乃木坂 46。 乃木坂46

乃木坂46「I see...」、カップリングなのに「大ヒット」の背景 注目集めた「SMAP感」と4期生の将来性: J

乃木坂 46

2020. 13 現在、乃木坂46オフィシャルYou TubeにてMusic Videoを公開している新曲「世界中の隣人よ」の配信日が、2020年6月17日(水)に決定しました。 (海外は2020年6月24日(水)からスタートします。 )2020年6月17日(水)~2020年12月... 2020. ある日、仕事から帰宅した哲矢のために、まゆは愛情たっぷりの手料理を振る舞おうとするが...。 コント「マイペースヒーロー!キャプテン・ユリ」悪がはびこり荒廃したノギ... 2020. 11 4期生が出演していたオールロケバラエティ「乃木坂どこへ」の次章として「ノギザカスキッツ」がスタートします!今回は、本気でコントに挑戦!いったいどんなコントが繰り広げられるのか... MCは、引き続き"さらば青春の光"のお二人。 新4期生の5人も加わり、パワーアップ... 2020. 10 乃木坂46 25thシングル 『しあわせの保護色』forTUNE music限定個別握手会ですが、下記内容で、第19次~第21次の応募受付を行います。 詳細をご確認いただき、みなさま奮ってご応募ください。 2020. 2020. 10 2020年6月9日 火 から8月31日 月 まで乃木坂46 OFFICIAL WEB SHOPでは『乃木坂46 真夏のドリームくじ』キャンペーンを実施いたします。 第1弾グッズは6月9日 火 から6月30日 火 まで販売!新登場のフード付き夏タオルは涼しさを感... 2020. 08 のぎ動画からのご案内になります。 のぎ動画について、本日までで多くの方からご質問をいただいておりますが、中でも多数いただいたご質問につきましてご回答いたします。 【視聴環境】パソコン・タブレット・スマホのWebブラウザでの提供となっております。

次の

乃木坂46公式サイト

乃木坂 46

乃木坂46時間テレビの4期生企画が発表されました。 「 4 期・みんなでお菓子の家を作ろう」 なんとも素敵なタイトル。 こちらが発表されたとき、恐らく いや絶対 「林瑠奈絶対お菓子作りできないじゃんww」とか わたしに対してこんな感じのこと思われた方いません? 否定はできないですし、料理もできないですけど、 サブサブリーダーくらいなら務まると思うので頑張りたいと思います。 小学校の係決め、無駄にリーダーポジション多くなかったですか? サブサブリーダーとかもうほぼ平社員やん ちなみに以前わたしは、何を血迷ったかホットケーキをひとりで作るというとんでもないことをしようとしました。 『ポツポツと穴が空いてきたらひっくり返す』と書いてあったので、そのポツポツを待ってたんですよ。 わたし若干集合体が無理な人なんですけど、無理なものって余計に見たくなるんで凝視してたんですよ まぁこっからは昨日ふと思ったというか、いやまぁいつも思ってるんやけど、無性に言いたくなったことみたいな。 まぁ真面目な話になっちゃうと思うんで全然飛ばしてもらって大丈夫です。 いやーなんでしょう、言葉にするって難しいですね。 直接ならまだしも、文面で自分の思ってることそのまま伝えるってなかなかできないですよ。 まぁ頑張って言葉にするんやけど。 て言っても、わたしがたらたら長く書いたら重いし、だるいし、しんどいと思うんで簡潔に。 いつもありがとう これだけです。 まぁこれだけって言ってもこの中には色んな想いがあって、決して軽々しく言ってるわけじゃないよ。 今あなたと会えない中で、わたしとあなたを繋いでいるのは言葉です。 応援の言葉、励ましの言葉、褒めの言葉、沢山書いてくれる質問。 どれもあなたがわたしの為に時間を割いて、考えて書いてくれる言葉。 じゃないかもしれんけど、わたしに向けて書いてくれてるのは事実です。 ほんまにありがとう。 学校や仕事、様々なコミュニティが再開する中で、もしかしたら息苦しく感じたり全部投げたしたくなるようなことあるかもしれんけど、 矮小で大したこと言えるわけじゃないけど、わたしなりの言葉で伝えていきます。 だから今は存分に息吸ってくださいね。 ありがたいことに、偶然と奇跡が重なって出逢えました。 これからの未来が運命でありますように。 なんちゃって。 さて明日はみゆちゃんです。 やはりみゆちゃん、巻き髪ポンパドール似合ってましたね。 非公式プロデューサーになりたいものです。 そういえば加工で遊びました。 すきです アディオス!!!!!!.

次の

乃木坂46の「の」

乃木坂 46

全盛期SMAPを彷彿? 「I see... 」のMV公開は3月18日で、3月5日公開の「しあわせの保護色」より遅かった。 しかし公開されると「SMAPっぽい」という感想を抱いたリスナーが多数現れ、乃木坂46ファン以外にも知名度を広げた。 4月26日には再生回数で「しあわせの保護色」を抜いたことがツイッターでもトレンドに上った。 28日17時頃の時点でも「I see... 」の再生回数約606万回に対し「しあわせの保護色」約599万回で上回っている。 あらためて「SMAPのよう」と言わせる「I see... 」を聴いてみよう。 ファンキーなサウンドが「SHAKE」「青いイナズマ」など90年代後半~00年代にヒットを連発していた頃のSMAPの楽曲を想起させる。 キャッチーで覚えやすく、女性アイドルファンのみならず、90年代のポップスを知る世代でも興味を持ちやすい曲のようだ。 SMAPと直接の関わりはないが、この曲を作曲した音楽ユニットのyouth caseと編曲の佐々木博史さんはともにジャニーズにも楽曲を提供してきた実績がある。 例えばyouth caseが嵐の「Step and Go」、佐々木さんが同じく嵐の「Sakura」「愛を叫べ」などである。 ジャニーズ王道のサウンドの一種が「I see... 」にも反映されていた、といえるかもしれない。 コロナ禍でロングMVが残った「幸運」 そんな後押しを受けて「I see... 」はブレークした。 MVの視聴者には従来からの乃木坂ファンだけでなく、SMAPを懐かしむジャニーズファンらも加わってコメントが投稿されている。 また4期生主演の、dTVで配信中のドラマ「サムのこと」「猿に会う」の主題歌に採用されたことも影響しているだろう。 当初、MVは「しあわせの保護色」とともにリリース日の3月25日にショートバージョンに差し替えられる予定だったが、新型コロナウイルスの影響でリリースイベント・握手会等が軒並み延期となり、ロングバージョンのまま今に至る。 このため、映像の中の4期生の表情やしぐさをじっくり鑑賞できて「4期生を推したくなった」「まいやん(白石麻衣さん)が卒業しても乃木坂の未来は明るい」「このままで、ショートバージョンにしないで」という感想も現れ、音楽番組やライブで見てみたいという声も。 新型コロナの影響で明るい話題が少なく、先行きが見通せないアイドル音楽のジャンルだが、意外な形でライト層にもブレークした「I see... 」は、リスナーと乃木坂46・4期生の将来をポジティブに照らしているかもしれない。

次の