最終 面接 結果 いつ。 【最終面接の結果連絡が遅い】不採用か見分けるポイントをご紹介

最終面接の結果はいつ来る?遅い理由は?電話の時間帯は?

最終 面接 結果 いつ

転職において最も落ち着かない時間が、結果待ちの期間でしょう。 誰もがやれるだけのことはやったと誇らしさを感じる反面、ダメだった時のことがどうしても頭を過ぎってしまう時期です。 特に結果の通知が遅いときは、「あれがダメだったかもしれない」「こういう所も見られていたんでは」などといった、面接時の反省点ばかりが浮かんでしまいます。 そんな精神状態でも、次のアクションを起こせる準備をするために、一般的な結果待ちの期間を頭に入れておきましょう。 連絡をもらうまでのスパンによって、企業の意向を大まかに予測することも可能と言われています。 最終面接の結果連絡は3日〜1週間以内が目安 早ければ3日ほどで最終面接の結果が知らされる、というイメージが目安と言われています。 昨今では選考においても独自性を表現する企業も珍しくないため、選考に1週間以上などの時間を設けている企業もあります。 ただし、 ほとんどの企業で3日〜1週間以内をマナーと考え 、転職者の都合も考慮した対応をしています。 翌日〜3日などの早めの連絡は合格率が高い! 最終面接から結果を知らせる連絡をするまでの期間は、企業の採用したいという意向の現れと言われ、早ければ早いほど合格率が高まると考えられてます。 最近の日本企業では売り手市場が続いており、転職者の多くは「早く内定をもらいたい」という気持ちを抱いてしまいがちですが、企業側もいい人材を得るのに必死です。 優秀な人材をいち早く確保する施策として企業は結果を知らせる連絡を早くしていると考えられています。 また、中小企業やベンチャー企業などは意思決定が早く、すぐに結果を伝えられることが多いです。 最終面接の結果は、面接を受ける人数自体が少ないため「3日〜1週間以内」という認識で良いでしょう。 ただし、最終面接には最終面接の特徴があり、 場合によっては結果を伝えるまでにかなりの時間を要することもあります。 応募者多数で時間がかかる 企業によって採用する人数や採用担当の人数が違ったりして時間が必要になることがあります。 筆記試験や人柄をチェックするための一次面接では一人ひとりにかける選考の時間が短く、結果が出るまでの期間もコンパクトに済ませることも可能です。 補欠要員の可能性もある 補欠要員として内定を出す場合にも、結果を知らせる連絡が遅くなることがあります。 転職者としてはハッキリしない答えに「釈然としない」という感覚を抱いてしまいがちですが、補欠要員は能力のある人材として評価されている証拠です。 しかし、それ以上に素晴らしい人材がおり、企業として枠を増やせないかといった試行錯誤をしているため、結果を知らせるまでの期間が長くなってしまうわけです。 最終面接についてこんな質問が来ていたのでご覧ください。 最終面接から二週間ほど日が経っているのですが、まだいけますか? 中途採用で大手企業の最終面接を先日受けてきました。 最終面接とセットで健康診断も行ったのですが、面接がボロボロでも内定貰える事はあるのでしょうか? もう面接から土日祝含めて12日経っています。 合否連絡を待っている間は気持ちが落ち着かないですよね。 残念ながら、… とのことでした。 結果が2週間も遅れている場合は問い合わせてみて、その結果によって次の行動に移ると良いと思います。 可能性は低いですが、先述した通り、事情がある可能性もあるので電話で確かめることを怠らないようにしましょう。 また結果が来なく不安な場合は、転職エージェントを使って転職活動を行うと良いでしょう。 企業との連絡は転職エージェントが行ってくれますので、合否の連絡など漏れがなくスムーズに進めることができます。 まずはリクルートエージェントやdodaといった大手転職エージェントを利用してみると良いのではないでしょうか。 社会人としてのマナーを活用する時間、 内定をもらえた場合とそうでない場合のシミュレーションなどで与えられた時間を有効活用しましょう。 電話が来たときの対応方法 電話が来た時の対応方法も、最終面接の結果が知らされるまでに確認しておきましょう。 社会人としての経験が長い方であれば、これまでのマナーをそのまま活用するという感覚で問題ありません。 ただし、他業種・他業界への転職を目指す方は、新しい環境でのルールを確認しておくことをおすすめします。 合格・不合格時の次のアクション 最終面接の結果を知らせる連絡をもらうまでの時間は、合格・不合格のそれぞれのシミュレーションに充てることもできます。 多くの方は、不安が大きいために不合格の場合ばかりを考えてしまいがちですが、合格した場合の段取りやマナーについても整理しておきましょう。 【最終面接で内定】辞退や保留は可能? 企業ごとに狙いがあるために「必ず」とは言えませんが、最終面接後の内定を知らせる連絡についても辞退や保留という選択をすることは可能です。 企業があなたを選考するために投資した時間や手間に応えるために、辞退や保留という選択をする際のマナーについても把握しておきましょう。 辞退の連絡は早めがマナー 「他の企業で内定をもらった」「転職自体をしないと決めた」という状況になり、辞退することがハッキリした場合には極力早めに企業に伝える必要があります。 企業にとって採用活動はひとつのプロジェクトであり、目標や投資する時間やお金が計画的に決められています。 辞退すること自体にはプロジェクトに大きく影響することはありませんが、連絡が遅くなった場合には迷惑となります。 選考を受ける機会を与えてくれた企業のことを考えることも大切です。 保留は長くても1週間が限度 転職活動でも入社するか、辞退するかというハッキリした答えを出さず保留にすることも可能です。 ただし、 社会人としてのマナーとして保留は1週間までと認識しておきましょう。 前述の通り、企業のプロジェクトのことも考えた上で、ビジネスマンとして適切なアクションを選択していきましょう。 まとめ.

次の

最終面接の結果が届くまでの期間|企業への問い合わせ方も紹介

最終 面接 結果 いつ

・自分が言いたかったことがうまく伝えられず、質問の回数も少なかった(食品業界内定/男性) ・最終面接もグループ面接だったが、ほかの人と比べて根掘り葉掘り聞かれなかった(通信業界内定/女性) ・他社と比較してなぜこの会社なのかという質問にうまく答えることができなかった(人材業界内定/女性) ・あまりにも想定していない質問が飛んできて、しどろもどろになってしまった。 やや圧迫気味の面接であったのも伴って、途中で疲れ果ててしまった(自動車関連業界内定/男性) ・質問に対する答えがすぐに思い浮かばず、考えがまとまる前に話してしまい、面接担当者の反応がイマイチだった。 具体的には「(自分の)話にうなずいてもらえたことが一切なかった」「表情が暗かった」「関心のなさそうな様子」など。 相手のその態度に心が折れ、話がしどろもどろになってしまったり、あきらめモードになってしまったり…という先輩たちもいたようです。 「手応えがあったのに、結果は不合格だった」というケース ・面接担当者がしっかりうなずきながら聞いてくれたけれど、問われてないことを答えてしまったのが反省点(製薬業界内定/男性) ・答えられない質問に面接担当者がフォローしてくれるなど、全体的に問題なく面接を終えられたと思っていた。 「最近気になるニュース」についてしっかり答えられなかったので、そこが合否に影響したのかもしれない(電機業界内定/女性) ・説得力のある志望動機、エピソードを用意していて、それをきちんと話せたという手応えはあった。 ただ、自分が話したいことを話しすぎてしまった。 面接の時間を考慮して効率よく簡潔に伝えられていなかったのかもしれない(医療関連業界内定/女性) ・受け答えがしっかりでき、面接担当者の表情も穏やかだったので、大丈夫かなと思った。 ただ、淡々と答えすぎて、「用意した回答を読んでいる」感じが伝わってしまったのかもしれない(信用金庫内定/男性) 面接の結果については、企業側に理由を聞くことができません。 紹介した先輩たちのように、「ここがうまくいかなかった」と具体的に思い当たる点があれば、次に改善するなど準備を進めてみるのもいいでしょう。 友人や家族など第三者との模擬面接で、客観的に気になる点を指摘してもらうのもいいかもしれません。 ただ、なぜ駄目だったのか、本当のところは自分ではわかりません。 ですから、 残念な結果であっても、自分を責めすぎないで、「相性が合わなかったのだろう」と開き直って前に進む、ポジティブな姿勢もまた大切です。 受かるフラグ?最終面接の結果が合格だった先輩の体験談 では、内定が出たときの最終面接では、先輩たちはどんな手応えを感じたのでしょう。 「面接中から受かると感じた」というケースから、「まさか受かるなんて…」というものまで、具体的な声を紹介していきます。 「手応えもあり、結果は合格だった」というケース ・自分の頑張った話を興味がありそうに掘り起こしてくれて、「今までに見たことがない成績だ」と褒めてくれた。 また、人事の方から会社に対する説明があり、その時間が長かった(調剤薬局内定/女性) ・面接担当者が自分の話に興味を持って詳しく聞いてくれ、にこやかで、話が弾んだ。 入社後のことも詳しく話してくれた(建設業界内定/女性) ・相手が就活生の話を熱心に、かつ笑顔で聞き続けてくれた。 将来像を話しても、それを肯定して「この会社なら実現できるよ」と言ってくれた(SI業界内定/女性) ・終始和やかなムードで面接が進んでいた。 「来年一緒に働けるのを楽しみにしています」とのお言葉を頂いた(電力・ガス業界内定/女性) ・質問の時間が早々に終わり、入社後の不安点を少しでも解消するために、逆質問の時間を長く取っていただけた(電機業界内定/男性) 「話が終始盛り上がった」「和やかな雰囲気で終えられた」など、面接担当者の態度、表情などから手応えを感じた先輩も多くいました。 また、例でもあるように面接後に具体的に声を掛けられた先輩も多く、「面白い方だね」「ぜひ入社していただきたい」「うちの会社で活躍できると思う」などと言われ自信を持てたケースもあるようです。 「手応えはなかったけど、結果は合格だった」というケース ・話す時の表情がこわばっていたし、回答が少したどたどしかったので自信がなかった。 ただ、ほかの企業と比較してどんな特徴があるか調べて話せたのは良かった(医療業界内定/女性) ・質問をされて答えるまでに時間がかかったり、言葉がまとまらなかったりすることが多く、合格するとは思わなかった。 わからないことははっきりと「勉強不足でわかりません」と答えたのが良かったのかもしれない(旅行・ホテル業界内定/女性) ・質問に対してまとまりのない返しをしてしまい、手応えはなかった。 ただ、面接後の帰り際に、面接担当者の方々とエレベーターの前で偶然会い、その時に普段の笑顔で話せた。 少し好感触を得られたかなと思った(公務員内定/女性) ・面接担当者の反応から、思ったように伝えたいことが伝えられていないように感じていた。 ただ、どうしたら伝わるだろうかと、一生懸命考えて話していたのが良かったのかもしれない(医療業界内定/女性) ・想定していた質問がほとんどなく、特に専門性の高い質問をされたため、自分の回答が間違いだったのではないかと不安だった。 わからない質問に対しても黙らずに、その場で思いついたこと、考えを発言できたのは良かった(公務員内定/女性) ・質問に対する答えがうまくまとまらなかった。 ただ、「少し時間を頂けますか」と、きちんと要望を伝えてまとめ直せたので、その姿勢が良かったかな(専門商社内定/男性) ・面接で簡単な問題を出されたが答えを間違えてしまった。 間違えた時に素直に謝罪をし、正答を教えてもらったのは良かったと思う(教育業界内定/女性) 質問にうまく答えられなかった…と落ち込んでいたケースが多いようですが、「わかりません。 これからきちんと勉強します」と正直に伝えたり、「もう一度まとめさせてください」などとお願いしたりと、素直に対応する姿勢が垣間見えます。 面接担当者とコミュニケーションを取る姿勢が大切なのかもしれません。 連絡が遅いと落ちるフラグ?結果通知はどれくらいで来るの? 学生の間でひそかにささやかれる「連絡が遅いと落ちる」という説。 実際はどうだったのか、先輩のデータから傾向を見ていきましょう。 (n=500、複数回答) 「当日」は21. 2%、「3日未満」は27. 2%、「1週間未満」は42. 2%、「2週間未満」が20. 6%という結果に。 1週間未満に連絡が来たケースが目立ちます。 2週間以上かかるケースはぐっと数値が落ちるのがわかります。 (n=311、複数回答) 結果を見ると、 当日は5. 7%、3日未満は13. 7%と、合格通知に比べて低い数値であることがわかります。 ただ、 1週間未満が43. 5%、2週間未満が26. 5%と比較的高く、それ以降ぐっと落ちるのは、合格通知の傾向と同じです。 【調査概要】 調査期間:2018年12月3日~12月5日 調査サンプル:大学1年生~大学院2年生、専門学校生、短大生の就職内定者500人 調査協力:株式会社クロスマーケティング 文/田中瑠子 あなたに向いている仕事のタイプを5分で診断。

次の

最終面接の結果って、いつかかってくるの?就活の電話がよくかかってくる時間帯とは|就活市場

最終 面接 結果 いつ

書類審査、一次・二次面接、そして最終面接を終えて、あとは結果通知を待つのみ。 頑張ってきた分、結果報告が待ち遠しくなるのは当然のことですし、面接の手ごたえが良かったら尚更のこと。 私が転職エージェントに在籍していた頃「結果はまだ届きませんか?」と応募者の方から催促の連絡を何度もいただいていたので、結果が出るまで期待と不安を抱えながら待ちわびる複雑な心境はすごく理解できる。 今回は、そんな心境を少しでも緩和できるよう、 結果通知が届くまでの目安と傾向について書いてみる。 一般的に結果通知は最終面接から3日以内 標準的な目安として、電話での結果通知は 最終面接日から3日以内。 (郵送通知の場合はさらに数日遅れで届く) 早いケースだと面接翌日に通知が届くこともあるが、精神的なプレッシャーを避けるために 面接後2日間は何も連絡が来ないことが当たり前という認識を持ったほうが良い。 応募先の人事担当者も仕事で忙しいため、数日間連絡が来ないことはよくある話。 「では、3日以内に結果が来ない場合は 不採用なのか?」 この質問に対する答えは 「NO」だ。 私の経験では、2 週間後に内定通知の連絡が届いたケースもあるし、逆に 面接翌日に不採用の通知がきたこともある。 そのため、「連絡が遅い=不採用」とは言い切れないし、通知が遅くなる理由は以下のように多岐に渡る。 大企業ほど通知が遅い あくまで傾向だが、大企業になるほど結果通知が届くまで時間がかかる。 一番の原因は、内部の承認ステップが中小企業と比べて多く、 承認を得るまで多くの時間を要するため。 組織が大きければ関係者の数も増え、必然的に承認ステップが増える。 中には出張でオフィスを離れてしまう関係者もいるだろうから、思ったように社内手続きが進まない。 もう一つよくある原因は、募集枠に対して見込みのある応募者が多く、 面接日が複数日に渡って行われる場合だ。 当然、初日に面接した応募者は面接がすべて完了するまで合否連絡はもらえない。 そのため、通常よりも結果が届くまで時間がかかることになる。 大企業の募集案件は人気が高いため応募者が多く、しかも応募者の経験やスキルも高い傾向になる。 ただでさえ内定を勝ち取ることが難しい上に待たされるため、 「結果通知が遅い=不採用」という思い込みに陥ってしまうのではないか。 人事担当者が忙し過ぎて遅い 単純に マンパワー不足で回答が遅いことも十分に考えられる。 特に、複数の募集案件を並行して担当している場合、それぞれの案件に力が分散されるため処理が遅々として進まず、結果として採用通知の連絡が大幅に遅れることがある。 ある意味 タイミングが悪いだけで、こちらも意図して通知連絡を遅らせているわけではない。 この他にも企業側の都合で通知連絡が遅くなる理由はあるが、多くの場合は 組織上の都合や タイミングで通知が遅れると考えてよいかと。 少しでも早く結果が欲しい場合の対処法 結果が出るまで時間が掛かることは重々承知した上で、それでも一日でも早く連絡が欲しくなるのが人間。 確実な方法ではないが、上手くいけば通知を早めることができる方法がある。 それは、 実はもう一社最終面接を近々に迎える応募先(企業)があるということを面接時に伝える、という方法。 これは私が担当していたお客様(転職希望者)が実際に行った方法だが、彼は 面接翌日に内定の連絡を受けることができた。 本人からは「早く結論出さないと他社に行っちゃうよー、という雰囲気を面接時に出していたことが内定通知を急がせること繋がったと思います」とのフィードバックをいただいたが、確かに通知遅延が 人事担当者が多忙という理由の場合、この方法は時に有効のように思える。 だが、これには あなたが内定の本命であるという前提が必要不可欠であることを忘れないでほしい。 この前提なしでは、人事担当者が無理を押して結果報告を急ぐ理由がなくなる。 ということで、もし面接結果をどうしても急がなければならない方は物は試しで取り入れてみても良いかもしれない。 転職という性質を客観的に理解することが大切 ここまでで 内定通知が届くまでの標準的な期間や 通知に時間が掛かる理由について触れてきたが、転職活動で最良の結果を得るためには「転職の性質」をしっかり理解しておく必要がある。 転職は 応募者の最大限の努力が最低限求められた上で、確率と運の要素に大きく左右されるもの。 転職の準備や対策を怠っている方はその競争の土俵にすら上がれないが、仮に上がれたとしてもタイミングが悪ければ実力者であれ不採用になってしまう。 映画「ランボー」でお馴染みの俳優シルベスタ・スタローン氏は、 54回のオーディションを経て今の地位を築き上げたそうだが、あれほどの実力者であっても受からないときは受からないのと同様、転職も実力だけではどうにもならないことが起こる。 そういう 不確実な性質のものに期待を寄せることはメンタルの浮き沈みを招くことになりかねないので避けるべきだし、「そういうものだ!」というように 客観的に見れるようになると転職活動が上手く行き始める。 メンタルをどうコントロールするかが転職活動のキモだ。 頼りになる転職エージェントを紹介 エージェントを使っての転職が当たり前となった世の中でエージェントを使わないのは選択肢を自分で狭めるだけで、ある意味 遠回り。 ここでは、私の経験や転職エージェントの知り合いの評価を考慮し、オススメの転職エージェントを紹介する。 パソナキャリア 最大の強みは 年収の交渉力。 転職後の年収はプロのサポートの質で大きく変わる。 サポート体制がしっかりしており、年収交渉も積極的に行ってくれるパソナキャリアは 私が強くオススメするエージェント。

次の