株主優待ブログ。 オリックスの株主優待レビュー|今年も隠れ優待は有るか?

株主優待 新着記事

株主優待ブログ

898人• 255• 295• 118• 157• 146• 208• 193• 123• 167• 168• 株主優待 190• 160• 674• 191• 300• 140• 166• 433• 138• 235• 257• 234•

次の

株主優待 新着記事

株主優待ブログ

こんにちは。 リタイヤしてからはデパートでの買い物は食料品がメインになってしまいました。 年間の購入額も少なくなっています。 リタイヤ後、ポイントやマイルを有効に使って旅行も楽しみつつ、ブログを書いたりYouTubeの動画を作ったりしています。 現役の時以上にお得な情報を集めています。 今更ですが、もっと早くに知っていたらと思うことがたくさんあります。 しかし、以前から知っていても高くて手が出せなかったものが安くなったり、仕組みが変わって買いやすくなったりしたものもあります。 以前は1000株単位でしか買えなった高島屋の株が、2018年9月に株の取引き単位を100株に変更しました。 投資金額が少なくなっても株主優待は変わりません。 優待について紹介します。 1.高島屋の株価 2018 年9月以前は、株価はその当時約900円だったので、投資金額は90~100万円が必要でした。 そして、現在は株価が下がり約12万円で100株購入することができます。 100株持っていれば株主優待カードが手に入ります。 2.高島屋の株主優待 〇株主優待カード(お買い物が10%割引き) ・基準日 2月末・8月末 ・利用金額 所有株数 利用限度額 100株以上500株未満 30万円 500株以上 限度額なし 100株持てば半期で30万円、年間60万円まで10%割引かれるので十分ではないでしょうか。 さらに家具などの高額商品を購入するなら500株以上、約60万円を投資すれば10%の割引きが受けられます。 〇 髙島屋文化催の無料入場 優待カードを提示すれば3名まで無料で入場できます。 回数に制限はありません。 7月の有料催事を確認しましたが2店舗のみでした。 そのため今までは「友の会」の積み立てをして、食料品の支払いに充ててました。 12万円積み立てると、13万円分のお買い物ができるので8%お得でしたが、株主優待カードを使えばさらに10%割引きになりますから、とてもお得感があります。 ・バーゲン品 高島屋では、年に何回も外商お得意様向けの「Welcome Days」やポイントアップDayなどの催しがあります。 割引きの商品も多いのでその時期に買い物に行くことも多いです。 しかし、割引き商品はポイントが1%なので、株主優待カードがあれば割引きがさらに大きくなります。 ・化粧品 バーゲンをしない化粧品などは、いままでは10%のポイントがついていたのでクレジットカードで購入していました。 しかし、次年度からは8%に下がるので株主優待カードの方が2%お得になります。 4.まとめ ・高島屋の株価は、現在約12万円と買いやすい値段になっています。 100株持てば年間60万円のお買い物で6万円の割引きですから、かなりお得感があります。 ・優待カードでの買い物の支払いは、現金や商品券、友の会カードの他に、クレジットカードも使えます。 しかし、クレジットカードは、高島屋の赤いバラカード、ゴールドカード、タカシマヤセゾンカード、外商カードが利用できます。 クレジットカードのポイントはつきません。 ・食料品やバーゲン品も割引きに10%割引きになり、友の会カードで支払うことができるので2重にお得になっています。 (いよてつ高島屋はできません) ・配当は1株当たり24円なので、100株で2,400円です。 12万円貯金しても2400円の利子はつきませんから、十分お得です。 ・高島屋は、レストランやカフェなどの利用を優待から除外しています。 しかし、三越の株主優待カードはレストランやカフェの利用でも10%割引きになります。 レストラン利用にも優待が利用できるようにしてほしいです。

次の

株主優待

株主優待ブログ

こんにちは。 リタイヤしてからはデパートでの買い物は食料品がメインになってしまいました。 年間の購入額も少なくなっています。 リタイヤ後、ポイントやマイルを有効に使って旅行も楽しみつつ、ブログを書いたりYouTubeの動画を作ったりしています。 現役の時以上にお得な情報を集めています。 今更ですが、もっと早くに知っていたらと思うことがたくさんあります。 しかし、以前から知っていても高くて手が出せなかったものが安くなったり、仕組みが変わって買いやすくなったりしたものもあります。 以前は1000株単位でしか買えなった高島屋の株が、2018年9月に株の取引き単位を100株に変更しました。 投資金額が少なくなっても株主優待は変わりません。 優待について紹介します。 1.高島屋の株価 2018 年9月以前は、株価はその当時約900円だったので、投資金額は90~100万円が必要でした。 そして、現在は株価が下がり約12万円で100株購入することができます。 100株持っていれば株主優待カードが手に入ります。 2.高島屋の株主優待 〇株主優待カード(お買い物が10%割引き) ・基準日 2月末・8月末 ・利用金額 所有株数 利用限度額 100株以上500株未満 30万円 500株以上 限度額なし 100株持てば半期で30万円、年間60万円まで10%割引かれるので十分ではないでしょうか。 さらに家具などの高額商品を購入するなら500株以上、約60万円を投資すれば10%の割引きが受けられます。 〇 髙島屋文化催の無料入場 優待カードを提示すれば3名まで無料で入場できます。 回数に制限はありません。 7月の有料催事を確認しましたが2店舗のみでした。 そのため今までは「友の会」の積み立てをして、食料品の支払いに充ててました。 12万円積み立てると、13万円分のお買い物ができるので8%お得でしたが、株主優待カードを使えばさらに10%割引きになりますから、とてもお得感があります。 ・バーゲン品 高島屋では、年に何回も外商お得意様向けの「Welcome Days」やポイントアップDayなどの催しがあります。 割引きの商品も多いのでその時期に買い物に行くことも多いです。 しかし、割引き商品はポイントが1%なので、株主優待カードがあれば割引きがさらに大きくなります。 ・化粧品 バーゲンをしない化粧品などは、いままでは10%のポイントがついていたのでクレジットカードで購入していました。 しかし、次年度からは8%に下がるので株主優待カードの方が2%お得になります。 4.まとめ ・高島屋の株価は、現在約12万円と買いやすい値段になっています。 100株持てば年間60万円のお買い物で6万円の割引きですから、かなりお得感があります。 ・優待カードでの買い物の支払いは、現金や商品券、友の会カードの他に、クレジットカードも使えます。 しかし、クレジットカードは、高島屋の赤いバラカード、ゴールドカード、タカシマヤセゾンカード、外商カードが利用できます。 クレジットカードのポイントはつきません。 ・食料品やバーゲン品も割引きに10%割引きになり、友の会カードで支払うことができるので2重にお得になっています。 (いよてつ高島屋はできません) ・配当は1株当たり24円なので、100株で2,400円です。 12万円貯金しても2400円の利子はつきませんから、十分お得です。 ・高島屋は、レストランやカフェなどの利用を優待から除外しています。 しかし、三越の株主優待カードはレストランやカフェの利用でも10%割引きになります。 レストラン利用にも優待が利用できるようにしてほしいです。

次の