エラ アフターピル 飲み方。 アフターピルの避妊失敗談!あなたも人ごとではないかも…

アフターピル・緊急避妊

エラ アフターピル 飲み方

プラノバールの本来の効果と目的 プラノバールは女性ホルモン剤です。 プラバノールの主要成分は エストロゲン (卵胞ホルモン)・ プロゲステロン (黄体ホルモン)という2つの女性ホルモンが主要成分であり、 ホルモンバランスを人工的に調整して、不妊治療やPMS 月経困難症 を治療する薬となります。 またアフターピルとしての用途では、 1度に2錠、12時間後に再び2錠飲む事で、性行為後でも避妊効果が出る使用方法 ヤッペ法 として使用します。 現在は、副作用が小さくより安全で確実な 『ノルレボ法』と言う合成黄体ホルモン レボノルゲストレル を利用した、事後避妊法が一般的に良く利用されていますが、およそ3割程度のクリニックや産婦人科は、未だに『ヤッペ法』としてプラバノールを処方する病院があるようです。 ヤッペ法は24時間以内なら高い避妊効果 アフターピル効果 を発揮しますが、24時間以内なら、ノルレボ法でも95%以上の避妊成功率がありますので、 わざわざ副作用の強いヤッペ法を選択する必要はありませんね。 お医者さんの処方でヤッペ法で事後避妊を奨める医師に聞いてみた所、 避妊具なしで安易なセックスをしてしまったら、どう言う事になるのかと言う事を知って欲しい・2度と同じような事故に繋がらないようにと言う医者さんの願いが込められているとの事で、『あえて副作用が厳しく辛い方法』で事後避妊させると言う、ちょっと意地悪なお医者さんが居る事も確かなようです。 プラノバールの副作用 プラバノールの副作用でもっとも強く出る症状は、 強い吐き気です。 一度に大量の女性ホルモン剤を投与する為に、体の体温が上昇し 体内ホルモンのバランスが崩れ強い吐き気が出ると言われています。 もし、2時間以内で薬を吐いてしまったら、1度だけ、飲み直しても良いと言われていますが、2時間以上経過している場合は別の方法を選択するべきです。 ホルモンの薬は非常に怖い薬である事をしっかりと認識して安全な使用法を心掛けて下さい。 重大な副作用 血栓が出る事があります、プラノバールを服用した人が全員出るわけではありませんが、血管が詰まる病気ですから、最悪は意識を失う事だってある重大な副作用です。 血栓症になると手足がしびれたり、視力の低下、息切れなど、呼吸が荒くなったりするような症状が出ます。 プラノバールを服用した際に、呼吸が激しくなってきたと感じたらすぐに、かかりつけのお医者さんの診断を受けて下さい。 プラノバールで生理を調節する方法 プラノバールは女性ホルモン薬ですから、生理の周期を早めたり遅くしたりする事も出来ます。 あまり素人の方がこの方法を試す事はおすすめ出来ませんが、3日・4日程度の旅行で連泊する場合は旅行中に生理が来たら落ち着かないと言う方も多いと思います。 具体的な方法は、• 生理が来て3日目から、プラノバールを1錠服用します。 生理が来て欲しい5日前にプラノバールの服用を中止します。 服用を中止して3日~5日で生理が来ます。 旅行や予定日よりもかなり前から用意周到に準備しておく必要がありますので、しっかりと計画した上で実行するべきでしょう。 プラノバールを飲むと太る? プラノバールは中用量ピルの女性ホルモン剤ですから、食欲が増えたり、人によっては食欲が減退したりしますから、人によっては食べ過ぎて太る事になるでしょう。 基本的にプラノバールは体内の栄養素を過分に吸収したりするような成分ではありませんから、プラノバール自体が原因で太るような事はありません。 中には浮腫んだのを、太った?と感じる方も居るようです。 むくみが出る可能性はあります。 プラノバールの入手方法 プラノバールは海外通販でプラノバール・ジェネリックと言う名前で購入する事が出来ます。 しかし、プラノバールのジェネリックであれば、 トリキュラーと言う中用量ピルがオススメです。 整理前の肌荒れを防ぎ、副作用についても、プラノバールよりも副作用が軽く使い易いお薬です。 臨床実験の結果では、 飲み続けている限り避妊率は100%と言う結果を出しており、一般使用でも95%と言う安定した避妊率で、世界的にも注目されている製品です。 また、飲み忘れても12時間以内なら、継続して飲み続ける事が出来る利便性の高さからも、 プラノバールよりも、使用感に優れているお薬です。 トリキュラー21の飲み方.

次の

アフターピル・緊急避妊

エラ アフターピル 飲み方

エラとは エラは、トルコのアブディ・イブラヒム社が製造販売しているアフターピルで、有効成分が「ウリプリスタール酢酸エステル」で1錠タイプの経口避妊薬です。 通常のピルと違ってコンドームが破れてしまった場合やコンドームを使用せずに性交渉をしてしまった場合、ピルを飲み忘れていた場合、予期せぬ膣内射精があった場合に使用するもので、ピルのように毎日服用する薬ではありません。 性行為後から120時間以内で使用することが出来るため、性行為後の数日後に不安な場合でも5日以内であれば服用することが出来るアフターピルでもあります。 エラの効果 エラの有効成分は「ウリプリスタール酢酸エステル」で当クリニックでも扱っているノルレボやアイピルの有効成分である「レボノルゲストレル」とは異なる成分で、黄体ホルモン飲みの含有でエストロゲンを含まない経口避妊薬です。 また、子宮筋腫の治療のためにも用いられることもある経口避妊薬です。 アフターピルとしての避妊効果 エラの有効成分である黄体ホルモンの「ウリプリスタール酢酸エステル」は排卵を抑制する働きや子宮内膜の増殖を抑える働き、子宮頸管の粘液を増加させ精子を通りにくくする働きがあります。 エラの黄体ホルモンの量は30mgと持続的な避妊目的で使用する低用量ピルなどと比べて黄体ホルモンの量が多いため1回1錠の服用で十分な避妊効果を得られるでしょう。 一般的なアフターピルは72時間以内の服用が必要ですが、エラは120時間以内の服用でも効果を得られるとされています。 子宮筋腫の治療薬 エラはアフターピルとして使用されるだけでなく、子宮筋腫の治療薬としても使用されます。 子宮筋腫は、子宮に良性の腫瘍ができる病気で原因ははっきりと分かっていませんが、女性ホルモンの中でもエストロゲンが関係していると考えられています。 経口避妊薬のエラはエストロゲンを含まない黄体ホルモンのみの避妊薬ですので、子宮筋腫の腫瘍を大きくさせる原因であるエストロゲンの分泌量を薬によってコントロールすることで、子宮筋腫の治療薬として使用されています。 副作用 エラの主な副作用は、不正出血や消退出血、吐き気、頭痛、胸の痛み、経血量の増加や減少または生理不順、疲労、下腹部痛などが報告されています。 エラを使用する約半数の方に、消退出血が起こりますので生理用のナプキンやタンポンを着用しておきましょう。 また、消退出血だと考えられる出血の中には不正出血や着床出血と区別できない場合もありますので、ご自身の生理周期を確認して必要に応じて医師による診察を受けましょう。 エラの価格 エラの価格は多くの病院で、一回1錠10,000円~20,000円程度で購入 することができます。 エラは単回使用のみで性行為後の度に使用するお薬ではなく、決して安い金額ではないため緊急度の高い場合に服用を考え、通常時はピルを服用することや、コンドームを付けて性行為を行うことなどの対策が大切です。 ネオクリニックでのエラの価格は エラ 9,000円/1回 となっています。 エラの飲み方 エラは、望まない妊娠を避けるために使用されるものですので、コンドームのトラブルなどで緊急度の高い場合に服用します。 一時的に体のホルモンバランスを急激に変えてしまいますので、その分体への負担も大きくなります。 そのため正しく服用することが大切です。 120時間以内の服用 エラは妊娠の可能性がある性行為後、120時間以内に1錠飲むタイプの避妊薬です。 エラはは、できるだけ速やかに服用することが勧められており妊娠の可能性がある性行為後72時間以内に服用することが理想的です。 エラは服用後の薬の効果が現れるまでに2~3時間かかりますので、緊急時はなるべく早く病院を受診し医師による処方を受けましょう。 また、服用後の2時間以内に嘔吐の症状がある場合には、アフターピルの効果が得られない場合がありますので、再度受診し医師と相談することが大切です。 120時間を過ぎてしまったら エラは72時間以内に服用することで理想的な避妊効果を得ることができ120時間以内の服用で85%が避妊の効果を得ることができますが、性行為後から120時間が過ぎてしまった場合でもエラを服用することができます。 妊娠の可能性がある性行為後、120時間を過ぎてアフターピルを服用した場合には、性行為後の120時間以内と比べると効果は大きく落ち込んでしまいますが、それでも一定の効果を期待することができますので、医療機関を受診して医師と相談しましょう。 服用後の出血 エラは一度の服用で、体の中のホルモンバランスが大きく変化するため服用した方の約半数で3~21日の間に消退出血の症状がみられます。 出血には不正出血と消退出血があり、消退出血であれば問題はありません。 服用後の出血は避妊が成功したものと判断されることが多いですが、出血の種類の中には着床出血や不正出血である場合も考えられますので、服用後に体に変化がある場合は病院を受診し検査を受けましょう。 こういう方にエラがお勧め エラは望まない妊娠の可能性がある際に、アフターピルとして緊急時に服用する経口避妊薬です。 特にエラは服用までの期間に余裕があることから、アフターピルを飲むべきかどうか悩んでいる人にも好ましいとされています。 日ごろから低用量ピルの服用やコンドームの着用で避妊を行っておく必要がありますが、予期せぬトラブルが起こる場合もあります。 以下のような方はアフターピルを服用することが望ましいとされています。 望まない妊娠の可能性がある方 避妊をしていないまま性行為をした場合や、コンドームが破れてしまったり外れてしまったりしていた場合、膣内射精、性被害などで妊娠の可能性がある方の服用が好ましいとされています。 エラは性行為後の服用までの期間に余裕がありますので、その間にパートナーとしっかり話し合う機会を設けることができます。 アフターピルは体のホルモン量が急激に変化するため、体の負担が大きくなりますので服用する際はしっかりと考えることが大切です。 性行為後72時間以上たっている方 アフターピルの処方受けたい方で服用する時間が性行為後の72時間を過ぎる可能性がある方や、72時間を過ぎてしまった方は120時間以内に十分な効果を発揮するエラがオススメです。 当クリニックで扱っているノルレボは72時間以内に服用ですがエラは120時間以内と余裕があるため、体質や効果、経過時間を含めてどちらを服用するのか決定しましょう。 子宮筋腫と診断を受けた方 エラはエストロゲンを含まない経口避妊薬で、黄体ホルモンの含有量が多いことから子宮筋腫の治療薬としても使用される薬です。 子宮筋腫の診断を受けた方であれば、医師と相談の上で使用することができますのでお気軽にご相談ください。

次の

アイピルの飲み方|注意点|アフターピル|72時間以内|お薬ラボ

エラ アフターピル 飲み方

この記事の目次• アフターピル 緊急避妊薬 とは? 前もって定期的に服用する避妊薬ではなく、性交渉後に飲む薬がアフターピルです。 あくまで緊急的な場合での避妊法で望まない妊娠を避けるための最終手段として使用される薬です。 アフターピルは、排卵と受精卵の着床の両方を抑制する薬なので受精後でも効果があります。 緊急避妊薬に含まれる女性ホルモンが排卵を遅らせ、子宮内膜への着床を阻害することで避妊効果が期待できます。 アフターピルは低用量ピルとは違いホルモンバランスを急激に変化させることで効果を発揮する薬なのであくまで緊急用の薬と心得ておきましょう。 一方、低用量ピルは定期的に飲むことで徐々に排卵を抑制する薬です。 また、アフターピルは中絶薬ではないため、受精卵が着床してから服用しても効果はありません。 薬を服用しても妊娠してしまうこともありますので覚悟しておきましょう。 また、服用方法が間違っていたりきちんとした用量が服用できなかったりすると避妊効果が得られない可能性があります。 避妊をせずに性交渉を行ってしまったり、コンドームが破れてしまったというときにアフターピルは自分の身を守るためにも知っておきたい薬です。 アフターピルは、望まない妊娠を避けるための最終手段として万が一のためにお守りとして所持しておくと良いでしょう。 ノルレボ法とヤッペ法の緊急避妊の違い 緊急避妊のためにピルを使った方法としてノルレボ法(LNG法)とヤッペ法の2種類あります。 それぞれ使うピルの主成分・服用方法が異なります。 【ヤッペ法】 ヤッペ法は、2011年までは一般的に行われていた緊急避妊法で中用量ピルを服用する方法です。 主な中用量ピルには「プラノバール」や「オブラルG」などがあり主成分はノルゲストレル・エチニルエストラジオールです。 服用方法は性交後72時間以内に中用量ピルを2錠服用し、またその12時間後に2錠服用します。 中用量ピルを使うので嘔吐などの副作用が出る確率が高い。 【ノルレボ法】 主成分がレボノルゲストレルであるノルレボ錠を使った緊急避妊法です。 ノルレボ錠は2011年に日本で初めて承認を受けた現在唯一の緊急避妊薬です。 服用方法はノルレボ錠(1錠当たりレボノルゲストレル0. 75mg)を性交後72時間に2錠服用します。 もし錠剤が1. 5mgであれば1錠の服用になります。 もし72時間を超えても120時間以内であれば効果があるとされています。 副作用は少なく、妊娠回避率も高いのが特徴です。 現在はレボノルゲストレルを使ったノルレボ法が緊急避妊法として主流となっています。 アフターピルの比較 現在主流となっているノルレボ法は主成分によってアフターピルを分類することができます。 主に「レボノルゲストレル」と「ウリプリスタール酢酸エステル」を主成分としたアフターピルに分類することができます。 レボノルゲストレルが主成分のアフターピル レボノルゲストレルが主成分のアフターピルには1錠 1. 5mg と2錠 0. 1回服用か2回に分けての服用の違いはありますが、主成分は同じなので効果に大差はなさそうです。 1錠タイプ:レボノルゲストレルが1. 5mgなので副作用の確率が高い。 1回飲めばいい。 2錠タイプ:1錠当たり0. 75mgなので副作用はほとんどない。 2回目の飲み忘れが起こりやすい。 〇ノルレボ 純正 タイプ:1錠 製造会社:HRA Pharma フランス 日本で初めて認可された緊急避妊薬。 72時間以内の服用で約84%の避妊効果が期待できるという報告があります。 早ければ早いほどより高い効果が期待できます。 WHOからエッセンシャルドラッグとしても指定され、世界約50カ国で販売されています。 あすか製薬、武田薬品工業のノルレボもあります。 Limited インド 世界の多くの国で使用されている人気のアフターピル。 日本の病院で処方されるノルレボ錠のジェネリック医薬品なので同様の効果が期待できます。 ジェネリックなのでお得価格がいい。 この薬の服用により卵巣・卵管・子宮内膜に対して排卵・受精・着床のすべての過程において妊娠を阻止させる作用があります。 たとえ受精まで起きたとしても子宮内膜への着床を防ぐので望まない妊娠を防止できるとされています。 失敗率は 2. ノルレボジェネリックです。 ポスティノールは72時間以内に服用することで排卵の抑制・遅延、着床阻害をし、望まない妊娠を避けることができる薬です。 ただし臨床試験結果のとおり完璧に妊娠を回避できるわけではありません。 性交後72時間以内に1. 5mg 2錠 を1回経口投与してください。 性交後できるだけ早急な使用が効果を高めるとされています。 2回に分けて飲むタイプなので副作用がほとんどない。 このアフターピルは72時間以内の服用で避妊効果は約98%あるという報告があります。 ただしヤッペ法という服用方法が用いられていて2回に分けての服用が必要なので副作用が強く出る傾向があります。 頭痛、めまい、倦怠感や嘔吐などの副作用が認められています。 2錠目の服用を忘れがちなので要注意。 しかも性交後120時間以内に内服すれば効果を発揮します。 ただし価格は高価です。 〇エラワン 純正 タイプ:1錠 製造会社:HRA Pharma フランス 性交渉後5日以内に服用するアフターピル。 これまでのアフターピルとは異なり5日以内の服用で約95%以上の避妊効果があるという優れもの。 エラは従来の緊急避妊法と異なり、120時間以内の服用でも効果を発揮するのが大きな特徴です。 5mg 2,314円 72時間84% アイピル レボノルゲストレル 1錠1. 5mg 1,234円 72時間84% ノルパック レボノルゲストレル 1錠0. 75mg x 2 1,178円 72時間84% ポスティノール レボノルゲストレル 1錠0. 75mg x 2 1,007円 72時間84% マドンナ レボノルゲストレル 1錠0. 服用が早ければ、避妊率は高くなります。 できれば12時間以内に飲むのが理想です。 アフターピルの入手方法と価格 〇病院処方 通常は婦人科を受診して処方してもらいます。 薬局では市販されていません。 病院ではノルレボ錠が処方される機会がほとんどです。 ただし費用が高くなり、10,000~20,000円ほどかかります。 日本で承認されている緊急避妊薬はノルレボ錠のみですが、病院によってはノルレボ錠のほか月経不順や月経痛の治療に使用されるプラノバールという中用量ピルが処方されることがあります。 中用量ピルのプラノバールはヤッペ法と言われ2011年以前の方法です。 効果はノルレボより低く副作用のリスクは高いですが、価格は5,000円前後で安くなっています。 何れも保険適用外で自由診療なので病院によって価格が異なります。 全ての婦人科で取り扱っているとは限らないので対応しているかどうか、確認してから受診するとよいでしょう。 できるだけ早い段階で服用することが何より大切です。 〇通販で入手 通販はわざわざ病院に行かず、格安で手に入れられるので人気です。 ジェネリックなどもあり、価格も1,000~2,000円程度で購入できます。 一番のネックは必要になってから注文しても間に合わないことです。 性交後72時間以内の服用だったり、薬によっては120時間以内の服用が求められますが、通販で注文しても間に合わないケースがあります。 理想は性交後12時間以内なので常に携帯できるよう前もって準備しておくとよいでしょう。 アフターピルはこんなときに飲む アフターピルを飲むケースとして ・避妊ピルを飲み忘れてしまった。 ・危険日なのに避妊をしなかった。 ・コンドームが破損し避妊に失敗してしまった。 ・途中からコンドームを付けた。 ・コンドームを付けずに膣外射精をした。 ・強制的性交で避妊ができなかった。 このような状況で妊娠を望まない場合にアフターピルを服用します。 アフターピルで避妊効果を高めるためには アフターピルで避妊効果を高めるために最も重要なことは「いつ飲むか」ということです。 性交直後から 12時間以内に飲めば、妊娠のリスクはかなり低くなります。 そして服用の時間の経過とともに避妊率は低下します。 〇ノルレボ錠の場合 12時間以内:99. 薬の効果は、次の生理が予定通りに来ることにより証明されます。 通常、服用後21日以内に生理が確認できれば、完了となります。 もし、生理が予定日より10日を過ぎてもこない場合、妊娠の可能性がありますので検査しましょう。 アフターピルの副作用は? アフターピルの副作用は個人差が大きく、症状が現れる人もいれば現れない人もいます。 ピル服用でホルモンバランスの急激な変化が起こり、服用時の体調によっても現れ方は異なります。 ただ現在主流のノルレボ系の避妊薬はほとんど副作用がありません。 主な副作用は ・気持ち悪くなり、吐き気やもどしてしまう。 ・頭痛やめまいがする。 ・下腹部の痛み。 ・イライラしやすくなる。 ・倦怠感を感じる。 ・むくみやすくなる。 ・正出血が起こることもある。 実際の調査では 吐き気 2. 25% 、頭痛 1. 38% 、出血 1. 21% と軽微です。 2錠に分けて服用するタイプはさらに副作用が低くなります。 飲酒はノルレボ錠の効果に影響を与えることはありませんが、副作用を増幅させる可能性がありますので注意しましょう。 服用前から飲酒していないことが理想ですが、服用後24時間は飲酒を控えるようにしたいですね。 喫煙者がノルレボを服用しても問題ありません。 以前のヤッペ法では中用量ピルを使用するため副作用が強く出る傾向にありました。 またヤッペ法の場合、喫煙者は血栓症のリスクがあるので禁忌薬となっています。 副作用の症状が治まらずに体調が悪化する場合は、医師に相談しましょう。 性感染症予防のためにもコンドームを使用しましょう。 アフターピルはコンドームが破れてしまたなどの緊急事態のときに飲むようにしましょう。 ピルはホルモンのバランスを崩しますのでセックスのたびに飲むのは決して良いとは言えません。 〇アフターピルを服用した後の生理はどうなるの? 早い人で3日後に、遅くとも3週間以内に生理が来ます。 3週間過ぎても生理がこなければ避妊に失敗したかもしれないので妊娠検査薬などで確認して下さい。 〇もし吐いてしまったらどうすればいいの? 万が一、服用したあとに嘔吐してしまった場合、3時間以上経過していれば、薬は体に吸収されていますのでそのまま安静にしましょう。 もし服用してから2時間以内に嘔吐してしまった場合は、吐き気が治まるのを待ってから再び薬を飲む必要があります。 ちなみに2回目に同じ薬を飲んだ場合の嘔吐はほとんどありません。 〇飲酒の影響は? 飲酒は薬の効果に影響を与えることはありませんが、副作用を増幅させる可能性がありますので注意しましょう。 服用前から飲酒していないことが理想ですが、服用後24時間は飲酒を控えるようにしたいですね。 〇喫煙してもいいの? ピルはタバコとの相性が良くありません。 喫煙しながらピルを服用すると血栓症の副作用を引き起こす可能性があります。 血栓症とは、血液の中に血栓と呼ばれる血の塊ができて血流を妨げてしまう病気です。 喫煙は血液の流れを悪くし、アフターピルには血液を凝固させる成分が含まれています。 喫煙とアフターピルの組み合わせは、血栓症のリスクを高めるのです。 1日15本以上吸っている方は、ピルは禁忌薬(飲んではいけない薬)と規定されています。 〇アフターピルは連続使用できる? アフターピルは、あくまで緊急の避妊の薬です。 一時的とはいえ、ホルモンバランスを大きく変動させるため、体への負担も大きくなります。 ホルモンのバランスが崩れれば、将来的に不妊の原因にもなりかねません。 連続使用はできるだけ避け、アフターピルに頼らない避妊を心がけましょう。 アフターピルではなく「」などの低容量ピルを使って避妊した方が良いでしょう。 〇授乳中にアフターピルは使える? 母乳に移行するのでアフターピル服用後24時間は授乳を避けるようにしましょう。 〇服用時にすでに妊娠していた 事後避妊の効果を持つアフターピルですが、すでに妊娠している場合は妊娠継続を絶つことはできません。 妊娠しているかもしれない場合は、アフターピルを服用する前に妊娠検査薬を試すか、産婦人科で妊娠検査を行いましょう。 仮に妊娠している状態で飲んでしまうと母体にかなりの負担がかかる恐れがあります。 〇2回目の服用を忘れてしまった 二回目を飲み忘れてしまった場合には、飲み忘れに気づいた時点で早く服用することが重要です。 〇アフターピルの使用期限は? 一般に未開封の状態で3~5年が使用期限です。 箱に印字されていますので確認してみましょう。 アフターピルのまとめ アフターピルは、望まない妊娠を避けるための最終手段です。 この避妊方法が失敗する可能性もあります。 アフターピル 緊急避妊薬 を服用することがないように日頃から確実な避妊方法を選択するようにしましょう。 一番人気のアフターピルは1錠タイプの「」。 副作用が最も少ないのは2錠タイプの「」、しかも最安値。 何れも72時間以内の服用を推奨しています。 一方、72時間過ぎてもOKで120時間以内の服用でも高い効果を発揮するのは「」。 ただちょっと高額です。 24時間以内の服用ができるのであれば、「アイピル」、72時間を過ぎてから飲むのであれば「エラ」をおススメします。 アフターピルは「望まない妊娠」からあなた自身を守ることができます。 万が一のためにお守りとして所持しておくとよいでしょう。 \ SNSでシェアしよう! / ジェネリック医薬品トレンドの 注目記事を受け取ろう•

次の