大僧正天海考異

天神本社南向〔紅梅殿老松殿〕本社左右にあり。 。

Next

新編鎌倉志巻之四

石井良助は法制、つまり「立前」としてはそうだったと述べているだけだが、この「夫専権離婚」という言葉が一人歩きし、実態としてもそうだったと思われがちである。 棟立 ムネタテの井・ 瓶 カメが井・ 甘露 カンロの井・ 鐵 クロガネの井・ 泉 イヅミが井・ 扇 アフギの井・ 底拔 ソコヌケの井・ 星月夜 ホシヅキヨの井・ 石 イシ井・ 六角 ロクカクの井、此を鎌倉の十井と云ふ。

Next

鎌倉攬勝考卷之三

江戸時代初期には妻が夫を嫌うこと自体が不届とされて、1662年の判決においては「髪を切ってでも離婚したい」という妻の訴えを退けている。

Next

【ニッポン城めぐりクイズの答え】2/2 足利政氏の子・足利義明が称した名称は次のうちどれか?

37;,pp. 子興家之有器量、幼稚之初心已に欲許子、差賜之由にて御譲被下候。

Next

【ニッポン城めぐりクイズの答え】2/2 足利政氏の子・足利義明が称した名称は次のうちどれか?

繪は土佐筆、詞書は藤原行能なり。

Next

2006年・城主のたわごと1月

【東鑑】に、寛元三年三月十九日、大納言家〔賴經。 【東鑑】に、文治四年正月一日、 佐野 サノ太郎 基綱 モトツナが 窟堂 イハヤダウの下の宅燒亡。

【ニッポン城めぐりクイズの答え】2/2 足利政氏の子・足利義明が称した名称は次のうちどれか?

十 華頂要略、日光門跡代々年譜等 第二と同じく享寿134歳とするもの。 ] 」 寛元四年六月廿日、市河掃部允高光入道が妻相嫁するの始、もし離縁に及ば件の地を與ふべき約をせし契状あり。 ] 瑞龍菴 益仲和尚、諱は禪三、嗣法瑞雲(瑞雲に嗣法す)。

Next

鎌倉攬勝考卷之三

1590年(天正18年)に後北条氏を下した豊臣秀吉に寺領を安堵される。 逝去するに洎(り)て孝子に遺言し、資財を投じて、梵鐘を鎔鑄して、以(て)預め三十三回忌の供養を伸ぶ。