脳内トレーニング。 映像記憶ができると勉強が楽になる 写真記憶のトレーニング方法を教えよう

脳内将棋盤で棋力向上する理由と訓練方法を考えてみた

脳内トレーニング

歩きながら詰め将棋が解ける• 暇なときに将棋盤を出さなくても研究ができる• 感想戦などで駒を動かさなくても検討ができる(脳内将棋盤がある相手に限る) この3つはめちゃくちゃ素晴らしいメリットです。 スマホとかで問題図とにらめっこしなくても、詰め将棋が解けるようになると 日常的に詰め将棋を解く時間が増えて、飛躍的に棋力向上します。 毎日歩く時間が長い人には特に効果があると思います。 脳内将棋盤を作った私の経験談 これから脳内将棋盤の作り方について紹介していくのですが、これ書いている人間は脳内将棋盤あるのか?と思われそうなので一応経験談を載せておきます。 私自身は将棋仲間と、 脳内将棋2面指しで反則なしで終局まで普通に指せて、内容もそれなりにやれていました。 (昔の話ですが) 1日30分ほど歩く時間があったのでその時間は13~60手くらいのひと目では解けない詰め将棋を記憶して脳内で解いてましたね。 また、周りにも脳内将棋盤を持っている人達がいたので、雑談しながら脳内将棋で対局したりと日常的に脳内将棋盤を使っていました。 脳内将棋盤動かしている途中で寝落ちして、夢の中で詰め将棋を解いていたということもありました・・・本当に寝ていたのか疑問です。 肝心の棋力向上にはすごく役に立ったと思っています。 やっぱりある程度強くなるためには将棋をやる時間を増やさないといけないので。 脳内将棋盤はその時間を増やすのに大きく貢献してくれました。 脳内将棋盤の作り方 というわけで脳内将棋盤を作るメリットが伝わったと思うので、早速作り方についてみていきましょう。 盤面が狭めの詰め将棋を解く• 自分の得意な戦型だけをたくさん指す• 自分の得意な戦型を脳内で棋譜並べをする 以上、この3つとなります。 それでは1つずつどのようにやるのかを解説していきます。 盤面が狭めの詰め将棋を解く できるだけ盤上に駒が少なくて、手数も5~11手くらいの簡単な詰め将棋がいいです。 例として1つ題材を用意したので実際にやってみましょう。 以下の局面をパッと見て覚えたら目を閉じて考えてみましょう。 9手詰めですが手駒が少ないので攻め手のパターンは限られているので解きやすいと思います。 どうでしょうか?盤面を記憶して脳内だけで解けましたか? 最初は難しいかもしれませんが、駒の配置を覚えるのには時間をかけてもいいので、できるだけこの局面図を見ないで頭の中で駒を動かして解くようにしましょう。 同じ戦型をたくさん指して棋譜だけで振り返る 脳内将棋盤を作るのに同じ戦型をたくさん指すというのは効果的です。 この理由を説明するために、究極の鍛錬という本からチェスを題材にした研究の一文を紹介します。 素人にとっては、チェスの一マスに置かれた駒が一つの情報の塊だった。 一方、何年にもわたり実戦での駒の動かし方を研究してきた達人にとっては、一つの塊ははるかに大きかった。 ~~~中略~~~ 一流のチェス競技者はチェス盤を見る時、文字ではなく単語として見ている。 二十五個の駒を見る代わりに五、六個の駒を塊として見ている。 だから一流のプレーヤーは駒の位置を簡単に思い出すことができる。 2010年 ジョフ・コルヴァン サンマーク出版 『究極の鍛錬』144ページより引用• これはチェスが題材ですが将棋に置き換えて考えても分かりやすいと思います。 将棋も強くなればなるほど 駒を1つの塊として認識できるようになります。 例えばこの局面。 将棋を知らない人、もしくは始めたての初心者がみても 駒が適当に並んでいるという風にしか認識できないと思います。 しかしある程度将棋が強くなれば、 3九玉型の美濃囲いだなと認識し、この11個の駒を1つの塊として認識ができるようになります。 この塊として認識する能力は強くなればなるほど増えていくので、強い人ほど脳内将棋盤が作れるのはこの 塊認識能力が理由だったのです。 この塊認識能力のことを専門用語で チャンキングと言いますが、実は日常生活でもやっていることだったりします。 これを応用して将棋でもチャンキングできるようにするために、 同じ戦型を指しまくりましょう。 そうするとその戦型によく登場する形を覚えることができるようになります。 自分の得意な戦型を脳内で棋譜並べする そして最後の仕上げです。 自分が指しまくっている戦型を脳内だけで棋譜並べします。 題材として先程紹介した上図の局面の棋譜を初手から載せてみます。 これを脳内だけで並べて上図の局面のようになっているか実験してみましょう。 何回も繰り返せば覚えられる範囲が増えてくるので、めげずにトレーニングしてみましょう! 才能や記憶力がなくてもトレーニング次第でできる! 「プロやアマ強豪(ついでに私)が脳内将棋盤を作れるのは才能や記憶力が高いからだろう!自分には無理だ!」 と、諦めている人もいるかもしれません。 そんな人には究極の鍛錬からもう1つチェスにおける実験を紹介しましょう。 熟練したチェスプレーヤーとまったくの素人が、実戦に基づいて置かれているチェス盤の二十五個の駒をほんの五秒から十秒見せられ、その位置を思い出すように言われたとしよう。 結果は想像のとおりだ。 チェス名人はたいていの場合すべての駒の位置を覚えているのに、素人は四か五駒しか覚えていない。 そして今度は、研究は同じことを繰り返すものの、駒の置き方を実戦形式ではなくでたらめに置く。 こうするとチェスの素人はやはりたったの四、五駒しか覚えていないが、生涯チェスに身を捧げてきたチェス名人も今度は六、七駒しか覚えておらず、素人より少しましなだけだった。 2010年 ジョフ・コルヴァン サンマーク出版 『究極の鍛錬』72-73ページより引用 素人とチェス名人はでたらめに置かれた駒の配置だと、記憶の差は大してないという結果だったということです。 つまりチェス名人が優れているのは記憶力ではなくチェスのチェンキング化であって、 記憶力自体は素人と変わりがないということです。 私も脳内将棋盤はありますが、記憶力は別によくありません。 ですが、「美濃」と心の中で唱えればスッと美濃囲いの形が瞬間的に脳内に浮かびますし、「穴熊」と唱えれば色々な形の穴熊がスライド式のように頭の中にパッパッと出てきます。 これはたくさん将棋を指してチャンキング化をしてきたからです。 特別な才能や記憶力は必要ありません。 脳内将棋盤を作ろうと決意して、将棋をたくさん指す。 あとは脳内で駒を動かすトレーニングさえすれば誰でも脳内将棋盤は作れます! まとめ 脳内将棋盤についての紹介でした! 今回の内容をかんたんにまとめるとこんな感じになります。

次の

筋トレはメンタル強化に効果的!体を鍛えると精神も充実する理由とは

脳内トレーニング

参考書の内容を全部映像記憶できれば、勉強が楽になりそうですよね?机に向かって参考書の文字を目で追う勉強よりも、映像の方が記憶に残りやすいのです。 読んだことのない小説が映画化されると、小説を先に読むか映画を先に観るか迷ってしまうもの。 というのも、映画を観てから小説を読むと、映像として得た知識があるため、想像力を働かせることができなくなってしまうから。 映画を先に観るか、小説を先に読むかを決めるのは、人によって楽しみ方が違うのでどちらがいいとは言えませんが、記憶に残す勉強をするという意味では、映像を使うことはとても効果的と言えるでしょう。 とはいえ、参考書が全て映像化されている教材は存在しません。 しかし、 トレーニングを積んでいけば、あなた自身が参考書の内容を映像化して記憶することは可能です。 記憶する技術を身につけておけば、効率のいい時間の使い方、先を読む力、応用力などが身に付き、頭の回転が早くなります。 試験合格という目標を達成した後に問われるのは、あなたが取得した資格を活かして効率よく仕事ができる人間かとうか。 試験合格後のその先の未来を 、記憶力を高めることで手に入れていきましょう。 今回の記事では、記憶のテクニックの一つである映像記憶の習得方法についてご紹介していきます。 Contents• 映像記憶とは? 映像記憶とは、見たものを写真のように記憶する方法のこと。 勉強するときには参考書を使いますが、その参考書の内容も写真のように記憶する力は映像記憶と呼ばれているのです。 映像記憶を身につけるメリットは、 覚えたことを鮮明に脳に記憶できるので、忘れそうになっても頭の中にある写真を思い出すことで、必要な情報を効率よく思い出すことができるのです。 結論から言ってしまうと、脳に蓄積した知識を早く思い出す力を鍛えれば、確実に試験で点数を取ることが可能です。 様々な記憶法がありますが、いくらたくさんの情報を覚えたとしても、それを試験本番で思い出すことができなければ全く意味がないのです。 映像として記憶する力を身につけることができれば、 あれこれ考える前に頭の中に記憶した写真を思い出すだけで必要な情報が芋づる式に思い出せるため、映像記憶は効率のいい記憶方法ということができるでしょう。 とはいえ、いきなり文章を写真のように記憶することはできません。 というのも、脳が記憶モードになっていなければ、どんな方法であっても覚えることはできないから。 脳を記憶モードにさせるためには、どんな工夫をすればいいのでしょうか。 映像記憶のトレーニング前に必要な準備は? トレーニングを始める前にはウォーミングアップが必要です。 映像記憶力を鍛える前に、脳の状態を記憶モードに持っていきましょう。 脳はストレスを感じると覚える力が弱くなってしまうので、まずはストレスを取り除き、脳をリラックスさせることが重要なポイント。 クラシック音楽を聴いたり、リラックス効果のある香りを嗅いだりすると、ストレスを開放し、早く記憶モードにすることができるでしょう。 クラシック音楽が脳に与える効果に興味のある人は、こちらの記事をチェックしてみてくださいね。 脳を変性意識状態にすることができたら、何かと関連付けて覚えた記憶なども思い出しやすい状態になっているでしょう。 【ドイツから初上陸!】高次元集中力が手に入る〇〇とは!? 好きな事なら時間を忘れていくらでも熱中することはできるけど、興味が持てないこと、難しいこと、楽しくないことを、ずーっと考え続けることって、ものすごくストレスを感じますよね? でも、あなたの描いた未来を手にしたいなら、もうやるしかないんです。 だけど・・・ やるしかないのはわかっているけど、なかなか勉強が進まない時ってないですか? そうなんです。 勉強するための時間や場所は確保することができても、 あるものが足りないと机に向かっているだけになってしまうんですよね。 それが、 集中力。 とはいえ、試験までの限られた時間に、成果が必ず出るかどうかもわからない集中力アップのためのトレーニングをしている暇なんてないんですよね。 今やるべきことは、 限られた時間で効率よく多くの知識を身につける、質の高い勉強をすること。 そんなあなたにご紹介したいのが、 サプリメント先進国のドイツから日本に初上陸した、 という集中力アップサプリメント。 は 、ドイツの薬用植物研究チームが、長年の研究を重ねて開発したサプリメント。 このサプリメントに含まれる「ブルーネス」という成分が、短時間で集中力を極限まで高めることができる、これまで日本では手に入らなかった画期的な成分なんです。 植物由来の成分なので、安全性も問題ありません。 このサプリメントのすごいところは、 高次元集中力を3時間維持できるということ。 今なら 期間限定で1,980円(15日分)でお試しすることができるんです。 定期購入の回数制限がないところもうれしいポイント。 あなたも是非、高次元集中力を今すぐ体感してみてください! 映像記憶のトレーニング方法• 覚えたいものを5秒間じっと見ます。 覚える対象は1つではなく、いくつかまとまったものだといいでしょう。 細かいところまでよく観察するように意識を集中させて見てください。 シャッターを切ることをイメージして目をつぶります。 ポイントは、頭の中で「カシャ」というシャッター音を鳴らすこと。 このシャッター音が、脳への記憶の合図となるのです。 頭の中に記憶したものを思い出しながら、どんな内容だったかを思い出して絵に書いてみます。 自分が書いた内容と正解を見比べて、答え合わせをします。 どこができなかったかを紙に書いてメモしておくと、効率よく復習することができるでしょう。 トレーニングの方法はいたってシンプル。 集中して覚えたものを映像としてとらえ、それを思い出すことができるようにするだけです。 映像として覚えておけば、文章で覚えたときに比べて楽に思い出すことができるようになるので、何度もトレーニングを重ねてしっかりと身につけていきましょう。 勉強以外でも、学校や会社、レストランの風景などを利用してトレーニングすることもできるので、日常生活でも映像記憶のトレーニングをすることも可能です。

次の

筋トレはメンタル強化に効果的!体を鍛えると精神も充実する理由とは

脳内トレーニング

皆さんは「物を見る」という行為は目だけで行っていると思っていませんか? 普通はそう思うのが当然ですよね。 しかし、実際にはそうではなくて、人は目だけで物を見ているわけではないんですね。 では、何で見ているかというと 「脳」で認知することで初めて「物を見る」ということができるのです。 目は見たものを情報として脳に伝える「受容体」に過ぎないのです。 もちろん脳だけでなく目は重要な役割を担っています。 様々な色や遠い近い、鮮やかなものくすんだものなど、色んなシチュエーションに対して瞬時に反応して対応するカメラのピント調節機能のような働きをします。 でも、目で見ただけではアタマの中に映像としては浮かんでこないのです。 目から受け取った情報は視神経を通して脳の視覚野に送られ、その情報をもとに映像化されます。 そうして、脳がそれを認知することで初めて「物を見る」ことができます。 スポンサーリンク もくじ• 脳内視力とは? 脳内視力というのは今ご説明した通り、目から得た情報を脳が認知(映像化)する視力のことを「 脳内視力」といいます。 脳内視力を良くするには脳を活性化するトレーニングが効果的です。 眼球視力とは? 眼球視力は一般的に認識されている目の視力のことです。 目が対象物にピントを合わせて映像を網膜に映し出すチカラのことですね。 普通、視力を回復するというのはこの眼球視力を回復させるということになります。 このトレーニング方法としては水晶体の周りの毛様体筋を鍛えたり、目の周りの血流を良くすることで視力を回復させることができます。 目と脳の両方で見ている 視覚は「目」と「脳」の両方で認識しているということです。 1、目で外界(景色)の情報を収集します。 (眼球視力) 2、視神経を通して情報を脳に伝える。 3、脳が情報を認知する。 (脳内視力) 眼球視力と脳内視力は車の両輪のように 切っても切れない関係にあるということです。 スポンサーリンク 脳内視力を高めることで視力が回復する 眼球視力とともに脳内視力を高めることで実際の視力の回復につながるというように考えられています。 脳が活性化することで相乗して眼球視力も回復するというものです。 脳内視力を高めることで老眼が改善したという症例もたくさん出てきています。 よく考えれば、目の機能だけで視力がいい悪いを決めるのはおかしな話ですよね。 人の様々な感覚は最終的に脳が認識することによって成立します。 目も例外ではなく、「見る」という情報収集に関してもかなりの割合を占めているはずです。 例えば、視力が落ちてしまい入手できる情報が大幅に落ちてしまった場合、それと並行して脳内視力も下がってしまうという悪循環が起こってしまうのです。 この悪循環を絶つには脳内視力のトレーニングによって脳を活性化していくことが重要になってきます。 脳内視力アップは老眼の改善に効果的 老眼は目の筋肉が衰えることで起こるといわれていますが、脳の老化も密接に関係しているのです。 脳の神経細胞は大体40歳くらいから減っていき、その頃から脳の老化が始まるといわれています。 それに伴って視力もだんだんと低下していくわけです。 ですから、 脳を活性化して脳の老化を少しでも遅らせることができれば、老眼になるリスクも下げられるというわけです。 脳内視力を高めるトレーニングをすれば脳が活性化し若返るので、視力維持だけでなく記憶力や集中力アップも期待できます。

次の