男 は つらい よ 浪花 の 恋 の 寅次郎。 男はつらいよ 噂の寅次郎

男はつらいよ 花も嵐も寅次郎

男 は つらい よ 浪花 の 恋 の 寅次郎

あらすじ [ ] 寅次郎が旅先で見た夢では、寅次郎は「浦島寅次郎」であり、乙姫様(演:)やタコ(演:太宰久雄)がいる竜宮城から、源公の亀に乗り、柴又村に帰ってくる。 さくら・博夫婦のように見える二人は寅次郎のことを知らないと言う。 実は二人は、何十年も時が経っている孫世代の夫婦なのであった。 玉手箱をあけると、源公の亀が年寄りになる。 寅次郎は、とらやに帰ってきて、タコ社長と喧嘩になる。 その日、金策に出かけたタコ社長が行方不明になり、自分がかけた言葉のせいではないかと非常に心配して江戸川沿いを探していた寅次郎は、夜中になって酒を飲んで帰ってきたタコ社長とまたも喧嘩になる。 最後はおとなしくなった寅次郎であったが、翌朝旅に出てしまう。 寅次郎はの小島で、祖母の墓参りをするふみ(松坂慶子)に出会う。 聞けばふみの両親は幼いころに離婚し、祖母は育ての親だという。 ふみは大阪で働いていると言うが、職業は明かさなかった。 しばらくして寅次郎が大阪に行き、での啖呵売をしていると、芸者姿のふみが現れる。 二人は再会を喜び、寅次郎はふみたち芸者と遊び歩く。 夜になって、ふみは、寅次郎を逗留先の「新世界ホテル」まで送るが、タクシー代を渡そうとする寅次郎に、「寅さんは友達だから」と受け取りを拒む。 ある日、寅次郎とふみは、に出かける。 ふみが絵馬に書いた願い事から、寅次郎はふみには両親の離婚と同時に生き別れた弟がいることを知る。 弟に全く会っていないと語るふみに、寅次郎は今すぐ会いに行くことを勧める。 二人は急遽タクシーを駆って、弟の勤務先である運送会社に向かったが、彼は前月に急病で亡くなっていた。 寅次郎とふみは、亡くなった弟のアパートに行って彼の恋人に会い、弟がふみを「お母さんみたいに懐かしい人や」と言って、とても会いたがっていたと知る。 ふみは、大事な仕事があったため仕事に向かうが、悲しみのあまり、最後までやりきることができず、新世界ホテルの寅次郎を訪ねてくる。 寅次郎は、いろいろ話を聞くまでは頼もしかったが、酔ったふみに「今晩、この部屋に泊めてほしい」と言われると、しりごみして、自分は他の部屋で寝ることになる。 翌朝、寅次郎がふみに会いにいくと、「これから、どう生きて行くか一人で考えていきます。 寅さんお幸せに。 さようなら」という置手紙があった。 寅次郎は大阪を去り、柴又のとらやへ帰ってきて、「大阪の芸者にふられた」ことを嘆く。 ところが、しばらくすると、芸者をやめたというふみがとらやを訪ねてきた。 ふみの来訪に、天にも昇る心地の寅次郎。 しかし直後、ふみの口から、約束をしていた板前と結婚し、彼の故郷である対馬に移り住むという言葉が出る。 寅次郎は、その日のうちにとらやを立ち去るふみになんとか祝福の言葉をかけるが、さくらには「わざわざ来ることはなかったんだよ。 こっちの気持ちにもなってくれっていうんだよ。 こんな惨めな気分にさせられてよ」とこぼし、いつになく落ち込んでしまう。 寅次郎がとらやを去った後、新世界ホテルの喜介(芦屋雁之助)がたまっていた宿賃を取り立てにとらやまで来る。 そのころ、寅次郎は対馬まで行き、ふみとその夫に会う。 晴れ晴れとした表情で、心から二人を祝福する寅次郞であった。 スタッフ [ ]• 監督・原作:• 脚本:山田洋次、• 音楽: キャスト [ ]• 車寅次郎:• 諏訪さくら:• 浜田ふみ:• 車竜造:• 車つね:• 諏訪博:• 桂梅太郎:• 源公:• 諏訪満男:• ふみの夫:• 芸者:• 芸者:• とらやの客(草野球選手):• 安宿の老人:• 吉田(ふみの弟の勤務先の社員):• 信子(ふみの弟の恋人):• 川岸のサイクリングの男:• とらやの客:• 運転主任(ふみの弟の勤務先の上司):• 御前様:• 大阪の安宿の女主人:• 喜介(大阪の安宿の息子): 製作 [ ] 山田洋次はが好きでなく 、これまで大阪をあまり舞台にしなかった。 このため従来の本シリーズは関西ではあまり興行が振るわなかったが 、本作は大阪を舞台にしたことで関西やでもお客がよく入った。 また松竹の看板女優・松坂慶子がようやく初出演し 、ヒットに寄与した。 松坂があまり乗り気でなく、山田も好きなタイプでないことから、これまで実現しなかったが、会社が松坂の出演を説得したとされる。 トリビア [ ] 寅次郎が石切神社の門前町で水中花を売っているが、これは松坂慶子のヒット曲『』にかけたものである。 ロケ地 [ ]• (、、此花区春日出南一丁目)、()、、 ・(大長・ )、 記録 [ ]• 観客動員数:182万1000人• :13億1000万円 (13億2000万円 とも) 受賞 [ ]• 最優秀主演女優賞/• 第36回女優演技賞/• 第24回主演女優賞/松坂慶子• 第6回最優秀主演女優賞/松坂慶子 同時上映 [ ]• 『』 出典 [ ] [].

次の

男はつらいよ 浪花の恋の寅次郎 : 作品情報

男 は つらい よ 浪花 の 恋 の 寅次郎

あらすじ [ ] 寅次郎が旅先で見た夢では、寅次郎は「浦島寅次郎」であり、乙姫様(演:)やタコ(演:太宰久雄)がいる竜宮城から、源公の亀に乗り、柴又村に帰ってくる。 さくら・博夫婦のように見える二人は寅次郎のことを知らないと言う。 実は二人は、何十年も時が経っている孫世代の夫婦なのであった。 玉手箱をあけると、源公の亀が年寄りになる。 寅次郎は、とらやに帰ってきて、タコ社長と喧嘩になる。 その日、金策に出かけたタコ社長が行方不明になり、自分がかけた言葉のせいではないかと非常に心配して江戸川沿いを探していた寅次郎は、夜中になって酒を飲んで帰ってきたタコ社長とまたも喧嘩になる。 最後はおとなしくなった寅次郎であったが、翌朝旅に出てしまう。 寅次郎はの小島で、祖母の墓参りをするふみ(松坂慶子)に出会う。 聞けばふみの両親は幼いころに離婚し、祖母は育ての親だという。 ふみは大阪で働いていると言うが、職業は明かさなかった。 しばらくして寅次郎が大阪に行き、での啖呵売をしていると、芸者姿のふみが現れる。 二人は再会を喜び、寅次郎はふみたち芸者と遊び歩く。 夜になって、ふみは、寅次郎を逗留先の「新世界ホテル」まで送るが、タクシー代を渡そうとする寅次郎に、「寅さんは友達だから」と受け取りを拒む。 ある日、寅次郎とふみは、に出かける。 ふみが絵馬に書いた願い事から、寅次郎はふみには両親の離婚と同時に生き別れた弟がいることを知る。 弟に全く会っていないと語るふみに、寅次郎は今すぐ会いに行くことを勧める。 二人は急遽タクシーを駆って、弟の勤務先である運送会社に向かったが、彼は前月に急病で亡くなっていた。 寅次郎とふみは、亡くなった弟のアパートに行って彼の恋人に会い、弟がふみを「お母さんみたいに懐かしい人や」と言って、とても会いたがっていたと知る。 ふみは、大事な仕事があったため仕事に向かうが、悲しみのあまり、最後までやりきることができず、新世界ホテルの寅次郎を訪ねてくる。 寅次郎は、いろいろ話を聞くまでは頼もしかったが、酔ったふみに「今晩、この部屋に泊めてほしい」と言われると、しりごみして、自分は他の部屋で寝ることになる。 翌朝、寅次郎がふみに会いにいくと、「これから、どう生きて行くか一人で考えていきます。 寅さんお幸せに。 さようなら」という置手紙があった。 寅次郎は大阪を去り、柴又のとらやへ帰ってきて、「大阪の芸者にふられた」ことを嘆く。 ところが、しばらくすると、芸者をやめたというふみがとらやを訪ねてきた。 ふみの来訪に、天にも昇る心地の寅次郎。 しかし直後、ふみの口から、約束をしていた板前と結婚し、彼の故郷である対馬に移り住むという言葉が出る。 寅次郎は、その日のうちにとらやを立ち去るふみになんとか祝福の言葉をかけるが、さくらには「わざわざ来ることはなかったんだよ。 こっちの気持ちにもなってくれっていうんだよ。 こんな惨めな気分にさせられてよ」とこぼし、いつになく落ち込んでしまう。 寅次郎がとらやを去った後、新世界ホテルの喜介(芦屋雁之助)がたまっていた宿賃を取り立てにとらやまで来る。 そのころ、寅次郎は対馬まで行き、ふみとその夫に会う。 晴れ晴れとした表情で、心から二人を祝福する寅次郞であった。 スタッフ [ ]• 監督・原作:• 脚本:山田洋次、• 音楽: キャスト [ ]• 車寅次郎:• 諏訪さくら:• 浜田ふみ:• 車竜造:• 車つね:• 諏訪博:• 桂梅太郎:• 源公:• 諏訪満男:• ふみの夫:• 芸者:• 芸者:• とらやの客(草野球選手):• 安宿の老人:• 吉田(ふみの弟の勤務先の社員):• 信子(ふみの弟の恋人):• 川岸のサイクリングの男:• とらやの客:• 運転主任(ふみの弟の勤務先の上司):• 御前様:• 大阪の安宿の女主人:• 喜介(大阪の安宿の息子): 製作 [ ] 山田洋次はが好きでなく 、これまで大阪をあまり舞台にしなかった。 このため従来の本シリーズは関西ではあまり興行が振るわなかったが 、本作は大阪を舞台にしたことで関西やでもお客がよく入った。 また松竹の看板女優・松坂慶子がようやく初出演し 、ヒットに寄与した。 松坂があまり乗り気でなく、山田も好きなタイプでないことから、これまで実現しなかったが、会社が松坂の出演を説得したとされる。 トリビア [ ] 寅次郎が石切神社の門前町で水中花を売っているが、これは松坂慶子のヒット曲『』にかけたものである。 ロケ地 [ ]• (、、此花区春日出南一丁目)、()、、 ・(大長・ )、 記録 [ ]• 観客動員数:182万1000人• :13億1000万円 (13億2000万円 とも) 受賞 [ ]• 最優秀主演女優賞/• 第36回女優演技賞/• 第24回主演女優賞/松坂慶子• 第6回最優秀主演女優賞/松坂慶子 同時上映 [ ]• 『』 出典 [ ] [].

次の

男はつらいよ 浪花の恋の寅次郎 : 作品情報

男 は つらい よ 浪花 の 恋 の 寅次郎

あらすじ [ ] 寅次郎が旅先で見る夢では、時代劇の柴又村。 雪の中、百姓の娘の「おさく」は、「寅地蔵」にお供えをして祈る。 悪い商人の「タコ兵衛」が百姓一家に借金を返せとせまり、おさくが身を売ることになる。 高僧の姿をしてそこに現れた、地蔵の化身の寅次郎は、タコ兵衛たちを倒し、小判や米俵などを出現させて、百姓一家を救うのであった。 寅次郎は東京に来た折、その日が彼岸だということに気付いて、親の墓参りをする。 そんな寅次郎の姿にとらやの人びとは感激するが、金策に行ったタコ社長が一時行方不明になり、寅次郎はもしかして自殺をしたのではないかと心配する。 そこに帰ってきた社長が酔っ払っていたことが原因で喧嘩をした寅次郎は、柴又から出ていく。 旅に出た寅次郎は、大井川の橋の上ですれちがった雲水から「女難の相が出ている」と言われる。 とあるダムで事情がありそうな娘・瞳(泉ピン子)を見かけた寅次郎は、「女難の相」という言葉が一瞬頭をかすめるが、放っておけずに声をかける。 結婚を前提に散々貢いだ男性に、他の女性との結婚を理由に振られたという瞳の辛い事情を聞き、話がまったく途切れない瞳に圧倒されつつも、慰める。 瞳に奢って懐がすっかり寂しくなってしまった寅次郎だが、木曾に向かうバスの中で、偶然、博の父・飈一郎(ひょういちろう、)と出会い、温泉宿に一緒に出かける。 彼に「いくら美人でも、死んじまえば骸骨」と人生のはかなさについて諭され、「女難の相」が気になっている寅次郎は、その逸話が載っている『』の本を借りて、反省して柴又に帰る。 翌朝、寅次郞はとらやを発って、修行の旅へと出ようとする。 ところが、そこへ職業安定所の紹介で店を手伝い始めていた荒川早苗()が出勤して来ると、寅次郎は彼女の美しさにギョッとし、すったもんだの末に旅に出るのをやめる。 早苗が結婚していることを知り意気消沈するが、現在別居中で、離婚もやむなしと思っていることを聞いて、にわかに元気になる。 第一印象は互いにあまりよくなかった二人だが、二人で留守番をしていた時の寅次郎の優しい心づかいは早苗の見方を変え、また、離婚して元気のない早苗を励まそうとして、ついドジを踏んでしまう寅次郎の様子が何よりも早苗の心を癒やす。 しかし、それが寅次郎の「女難」なのか、早苗が「寅さん、好きよ」とまで言ったことには、とらや一家の心配は募るばかりであった。 しばらくして、早苗の引っ越しの手伝いに出かけた寅次郎は、従兄の添田肇()を紹介される。 高校で教師をしている添田は、生徒を連れてキビキビと手伝っていたが、寅次郎に運送屋と誤解されるほど朴訥とした雰囲気であった。 離婚の仲介をするほど早苗の兄貴分的な存在であったが、密かに彼女を慕っていた。 やがて、添田がとらやに早苗を訪ねてくる。 添田は、外出している早苗をしばらく待っていたが、意を決したように立ち上がると、早苗への伝言と預金通帳を寅次郎に託す。 その時早苗が戻って来たが、一言言っただけで添田は立ち去ってしまう。 添田の伝言は「僕は故郷の小樽に就職口が見つかったので、当分会えないけど、早苗には元気でいて欲しい」という内容で、預金通帳には100万円の数字が記入されていた。 添田の気持ちを悟った寅次郎は、「あんたのことがずっと前から好きだったんだよ。 不器用だから、口でうまいことが言えないんだよ。 早く行ってやんなよ」と、ためらう早苗を説得する。 寅次郎の顔を見つめていた早苗は、振り返ると駅に向かって駈けだした。 自らライバルを助ける形で「失恋した」寅次郎は、例によって家族の止める声も聞かず、旅に出る。 正月になって、小樽にいる早苗から年賀状が来る。 旅先の寅次郎は、いつぞやの雲水と礼を交わす。 直後、蒸気機関車の車中で、兄妹のような関係だったという男性と新婚旅行中の瞳と再会する。 相変わらずの瞳の元気ぶりに圧倒される寅次郎であった。 スタッフ [ ]• 監督:• 製作:• 脚本:山田洋次、• 音楽: キャスト [ ]• 車寅次郎:• さくら:• 車竜造:• 車つね:• 諏訪博:• たこ社長:• 源公:• 御前様:• 諏訪飈一郎(ひょういちろう):• 小島瞳:• 添田肇:• 旅の雲水:• 満男:• 老人:• 田舎の住職:• 川岸の画家:• ご近所さん:• 朝日印刷職工: 記録 [ ]• 観客動員:191万5000人• 配給収入:11億6000万円 (11億7000万円 とも) ロケ地 [ ]• ()、(、、)、()• - 早苗が離婚届を出した後、両国駅へ歩いていくシーン。 墨田区横網1-6。 現在建物は取り壊され、近辺は面影がほとんどないが、区役所隣の印刷所の建物は現存。 脚注 [ ].

次の