の政治的指導者達 と親密な友好関係を持っていた。 特にイギリスのマーガレット・サッチャー とカナダのブライアン・マルルーニー、日本の中曽根康弘に代表される。 中 曽根康弘とはロン、ヤスとお互い呼び合った。 彼は他の国の首脳と個人的な 関係を結ぶことを強く望み、しばしば彼等を自らの牧場やキャンプ・デービ ッドに招待して余暇を楽しんだ。 イラン・コントラ事件彼の任期中に、イラン・コントラ事件として知られる イランとニカラグアに対する秘密軍事支援のスキャンダルおよび調査があった。 国家安全保障問題担当補佐官ジョン・ポインデクスターおよびオリバー・ノ ース中佐が、イラン政府に武器を売却し、その代金をニカラグアで内戦を戦っ ていた反共産主義のコントラ・ゲリラに対する支援に流用する精巧な陰謀を 企てた。 この二つの行為は法律に反した。 レーガンは計画を知らなかったこ とを公言したが、武器の売却が、レバノンでイランが支持するテロリスト・ グループ、ヒズボラによって人質にとられているアメリカ人の釈放を安全に 行うことを支援することになっていたという理由で、イランへの武器の売却を支援したと認めた。 大統領が武器販売を関知せず、自らのスタッフに対するコントロールが不十 分だった点でのみスキャンダルに対して罪があったとされた。 下院議員のパ トリシア・シュローダーは、このスキャンダルでレーガンの評判が傷つかな ったことを揶揄し、レーガンのことを傷のつきにくい鍋に例えて「テフロン大統領」と呼んだ。 [編集] 麻薬との戦いレーガンの「麻薬との戦い」政策は、中毒治療のための予算を 減らす一方で麻薬犯罪者の投獄を推し進めた。 これは、アメリカの刑務所人 口の劇的な増加をもたらした。 評論家はこの政策が実際には米社会にとって 大きな財政負担と人的コストを増やす一方で、麻薬の流通あるいは路上犯罪 をへらすことにほとんど役立たないと非難した。 大統領在職中のこの政策お よび社会計画のための様々な予算のカットにより、レーガンは貧しいマイノ リティの要求に無関心なものと、一部批評家によって見なされた。 しかし ながら、いくつかの調査によると、レーガン在職中にアメリカ人の不法な 麻薬使用は明かに減少したとしており、支持者たちはこの政策は成功だったとしている。 [編集] その他 1981年8月5日に、レーガンは、職場復帰命令を無視した11,359人の航空管制 官を解雇した。 皮肉にもPATCO 航空管制官組合 は9ヶ月前に選挙でレーガン を支持した少数の組合のうちの1つだった。 1982年より、レバノン内戦に対し て、平和維持軍としてアメリカ海兵隊をレバノンに派遣した。 海兵隊は、何 度か攻撃を受け、1983年10月23日には、兵舎がイスラム民兵による自爆トラ ック攻撃を受け、241人の海兵隊員を死亡した。 そのため、三ヶ月後にレーガ ンはレバノンから海兵隊を撤退させた。 この間の1983年10月25日から27日に かけては、米軍は、共産主義政権となっていたカリブ海の小国グレナダに侵攻している。 レーガンは1983年11月9日(~12日 と1986年5月4日(~6日)、1989年5月2日(~7日 の 三度訪日している。 一度目の来日では当時の首相中曽根康弘、昭和天皇 と会談した。 東京都西多摩郡日の出町の中曽根の私邸「日の出山荘」で 会談を行い、お互いを「ロン」「ヤス」と呼び合った。 1985年7月13日に、 レーガンは大腸から癌のポリープを取り除くために手術を受けた。 1987年1 月5日には前立腺手術を受け、健康に関するさらなる心配を引き起こした。 レーガンは、1985年の西ドイツへの公式訪問で広く非難された。 4月11日に ホワイトハウスは、レーガンが両方の世界大戦で死んだドイツの兵士に敬 意を表して献花するためにビットブルクの軍事墓地を訪れると発表した。 その墓地にナチスの武装親衛隊員が埋葬されていることが論争の的になっ た。 様々な地域からの抗議にもかかわらず、それが元敵との間の和解を促 進するという理由で、レーガンは訪問を続けた。 [編集]引退妻ナンシーとと もに退職の4年後の1992年、レーガンはアルツハイマー病と診断された。 病 は年を追うごとに前大統領の精神を破壊していき、彼は静かで隔離された環 境で余生を送ることを余儀なくされた。 1994年11月5日、彼は国民にあてた 手紙という形で、アルツハイマー病の病状を公表した。 2001年に転倒した際に腰を骨折してほとんど寝たきりとなってからは、彼の健康状態はさらに不安定になった。 現地時間で2004年6月5日の午後1時9分、ロサンゼルス近郊の自宅でレーガン は肺炎のため死去した。 彼は妻ナンシーおよび子供マイケル、パティ・デイ ビスおよびロンに支えられ闘病生活を続けたが、家族にベッドを囲まれて生涯を終えた。 レーガンの葬儀はジョンソン元大統領以来の国葬として、2004年6月11日に行われた。 ナ ショナル大聖堂で行われた国葬でジョージ・W・ブッシュ現大統領、ジョージ ・H・W・ブッシュ元大統領、マーガレット・サッチャー元英国首相、ブライ アン・マルルーニー元カナダ首相らが弔辞を述べた。 ミハイル・ゴルバチョ フ元ソ連大統領や中曽根康弘元日本首相ら、現在及び過去の政界トップ多数 が世界中から参列した。 当日の夕方、日没の時刻にカリフォルニア州シミバ レーのロナルド・レーガン大統領図書館の敷地内にある墓所に遺体が安置された。 レーガンはアメリカ大統領経験者として最も長生き(93歳88日)であった。 前の 記録はジョン・アダムスの90歳247日で、レーガンは2001年10月12日にこれを 抜いていた。 (ジェラルド・R・フォード元大統領が2006年末まで存命ならば 抜かれることになる)ちなみに、レーガンが死去した時、アメリカのテレビ の報道はまるで共産主義の指導者の神格化のプロバガンダの如く、レーガン 賛美一色になり、イランコントラ事件などをはじめとするレーガンの政治成 果に対しての負の意見が一切流れなかった。 この為その流れを継ぐネオコン とよばれる共和党のブッシュ陣営は当然この流れに乗り、ブッシュ大統領が行っているイラク戦争が正しいものという論調にのった。 しかし、レーガンの息子は「父ならイラク戦争を起こさなかっただろう。 」と批判した。 1927年(昭和2年)3月、若槻礼次郎内閣(第1次)のもとで全国各地の銀行で 取り付け騒ぎが起こった(金融恐慌)。 若槻内閣は翌4月に総辞職し、代わっ て立憲政友会総裁として担がれた田中が内閣を組閣した。 田中は、高橋是清 を蔵相に任命して金融恐慌の解決を図った。 高橋は全国でモラトリアム(支 払猶予令)を実施し、金融恐慌を沈静化した。 また、憲政会政権下で行われ てきた幣原喜重郎らによる協調外交方針を転換し、強硬外交に路線変更した。 5月、山東出兵や7月、東方会議開催するなど満蒙地帯における日本の特殊 権益堅持の政策を提出した。 928年(昭和3年)2月に第1回普通選挙が行われ 、社会主義的な活動が目だったことから、同年3月に全国の社会主義者、共 産主義者を一斉に検挙した(三・一五事件)。 928年に起こった張作霖爆殺 事件に際して、国際的な信用を保つために容疑者を軍法会議によって厳罰に 処すべきと主張したが、陸軍の強い反対にあい果たせず。 この事を野党民政 党に批判され、また昭和天皇にも叱責されたため、内閣総辞職し、天皇に怒 られて辞めた唯一の総理という不名誉を負ってしまった。 それから間もなく、 田中は病没する。 一般には、昭和天皇に叱責されたことが堪えたのでは、と の噂が流れ、責任を感じた昭和天皇は、これ以降政治向けの発言は控えるよ うになった(田中の死んだ場所が別宅であったことから、事情通の間では、 田中が妾の家で腹上死したのではないかと噂されたという)。 長男の田中龍 夫は第1次岸内閣の官房副長官、第2次佐藤内閣の総務長官、福田内閣の通産 相、鈴木内閣の文相などを歴任した。 陸軍機密費横領問題(りくぐんきみつひおうりょうもんだい)は、田中義一 が立憲政友会入りする際の「持参金」300万円の出所に関わる疑惑である。 陸軍大将であった田中が1925年に政界に転身し、立憲政友会入りをした際に 、300万円の持参金を用意していた。 出所について尋ねられた田中は、神戸の 実業家から借りたと言っていたが、シベリア出兵の際の陸軍機密費を横領し たものではないか、という疑惑が持上った。 国会でも審議されたが、この問 題を追及していた検事・石田基が変死し(1926年)、疑惑はうやむやのうち に終わった。 松本清張の『昭和史発掘』にも取り上げられている。 若槻 礼次 郎(わかつき れいじろう、慶応2年2月5日(1866年3月21日) - 昭和24年( 1949年)11月20日)は、日本の政治家。 第25代および第28代内閣総理大臣。 勲一等旭日桐花大綬章 1928年。 反対派の政治家からはその名前をも じって「嘘つき礼次郎」と揶揄されたという。 国際会議に臨んで「生命と名 誉のごときは、これを顧みない」と当時の英米全権に心情を吐露し、外交で は評価された。 名前の正式な漢字表記は、禮次郎。 松江藩 現・島根県松江 市雑賀町 の足軽奥村仙三郎の次男としてうまれ、後に叔父の若槻敬の養子 になった。 司法省法学校をへて東京帝国大学法科を首席で卒業。 大蔵省入省 し主税局長、事務次官となり、1911年貴族院議員となる。 第三次桂太郎内閣 、第二次大隈重信内閣で大蔵大臣をつとめ加藤高明内閣で内務大臣に就任し た。 内相就任中、普通選挙法、治安維持法を成立させた。 ロンドン海軍軍縮 会議において首席全権をつとめた。 加藤首相が在職中急逝したため、憲政会総裁として内相を兼任し組閣。 彼の 内閣の時期には左派政党で一種、社会主義的な「無産政党」が数多く結成された。 12月25日には大正天皇が崩御し、その日のうちに昭和と改元された。 そのため昭和 元年は7日しかないのである。 また翌年の昭和2年、衆議院予算委員会で片岡 直温蔵相は野党の執拗な追及に対し、部下から受け取ったメモ、「本日正午、 東京渡辺銀行支払いを停止せり」を読み上げてしまう。 実際には東京渡辺銀 行は金策にすでに成功していたが、この発言で東京渡辺銀行に預金者が殺到 し、倒産に追い込まれてしまう。 これにより金融恐慌が勃発するのである。 大戦景気のあと不景気に悩まされていた銀行や成金たちはここで一気に倒産 の憂き目に会うこととなる。 特に台湾銀行は成金企業の鈴木商店と深い結び つきを持っていたが、台湾銀行が債権回収不能に陥り、休業すると同時に鈴 木商店も倒産し、これは恐慌の象徴的事件ともいえる。 台湾銀行の回収不能 債権のうち8割近くが鈴木商店のものだったという。 槻内閣はこの状態に対 し、台湾銀行救済緊急勅令案を枢密院に提出するが否決されてしまう。 政策 実行不能となった若槻内閣は総辞職し、立憲政友会の田中義一に組閣の大命 が下ることとなる。 かし、ここにも実は陰謀が隠されている。 若槻内閣は憲 政会の内閣である。 憲政会は穏健外交を政策に掲げる政党であったため192 6年7月から始まった蒋介石の北伐に対してなんらリアクションを取らなかっ たのである。 実はこれが枢密院にとっては気に入らないことであった。 その 証拠に次代の田中内閣で、同様の勅令案に対して枢密院は全く反対しないのである。 次に若槻が内閣を組織するのは1931年4月のことである。 憲政会はそのとき立 憲民政党となっていた。 浜口内閣の失策により深刻な不景気を向かえていた国 内では「満蒙(満州とモンゴル)は日本の生命線」とまで言われるようになっ ていたが、満州は蒋介石の北伐により危機に瀕していた。 当時軍部では汚職 の続く政治家や失策の多い政党内閣に対し強い危機感が生まれていた。 そん ななか「世界最終戦論」を唱える関東軍の石原莞爾、板垣征四郎、土肥原賢 二らによって柳条湖付近の南満州鉄道が爆破され、日本本国からの連絡を待 たないまま彼らは長春を占領、土肥原を新市長につけてしまう。 これは統帥権 の所在の不明確さに原因がある。 統帥権は憲法上天皇にあるが、実際天皇は軍 部に対して直接指令することはなく、内閣の軍部大臣が内閣の方針を軍部に伝 えていたのである、緩やかなシビリアンコントロールともいえる。 ところが満 州事変の場合、閣議で決定した「不拡大方針」を関東軍につたえると、「統帥 権干犯だ」といわれ突っぱねられてしまう。 つまり関東軍は今までの慣例を破壊してしまったのである。 直後の閣議では不拡大方針が決定され、若槻は両軍部大臣、林奉天大使にも その旨を伝えている。 しかし、各新聞は関東軍の行動を絶賛し、世論は満州事変賛成へと動いてゆく。 そんな中、後に首相となる林銑十郎朝鮮軍司令官は関東軍救援を名目にこれまた本国からの連絡を待 たずに独断で満州へ侵攻してしまう。 関東軍も不拡大方針を無視し錦州を 独断で爆撃。 これにより今まで沈黙していたアメリカとイギリスが非難声 明を出すこととなる。 若槻の不拡大方針は国民、軍部に見放され、ついに は安達謙蔵内相が「挙国一致」を訴えたたため、閣僚にも見放された状態で閣内不一致総辞職となる。 これにより「軍部が既成事実を積み上げれば政府の方針が覆る」という見解が軍部内で生まれ、後 の軍部暴走へとつながり、日本は軍国時代へと突き進んでゆくこととなる。 高校、東京帝大のときの試験の成績の平均点は98点。 戦後、東京裁判に証 人として出廷し満州事変について証言している 民国の主権者となると発表した。 大元帥就任後の張作霖は、さらに反共・反 日的な欧米勢力寄りの政策を展開する。 日本も張作霖を扱いかねており、蒋介石から「山海関 以東(満州領内)には侵攻しない」との言質を取ると、積極的な支持を与えなくなっていた。 また、このような中国情勢の混乱を見た関東軍首脳は、居留民保護の名目で軍を派遣し、両軍 を武装解除して満州を支配下に置こうとする計画を立案していた。 しかし 満州鉄道沿線外へ兵を進めるのに必要な天皇からの奉勅命令が発令されず、この計画は解消された。 1928年6月4日、国民党軍との戦争に敗れた張作霖は、北京を脱出し、本拠地である奉天へ列車で移 動する。 この時、日本側の対応として意見が分かれる。 田中義一首相 陸軍 少佐時代から張作霖を見知っており、「張作霖には利用価値があるので、東 三省に戻して再起させる」という方針を打ち出す。 東軍 既に軍閥による間 接統治には限界があると考え、社会インフラを整備した上での傀儡政権によ る間接統治、すなわち満州国の建国を立案していた。 そのため、張作霖の東 三省復帰は満州国建国の障害になるとし、排除方針を打ち出した。 日本側 の対応としては現場である関東軍が独断専行し、関東軍高級参謀河本大作大 佐が爆殺計画を立案した。 (当初は関東軍司令官村岡長太郎は、部下の竹下 義晴少佐に張作霖暗殺を命じたが、この命令を聞いた高級参謀河本大作大佐 が竹下の代わりに実行を引き受けた。 )張作霖爆殺事件は、このような経緯で行われた。 馬賊出身の張作霖は、関東軍の支援のもと段芝貴を失脚させて満州の実効権 を手に入れ、当時最有力な軍閥の一人にのし上がっていた。 大陸での権益を確保したい欧米、ことに大 陸進出に出遅れていたアメリカは積極的な支援を行う。 また、同じく欧米の 支援の受け皿になる事を狙った国民党は、党内の共産党員を弾圧 1926年 ( 翌年、国共合作は瓦解)し、北伐の継続ができなくなった。 1926年12月、ラ イバル達が続々と倒れていったため、これを好機とみた張作霖は奉天派と呼 ばれる配下の部隊を率いて北京に入城し大元帥への就任を宣言、自ら が中華1928年(昭和3年)6月4日、蒋介石の率いる北伐軍との決戦を断念 して満州へ引き上げる途上にいた張作霖の乗る特別列車が、奉天(瀋陽 )近郊の京奉線と満鉄線のクロス地点付近を通りかかろうとした時、線 路際に仕掛けられていた黄色火薬が爆破され、張作霖が即死した。 爆薬 の準備は、現場付近の鉄道警備を担当する独立守備隊の東宮鉄男大尉の 黙認のもと、朝鮮軍から関東軍に派遣されていた桐原貞寿工兵中尉が実 行したものだった。 この計画を立案した河本大佐からの指示に基づき、2 人は張作霖が乗っていると思われる列車の前から8両目付近を狙って、付 近の小屋から爆薬を点火させた。 河本等は、あらかじめ用意しておいた中 国人労働者を殺害し、現場近くにその中国人2人の遺体を放置して、この 事件が蒋介石のスパイによるものであるとの偽装工作を行っていた。 (大江志乃夫『張作霖爆殺事件』(中公新書)・秦郁彦『昭和史の謎を追う』上(文春文庫)参考) 1906年:醇親王の子として北京に生まれる 1908年:第12代清朝皇帝に即位 1912年:退位し「大清皇帝」となる 1922年:正妻の婉容と側室の文繍と結婚 1924年:クーデターにより紫禁城から退去 1932年:満州国の建国に伴い満州国執政に就任 1934年:満州国皇帝に即位 1945年:満州国の崩壊に伴い満州国皇帝を退位し、その後ソ連軍の捕虜になる 1946年:東京裁判にソ連の証人として出廷させられる 1950年:中華人民共和国に身柄を移され政治犯収容所に収容される 1959年:模範囚として釈放され、その後北京文史資料研究委員会に勤務 1962年:李淑賢と再婚 1964年:政治協商会議全国委員に選出される 1967年:北京で死去 1906年に第11代皇帝 光緒帝の弟である醇親王の子として北京に生まれる。 1908年に、当時強い権力を持っていた西太后が周囲の強硬な反対意見を押し 切り自ら推薦することで、わずか3歳のときに皇帝に即位させられ、清朝の宣統帝となる。 [編集] 退位1911年の辛亥革命により、袁世凱を大統領とする共和制の中華民国が 設立されたために翌年退位するが、袁世凱との間に交わされた「清帝退位 優待条件」に基づき大清皇帝の尊号を名乗ることになり、また、引き続き 紫禁城で生活することが許された。 なお、袁世凱はその後自らが皇帝とな るべく奔走したが、各方面からの反対によりそれを果たせないまま1916年に死去した。 その後、1919年から1924年までの間、紫禁城内において、イギリス拓務省の役人であ ったスコットランド人のレジナルド・ジョンストンを家庭教師と して西洋風(近代的)の教育と英語の教育を受けた。 なお、この頃に 、ヘンリー(Henry)というイギリス風のクリスチャンネームを与えられ、 その後もこの名前を好んで使用した。 1922年には正妻である婉容と側室である文繍と結婚する イギリスに帰国。 ロンドン大学の東洋学および中国語教授に就任し、溥儀の家 庭教師時代を綴った「紫禁城の黄昏」(原題:Twilight in the Forbidden C ity)を著した後、イギリスの租借領であるポート・エドワード(威海衛)の 植民地行政長官(弁務官)に就任した。 [編集]満州国建国1931年9月18日に中 大陸に展開する日本陸軍によって満州事変が発生し、全満州地域を関東軍 が占領したが、満州に対して関東軍は永続的な武力占領や植民地化ではなく 、日本の影響力を残した傀儡政権の樹立を目論み、その後特務機関長であっ た土肥原賢二大佐が満州民族である溥儀の説得にかかった。 朝の復興を条件 に満州国皇帝への即位を同意した溥儀は、天津の自宅を出て11月13日に営口 に到着、旅順の関東軍の元にとどまった。 その後、1932年2月18日に、後に満 州国の国務院総理となる張景恵を委員長とする東北行政委員会が、蒋介石率 いる中国国民党政府からの分離独立宣言を宣言し、『大同』元年(1932年)3月1日に満州国が建国された。 [編集] 皇帝就任皇宮として建てられた同徳殿満州国の建国を受け、溥儀は3月9日に満 州国執政に就任した。 その後1934年3月1日には満州国皇帝の座に就き、康徳 帝となる。 なお、この際に正式国名が満州帝国に改名され、元号も『康徳』 に変更された。 皇宮は満州国の首都となった新京(現在の長春)市内に置かれた。 なお、当初溥儀夫妻は内廷の緝煕楼(しゅうきろう)に住んでいたが、皇宮とする には狭く威厳が足りないと考えた満州国政府により、1938年に新たに同徳殿 (どうとくでん)が皇宮として建てられたものの、関東軍による盗聴を恐れ て溥儀自身は一度も皇宮として利用しなかった。 [編集]儡 満州国の初代内閣 満州国の憲法上では、皇帝は国務院総理をはじめとする大臣を任命することが できたが、次官以下の官僚に対しては「日満議定書」により、関東軍が日本人 を満州帝国の官吏に任命、もしくは罷免する権限をもっていたので、関東軍の 同意がなければ任免することができなかった。 また、関東軍の高級将校であ る吉岡安直大佐が常に溥儀とともに行動し、その行動や発言に対し「助言」 するなど、皇帝の称号こそあるにしろ、事実上日本の傀儡であった。 その後 も、弟の溥傑が日本人と結婚した他、1935年4月には昭和天皇の招待により日 本を公式訪問するなど、日本と密接な関係を保ち続けるが、関東軍による暗 殺を常に恐れていたと言われている。 1941年12月7日の太平洋戦争の開戦によ り、日本がイギリスやアメリカ、オランダなどと交戦状態に入ると、満州帝 国も連合国の各国に対し宣戦布告をするが、満州帝国の事実上の宗主国であ 満州国解体1945年8月8日に、ヤルタ会議での密約により、突如ソ連政府はモ スクワの駐ソ連日本大使佐藤尚武に対して日ソ中立条約の破棄を通告、ま もなくソ連軍が北西の外蒙古(現在のモンゴル国)及び北東の沿海州の2方 向からソ満国境を越えて満州帝国に侵攻した。 溥儀たちは、ソ連の進撃が進 むと首都の新京を放棄して、朝鮮にほど近い通化省臨江県の大栗子に避難し ていたが、1945年8月15日に太平洋戦争に日本が敗戦したことにより、その2 日後の8月17日に国務院が満州帝国の解体を決定、8月18日には大栗子で満州 帝国解体を自ら宣言するとともに満州帝国皇帝を退位した。 [編集]戦犯退位 後、ソ連軍に捕まることを避けて日本へ逃亡する途中、奉天の飛行場でソ連 軍に捕らえられた。 その後ソビエト連邦領内に移送され、ソ連極東部のチタ とハバロフスクの強制収容所に収監された。 なお、ソ連の強制収容所に収監 された翌年の1946年に開廷した東京裁判にはソ連側の証人として出廷させら れ、ソ連に有利な証言を強要された。 その後、1950年には、前年建国された 中華人民共和国へ身柄を移され、戦犯として撫順とハルビンの政治犯収容所に弟の溥傑とともに収監された。 [編集]一市民として1959年12月14日に、当時の劉少奇国家主席の出した戦争 犯罪人に対する特赦令を受け、模範囚として特赦された。 釈放の数年は、リ ハビリを兼ねて北京文史資料研究委員会に勤務した。 その後、自らも上流階 層出身であるがゆえに溥儀に親近感を持ち、溥儀が政治犯収容所に収監され ている際も溥儀に対して何かと便宜を図っていた周恩来首相の後援を受け、 1964年には政治協商会議全国委員に選出された。 [編集]死去しかしその後、 中国共産党内部の権力闘争に端を発する「プロレタリア文化大革命」の波が 中国全土を吹き荒れる中、癌の治療を「元皇帝である」との理由で受けられ なかったことにより、1967年に死去した。 死ぬ間際に「チキンラーメンが食 べたい」と言っていたことが夫人である李淑賢の伝記により伝えられている。 文化大革命により粛正されたという説も存在している。 ソ連型社会主義(ソれんがたしゃかいしゅぎ)とは、スターリンの指導の 下、1930年代に確立した社会主義制度を指す。 特徴は以下の通りである。 党の 指導性(共産主義政党による一党独裁制) 民主集中制 計画経済 反帝平和主義 カール・マルクスによれば社会主義は資本主義が発展した次の段階であり 、共産主義はその最後の段階であったし、あくまでも抑圧のない民主的で 平等な社会の実現を目標にしていた。 しかし、ソ連の成立した旧ロシア帝 国は資本主義の発展が進んでおらず、また政治も専制的なロマノフ王朝に よる支配が長く続き、民主制の伝統など全くなかった。 シア革命を勝ち抜い た、ウラジーミル・レーニンら革命家達は性急な社会主義化を進め、また帝 政ロシアの残党(白軍)などの反革命勢力から自らの政権を守るために軍政 に近い体制を敷き、秘密警察による取締りを強化した。 スターリンはそれを さらに推し進め、粛清によって反対派を弾圧。 挙句の果てにはスターリンへ の個人崇拝まで行われるに至った。 ここに、マルクスの想定していた科学的 社会主義の理想とはかけ離れた体制「ソ連型社会主義」が成立したのである。 社会主義ソ連邦は、1930年代に世界を揺るがした世界恐慌の影響を全く受けな かったことから、資本主義国家群の知識人(ジョージ・バーナード・ショー など)から、理想社会のように受け止められた。 ソ連は第二次世界大戦後、 自らの影響下に収めた東ヨーロッパや東アジアなどの国にこの体制を押し付 ける形で社会主義政権を樹立していき、資本主義国と対峙した。 ソ連型社会 主義は前述のように個人の人権や自由を抑圧する体制であり、東ヨーロッパ 諸国ではハンガリー動乱やプラハの春のような変革を求める運動が起きた。 しかし、ソ連はこれを武力で鎮圧した。 抑圧的な体制であった上に肝心の計 画経済も上手くいかず、1970年代後半以降は経済が疲弊して食料や日用品に も事欠く状態になったために、各国の人民には不満が鬱積していた。 ゴルバ チョフが一端たがを緩めたら、ドミノ倒しのように東欧革命、ソ連崩壊と、 ソ連型社会主義政権が崩壊していったところを見ると、国民(人民)にとっ ては統制が相当負担だったと思われる。 クワ市党第1書記を辞任。 保守派と改革派の対立の土台は1988年のゴルバチョ フによる過去の政治批判によりでき上がっていた。 翌年の1989年には改革派 からはみ出した民主綱領派が結成。 これに刺激されるかのように1990年の2月 に保守派が政策集団「ソユーズ」を結成。 7月の党大会でゴルバチョフが書記 長に再選されるが、エリツィンがゴルバチョフの書記長続投に反発し離党。 1 991年の1月にソ連軍がバルト3国に軍事介入し13人の死者が出た。 ソ連軍のバ ルト3国軍事介入に反発するソ連国民がゴルバチョフの退陣を要求。 政権基盤 は崩れていった。 しかし、ゴルバチョフはエリツィンと和睦しソ連邦の基本 条約に調印した。 だがゴルバチョフを支えていた保守派はこれを許さずクーデターを決行した。 ゲンナジー・ヤナーエフ副大統領を始めと する保守派グループによる体制維持が目的の反改革クーデターはウラジーミ ル・クリュチコフKGB議長が計画し、ゴルバチョフの別荘の暗号名をとって「 あけぼの作戦」とよばれた。 委員会の8人のメンバーはヤナーエフ副大統領、 クリュチコフKGB議長、ボリス・プーゴ内相、ドミトリー・ヤゾフ国防相、バ レンティン・パブロフ首相、オレグ・バクラーノフ国防会議第1副議長、ワ シリー・スタロドゥプツェフソ連農民同盟リーダー、アレクサンドル・チジ ャコフ国営企業・産業施設連合会会長であった。 また、同委員会の正式メン バーでは無かったが、アナトリー・ルキヤノフソ連最高会議議長は、同委員会と密接な関係にあり、謀議に関与していた。 クーデターの背景ブレジネフの政策は1970年代後半以降徐々に破綻をきたし 、中ソ関係や米ソ関係のさらなる悪化を招いた。 特に米ソ関係は1979年のア フガニスタンへの軍事介入で完全に破綻。 こうした状況の中で1982年にブレ ジネフが死去。 その後任となったユーリ・アンドロポフは1984年に死去。 さ らにコンスタンティン・チェルネンコに政権はゆだねられたが病弱で翌年の1 985年に死去。 こうした中でゴルバチョフが書記長となった。 しかし、ペレス トロイカとグラスノスチは成功したものの経済政策は保守派との対立で次第 に行き詰まっていった。 こうした中でボリス・エリツィンが台頭するがゴル バチョフが保守派に妥協していくことに反発したエリツィンは1987年にモス 運命の8月19日前日の8月18日の午後5時頃ワレリー・ボルジン大統領府長官ら 代表団がクリミア半島フォロスの別荘で休暇中のゴルバチョフに面会を要求 、ヤナーエフ副大統領への全権委譲と非常事態宣言の受入れ、大統領辞任を 迫ったがゴルバチョフはいずれも拒否、別荘に軟禁された。 国家非常事態委 員会は8月19日の午前6時半にタス通信を通じて「ゴルバチョフ大統領が健康 上の理由で執務不能となりヤナーエフ副大統領が大統領職務を引き継ぐ」と いう声明を発表する。 反改革派が全権を掌握、モスクワ中心部に戦車が出動 しモスクワ放送は占拠された。 午前11時になるとエリツィンロシア共和国大 統領が記者会見を行い「クーデターは違憲、国家非常事態委員会は非合法」 との声明を発表する。 エリツィンはゴルバチョフ大統領が国民の前に姿を見 せること、臨時人民代議員大会の招集などを要求、自ら戦車の上で旗を振り ゼネストを呼掛け戦車兵を説得、市民はロシア共和国最高会議ビル(別名: ホワイトハウス)周辺にバリケードを構築した。 クーデターに陸軍最新鋭部隊と空軍は参加しなかった。 [編集]海外への動揺このニュースは世界各国にも伝わった。 アメリカ合衆 国のジョージ・H・W・ブッシュ大統領は国家非常事態委員会を否定し、エ リツィンとゴルバチョフを支持した。 イギリスのジョン・メージャー首相 とフランスのフランソワ・ミッテラン大統領も同じだった。 日本の海部俊 樹首相は態度を明確にしなかった。 午後10時をすぎると戦車10台がエリツ ィンサイドに寝返る。 1万人の市民がロシア政府ビル前に篭城した。 KGBア ルファ部隊はロシア政府ビル奪取命令を下されたがそれに従わなかった。 北部ロシア炭鉱に於いても労働者ストライキが発生し、エストニアでは独 立宣言が出された。 レニングラードでは改革派のアナトリー・サプチャー ク市長が市のコントロールを奪回した。 後2時になると国家非常事態委員会のメンバーがソ連国内から逃亡を始め(プ ーゴ内相は自殺)、エリツィンはメンバーの拘束指令を発する。 午後4時20分 にはヤゾフ国防相が全部隊のモスクワへの撤退命令をニュース放送で行う。 午後4時55分にロシア代表団がクリミア半島に到着しゴルバチョフと面会、午 後9時にはモスクワ放送が復活した。 8月22日の午前2時55分に攻撃を避けるた めの人質としてクリュチコフを帯同したゴルバチョフの乗機がモスクワ空港 に到着した。 クーデターの関係者は逮捕されたが、その首謀者達はゴルバチ ョフの側近だったため皮肉にもゴルバチョフ自身を含むソ連共産党の信頼は 失墜していた。 午後0時にエリツィンはクーデターに対する勝利宣言を行う。 これには市民20万人が参加したが、ゴルバチョフが姿を見せることはなかった。 夕方にゴルバチョフはプレスセンターで記者会見を行う。 同日夜になると、 モスクワ中心街で共産党活動の禁止を要求するデモが行われた。 国家非常事態委員会の狼狽翌8月20日、12時頃ロシア政府ビル前に市民10万 人が集結し「エリツィン!、ロシア!、エリツィン!、ロシア!」のシュプ レヒコールをあげた。 労働者ストライキが全国で発生し、市民デモも多発。 一部では流血事態が発生した。 21日の午前0時になると戦車隊がロシア政府 ビルへ前進、市民と衝突し3名が死亡する。 午前4時頃、軍とKGBの150戦車隊 の一部がバリケードの突破で小競合いとなる。 ロシア側は発砲を許可し戦車 2台を破壊、10数名の市民が死亡した。 午前5時に国家非常事態委員会は戦車 隊の引き上げを決定。 交渉により軍は当面事態を静観すると確約する。 午前 11時頃、ロシア議会は国家非常事態委員会に対して夜10時までに放棄を求め る最終通告を行う。 この通告に動揺したせいかは定かではないが国家非常事 態委員会の一部が辞任を表明、ヤナーエフ副大統領は飲酒の果てに泥酔して 執務不能の状態にあった。 午前11時40分、国家非常事態委員会の実質リーダ ーであるクリュチコフKGB議長がエリツィンにゴルバチョフとの話し合いを 申し出る。 ロシア議会はイワン・シラーエフ首相を代表に任命、ゴルバチョ フ救出のためクリミアに派遣することを決定した。 [編集]クーデター失敗と共産党の失墜 午後1時53分、エリツィンはクーデターが未遂に終わったことを宣言した。 午 1991年12月までにソ連邦構成共和国はすべて独立を宣言した。 また、新連邦条 約についての交渉は新たに始まった。 ソ連およびアメリカは、9月にバルト三 国の独立を承認した。 ゴルバチョフはモスクワ帰還後数か月の間、政権の安定 と合法性を取り戻す為の努力を行ったがそれは不発に終わった。 11月に7共和 国が、主権共和国連邦結成条約に同意した。 しかしウクライナは参加せず、 エリツィンはロシアの利益を求め同意を破棄した。 ソ連共産党が存在しない 状態では、連邦構成共和国を協調させることができなかった。 エリツィンは ロシアが他の共和国の厳しい経済に対する責任を負うことになると考えたた め、ロシアの新条約への参加は考えられなかった。 12月8日にエリツィンおよ びベラルーシのスタニスラフ・シュシケビッチ最高会議議長、ウクライナの レオニード・クラフチュク大統領はベラルーシの首都ミンスクで会談した。 ここで彼らは独立国家共同体 CIS を創設し、ソ連を設立した1922年の連合条 約の廃棄に合意した。 中央アジア、アルメニアおよびアゼルバイジャンの5共 和国を含め独立国家共同体を拡張するための署名式は12月21日にアルマアタ で執り行われた。 グルジアはゴルバチョフの親友・エドゥアルド・シェワル ナゼがグルジア大統領となる1993年(ただし、1992年に国家評議会議長に就 任しており、正式に大統領となったのは1995年)まで参加しなかった。 ゴル バチョフがエリツィンを共産党のモスクワ市委員会を運営するように任命し た1985年12月25日からちょうど6年後の1991年12月25日にソ連は消滅した。 開戦の理由として挙げられるのは、ドイツの国家社会主義とソ連の共産主義が相容れないものであった 当時イギリスはソ連とアメリカの参戦を期待していたためソ連を倒せばイギリスが講和してくるかも知れないと考えた ルーマニアの油田の防御など ナチスの計画では東ヨーロッパ平原の(劣等民 族たる)スラブ民族をシベリアに強制退去させ、(優秀民族なる)ゲルマン 民族(ドイツ人、北欧人)を東ヨーロッパ平原に移住、東方大帝国をつくるつもりであった などである。 どちらにしても独ソ不可侵条約そのものがイデオロギーの相容 れない両国にとって外交上の安全確保以外のなにものでもない。 1939年に行 われたナチス・ドイツとソビエト連邦によるポーランド分割によって緩衝地 帯が消滅したことは両者の対決は不可避と思われていた。 1941年6月22日3時1 5分、ドイツ軍の奇襲攻撃(暗号名「バルバロッサ」)で独ソ戦は開始された。 ドイツ人民のための「生存圏 Lebenslaum の獲得」という名目において行 われたドイツによる征服地域への行動は、戦争当初ドイツ軍を「解放軍」と 考えていた地域住民の感情を逆撫し、彼らをパルチザンに変えてしまうもの であった。 両国による捕虜虐待、虐殺、暴行、略奪行為は戦場の各地で見られた。 第一次世界大戦が終り、ドイツとソ連は1922年、ラッパロ条約により国交 を回復させ、盛んに交渉を重ねていた。 ビスマルク時代より共産主義は弾 圧されていたのであるが、当時のドイツはベルサイユ条約により、かなり 厳しく軍備が制限されておりドイツ国内では軍備が増強できず、資源が乏 しかった。 一方、ソ連の共産主義は世界から嫌われており、事実シベリア 出兵などで世界各国と戦争をしていた。 ドイツには技術があったが、資源と 場所がなかった。 ソ連は資源と場所は恵まれていたが、技術がなかった。 互いに世界から孤立していたが為に利害が一致し、ドイツとソ連は手を結 んでしばし蜜月の時を刻む。 この間にドイツはソ連国内で軍備の増強を図 っており、ソ連軍があきれるほどドイツ軍は演習を重ねていたという。 し かし、ヒトラーは大の共産嫌いであり、政権を握ってからラッパロ条約は終焉を迎えた。 ヒトラーが政権を握りイデオロギー上でも対立し、お互いを人類の敵、悪魔などと罵り合 った一方で、お互いに敵を作ることにより国内を一枚岩にしていった。 ヒトラ ーは二正面作戦を避けるために、スターリンは自分の権力を握った過程と生来 の凶暴な性格が加わり極度に人間不信であり、イギリスのドイツに対する宥 和政策をみて対ソ連包囲網を結んでいるのではないかと被害妄想をし、世界 中を驚愕の渦に巻き込んだ独ソ不可侵条約を結ぶ。 「我が闘争」でも記述され ている通り、独ソ戦の真の目的はソ連東部の植民地化であり、同じ全体主義国 家同士であるが、ゲルマン民族至上主義を唱えている民族主義を掲げているナ チスと世界の国境をなくそうという共産主義の思想、これら二つのイデオロギ ーの関係や、ドイツの資源の枯渇等からも、もともと戦争は避けられなかった。 ドイツ軍がそれまでに行った戦いは鉄道網、道路網が整備された土地であり、 進軍・補給ともに計画したように行動できたために電撃戦の効果を十二分に発 揮できた。 電撃戦によって短期間に他国を蹂躙・占領し戦闘で消耗した兵器・ 兵士は修理・補充・休養を取り、資源を搾取する。 このことは資源を持たない ドイツにとって重要なことであった。 本国とはるか離れた広大な領土を持つロ シアにおける戦いは短期決戦に失敗すれば即持久戦を意味した。 [編集]通事情 ゲージ(2本の線路間の幅)が異なる鉄道、満足に整備されておらず充分な情 報もない道路網など自動車化が完全ではなく補給に問題があるドイツ軍にとっ ては困難な戦場であった。 又同時期に戦場となっていた北アフリカには自動車 以外の補給手段がない為にその作戦規模に比較して膨大な輸送用自動車が割か れていたことも大きな問題となっていた。 [編集]土壌と気候ロシアの大地は 春と秋には泥濘と化した。 そのため、これらの期間においては移動はもとよ り、最低限の補給にも大きな影響を与えた。 また、冬季の厳寒における戦線 の維持も重大な問題であった。 だがこれは攻められる側のロシアにとっては 有利なことであった。 大地そのものが要塞であり、毎年早くに訪れる冬将軍 も侵略者を苦悩に陥らせるのである。 [編集]土作戦かつて大北方戦争でス ウェーデンを、ナポレオン戦争による祖国戦争(ロシア遠征)で焦土作戦 を展開し、フランス軍(大陸軍)を撃退したロシアは、三度同じ戦略を決 行することは明白であった。 もっともこの作戦は、ロシア側にとっても多大な犠牲を強いることになった。 独ソ戦が始まると、それまでたびたびロシアを非難していた英国はただちに 大量の物資の援助を提案し、中立であったアメリカは5月に制定したレンド リース法をソ連にも適用することにした。 ソ連と米英の協定は1941年10月に 結ばれ、この時から1945年までに武器と物資がソ連に供与された。 援助の効 果は1942年にめだちはじめ、1943年にはソ連軍の兵站物資・機材の相当部分 を占めるようになった。 おおざっぱに言えば、スターリングラード戦までの ソ連軍はほぼ自国製品で戦い、クルスク戦以降は援助物資とともに戦ったと言える。 航空機、戦車のような正面装備、トラック、ジープ、機関車、無線機、野戦 電話、電話線のような後方支援のための物資、さらに缶詰、靴、ブーツ、銅 、アルミニウムのような一般工業製品と原材料まで、さまざまな援助物資が 届けられた。 供与兵器は、正面装備に関するかぎりソ連戦力で大きな比率を 占めなかった。 戦車はソ連製の方が要目上は優れていたため、前線で歓迎さ れない型もあったが、機械的信頼性の高さからアメリカ・イギリス製戦車が 好まれる場合もしばしばあった。 しかし、援助物資が兵站と経済、生活に与 えた寄与は大きかった。 主要工業地帯がドイツ軍に占領され、残る生産能力 も兵器生産に向けられたため、ソ連では後方支援と生活のための物資が著し く不足していたからである。 また、無線と兵站というソ連が立ち遅れていた 分野では、米英からの援助が重要であった。 スターリン以下のソ連の指導者 は、援助がソ連の戦争遂行能力を支えていることを自覚していたが、同時に 、ドイツ軍の戦力のほとんどをソ連が引き受けている以上、援助は当然だと も考えていた。 ソ連は米英軍がヨーロッパに上陸して西部戦線を開くことを 要求したが、この要請は1944年まで満たされなかった。 このためスターリン は、米英が自らは戦わず、独ソをともに消耗させようとしているのではないかという疑念を抱いていた。 モスクワに程近いカルーガ県(当時のモスクワ州内)のストレルコフカで農 民の家に生まれた。 少年の頃より職人の徒弟としてモスクワに年季奉公に出 たが、19歳になる1915年、当時第一次世界大戦を戦っていたロシア帝国に徴 兵され、一兵卒として竜騎兵連隊に配属された。 ジューコフは大戦中の勇敢 な戦いにより、聖ゲオルギー十字勲章を2回授与され、上等兵(下士官)に昇進した。 ロシア10月革命が勃発すると、ソ連共産党に加入した。 彼の生まれ育った貧困な環境が その原動力になっていたと考えられている。 チフスを一時期患った後 、1918年から1920年にかけて赤軍の一員としてロシア内戦を戦い、農民の 反乱を鎮圧した功績により赤旗勲章を授与された。 1923年に連隊長、1930 年には旅団長と昇進を重ねた。 ジューコフは、軍隊の機械化および戦争に おける機械化部隊の運用という新しい理論の強力な提唱者の一人であり、 また彼の立てる計画の緻密さ、厳しい訓練や厳格な規律の実施は有名であった。 1937年から1939年におよぶスターリンによる赤軍の大粛清を生き残ったが、依然と して政治的に不穏な情勢にあったモスクワを避けて、1938年第 一ソビエト・モンゴル軍集団の司令官に就任した。 そこでは、日本 の樹立した満州国とモンゴルの国境地帯において、日本の関東軍との間に 何度も小競り合いが起きていた。 関東軍にとって最初は、ソ連の国境防衛能 力を試す意図があったが、急速に大規模な戦闘に発展したことを受け、最終 的に戦車180台、航空機450機、兵員60,000名が投入されることとなった。 (ノモンハン事件) 1941年6月、ナチスドイツが独ソ不可侵条約を破ってソ連への侵攻を開 始すると(バルバロッサ作戦)、ジューコフはレニングラード軍管区に 司令官として派遣され、同都市防衛の任務に就いた。 そこでジューコフ は目覚しい軍事的手腕と非情なまでの決意を見せることで、浮き足立つ防 衛軍の規律を回復し、市民の協力をも得ることができた。 これにより1941 年の秋にはレニングラード南の郊外でドイツ軍の進撃を停止させた。 1941年 10月にはモスクワにドイツ軍が接近しつつあったため、ジューコフはモスク ワ防衛の指揮官にセミョーン・ティモシェンコを任命するとともに、独ソ開 戦時よりソ連軍の大部分が配置されていた極東より、続々と部隊を鉄道輸送 させた。 1941年12月、ソ連軍の反撃によりこの方面のドイツ軍を後退させる ことに成功した。 この大移動を迅速に成し遂げたジューコフの兵站手腕がな ければ、モスクワ防衛は成らなかったと考えられている。 1942年8月ジュー コフはソ連軍の最高司令官代理に任命された後、ドイツ軍の猛攻を受けてい たスターリングラード救出のため同地に派遣された。 スターリングラードの 戦いでは、ソ連側にも100万人の死者が出たが、1943年1月ドイツ第6軍を包囲 、壊滅させ、東部戦線の転換点を実現した。 同じ頃、元帥に昇進した。 1943 年7月のクルスクの戦いではニコライ・ヴァチューティンを司令官に任命し、 ドイツ軍の攻勢を破り、1944年1月にはレニングラードの包囲を解除させた。 1944年6月より開始されたソ連の大反攻作戦(バグラチオン作戦)と、続く1 945年ドイツ本土への侵攻の指揮を執り、同年4月にベルリンを占領し、ドイ ツのカイテル元帥より降伏文書を受け取った。 戦争終結後はそのままソ連の ドイツ占領軍の最高司令官となった。 大祖国戦争で最も昇進し、活躍した軍 人として英雄視され、1945年モスクワの赤の広場での戦勝パレードにおいて ジューコフも称えられた。 このようなジューコフの存在および人気は、スターリンの独裁政治にとって少 なからぬ脅威となった。 そのため1947年、モスクワから遠く、傘下の部隊も 少ないオデッサの軍管区司令官に左遷された。 しかし、スターリンの死後、 再び政界に復帰し、1953年国防大臣代理に、1955年国防大臣に就任した。 195 3年には国家政治保安部長官であったラヴレンティ・ベリヤを逮捕、処刑する などして、スターリン死後のソ連共産党の指導体制を支えた。 1957年のヴャチ ェスラフ・モロトフらのいわゆる「反党グループ」との権力闘争では、ニキー タ・フルシチョフを支持してこの危機を乗り切った。 同年6月、ソ連共産党中 央委員会の常任委員となったが、軍事面での政策においてフルシチョフと重 大な意見の不一致が生じた。 フルシチョフは、陸海の常備軍を削減し、抑止 力の第一要因として戦略核兵器部隊を増強することで、浮いた人的および物 的な資源を民間経済の発展に回そうとした。 一方、ジューコフは軍の利益を 第一に考えていたため、この政策には反対であった。 フルシチョフは、軍に 対する党の優位性を盾にしながら、ジューコフを大臣の職から解任し、中央 委員会からも追放した。 フルシチョフ自身の回顧録の中で、ジューコフがク ーデターを企てていたと信じており、中央委員会の会議でこれを理由として ジューコフを告発し、追放したことが述べられている。 1964年10月、フルシチ ョフが失脚すると、レオニード・ブレジネフとアレクセイ・コスイギンが後を 継ぎ、彼らによってジューコフの名誉は回復された。 政界に復帰することはな かったが、ソ連において最も大衆に人気のある人物の一人であった。 1974年に 死去し、軍人として最高の栄誉をもって葬られた。 1995年、ジューコフの生 誕100周年を記念して、ロシア連邦政府はジューコフ勲章を新設した。 1943年初旬の第3次ハリコフ攻防戦の結果、独ソ戦の戦線はクルスクを中心 にソ連側が突出する形となった。 ドイツ軍はクルスク周辺を中心とするソ連 軍の突出部へ先制攻撃をかけるべきか、防衛戦後に追撃戦を行いソ連軍を撃 滅するべきか検討し、最終的にアドルフ・ヒトラー総統の主張によりクルス クの突出部へ先制攻撃をかけることが決定された。 作戦名は「ツィタデレ( 城塞)作戦(独Operation Zitadelle)」と名付けられ、作戦発動は1943年5 月中旬と予定されたが最終的には7月4日となった。 ドイツ軍はこの作戦に東 部戦線の全兵力の内6割から7割を動員し、さらにパンター、フェルディナン ト、フンメルなどの新兵器を投入した。 最終的な参加兵力は兵員90万人、戦 車及び自走砲2,700両、航空機1,800機に及んだ。 一方ソ連軍はスパイによっ てドイツ軍の作戦を早期に察知し、クルスク周辺一帯に大規模なパック・フ ロント(対戦車陣地)を構築し、ここに兵員133万人、戦車及び自走砲3,300 両、火砲2万門、航空機2,650機に及ぶ兵力を配置してクルスク一帯を要塞化 した。 さらに兵員130万、戦車及び自走砲6,000両、火砲2万5000門、航空機4 ,000機を超える予備兵力を前線後方に待機させた。 14日、市街南部のスターリングラード中央駅を占拠するも、以後数日間15回 もとりつとられつの大激戦となった。 16日、中部の丘を占拠するも、10月まで戦車同士の激戦が続く。 21日、市街南部の農業サイロに立て篭るソ連軍の前に、サイロを破壊できないドイツ軍は制圧できず攻撃遅滞。 27日、市街戦中も戦車を作り続ける、市街北部の「赤い10月工場」へ攻撃開始。 10月14日、市街北部の「トラクター工場」を占拠。 23日以降、「赤い10月 工場」に立てこもるソ連軍の前に攻撃遅滞。 この市街の数%の制圧を巡って 、スターリングラード市街戦は際限の無い長期戦になる。 11月19日、ソ連 軍の引き伸ばし策成功、ソ連軍の包囲行動が始まる。 [編集]スターリングラード包囲戦 11月19日、編成を終えたソ連南西方面軍が北方を守る弱体なルーマニア軍 を撃破して包囲行動を開始。 呼応してスターリングラード正面軍も東から進撃開始。 29日、包囲網完成。 マンシュタインによる包囲解除攻撃「冬の嵐」作戦もソ 連第2親衛軍の前に阻まれ中止、以後じわじわと包囲網は狭まっていく。 ソ連 軍ジューコフの大反撃と飢えと寒さにより市内の各地で壊滅する部隊が相次ぎ 、1943年1月31日には包囲されていたフリードリヒ・パウルス元帥率いるドイ ツ第6軍と枢軸国軍23万のうち、生き残りの9万人が降伏した。 その他大量の 軍需物資がソ連軍の手に落ちた。 その後、シベリアの収容所から戦後生きて 祖国に帰れたのは、わずか6,000人であった。 そして、2月2日にソ連軍が攻防 戦に勝利したと宣言し、スターリングラード攻防戦はここで終了したのである ドイツ軍の誇る急降下爆撃も戦車の突撃も敵味方入り乱れる市街戦では効果 を発揮できず、包囲されたドイツ第六軍は零下30度の中、補給も受けられず 、飢えと寒さで反撃どころではなく、次々と倒れていった。 このスターリン グラード攻防戦は常勝ドイツ軍が受けたことのない大敗北であり、北アフリ カでのエル・アラメインの戦いでの大敗北と共に歴史の転換点となった。 プレコプ地峡突破クリミア半島の制圧を任されたマンシュタインの第11軍は 、1941年9月24日幅わずか7kmのプレコプ地峡に攻撃を開始。 狭い地峡に奥深 く敷かれたソ連軍陣地に苦しめられ、3日間激戦が続いたが、何とか突破、ク リミア半島東部ではケルチ半島を、南部ではヤルタを制圧し、セヴァストポリ要塞を一時包囲した。 編集]ソ連黒海艦隊の反撃しかし、黒海艦隊は健在で、12月、海軍陸戦隊を ケルチ半島に上陸させた。 セヴァストポリにほとんどの部隊を集結させてい たドイツ軍に対し完全に奇襲となり、東端のケルチにいた弱体な歩兵師団 が包囲されてしまった。 ドイツ軍はセヴァストポリの包囲を解いて反撃に 出たが、ケルチ半島は東西に長く南北の幅は狭い地峡で、歩兵師団しか配 属されていなかった第11軍はソ連の何重もの防衛線の突破に手間取り、翌 年6月まで続く長期戦となったが、青作戦発動には何とか間に合った。 [編集] セヴァストポリ要塞攻略戦6月7日、セヴァストポリを再度包囲したドイツ 軍であったが、ケルチ半島での戦闘の間に、要塞北面の地峡に多数の要塞 砲(Marat型戦艦の主砲を陸上に設置した感じで、密閉式の砲塔に三連装主 砲を設け、地下に旋回装置・弾薬庫・自動装填装置・兵員の居住区が設け られていた)とトーチカ群が設けられており、工兵が爆破処理するのは不可能であった。 そこで、マンシュタインは、新旧・大小問わず1,300門もの大砲をかき集め猛砲撃を加え た。 その際、ドイツから列車砲グスタフを分解して持ち込んだ。 グスタフは 、鉄道のレールの上を走行する80cm40口径の大砲で、最大射程47km、弾薬も 普通の榴弾の他に先端に徹甲弾・後ろに大量の爆薬を詰めた砲弾も使用され た。 旋回できないのが難点だったが、ゆるいカーブの付いたレールを敷くこ とで射角を確保した。 ナチス・ドイツがソ連への侵攻を開始したと聞いても、『我が闘争 Mein Ka mpf』の読者は驚かなかった。 アドルフ・ヒトラーはその本の中でドイツ人 が生活圏 Lebensraum を必要とし、それが東方で捜されることになっていた という考えを明らかにしていたからである。 ヒトラーはロシア人を劣等人種 であると考えており、彼らを殺すか、追放するか、奴隷にし、かつ再植民す るというのはナチ党の政策であった。 それは表面上ドイツとソ連が東ヨーロッパを 分割する方法について合意した相互安全保障協定であり、独ソ相互の敵意お よび全くの敵対したイデオロギーに反するものとして世界は驚いた。 しかし ヒトラーは、西ロシアを征服する事で(自身が劣等人種だと考えていた)ス ラブ人から搾取を行うという野望を持っていた。 したがって、協定は単に相 互の短期間の便宜のものであった。 また、ナチ党は協定の破棄に不安を持た なかった。 ヨシフ・スターリンは残忍であるという評判はソ連を侵攻目標に するというナチスの戦略的傾向に拍車をかけた。 1930年代後半にスターリン は「大粛清」を強行し、経験豊富で有能な陸軍士官および戦略家を含む何百 万もの人々を殺したため、赤軍の弱体化と指揮官の不足につながっていたの である。 ナチ党は「下位の」スラブ人に対する宣伝で、しばしばソ連の政権 の残酷性を強調した。 バルバロッサ作戦の大部分はヒトラー自身の発案だっ た。 参謀達は二正面作戦に対して懸念を表明したが、ヒトラーは自身を政治 的・軍事的天才と考え、側近の助言を斥けて作戦を実行に移した。 ヒトラーは西部戦線における電撃戦の成功により、赤軍との戦いに おける勝利を確信していた。 彼は数か月での勝利を期待し、冬季戦 の準備を行わなかったため、ドイツ軍は適切な寒冷装備を準備していなか った。 彼は、赤軍に対する迅速な勝利が、イギリスの和平協定受理を促進することを望んだ。 攻撃に備えてヒトラーはソ連国境に250万の兵力を移動させ、ソ連領に対し て多くの航空監視を行い、大量の資料を準備した。 しかし、ソビエトはまだ 不意を襲われた。 彼は、ヒ トラーが新しい戦線を開く前にイギリスとの戦争を仕上げるだろうと確信 した。 情報局からの繰り返された警告にもかかわらず、スターリンは、ド イツとソ連の間の戦争の口火を切ることを目指したイギリスの策略である と考えて、それらの情報に信用を与えることを拒絶した。 その中にはリヒ ャルト・ゾルゲの情報も含まれていたと思われる ヒトラーとドイツ軍指 導部は、3つの軍集団に侵入後の攻撃目標としてソ連の特定の地方および 大都市を占拠するために割り当てた。 北部軍集団は、バルチック海を通り 北ロシアへ進軍し、レニングラード(今のサンクトペテルブルク)の占領 もしくは破壊を目標とした。 中央軍集団は、現在のベラルーシを通りロシ アの中西部を進軍し、モスクワへの直接攻撃が目標となった。 南部軍集団 は人口密度の高いウクライナ地域を攻撃、キエフを攻略し、南ロシアの草原から引き続き東方のボルガ川まで進軍するように用意を整えた 初期の段階から、ロンドン動物園は、その建築物の設計を、一流の建築家 に依頼することを誇りにしてきた。 そうしたものとしては:時計塔(1828年。 本来はラマ舎として建てられた)及びキリン舎(1836年 - 1837年)は、 デシマス・バートン Decimus Burton により設計された(両者とも、第2級保護登録建築)。 マピッン・テラス(1913年 - 1914年)は、サー・ピーター・チャルマーズ ・ミッチェル Sir Peter Chalmers Mitchell 及びジェームズ・ジョアス John James Joass による設計(第2級保護登録建築)。 ギン・プール(1934年) ラウンド・ハウス(動物園のゴリラを収容するために1932年 - 1933年に建築) 北門キオスク(1936年)とは、全てバートホールド・ルーベトキン Berthol d Lubetkin のテクトン Tecton 事務所による設計。 ただし、ペンギン・ プールに就いては、一流の構造エンジニアであるオーヴ・アラプ Ove Aru p の協力を受けた。 (一番目及び二番目の建築は現在第1級、「キオスク」は第2級に登録。 ) スノードン禽舎(1962年 - 1964年)は、スノードン卿 Lord Snowdon 、セドリック・プライス Cedric Price 及びフランク・ニュービィ Frank Newby の設計。 象舎及び犀(サイ)舎(1962年 - 1965年)は、サー・ヒュー・キャソン S ir Hugh Casson 及びネヴィル・コンダー Neville Conder が設計した。 (現在こうした大型動物には不適とみなされている。 ) ロンドン動物園 (ロンドンどうぶつえん)は、世界で最初の科学的動物園である。 1828年 に開設された当初は科学的研究のために動物を収集しておくことが目的だ ったが、1847年に一般公開された。 現在では、650種以上の様々な動物が集められている。 本動物園はロンドン動物学協会 Zoological Society of London の主催 の下で経営されており、その敷地は、ロンドンのリージェント・パーク R egent's Park の北端付近を占めている(リージェント運河が動物園内を 貫流している))。 ロンドン動物学協会は、ベッドフォードシャー(州名 Bedfordshire) に、より敷地面積の広いホィップスネイド野生動物園 W hipsnade Wild Animal Park も所有しており、ゾウやサイのような大型動 物は、そちらに移動されている。 小 説『クマのプーさん』のまえがきでも紹介されている。 1978年に死亡するまで、園の人気者だった。 小説『クマのプーさん』のまえがきでも紹介されている。 1978年に死亡するまで、園の人気者だった。 ホィップスネイド野生動物公園 Whipsnade Wild Animal Park はイギリス・ ベッドフォードシャー州ダンスタブル近くのホィップスネイドにある動物園 である。 ロンドン動物学協会 ZSL が所有しており、ロンドン動物園の対を なす施設になっている。 ヨーロッパでもっとも大きな野生動物保護公園で、 2500を超える動物が飼育されており、そのほとんどが絶滅の危機に瀕した種である。 敷地面積は2. 4平方キロ 600エーカー。 ダンスタブル丘陵の斜面に巨大な白 いライオン柄のヒルフィギュア w:en:hill figure が刻まれているために 、遠方や上空からでもどこにあるかすぐに分かる。 開園は1931年。 ピータ ー・シャルマース・ミッチェル卿 ZSL会長 1903-1935 が保護活動の中心地 として計画、人々が訪れやすい、ヨーロッパ初の野外動物園となった。 動 物達は広い敷地で飼育されており、クジャク・マーラ・ワラビーなどは園内に放し飼いにされている。 園 およびZSL は財政資金は受けておらず、ギフトエイドに依っており、チ ャリティーによる多額の寄付を受けている。 2006年現在の入園料は、冬季 =大人13. 5ポンド、夏季=大人15ポンド。 急斜面の草と土壌を削って溝を 掘り、基盤の石灰岩を露出させて画いた地上絵は、緑と白のコントラスト が鮮やかで、遠方からでも、はっきりと見ることができる。 単に溝を掘る だけでなく、基盤岩よりも鮮やかな色の瓦礫を埋める場合もある。 イギリス の丘の斜面には、多くのヒルフィギュアが刻まれている。 南部に集中してい るが、北部にも存在する 地図。 題材は馬が最も一般的で、人や動物、十字 架や紋章などもある。 よく古代遺跡と勘違いされるが、実際にはほとんどの ものが18世紀以降の作である。 例外として「アフィントンの白馬」は青銅器 時代作とされる。 製作動機は多様で、はっきりとしないものも多い。 宗教 的なもの、記念碑として、政治目的、広告のため、などが考えられている。 現代でも記念や看板として新しく製作されることがある。 ヒルフィギュア は定期的な保守作業を続けないと、風化・埋没して消滅してしまう。 そのた め「古いヒルフィギュア」とは、地域のランドマークとして長年に渡り定期 的な手入れをされ続けてきたものであることを意味する。 ク・ホリン、クーフリンとも。 父は太陽神ルー、母はコノア王の妹デヒテラ。 幼名はセタンタ。 鍛冶屋のク ラン(クーリン)の館の番犬を一人で倒してしまった事から、以後クー・フーリン(クランの猛犬)と呼ばれる。 「影の国」の女王スカアハから魔槍ゲイボルグ(元はオーディンのグングニ ル)を授かる。 これは銛のような形状をしており、ひとたび投げれば多数の 穂先が降り注ぎ、必ず敵の心臓に命中するといわれる。 メイヴとの戦いの後 、息子コンラと親友フェルディアをゲイボルグで殺してしまった。 ゲッシュ (禁忌)を破り半身が痺れたところを敵に奪われたゲイボルグに刺し貫かれ て命を落とすが、その際、こぼれ落ちた内臓を水で洗って腹におさめ、石柱 に己の体を縛りつけ、最後まで倒れる事がなかったという古くはケルト人によ る文化が栄えローマ時代の書物などにその一端が記されている。 6世紀以後に はケルズの書に代表されるようなカトリック信仰に基づくキリスト教文化が広まった。 イギリスの植民地時代、連合王国時代にはアイルランド出身の小説家により多くの優れ た小説が英語で執筆された。 この中には、ジョナサン・スウィフト、ジェーム ズ・ジョイス、ジョージ・バーナード・ショウ、オスカー・ワイルド、W・B・ イェーツ、サミュエル・ベケットなどがいる。 近年ではポピュラー音楽の分野 においてU2が世界的な成功を収めている。 また、ノーベル平和賞候補者にも選ばれた元ブームタウン・ ラッツのボブ・ゲルドフもアイルランド出身である。 イルランドにおける教 育システムは他の西ヨーロッパ諸国の例と大きな違いはない。 各段階の公立 、私立学校双方の授業、運営にカトリック教会が関与する点が特徴である。 詳しくはアイルランドの教育を参照のこと。 リニティ・カレッジの物理学者 アーネスト・ウォルトンは1951年にノーベル物理学賞を授賞している。 [編集]世界遺産 アイルランド国内には、ユネスコの世界遺産リストに登録された文化遺産が2件存在する。 詳細はアイルランドの世界遺産を参照。 るという事件が発生した。 ナイフは心臓をかすめたが、ベケットは自力で病 院に駆け込んだ。 意識を取り戻した時には、ジェームス・ジョイスが主治医 と共におり、介抱の仕方を習っている最中だったという。 のち、加害者は裁 判でベケットに謝罪し、なぜそのようなことをしたのかわからないと語った。 入院中、訪問客の一人であったスザンヌ・デシェヴォー・ドュメニルと深い仲 になり、交際を始めた。 後年、スザンヌはベケットの仕事を助け、時にはジ ャーナリズムや批判者から守る役割もした。 1961年に二人は結婚する。 戦中・戦後 1939年、第二次世界大戦が勃発。 1940年にはナチス・ドイツがフランスに侵攻し、パリを占領した。 大戦中、ベケットはフランスのレジスタンスグループに加入。 ナチスに対する 抵抗運動に参加する。 しかしゲシュタポの捜査が身辺に迫り、友人が逮捕され たことを受けて小説家ナタリー・サロートの自宅の屋根裏に長期間かくまわれ 、同じくゲシュタポから隠れていたサロートの父親と同居生活を過ごした。 そ の後パリを脱出。 田園地帯を数ヶ月放浪の後、ルーション地方の農村に2年半も の間潜伏した。 その期間、ベケットは小説「ワット」(1953年)を書いた。 戦 後はパリに戻り、執筆活動を再開。 50年代に入ると三部作の小説『モロイ』( 1951年)、『マロウンは死ぬ』(1951年)、『名付けえぬもの』(1953年)を 発表した。 1952年には、現代演劇に多大な影響を及ぼすことになる戯曲『ゴ ドーを待ちながら』を発表。 戦前1906年の4月13日、アイルランドのフォックスロックに住む裕福な中流家 庭の次男として誕生。 イエス・キリストが磔刑を受けたとされる日だったた め、これを忌避し戸籍上の誕生日は3月13日。 1923年から1927年にかけて、ダ ブリンのトリニティカレッジで、英語、フランス語、イタリア語などを学ぶ。 その後1928年から2年ほどの間、パリの高等師範学校で教師の職を得て過ご す。 ベケットはパリでジェームズ・ジョイスと知り合い、深い影響を受けた。 ベケットはジョイスの書く断片の口述筆記や複写なども手伝ったが、それ らはジョイスの小説『フェネガンズ・ウェイク』(1939年)の中に含まれている。 1930年、トリニティカレッジの3年間の講師職を得て、ベケットはアイルラン ドに戻った。 しかし2年も経たないうちに辞職し、著述業をしつつヨーロッパを転々とする。 そして1937年、パリに定住した。 1938年1月、通りを歩いている最中に、見知らぬ売春斡旋者の男に突然刺され戦前1906年の4月13日、アイルランドのフォックスロックに住む裕福な中流家 庭の次男として誕生。 イエス・キリストが磔刑を受けたとされる日だったた め、これを忌避し戸籍上の誕生日は3月13日。 1923年から1927年にかけて、ダ ブリンのトリニティカレッジで、英語、フランス語、イタリア語などを学ぶ。 その後1928年から2年ほどの間、パリの高等師範学校で教師の職を得て過ご す。 ベケットはパリでジェームズ・ジョイスと知り合い、深い影響を受けた。 ベケットはジョイスの書く断片の口述筆記や複写なども手伝ったが、それ らはジョイスの小説『フェネガンズ・ウェイク』(1939年)の中に含まれている。 1930年、トリニティカレッジの3年間の講師職を得て、ベケットはアイルラン ドに戻った。 しかし2年も経たないうちに辞職し、著述業をしつつヨーロッパを転々とする。 そして1937年、パリに定住した。 1938年1月、通りを歩いている最中に、見知らぬ売春斡旋者の男に突然刺され 1959年、ベケットは母校のトリニティ・カレッジより名誉博士号を授与され た。 1961年、ホルヘ・ルイス・ボルヘスと共にフォルメントール賞を受賞。 そ して1969年10月、ノーベル文学賞を受賞する。 文学や戯曲の分野で、新しい表 現方法を切り開いたことがその理由だった。 1989年12月22日に死去。 彼の妻 スザンヌがこの世を去った5ヶ月後のことだった。 遺体はパリのモンパルナス 墓地に埋葬された。 墓石は磨き上げた花崗岩の板で、表面には「Samuel Bec kett 1906-1989」という文字と、彼に先立って世を去った妻スザンヌについ ての同様の記述がシンプルに刻まれている。 墓石のそばには1本の木がぽつんと立っている。 [編集]作品論・作家論『ゴドーを待ちながら』は二幕劇。 木が一本しかない 舞台で、二人の浮浪者がゴドーを待ち続けている。 だが二人はゴドーに会っ たことはない。 待ちながら、たわいもないゲームをしたり、滑稽で実りのな い会話を交わし続ける。 そこにもう二人別の人物が通りかかり、さらにとり とめのない会話と遊戯が続く。 一日の終わり、少年がやってきて、ゴドーが 今日は来ないと告げる。 二人はもう一日待とう、明日ゴドーがこなければ首 を吊ろう、という。 同じことがまた翌日繰り返され、芝居はそこで終わる。 ストーリーは特に展開せず、自己の存在意義を失いつつある現代人の姿とそ の孤独感を斬新なスタイルで描いている。 当初は悪評によって迎え入れられ たが、少しずつ話題を呼び人気を集めるようになった。 初演の約5年後には、 20言語以上に翻訳された。 同作品は不条理演劇の傑作と目されるようになり 、現在もなお、世界各地で公演され続けている。 その後も作品ごとに、様々 な新しい手法を試み続けたベケットは、第二次大戦後の演劇を語る上で無視 できない存在と言える。 その作品群は、不条理演劇の系譜を継ぐ作家達のみ ならず、現代劇の作り手全般に多大な影響を及ぼした。 演劇評論家のハロル ド・ブルームは、ベケットの演劇はシェイクスピア、モリエール、ラシーヌや イプセンと同じように後世に残るだろうと述べている。 以下にベケットの作品を挙げる。 ベケットは主にフランス語か英語で執筆をし 、後に自身で英語やフランス語への翻訳を行っている。 年度の後に仏とある場 合はフランス語版の、英とある場合は英語版の発表・出版年を意味する。 邦 題は、主に白水社の『ベケット戯曲全集』などの出版物を参考にしている。 評論家マーティン・エスリンの著書『不条理演劇』 The Theatre of the Absurd 1962年 で命名され、定着した。 不条理演劇の代表的な作り手 には、ベケットやイヨネスコ、ハロルド・ピンターやエドワード・オールビ ー、日本では別役実などの劇作家がいる。 不条理演劇が生まれた背景には、ニ ーチェ、サルトル、カフカやアルベール・カミュなどによる実存主義思想と 、第二次世界大戦でヨーロッパが受けた衝撃と荒廃がある。 カミュは、人間 は不条理な存在であるとした 『シジフォスの神話』1942年。 先述の評論家 マーティン・エスリンは、不条理な人間存在を描く劇作家達の作品や活動を 、カミュの論を元に不条理演劇と名付けた。 不条理演劇以前のリアリズム演劇においては、登場人物たちによる状況の変化 を求める行動が、新たな状況を具体的に生み出し、最終的に状況が打開される か、悲劇的な結末を迎える。 このダイナミズムがストーリーの軸となっている。 行動とその結果の因果律が明確な世界観と言える。 これに対し、不条理演劇 では、登場人物の行動とその結果、時にはその存在そのものが、因果律から切 り離されるか、曖昧なものとして扱われる。 登場人物を取り巻く状況は最初か ら行き詰まっており、閉塞感が漂っている。 彼らはそれに対しなんらかの変化 を望むが、その合理的解決方法はなく、とりとめもない会話や不毛で無意味な 行動の中に登場人物は埋もれていく。 ストーリーは大抵ドラマを伴わずに進行 し、非論理的な展開をみせる。 そして世界に変化を起こそうという試みは徒労 に終わり、状況の閉塞感はより色濃くなっていく。 言語によるコミュニケーシ ョンそのものの不毛性にも着目し、言葉を切りつめたり、台詞の内容から意味 をなくしたりする傾向も見られる。 また、舞台装置や小道具を、登場人物の心 理的状況をなんらかの形で象徴するものとして扱うことも多く見られる。 その 好例としては、ベケットの代表作『ゴドーを待ちながら』に出てくるぽつんと 立つ1本の木や、別役実作品に度々登場する電信柱などが挙げられる。 不条理演劇を代表する作家の一人として知ら れている。 ルーマニア人の父親とフランス人の母親との間に、ルーマニアのス ラチナで生まれた。 13歳までほとんどの期間をパリで過ごすが、その後ルーマ ニアに戻り、ブカレスト大学に入学し、そこで1928年、エミール・シオラン 、ミルチャ・エリアーデと出会い、3人は終生の友人となった。 1936年に結婚 し、同じ時期にフランス語教師の資格を取得している。 1938年に博士論文を 完成させるためにフランスに戻るが、1939年に勃発した第二次世界大戦のた めに、フランスに残ることになる。 そして二度目の結婚を経た後、著述の分 野で才能を発揮し始めた。 1950年に『禿の女歌手』を、1951年に『授業』を 、1952年には『椅子』を発表。 古典劇の規則を無視した「不条理」な作風が 、発表当時は受け入れられなかった。 しかし、50年代後半より脚光を浴び始め、現代演劇史に大きな足跡を残すことになった。 1970年には、その功績により、アカデミー・フランセーズ会員に選出された。 1994年に死去。 パリのモンパルナス墓地に埋葬された。 版が出版された後、8回(1718年、1740年、1762年、1798年、1835年、1878 年、1932-1935年、1992年)の改版を重ね、現在に至っている。 また、辞書 の編纂以外にも勧告を発することなどを通じてその任務を遂行している。 現 代では、アカデミーの役割自体については、必要な変化には柔軟に対処しな がら、フランス語の質を維持するというように若干の変化が見られるものの 、依然として辞書の編纂は重要な任務のひとつである。 また、こうしたフラ ンス語に関する役割以外にも新たな第2の役割が追加された。 それはメセナ( 学問芸術振興)であり、年間およそ60もの文学賞の授与から、学術界、文芸 界、慈善事業団体、寡婦や障害者世帯に対する金銭的援助、そして奨学金の 提供に至るまで様々な形で行われている。 アカデミーは定員を40人として詩 人、小説家、演劇家、哲学者、医師、科学者、民族学者、批評家、軍人、政 治家、聖職者といった様々な背景を持つ面々で構成されてきた。 会員資格は 終身であり、会員の死亡等で欠員が生じると直ちに新会員が現会員の推薦と 選挙によって決定される。 3世紀以上に及ぶ歴史を持ちながら、1793年から18 03年にかけてのフランス革命期を除いて、定期的に活動を続け、創設以来こ れまで700人以上が会員として名を連ねた。 その中にはフランスの歴史をさま ざまな形で彩った偉人たちが数多く含まれている。 アカデミーの会員は、大 礼服のような制服が定められている。 定員40人制を堅持しているため、いわ ゆる「41番目の椅子」で待ったまま、会員になれなかった著名人も数多い。 このような人物として、デカルト、パスカル、モリエール、ルソー、プルーストなどが挙げられる。 フランス学士院を構成する5つのアカデミーの1角を占め、その中でも最古のアカデミーである。 1626年から文化人たちがコンラールの邸宅で会合を持つようになったのが起源である。 これが宰相リシ ュリューに認められ、ルイ13世治下の1635年2月10日、正式に設立。 当初の 役割はフランス語を規則的で誰にでも理解可能な言語に純化し、統一するこ とであり、その目的を達成するために辞書の編纂を重要な任務としていた。 フランス学士院を構成する5つのアカデミーの1角を占め、その中でも最古のアカデミーである。 1626年から文化人たちがコンラールの邸宅で会合を持つようになったのが起源である。 これが宰相リシ ュリューに認められ、ルイ13世治下の1635年2月10日、正式に設立。 当初の 役割はフランス語を規則的で誰にでも理解可能な言語に純化し、統一するこ とであり、その目的を達成するために辞書の編纂を重要な任務としていた。 フランス学士院を構成する5つのアカデミーの1角を占め、その中でも最古のアカデミーである。 1626年から文化人たちがコンラールの邸宅で会合を持つようになったのが起源である。 これが宰相リシ ュリューに認められ、ルイ13世治下の1635年2月10日、正式に設立。 当初の 役割はフランス語を規則的で誰にでも理解可能な言語に純化し、統一するこ とであり、その目的を達成するために辞書の編纂を重要な任務としていた。 除外されたが新たに選出されなかった。 規則により除籍、1829年の再入会を拒む。 彼は、1689年1月18日に、ボルドー Bordeaux 近 郊で生まれ、1755年2月10日に逝去した。 ジョン・ロックやイギリスの政治に 影響を受け、フランス絶対王政を批判し政治権力を分割し、均衡と抑制によ る権力分立制の基礎を築いた。 法とは「事物の本性に由来する必然的な関係 」であると定義し、権力を分割しない統治形態による法からは政治的自由が 保障されないと考え、執筆に20年かけたといわれる著作『法の精神』で、権 力を立法・行政・司法に分割する三権分立論を唱えた。 彼は、1689年1月18日に、ボルドー Bordeaux 近 郊で生まれ、1755年2月10日に逝去した。 ジョン・ロックやイギリスの政治に 影響を受け、フランス絶対王政を批判し政治権力を分割し、均衡と抑制によ る権力分立制の基礎を築いた。 法とは「事物の本性に由来する必然的な関係 」であると定義し、権力を分割しない統治形態による法からは政治的自由が 保障されないと考え、執筆に20年かけたといわれる著作『法の精神』で、権 力を立法・行政・司法に分割する三権分立論を唱えた。 duc de Broglie(ド・ブロイ公爵7代公)、1892年8月15日 - 1 987年3月19日 は、フランスの物理学者。 物質波の提唱者。 フランス名門貴 族であるド・ブロイ家の出身。 はじめ、歴史学を専攻していたが、第一次世 界大戦に電波技術者として従軍する。 このことで物理学に興味を持ち、物理 学に転向。 物質波の提唱当時はそのあまりにも常識はずれの説のゆえに無視 されていたが、 以前から指摘されてたハミルトンのアナロジーと相俟って、 シュレディンガーによる波動方程式として結実する。 ルイ=ヴィクトル・ピ エール・レイモン・ド・ブロイ Louis-Victor Pierre Raymond, 7. duc de Broglie(ド・ブロイ公爵7代公)、1892年8月15日 - 1987年3月19日 は、 フランスの物理学者。 物質波の提唱者。 フランス名門貴族であるド・ブロイ家の出身。 はじめ、歴史学を専攻していたが、第一次世界大戦に電波技術者として従軍する。 このこ とで物理学に興味を持ち、物理学に転向。 物質波の提唱当時はそのあまりに も常識はずれの説のゆえに無視されていたが、 以前から指摘されてたハミ ルトンのアナロジーと相俟って、 シュレディンガーによる波動方程式とし て結実する。 ド・ブロイはルイ14世によって授爵された貴族の一族として、1892年にフラン スのディエップに生まれた。 始めソルボンヌ大学で歴史学を専攻したが、第 一次世界大戦時、通信員としてエッフェル塔に配備されていたときに物理学 に興味を持った。 戦後、ソルボンヌ大学で物理学を修め、1924年に物理の博 士号を得た。 1926年からはソルボンヌ大学で教え、1928年にはアンリ・ポア ンカレ研究所の理論物理学教授となった。 そして1929年に「電子の波動性の 発見」によってノーベル物理学賞を受賞した。 1962年にアンリ・ポアンカレ研 究所を退官し、1987年にパリで死去した。 アインシュタインは1905年に自らの 論文において、光電効果を電磁波を粒子として解釈することで説明した。 192 3年にコンプトンが電子によるX線の散乱においてコンプトン効果を発見し、 この光量子説は有力な証拠を得た。 これらに影響を受け、ド・ブロイは逆に 粒子もまた波動のように振舞えるのではないかということを1924年に自身の 博士論文で提案した(ド・ブロイ波)。 この理論は1927年にトムソンやダヴ ィソンによる実験によって支持され、シュレーディンガーが波動力学を定式 化するのにも使われた。 また1928年には日本の菊池正士 も雲母の薄膜による 電子線の干渉現象を観察している。 光電効果(こうでんこうか、Photoelectric effect)は、金属に光を当てると電子が飛び出す現象。 光電効果はある一定以上大きな振動数の光でなければ起こらず、振動数の小 さな光をいくら長時間当てても電子は飛び出してこない。 つまり、それにはじき出される電子のエネルギーも 大きくなる。 しかし、この場合は光の粒を数多く発射したわけではなく、振動 数を上げただけなので電子の量は変わらないというものだった。 の現象は、 19世紀の物理学では説明することのできない難題であったが、1905年、物理 学者のアルベルト・アインシュタインの導入した光量子仮説によって、説明 付けられた。 アインシュタインは、この業績によって、1921年にノーベル物理学賞を受賞している。 テラヘルツ帯の電磁波はテラヘルツ電磁波と呼ばれ、直進性が非常に高い。 日本の電波法では、電波は3THz以下の電磁波と定められており、それ以上は 遠赤外線となる。 テラヘルツの領域の電波はマイクロ波と呼ばれる電波の一種である。 テラヘルツ電磁波は大気によく吸収されるので、その到達距離は短い。 テラヘルツ電磁波 を利用する技術は近年になって開発されたもので、医学画像や監視などに応用されている。 テラヘルツ時間領域分光 en:Terahertz time domain spectroscopy では、テラヘルツ電磁 波を物質の具体的な特徴描写のために使用している。 001ペタヘルツ PHz に相当する。 1THzの1周期は1ピコ 秒で、波長はおよそ300マイクロメートルである。 テラヘルツ帯の電磁波はテ ラヘルツ電磁波と呼ばれ、直進性が非常に高い。 日本の電波法では、電波は3 THz以下の電磁波と定められており、それ以上は遠赤外線となる。 テラヘルツ の領域の電波はマイクロ波と呼ばれる電波の一種である。 テラヘルツ電磁波は 大気によく吸収されるので、その到達距離は短い。 テラヘルツ電磁波を利用す る技術は近年になって開発されたもので、医学画像や監視などに応用されてい る。 テラヘルツ時間領域分光 en:Terahertz time domain spectroscopy では 、テラヘルツ電磁波を物質の具体的な特徴描写のために使用している。 国際 単位系 SI では7つの基本単位が定められている。 これをSI基本単位(エスア イきほんたんい)という。 SI基本単位は操作的定義 operational definitio n によって定義されている。 SI基本単位はSI単位の基本となる単位であり、 他の単位(SI組立単位)は、全てSI基本単位(および他のSI組立単位)の組 み合わせにより定義される。 次元解析により、全てのSI単位はSI基本単位の 組み合わせにより表現することができる。 I基本単位は、以下の7つである。 これらの単位は、次元的に独立している。 単位の定義は、それぞれの項目を 参照のこと。 ステラジアン(steradian、記号:sr)、国際単位系 SI における立体角の単位 である。 平面角のラジアンに対応するものである。 1 ステラジアンは、球の半 径の平方(球の半径を一辺の長さとする正方形)と等しい面積の球面上の部分 の、中心に対する立体角と定義される。 度に対する平方度という単位もある が、SIでは度が併用単位となっているのに対し、立体角についてはステラジ アンのみが認められている。 ステラジアンという名称は1875年くらいから使 用されていたもので、ギリシャ語で立体という意味のstereos(ステレオの語 源でもある)に由来する。 ステラジアンは1960年の第11回国際度量衡総会 CG PM で採択された。 2832ステラジアン)となる。 079577となる。 ステラジアンは、放射束の計測に よく用いられる。 光などの電磁波は、あらゆる方向に等しく放射される。 そ のような放射束は、発生源を中心として次第に半径が大きくなる球と仮定す ることができる。 よって、その球面上で球の半径の平方を単位とする方が都 合が良い。 これが、ステラジアンが放射束の計測に用いられる理由である。 また、光度の 単位であるカンデラ cd の定義にワット毎ステラジアンが登場する。 欧米では考案者の名前からセルシウス度と呼ばれており、日本などで はセルシウスを中国語で書いた摂爾修から摂氏ともいう。 セルシウス度によ る温度は、日本語では「摂氏15度」、通常は単に「15度」のように言う。 英 語では"15 degrees Celsius"のように言う。 「15セルシウス」 "15 Celsius " のような呼び方はしない。 セルシウス度には接頭辞をつけることが許され ており、0. 摂氏はスウェーデン人のアン デルス・セルシウス(Anders Celsius, 1701年11月27日 - 1744年4月25日) が1742年に考案したものに基づいている。 水の沸点と融点の間に100の目盛があることから、この体系のもともとの名 称はcentigrade(「百分度」の意)であった。 しかし1948年の第9回国際度 量衡総会にて、名称が正式にセルシウスへと変更になった。 これには、セ ルシウス氏自身の認知のためと、SI接頭辞であるセンチ centi との衝突 からくる混乱(centigradeがgradeという単位の100分の1と勘違いされる)を避けるという目的があった。 その後の物理的な計測方法の進歩と熱力学温度の採用により、現在の定義は「ケルビン で表した熱力学温度の値から273. 15を減じたもの」となっている。 つまり 、水の三重点を0. 「273. 16分の1」という数字は、セルシウス度におけ る1度の温度差をそのままケルビンの1度の温度差として使用するためのも のである。 すなわち、セルシウス度とケルビンの目盛の幅(1度の温度差 )は等しい。 [編集]沿革1922年11月-「イギリス放送会社」 BBC として放送開始。 1927年1月-国王の特許状に基づく公共放送「イギリス放送協会」 BBC に組織変更。 1932年12月-エンパイアサービス 国際放送 開始。 1936年11月-世界初のテレビ放送開始。 1967年7月-カラーテレビ放送開始 方式はPAL。 1998年9月-世界初の地上デジタル放送開始。 [編集]設立の背景元々はイギリス政府の提案が第一のきっかけであった。 そ の提案とは、無線機メーカーが共同で放送会社を設立して受信機の販売促進を 図り、そのかわり政府は外国との販売競争から業者を保護するというものであ った。 無線機メーカーがこの提案を飲み、1922年イギリス放送会社BBCが設立 され、政府はBBCに受信機販売と放送の事実上の独占権を与えた。 この提案の 目的は、アメリカのように多くのラジオ局が限られた周波数に群がり、海賊放 送に走ること、競争を起こすことを避けるためであった。 1926年放送調査委員 会が、放送は公共企業体が実施すべきだと政府に勧告。 翌年イギリス放送会社 に代わり、国王の特許状に基づく公共事業体イギリス放送協会BBCを設立し、現在に至っている。 [編集]財源テレビ所有者から徴収する受信料。 もっとも、イギリスでは「TV ライセンス制度」を設け、テレビやビデオデッキなどを所有する為に許可証 を購入するというシステムをとっている。 「受信許可料」と呼ぶこともある。 視聴者は郵便局で1年間有効の受信許可証を買うという仕組みで、月単位で の購入も可能。 無許可受信者には最高1000ポンドの罰金が課される。 受 信料は物価の変動等を考慮して政府が決定する。 国際放送の財源は全額が国庫からの交付金。 この制度により、政府や企業の力に屈しない公正な放送を行うことができ、 また視聴率等の市場経済の流れに影響を受けず教育放送や福祉放送等が行え るということで、この考えは世界中に広まり、イギリスにならって受信料制度を採用している国も多い。 ただ、TVライセンス制度は「欧州人権規約に反する人権侵害だ」として民事訴訟が起こった事例もある。 て厳しい尋問を受け、その3日後に遺体で発見されるという事態が起きる。 こ れを受けて、BBCは情報源がケリー博士であったことを認めた。 真相を解明す る独立司法調査委員会が結成され、その委員会に召還されたギリガン記者は 、報道は「口を滑らせた」発言であったと証言した。 翌2004年1月28日に委員 会は報告書を発表した。 その内容は、1. ケリー博士の死因は自殺である 2. BB Cの報道内容には問題があった 3. ブレア首相には報告書やケリー博士の死に ついての責任はない というものであった。 この報告書の発表により、BBC会 長は辞任を表明し、BBCの威信は大きく損なわれることになった。

次の