確定 申告 源泉 徴収 票 ない。 フリーランスの確定申告:源泉徴収しない3つの理由と計算法

源泉徴収票がない!代わりに所得証明書を提出してもいい?

確定 申告 源泉 徴収 票 ない

関連する記事• 確定申告での添付を省略できる書類 税制改正によって、いくつもの書類の添付を省略しても構わないということになっています。 その書類は全部で8種類あり、以下の通りです。 源泉徴収票• オープン型投資信託の収益における支払通知書• 配当等と見なされるものの支払通知書• 上場株式配当等の支払通知書• 特定口座年間取引報告書• 未成年者の口座等の理由で契約不履行等事由が生じた場合の報告書• 特定割引債の償還金支払通知書• 相続財産に係る譲渡所得の課税の特例における相続税額等記載書類 書類の添付省略が可能になったタイミング こうした書類の添付省略は、2019年4月からの申告において有効です。 実際には、3月15日に確定申告は終わっていますので、給与所得者が恩恵に預かれるのは2020年に行う確定申告分ということになります。 もちろん、何らかの事情で期限後の申告を行う必要が出てきたという場合には、書類添付の省略が可能です。 また、還付申告を新たにする場合にも、この新しい制度が適用されることになります。 源泉徴収票の添付が省略されるようになったいきさつ 今までは給与所得を得ている人は、一律確定申告の際に源泉徴収票を添付する必要がありました。 しかし、この改正によって基本的にどのケースでも添付を省略できます。 これは、マイナンバー制度のおかげです。 みながマイナンバーを持つようになり、電子的に給与所得や控除額、税額などのデータが税務署に集約されるようになっています。 そのため、わざわざ紙の源泉徴収票を見なくても、税務署側ですぐにデータを照合できるのです。 もはや源泉徴収票を添付する意味はなくなり、より効率的に税額の正確な計算や照合が可能となっています。 マイナンバー制度によって簡素化されているものは多い 2019年から源泉徴収票の添付は不要となっていますが、すでに一部の書類では提出がいらなくなっているものもあります。 その一つが医療費控除をする際の、医療機関からの領収書です。 これは、健保組合が医療費にかかった情報を税務署に提供することによって、領収書がなくても一元管理できるようになっているためです。 電子的にすべての医療費情報が集められていますので、わざわざ領収書を出す必要がないのです。 こうした手続きの簡素化は両者、つまり納税者にも税務署側にもメリットを生みます。 納税者側としては、一年間すべての医療費領収書を保管して、すべて提出しないといけないというのは結構な手間です。 また、保管している段階で紛失したり破損してしまったりして、正確に申告ができないこともあります。 また、確定申告前にすべての書類をまとめて整理し、その上で添付するというのも面倒な作業です。 税務署としても、たくさんの書類をいちいち確認するのはかなりの手間となっていました。 それがすべて画面上で把握できるようになっていますので、この作業簡素化のメリットは計り知れないものがあります。 医療費領収書の保存義務があるのかどうか すでに提出不要となっている医療費の領収書の保管義務は、どの書類を添付するかによって変わってきます。 確定申告において領収書そのものの添付は不要なのですが、代わりに明細書か「医療費のお知らせ」を提出する必要があります。 明細書とは、治療を受けた人の情報や医療費などをまとめたものです。 この明細書を提出している場合には、領収書を5年間保管しないといけません。 一方で健保組合から送られてくる「医療費のお知らせ」を提出する場合には、領収書を保存する義務はありません。 そのため、不要になった領収書は破棄しても問題ありません。 源泉徴収票は保管する義務がある このように、医療費の領収書については、その提出する書類によって保管義務の有無が変わってきます。 一方で源泉徴収票は保存義務が課せられています。 確定申告の際に添付する必要はなくなったとはいえ、保存は必要ですので間違いないようにしましょう。 5年間は保管義務がありますので、もし提出を求められても大丈夫なように、大事に保管しておきましょう。 2019年の改正によって、確かに源泉徴収票の添付は不要となりました。 しかし、それ以外の作業は省略されているわけではありません。 前述の通り、源泉徴収票の保管義務については変更がありません。 また、所得計算も同様に行う必要があります。 申告会場や税務署などで申告書を作って提出する場合、源泉徴収票を脇に置いて見ながら金額を入れていくことになります。 そのため、源泉徴収票を税務署に渡す必要はありませんが、申告をする際には持参した方が良いのです。 確定申告の作業の効率化が進んでいる 作業が簡素化されているとは言え、実際には少しずつ進んでいるといったところです。 より税の電子化が進んでいくにつれて、自動的に源泉徴収票の内容が参照されるなどのシステムができる可能性はありますが、今のところは源泉徴収票の必要性はまだまだあるのです。 スマホによる申告書作成などができるようになっている 電子的に確定申告ができるようになっていますので、これだけでもかなり作業が楽になっています。 さらに今ではスマホでの確定申告書作成ができるようになっています。 そのスマホ申告では、よりシンプルな入力で済むようになっています。 たとえば、所得控除の項目では、医療費控除と寄付金控除以外の欄については合計額のみの記載となっています。 また、源泉徴収によって所得控除がされている場合、所得控除額の記載も簡素化されています。 実際に確定申告をする時に、源泉徴収票の内容と変わらなければ、その内訳を書かなくても良いとしているのです。 合計額を記入するだけで大丈夫ですので、記入の手間と合計額のチェックの手間を省けます。 まとめ 2019年からマイナンバー制度のおかげで確定申告で源泉徴収票の添付は不要となっています。 とはいえ、書類の保管義務や参照の必要性は残っています。 これからさらに電子化によって申告が効率化されて、作業がシンプルになっていくことが期待されています。 新しい申告の方法に慣れて、より楽なやり方を採れるようにしましょう。

次の

源泉徴収票なしで確定申告に行ってきた

確定 申告 源泉 徴収 票 ない

スポンサーリンク 確定申告をしたいが、源泉徴収票が揃えられない 最近はなんでも電子化になっていますね。 給与明細も、サイトにアクセスしてダウンロードするとか、源泉徴収票までダウンロードでできる場合もあり、便利な世の中ですが、タブレットやスマホの普及で、以前より家にPCを持っていない方も増えています。 PCがない場合、プリンターなど持つこともないでしょうし、持っている端末機種や環境によっては、明細のダウンロードや、コンビニのプリントアウトサービスが利用できない場合もあるかもしれません。 そんな時は、勤め先の事務担当の方に連絡すれば、紙の源泉徴収票を出してもらえるはずです。 案ずるよりはまず相談です。 ひとりで困っていないで、お問い合わせしてみてくださいね。 ダブルワークで確定申告が必要だが、源泉徴収票が届かない ダブルワークのアルバイト先から源泉票が届かない場合。 給与としてお金が支払われている場合は、必ず会社で源泉徴収は行っているはずです。 給与明細でも代わりに使えますが、それもないようでしたら、会社へ連絡して、源泉徴収票をもらえないか確認してみましょう。 事務の方に言えば、すぐ発行してもらえるはずです。 しかし、ダブルワークでやった仕事が、例えば運送会社などで一時的に働いた、という場合など、雇われているということではなく、請負、つまり個人事業主への報酬としてお金が支払われている場合があります。 個人事業主の方は、その会社に雇われている従業員とは違いますので、給与明細も源泉徴収用も出ないということになります。 ですので、入金された金額だけ総支給額として記入しましょう。 働く前に雇用契約がない場合は、これにあたる場合が多いでしょう。 スポンサーリンク 中途退職して確定申告のための源泉徴収票がもらえない 退職した場合で源泉票が送られない場合、給与所得でしたら、会社へ連絡すれば郵送なりでもらえるはずです。 もし、中途退職した会社がひどいブラック企業で、嫌な感じのやめ方をしてしまった場合、連絡するのは少々気がひけてしまうかもしれませんね。 給与明細があれば、給与明細でも申告可能です。 給与明細も捨ててしまったなどという場合は、やはり、会社へ連絡してみましょう。 会社は源泉徴収の義務がありますので、必ず発行してもらえるはずです。 給与明細も源泉票も出してもらえない場合 給与明細も源泉票も出してもらえない会社だった場合は税務署で税理士さんに相談してみましょう。 私も昔、個人事務所で少しの期間仕事をしていたことがあるのですが、そこをやめてから、確定申告をしようと税務署に行きました。 アルバイトでしたので、源泉徴収票など出なかったと言ったところ、税理士さんが、所得税は必ず払っているはずなので、発行してくれるはずだよとおっしゃいました。 働いていた私が言うのもなんですが、個人事務所だと、経理の状態が大雑把な場合も多いので、とてもそんなことをしてもらえるとは思えないと伝えたところ、もしそういう会社なら、税務署から会社に連絡して源泉票を提出させることもできると言われ、まだ若かった私に、 「電話かけにくいなら今私が連絡してあげようか?」と仰るのでした。 そこまでして頂くのは申し訳ない&職場のほうで驚かれてしまうのではと心配した私は、自分で連絡したところ、心配していたのがばかばかしいほどにあっけなく源泉徴収票を送ってもらえることになりました。 不慣れなことで、変なことになるのではないかと怖くなってしまうかもしれませんが、世の中は、きちんとしようとしている人に対しては、結構やさしいものですので、申告をしようと思っているあなたは安心して税理士さんに相談して大丈夫なのです。 関連記事:.

次の

確定申告で源泉徴収票の添付が不要に!電子交付でも紙の原本なしで対応可能

確定 申告 源泉 徴収 票 ない

源泉徴収票が必要な理由• 転職:転職先への提出が必要• 退職:確定申告に必要 退職後、年内に新しい会社へと転職した場合は、 転職先で年末調整を行うことになるため、それまでの給料などが記載された源泉徴収票の提出を求められるデジよ。 そういえば、僕も転職した時に渡したような。 また年内に再就職しないとしても確定申告に必要になるデジ。 確定申告を行うことで払い過ぎた税金を取り戻せることもあるデジから、退職後、どうするにせよ受けとっておいた方がいいデジよ。 なるほドーナッツ! ちなみにパートやアルバイトでも源泉徴収票は受けとった方がいいデジよ。 正社員に比べれば少ないかもしれないデジけど、確定申告で払い過ぎた税金を取り戻せる可能性は十分にあるデジからね。 退職時には源泉徴収票以外にもいろいろと受け取る書類があるデジ。 次の記事では退職時に必要なものや書類、もらう(受け取る)書類などをまとめているから確認するデジ! 当日に間に合わずとも1ヶ月以内が目安 源泉徴収票の発行が最終出社日に間に合わない時は、のちのち郵送してもらえるはずデジ。 この時の目安がおおよそ 退職してから1ヶ月と言われてるデジ。 退職してまだ1週間2週間なら気が早いってことだね。 そうデジね。 まだ1ヶ月に満たないなら少し待ってみるのも手デジ。 ゆったりした会社だと1ヶ月半くらいかかることもあるデジからね~。 ただ、急ぎの場合は会社に問い合わせてみるといいデジよ。 当然ながら12月じゃなくても発行可能! ふと思ったんだけど、源泉徴収票っていつも12月に貰うよね。 退職時も12月まで待たなくて平気なの? 平気デジ。 退職したのが何月であろうと、退職して1ヶ月くらいで源泉徴収票が発行されるはずデジ。 たまに12月にならないと貰えないと思ってる人もいるデジが、それは勘違いデジ。 そうだったんだ! そもそも転職先の年末調整で必要なわけデジからね。 年末に発行されてからじゃ提出が間に合わない恐れがあるデジ…。 今月の申込数ランキング• 転職者満足度No. 1!特に20~30代の人におすすめで求人数100,000件以上。 転職支援実績No. 1!約90%が非公開求人!登録必須のエージェント。 年収600万円以上の人向き!優秀なヘッドハンター多数在籍!• 女性の気持ちがわかるアドバイザーが多い!年収アップ率67. 1%! 退職後に源泉徴収票がもらえない場合の対策 退職後、1ヶ月、1ヶ月半くらい待っても源泉徴収票が送られてこない。 そんな時は下記の対策をとってみてほしいデジ。 まずは会社に問い合わせよう 源泉徴収票が発行されない時は、まず前職の会社に問い合わせてみるデジ。 会社側は既に発送したのに、何かのトラブルで手元に届いてないといった可能性もあるデジからね。 実は親や子どもの郵便物に紛れてたとかね。 意外とあるあるデジよね。 また、ちょうど発送したところだった、なんてこともあるデジから、とにかく 発行の状況を確かめる意味でも電話やメールで問い合わせてみるデジ。 前職の会社に問い合わせにくい気持ちはわかるデジが、いつまでも先延ばしにはしておけないデジよ。 12月ギリギリだと会社側も忙しいだろうしね。 ちなみに、問い合わせの時は「転職先への提出が必要なので〇月〇日までに送付をお願いします」としっかり日程を指定しておくのがおすすめデジ。 そうすれば、会社側も急いで用意してくれるんじゃないデジかね。 次に税務署の名前を出してみよう 退職者に対して 源泉徴収票を発行するのは義務デジ。 そのため、会社に問い合わせても発行してくれないようなら 税務署の名前を出すのもありデジよ。 税務署の名前を出して脅すわけだ! 言い方はよくないデジが・・・まぁその通りデジ。 源泉徴収票発行の義務を守らなければ、税務署から行政指導が入ることもあるデジからね。 会社だってそんなリスクは負いたくないから、「税務署に相談しますよ?」と言えば対応してくれる可能性は高いデジ。 それでもダメなら税務署に相談 税務署の名前を出しても、かたくなに源泉徴収票を送ってこないようなら、宣言通り税務署に相談した方がいいデジね。 基本的に税務署の人の指示に沿って書類などを記入するデジが、ケースとしては「源泉徴収票不交付の届出書」を提出することが多いデジ。 源泉徴収票不交付の届出書? これは源泉徴収票が発行されない時に提出するもので、届け出によって税務署から会社へと業務指導が入るデジ。 こうなれば、さすがに源泉徴収票を発行してくれるはずデジ。 国からの指導に従わないってことは無いよね…。 ちなみに「源泉徴収票不交付の届出書」は国税庁のホームページからダウンロードすることも出来るデジが、実際に税務署に出向いて書き方を教えてもらいつつ記入するのが確実デジよ。 退職後に会社が倒産した時の源泉徴収票は? そういえば、前職の会社が倒産してる場合ってどうなるの?ほら、倒産してたら源泉徴収票の請求も出来なそうだし。 そこが難しいところなんデジよね。 会社が倒産したとしても、 破産管財人(はさんかんざいにん)という人が後の処理をしていれば、その人に言うことで源泉徴収票が発行されることもあるデジ。 一応は発行されることもあるんだ! ただ、社長が夜逃げなど、実質倒産みたいな時は源泉徴収票の発行は現実的じゃないデジ。 その時はどうするの? 税務署の判断次第ではあるデジが、特例として給与明細による確定申告が認められることもあるデジ。 転職先には事情を話したうえで「自分で確定申告します」と伝え、税務署に相談してみるのがいいデジかね。 給料じゃない場合は退職後に源泉徴収票が貰えない ちなみに、源泉徴収票がもらえない人は、そもそも給与所得者じゃなかったのかもしれないデジよ。 どゆこと? 源泉徴収票っていうのは、事業者と自分が雇用契約を結び、給与所得が発生した時に発行義務ができる書類デジ。 つまり、 業務委託契約などの場合には源泉徴収票を発行する義務がないデジ。 なんと! 一般的な会社員であれば問題ないはずデジが、もし源泉徴収票が送られてこないようなら自分の雇用関係について確認しておくといいかもしれないデジ。 ちなみに個人事業主であっても源泉徴収されることはあり、その場合は源泉徴収票ではなく「支払い調書」で事業所得として確定申告を行うデジよ。 退職後に源泉徴収票が発行されない時は問い合わせ! 退職後、源泉徴収票が発行されない時は、まず会社に問い合わせてみるデジ。 何かのトラブルで郵送したものが届いてなかったり、会社のうっかりで発行を忘れてる可能性もあるデジからね。 ただ、問い合わせても発行してもらえない時は税務署への相談もやむなしデジね。 今までお世話になった会社へと牙を向けるようで気が進まないかもしれないデジが、転職先へ提出したり、確定申告で必要になる大切な書類デジからね。 ちなみに、退職時は受けとる書類などが多いデジから、実は退職時に受け取っていたのに他の書類に紛れていたってこともあるデジ。 問い合わせの前に、 退職時に受け取った書類を整理してみたら、案外見つかるかもしれないデジよ!.

次の