ジンギスカン鍋。 ジンギスカン鍋 > 銘々鍋(南部鉄製 一人用ジンギスカン鍋)

ジンギスカンの名前の由来とジンギスカン鍋の起源とは?

ジンギスカン鍋

ジンギスカンとは? ジンギスカンは漢字で「成吉思汗」と書きます。 ジンギスカンは、羊の肉を用いた焼肉料理で、もやしや玉ねぎ、ピーマンなどの野菜と一緒に専用の鍋で焼きます。 タレに付け込んだ肉や、生のままの肉、冷凍した肉など、お店や家庭によって肉の状態はさまざまのようです。 「ジンギスカン」の名前の由来とは? 「ジンギスカン」の名前の由来は諸説あります。 チンギス・カンが由来という説 チンギス・カン(1162年~1227年)とは、モンゴル帝国の初代皇帝で、「チンギス・ハーン」や「ジンギス・ハン」ともいいます。 チンギス・カンが遠征中に、羊の肉を兵士たちの食事としていたことから、チンギス・カンの名前からジンギスカンとうい料理名になったという説があります。 しかし、モンゴル料理にこのような料理はないそうです。 駒井徳三が名付けたという説 東北帝国大学農科大学(現在の北海道大学)出身の 駒井徳三(こまいとくぞう・1885年~1961年)が「ジンギスカン」と名付けたという説があります。 駒井徳三は満州(現在の中国)の初代総務庁長官を務めていました。 そのときに身近にあった「鍋羊肉(カオヤンロウ)」という羊肉料理を日本風にアレンジした料理を「ジンギスカン鍋」と名付けたそうです。 ジンギスカンという名前は、羊=モンゴル、モンゴル=モンゴルの英雄チンギス・カンと連想し、さらに日本の武将である源義経(みなもとのよしつね・1159年~1189年)が、モンゴルに渡ってチンギス・カンになったという伝説にちなみ、名付けられたという説があります。 兜(かぶと)が由来という説 ジンギスカンに用いる鍋が、チンギス・カンが率いるモンゴル兵たちがかぶっていたモンゴル兜と似ていたことから「ジンギスカン」と名付けられたという説があります。 ジンギスカンの歴史とは? 羊の肉が日本で食べられるようになったのは、大正時代(1912年~1926年)になってからで、満州(現在の中国)へ進出していた日本人が、現地の人々が羊を煮たり焼いたりして食べているのを見たのがきっかけでした。 昭和(1926年~1989年)に入ると、軍服用として羊毛が必要になり、羊の飼育が奨励されたことで、羊の肉を食用にすることとなりました。 全国的に羊肉料理の講習会が開催されたそうです。 北海道に定着したのは、昭和7年(1932年)に、札幌市や滝川市などに種羊場(しゅようじょう・羊の飼育、研究機関)が出来たことで羊の肉が容易に入手できたためです。 そして、昭和11年には札幌にジンギスカン専門店の「横綱」が誕生し、昭和28年には札幌に「成吉思汗倶楽部(現ツキサップじんぎすかんクラブ)」、昭和31年には滝川市に「松尾ジンギスカン」が開店したことで北海道に広まっていったようです。 ジンギスカン発祥は北海道と考えられがちですが、岩手県や長野県、千葉県などにも種羊場が作られたことから、羊の肉を食べることが広まっていたため、発祥の地は複数存在しており、その土地のグルメとして現在も食べられています。 また、ジンギスカン専門店の発祥は昭和10年に松井初太郎という人が東京で開店した「成吉思荘」という店なのだそうです。 ジンギスカン鍋の起源とは? ジンギスカンは、専用の鍋を用います。 鍋がドーム状で、兜のように盛り上がっており、表面には溝が刻まれています。 兜のように盛り上がった中央部分で肉を焼き、鍋の外周部で野菜を焼くことで、羊の肉から出た肉汁が溝に沿って外周部へ流れ落ち、野菜が肉汁によって美味しくなる仕組みになっています。 しかし、専用の鍋ではなく、フライパンやホットプレート、焼き網などで代用しても、羊の肉を焼いた料理は「ジンギスカン」と呼びます。 ジンギスカン鍋の起源は、さきほど紹介した、東京の「成吉思荘」が発祥だと言われ、昭和11年に実用新案登録されたそうです。 ジンギスカン鍋は不思議なカタチをしていますが、そのおかげで野菜がよりおいしく食べられるようになっているのですね。 羊の肉は、牛や豚などほかの肉に比べるとヘルシーだということで女性に人気があります。 体のことを気にしている人にとって、ヘルシーな羊の肉と、たくさんの野菜を美味しく食べられるのは嬉しいことです! 関連: 関連: -.

次の

札幌ジンギスカン・地元ライターおすすめの店8選!話題の有名店に老舗店も|じゃらんニュース

ジンギスカン鍋

ジンギスカンとは? ジンギスカンは漢字で「成吉思汗」と書きます。 ジンギスカンは、羊の肉を用いた焼肉料理で、もやしや玉ねぎ、ピーマンなどの野菜と一緒に専用の鍋で焼きます。 タレに付け込んだ肉や、生のままの肉、冷凍した肉など、お店や家庭によって肉の状態はさまざまのようです。 「ジンギスカン」の名前の由来とは? 「ジンギスカン」の名前の由来は諸説あります。 チンギス・カンが由来という説 チンギス・カン(1162年~1227年)とは、モンゴル帝国の初代皇帝で、「チンギス・ハーン」や「ジンギス・ハン」ともいいます。 チンギス・カンが遠征中に、羊の肉を兵士たちの食事としていたことから、チンギス・カンの名前からジンギスカンとうい料理名になったという説があります。 しかし、モンゴル料理にこのような料理はないそうです。 駒井徳三が名付けたという説 東北帝国大学農科大学(現在の北海道大学)出身の 駒井徳三(こまいとくぞう・1885年~1961年)が「ジンギスカン」と名付けたという説があります。 駒井徳三は満州(現在の中国)の初代総務庁長官を務めていました。 そのときに身近にあった「鍋羊肉(カオヤンロウ)」という羊肉料理を日本風にアレンジした料理を「ジンギスカン鍋」と名付けたそうです。 ジンギスカンという名前は、羊=モンゴル、モンゴル=モンゴルの英雄チンギス・カンと連想し、さらに日本の武将である源義経(みなもとのよしつね・1159年~1189年)が、モンゴルに渡ってチンギス・カンになったという伝説にちなみ、名付けられたという説があります。 兜(かぶと)が由来という説 ジンギスカンに用いる鍋が、チンギス・カンが率いるモンゴル兵たちがかぶっていたモンゴル兜と似ていたことから「ジンギスカン」と名付けられたという説があります。 ジンギスカンの歴史とは? 羊の肉が日本で食べられるようになったのは、大正時代(1912年~1926年)になってからで、満州(現在の中国)へ進出していた日本人が、現地の人々が羊を煮たり焼いたりして食べているのを見たのがきっかけでした。 昭和(1926年~1989年)に入ると、軍服用として羊毛が必要になり、羊の飼育が奨励されたことで、羊の肉を食用にすることとなりました。 全国的に羊肉料理の講習会が開催されたそうです。 北海道に定着したのは、昭和7年(1932年)に、札幌市や滝川市などに種羊場(しゅようじょう・羊の飼育、研究機関)が出来たことで羊の肉が容易に入手できたためです。 そして、昭和11年には札幌にジンギスカン専門店の「横綱」が誕生し、昭和28年には札幌に「成吉思汗倶楽部(現ツキサップじんぎすかんクラブ)」、昭和31年には滝川市に「松尾ジンギスカン」が開店したことで北海道に広まっていったようです。 ジンギスカン発祥は北海道と考えられがちですが、岩手県や長野県、千葉県などにも種羊場が作られたことから、羊の肉を食べることが広まっていたため、発祥の地は複数存在しており、その土地のグルメとして現在も食べられています。 また、ジンギスカン専門店の発祥は昭和10年に松井初太郎という人が東京で開店した「成吉思荘」という店なのだそうです。 ジンギスカン鍋の起源とは? ジンギスカンは、専用の鍋を用います。 鍋がドーム状で、兜のように盛り上がっており、表面には溝が刻まれています。 兜のように盛り上がった中央部分で肉を焼き、鍋の外周部で野菜を焼くことで、羊の肉から出た肉汁が溝に沿って外周部へ流れ落ち、野菜が肉汁によって美味しくなる仕組みになっています。 しかし、専用の鍋ではなく、フライパンやホットプレート、焼き網などで代用しても、羊の肉を焼いた料理は「ジンギスカン」と呼びます。 ジンギスカン鍋の起源は、さきほど紹介した、東京の「成吉思荘」が発祥だと言われ、昭和11年に実用新案登録されたそうです。 ジンギスカン鍋は不思議なカタチをしていますが、そのおかげで野菜がよりおいしく食べられるようになっているのですね。 羊の肉は、牛や豚などほかの肉に比べるとヘルシーだということで女性に人気があります。 体のことを気にしている人にとって、ヘルシーな羊の肉と、たくさんの野菜を美味しく食べられるのは嬉しいことです! 関連: 関連: -.

次の

北海道の形をした「室蘭工大ジンギスカン鍋」が大好評

ジンギスカン鍋

この商品の平均評価: 4. 75 南部鉄の老舗「岩鋳製」 松尾ジンギスカン直営レストランで使用している本格ジンギスカン鍋をお一人用サイズにしました。 火力が安定した状態で焼けるので、むらなく、焼色よくおいしく召し上がれます。 調理した食材と一緒に鉄分も補給できるので、貧血の方、女性にとっても喜ばれる鍋です。 味わいはもちろん、本格鍋でしか味わえない雰囲気が人気です。 お一人でも本格的なジンギスカンを味わいたい方に。 お一人用鍋ですが、1〜2名様で囲んでいただけるサイズです。 名称 銘々鍋(南部鉄製 一人用ジンギスカン鍋) 商品詳細 重量:約1. 2kg 直径:約20cm お取り扱いについて 南部鉄の鋳物は使い込むほどに鍋表面に油が馴染んできて、焦げ付きにくく、使いやすくなります。 どうぞ下記を参考に末永くご愛用ください。 <初めてお使いになるとき> そのまますぐお使いいただくこともできますが、あらかじめ本体をお湯でよく洗い、軽く空焼きして水分を蒸発させた後、食用油を塗って2〜3分中火で加熱し、油を十分染み込ませてからお使いいただくと焦げにくく、初めてでもスムーズに焼けます。 <ご使用時のポイント> お召し上がりの際にこまめに火加減を調節して、焦げ付かないようにしていただけますと美味しくお召し上がりいただくことができ、お手入れも楽です。 <ご使用後は> 鍋の焦げの程度があまりひどくない場合は、しばらくお湯にひたしておいてから洗ってください。 スポンジでは汚れが取れない場合が多いと思いますので、金ダワシがお勧めです。 洗剤は通常の食器用洗剤を少量金ダワシに染み込ませて使います。 鋳物は大変錆びやすいですので洗い終わったらすぐ水っを切ってから保管してください。 注意! 鍋は非常に熱くなりますので火傷に十分お気をつけ下さい。 <保管方法> 水気を完全に切ってから、新聞紙に包み保管してください。 この時に食用油を塗っておくと錆びにくくなります。 ご使用の際には洗ってください。 発送温度帯 常温 鍋のみをご購入頂いた場合には常温発送いたします。 冷凍・冷蔵品を同時購入頂いた場合、冷凍・冷蔵商品に同梱させていただきます。 お召し上がり・ご使用の際は、必ずお持ちの商品の表示をご確認ください。 購入者 非公開 投稿日:2020年05月07日 おすすめ度 カセットコンロで使用。 思っていたより簡単に調理でき美味しくいただきました。 手入れも意外と楽にできました。 4〜5人用と1〜2人用の中間サイズがあればいいなと思った。 購入者 非公開 投稿日:2020年04月01日 おすすめ度 雰囲気から楽しめる純正の1人用鍋でした。 南部鉄器製なので、しっかりとした質感、火の通りもバッチリでした。 これからも大切に使い込んでいこうと思います。 購入者 非公開 投稿日:2020年03月31日 おすすめ度 1人で食べるなら、良い品です。 しかし、縁が浅いのが難ありです。 購入者 非公開 投稿日:2020年02月29日 おすすめ度 初めてジンギスカン鍋を購入いて使ってみtが、期待どうりの味を楽しめた。 やはりジンギスカン鍋を購入した価値があった。 本格的にジンギスカンを楽しむことができます。 6年間北海道にいたので、無性によく食べた味付けが食べたくなり購入しました。 鍋は大変良く出来ており、ふくらみと鍋の縁の高さも丁度良く、長く愛用できます。 大変満足しており、満点です。 配送方法 ヤマト運輸でのお届けです。 お届け日・時間帯がご指定可能です。 お届け日数 ご注文いただきました商品は順次出荷いたします。 お急ぎの場合にはお問い合わせください。 商品到着までの日数 【北海道】 出荷日の翌日 【その他の都道府県】 出荷日の翌々日• 送料 送料は配送地域により異なります。 詳細はをご確認下さい。 送料無料商品を同時にご注文頂いた場合、送料無料となります。 受付時間 9:00〜16:30 定休日:土曜日、日曜日、年末年始 ご注文は翌営業日に受付いたします。 お急ぎの場合にはお問い合わせください。 お支払方法• 代金引換• クレジットカード• NP後払い キャンセルについて キャンセルをご希望の場合は発送日の午前中までにご連絡下さい。 商品発送後のキャンセルは致しかねますのでご了承ください。 返品・交換について お客様のご都合による返品・交換は商品の性質上原則として承っておりません。 不良品・商品間違いにつきましてはお手数ですが弊社までお知らせ下さい。 お問い合わせ先 株式会社マツオ 製造販売部 〒073-0025 北海道滝川市流通団地1丁目6-12 TEL: 0120-36-2989 FAX: 0125-22-1800•

次の