子宮 癌 症状。 子宮体癌 症状

子宮がん(子宮頸がん・子宮体がん)の症状とは?

子宮 癌 症状

子宮がんの症状 わかりづらい初期症状 初期の子宮がんの症状は、自覚しにくいものと言われています。 ちょっとした異変に気づくことが大切ですが、それが子宮がんのサインなのかどうかは自分ではわからないものです。 自分では一大事と思っていても、お医者さんに「たいした事ない」と言われてしまうこともあるかもしれません。 実際にお医者さんに「気にし過ぎ」だと言われてしまった経験は、ある方も多いのではないでしょうか。 「気にし過ぎ」と言われてしまった経験があると、なかなかお医者さんにいけなくなってしまいます。 でも、子宮がんの症状は絶対に見逃したくありません。 そんな時に、なにかできることはないのでしょうか? それは、お医者さんとスムーズに話ができるように、準備をしていくということではないでしょうか。 いつ、どんな状態のおりものがでたのか、それをしっかり記録しておくのがいいと言われています。 お医者さんは忙しく、毎日患者さんをみています。 シンプルな言葉で的確にコミュニケーションをとることが、お医者さんにも患者さんにも必要とされています。 「たいした事ない」「気にし過ぎ」という言葉は、そういった背景から言われてしまうのかもしれません。 しかし、言い換えれば「子宮がんの症状ではないようです、よかったですね」と言われたも同じことと、考えていいのではないでしょうか。 頸部、体部の初期症状 子宮がんの症状とは具体的にどのようなものなのでしょうか? 子宮頸がんの症状は、初期段階ではこれといったものはないようです。 最初に気がつく異変は、出血だと言われています。 生理ではないときに原因不明の出血があることを不正出血といいます。 体質によっては排卵日前後に微量の出血があることもありますが、それとは異なります。 子宮頸がんの不正出血とは、ほとんどが性交渉のときに出るものだと言われています。 ただし、これは子宮がんの症状に限ったものではないので、他の病気の可能性もあります。 進行してくると、おりものが増える、腰や腹部に痛みを感じる、排尿困難、全身の倦怠感などが出てくると言われています。 他の病気の可能性もありますが、まず異変に気がついたらお医者さんに相談して、あらゆる角度からみてもらうのがいいでしょう。 さて、子宮体がんの症状ですが、こちらも初期は無症状と言われています。 そして同じく不正出血がみられ、悪臭のあるおりものなどがみられるようです。 閉経後の不正出血は、異変に気づきやすいですが、閉経前だとただの月経不順と思ってしまい、放っておく可能性もありますので注意が必要です。 数少ない初期のサイン、見逃さずに病院で診察を受けることが大切です。 おりものの変化 子宮がんの症状のひとつとして、悪臭というものがあります。 おりものの色や匂いがおかしいと思ったら、まず婦人科に行ってみましょう。 透明から白味がかっていて、やや酸っぱい匂いが正常なおりものと言われています。 黄色、褐色(血が混じる)、緑色、うみがまじっている、などは何かしらの病気が考えられるでしょう。 進行した子宮がんの症状は、おりものの他に腰痛や下腹部痛、排尿が困難、さらに尿に血が混じる、排便障害、血便が出る、発熱や寒気、陣痛のような強い痛みなどとされています。 この状態の場合には、子宮だけではなく膀胱や腸に子宮がんの転移があるというサインの可能性があるようです。 また、膀胱や直腸に穴があいてしまい、膣の中に尿や便が流れ込んでくることもあり、そうなるとひどい悪臭がすると言われています。 子宮がんの症状は、骨盤の中のあらゆる器官に転移しやすいと言われています。 その後進行してしまうと、リンパに乗って全身にまわってしまう危険性があります。 できるだけ初期のうちに発見することが大切なのです。 おりもののチェックが子宮がんのセルフチェックに有効と言われています。 なかなか分かりづらいサインですが、がんを見逃さないためには大切なサインでもあるのです。 子宮体がんの症状 不正出血(月経以外の出血・閉経後の出血は注意) 子宮頸がんの症状 不正性器出血(性交時に出血しやすくなります)おりもの(帯下 たいげ )が増える。 進行がんでは下腹部痛、腰痛、下肢痛や血尿、血便、排尿障害が現れる 子宮がんの症状 閉経後 1年以上月経がない場合 や、閉経周辺時期の不正性器出血が特徴 早期発見で生存率は上がる 子宮がんの症状は初期には自覚がないことから、発見が難しいと言われています。 しかし、それと同時に進行が遅いがんでもあるとも言われています。 そのため、早期発見であれば生存率は高いがんでもあります。 たとえば10年かかって自覚症状があらわれた子宮がんの場合、10年前から身体の中にあったということです。 40代で子宮がんの手術をしたとすると、10年前の30代の頃に子宮がんが発生していたことになります。 かなりの年月一緒に暮らしてきたわけですから、その間に検診をうけていれば早期発見も可能だったのかもしれないということなのです。 自治体による子宮がんの検診・検査のサポートが、最近では20歳からうけられるようになりました。 これによって、若い世代からのチェックが普及しはじめてきました。 子宮がんの生存率をみれば、比較的治りやすい病になったことがうかがえます。 特に子宮頸がんの検診・検査は見逃しが少ないことも分かっています。 子宮がんの原因、特に子宮頸部のがんには性行為がかかわっていると言われています。 若い年齢層からの正しい知識と検診・診断が子宮がんの予防の一つです。 また、結婚前に行うブライダルチェックなども有効と言われています。 その痛み どの器官であれ、がんの症状はつらいものです。 子宮がんの症状は、初期はわかりづらいものですが、進行していくにつれてがん特有の痛みを伴う事になります。 がん患部の痛みは早期でもみられ、末期であれば継続的に強い痛みが発生するといわれています。 その痛みによって引き起こされるのが不眠症状や食欲不振、そして呼吸困難や全身の倦怠感です。 痛みが強ければ強い程、精神的な負担も大きくなってくることが考えられます。 自分が子宮がんであると告知されている患者さんであれば、死への不安もあるでしょう。 家族との関係や、仕事の心配なども不安材料になります。 子宮がんの治療はもちろんのこと、不安や痛みに耐えるためのメンタル面のケアが重要と考えられています。 子宮がんの生存率は比較的高いという統計が出ていますが、それでも自分は助かるのかという不安は決して無くなりはしないものです。 子宮がんの手術は女性としての大切な部分を失うということでもあり、人生を大きく左右するという一面もあります。 最近の病院では精神的な痛みも含め、トータルでケアしていこうという試みがみられるようです。 「緩和ケア」と呼ばれる事もあります。 まだ全ての病院でこの考え方が受け入れられている訳ではないので、事前に調べておくのもいいのではないでしょうか。 痛みのしくみ がんの痛みとは、がんの病巣が固くなり周りを刺激することだと言われています。 子宮がんの症状でも進行してくると痛みが発生することがあります。 子宮がんの転移が神経に近いところだった場合には、さらに痛みは大きく感じます。 また、病状の進行によって身体が弱ってくると、皮膚などが炎症を起こして、さらなる痛みが発生する場合もあります。 感染症や炎症、さらには床ずれとよばれる痛みも発生するようです。 これだけの多くの痛みを抱えている状態では、本人の不安な気持ちがさらに痛みを強くしてしまうことが心配されます。 不安が大きいときには、痛みが通常よりも大きく感じられる事があると言われているからです。 そこで、実際に神経に感じる痛みを、少しでも軽く感じられるようにしてあげることが必要と考えられています。 以前は「痛みは仕方のないもの」と考えられていましたが、今は変わってきています。 患者さんの不安を緩和させるために、一刻も早く原因となる痛みを取り除いてあげることが優先されるようになったと言われています。 世界の医療現場でも、がんの痛みは早期に治療すべきと考えられるようになり、薬を安全に用いて痛みのコントロールをする方法をすすめているようです。 痛みのコミュニケーション 子宮がんの症状である痛みへのケアとして、患者さんが抱えている痛みの正しい把握が必要です。 「すごくいたい!」と本人が言っていても「いやになるくらいの痛さ」なのか「気絶する寸前の痛さ」なのか、受け手によって解釈が変わってしまいます。 痛みが顔に出やすい人もいれば、表情はおだやかでも実は相当我慢強い人もいます。 まわりの人には伝わりづらいのが問題です。 そこで、痛みを評価するスケールが必要になります。 患者と医師、家族などが痛みのスケールを共有できれば対応もしやすいということです。 病院によってはイラストで表現して、痛みがまったくない状態から堪え難い痛みまでを5段階から10段階にわけたものを使用してコミュニケーションを計るなどの工夫をしているようです。 子宮がんの治療にかかわる人の全員がこれを把握していれば、鎮痛剤の使用や種類を考えるのにとても便利だと考えられています。 実際にスケールを使用する際には、「過去に経験した痛みと比較して」というのが必須条件です。 これでもかというほどの痛みを経験して、最大のスケールを示していても、さらに強い痛みをその後感じるようになったら「最大が更新された」ということになるからです。 子宮がんの治療の第一歩はそういったコミュニケーションにあるのかもしれません。 痛みを取り除くこと 痛みの尺度がわかれば、鎮痛剤などを用いるときの参考となります。 さらにその痛みの具体的な内容を知る事ができれば、お医者さんも対応がしやすいと言われています。 例えば痛みが強くて眠れない場合、まったく眠れない程激しい痛みなのか、たまに目が醒めるくらいの痛みなのか、そこそこ眠れてはいるのか、など具体的に言えば違った情報となります。 子宮がんの症状の特徴として、痛みの原因が身体の奥のほうにあるために、実際に目で見ることが難しいということがあります。 つまり本人の意見が大変に重要と考えられているのです。 たとえば、こんな動作をしたときに痛みを感じた、などという情報はかならずお医者さんに伝えなければいけないでしょう。 本人が忘れてしまう場合には、まわりの家族がよく話をきいて、お医者さんに伝えるようにするのもひとつの方法です。 そういった日常生活からの発見で子宮がんの転移がわかることもあるようです。 以前は子宮がんの治療の痛みは耐えるものと考えられていましたが、今は変わってきているようです。 痛みはなるべく早く取り除くべきという考え方が、世界的に取り入れられてきました。 痛みは我慢するためのものではなく、子宮がんの症状をしっかり把握する為のものだと考えるのもいいかもしれません。 子宮がんの症状 進行がんの場合 子宮がんの症状が進むと、食欲が減退し、体力が落ちてきてしまいます。 体全体で病に立ち向かっている訳ですから、子宮がんの原因となる細胞だけではなく全身になんらかの症状が出てくることが考えられています。 闘病を続けた結果、身体全体の抵抗力が落ちてしまうことがあります。 口の中が荒れてしまって口内炎になったり、ひどくなると飲み込みづらくなったり、さらには流動食しかのどを通らなくなってしまったりすることがあります。 子宮がんの治療ではそういった症状には点滴などで対応する事も考えられますが、しかし食べる事は患者さんにとって数少ない喜びや楽しみでもあるはずです。 病と闘うためには少しでも楽しみを残してあげることが大切だと考えられています。 少しずつでも患者さんが食べたいと思うものを、食べたいときに食べさせてあげるのがいいようです。 プリンやゼリー、茶碗蒸しなどのやわらかいものや、飲み込みやすいとろみのついたものをすすめるのもひとつの方法かもしれません。 子宮がんの治療を受けているときに、患者さんによっては、味覚の変化という症状がある場合もあります。 普段と違う味に感じるなどの変化は日によってかわるものなので、何度か試してみるのがいいようです。 子宮頸がんとめまい 子宮頸がんの抗がん剤治療の途中や摘出手術後にめまいが起こることがあります。 これは原因は様々ですが抗がん剤の場合は副作用としてありますし、手術後は卵巣欠落症などによって起こる場合があります。 当然三半規管の以上や脳の疾病の場合もあるので注意が必要ですが、子宮頸がんの治療や途中や予後の場合に起こるめまいは少なくありません。 この場合はまず主治医に症状を伝えて検査を受けるのが大事になりますが、対応としては点滴によるめまいの抑制になると思います。 ほとんどの場合この治療でめまいはおさまりますがその後も繰り返される場合は注意が必要です。

次の

子宮体がん(子宮がん)とは|症状や検査、治療、ステージなど【がん治療.com】

子宮 癌 症状

html 子宮頸癌(しきゅうけいがん)というのは、女性の子宮にできる癌の一種で、子宮癌の中でも最も多いものであるとされています。 子宮の一部である子宮頚部という、子宮の入口である部分から癌ができる症状が子宮頸癌です。 子宮の入口付近にできる癌のため、産婦人科などの診察によって早期発見がされやすい傾向にある癌になります。 また、早期発見ができると治療のしやすい癌であることも特徴の一つですが、この癌が進行しすぎると治療が難しくなってきてしまうので注意が必要です。 これを回避するためにも、早期発見のため定期的に癌検診などを受診することをおすすめします。 子宮頸癌が発生しやすい年齢 一般的な癌は年齢が増えていくにつれてその発生率は上がってくるものですが、子宮頸癌はなんと 20代から30代後半 の間に 最も多いとされている癌であるとされています。 html 20代から30代後半に多いとされる子宮頸癌ですが、子宮頸癌が発生する原因の一つに、 ヒトパピローマウイルス(Human Papillomavirus)というウイルスが関連しているとされています。 (ヒトパピローマウイルスの頭文字をとってHPVと略されます) HPVは主に 性交渉などで感染するウイルスで、子宮頸癌であると診断された患者の多くにHPVの感染が認められています。 このHPVは感染しても、症状が出ないうちにHPVが排除されるため、感染する確率が高かったとしても子宮頸癌に至る発症率が低いのが現状。 そのため、感染している事実を知らない人が多いのが現状です。 ヒトパピローマウイルス(HPV)が排除されず感染し続けていたらどうなるのか ヒトパピローマウイルス(HPV は自然に体内で排除されていくと考えられている性交渉が原因のウイルスですが、これが排除されずに感染したままでいるとどうなってしまうのでしょうか。 HPVに感染した状態が続くと、子宮頸癌が発症すると考えられているので注意が必要です。 また、タバコによる喫煙によっても子宮頸癌が発症することがわかっています。 skincare-univ. そのため気が付かない女性も多いとされているのが現状ですが、症状の一種に「性交渉の最中に子宮頚部による出血」などがあります。 性交渉の最中にもし出血などがあれば、躊躇うことなく検査を受けることで早期発見が可能です。 それ以外にも普段とは違う色をした「おりもの」などが発生した場合も子宮癌の可能性も考えられます。 しかし、子宮癌に分類される多くは自覚症状がない病気のため、気が付くのが遅れてしまう事が多く、子宮頸癌と気が付いた人の多くは産婦人科や定期的な癌検診により発見された人になります。 自力で気が付く人は多くはないというのが実態なようです。 0期 癌が一番浅い粘膜内に留まっている状態を0期とされています。 上皮内癌(じょうひないがん)とも呼び、子宮頸癌の初期状態を呼んでおり、癌検診などで知ることができます。 筋層にまで入り込んでしまっており、厚さが5mm以内である状態の事をいいます。 筋層にまで入り込んだ癌の厚さが5mmを超えた状態の事をいいます。 細胞から癌の度合をチェックを行う事もできる 癌の進行度というものは各ステージで分類されていますが、細胞から癌の病状を把握する事もできます。 この度合を「クラス」と呼び、子宮頸癌はこの細胞診からも判断することが可能です。 これは癌細胞の異常度を判別します。 全がんの段階です。 ここからステージ0の癌と認められます。 上皮内癌(じょうひないがん)の可能性がでてきます。 子宮頸癌の死亡率 子宮頸癌は年齢が高くなるにつれて死亡率が高くなってくる傾向があります。 20代から30代後半の女性の多くがこの子宮頸癌を発症させる傾向にありますが、意外とこの年齢層では死亡率が低くなっています。 これには治療法の確立や早期発見などによって治療がなされているからと考えられています。 癌と一言で言ってしまっても、他の癌よりも比較的生存率が高く、治療もしやすい癌であることが有名です。 5年実測生存率と5年相対生存率 子宮頸癌になったからと言って、悲観することはありません。 比較的早期の段階であると死亡率が低くなっています。 各ステージによる死亡率を観てみる前に、5年実測生存率と5年相対生存率について説明いたします。 5年実測生存率とは 5年実測生存率というのは、実際に「 癌の治療を始めた人で5年後に生存している人の割合」をこのように呼びます。 5年相対生存率とは 5年相対生存率は「癌になった人と癌ではない人の同性、同年齢である者を比べた割合」の事をいいます。 子宮頸癌の治療法 子宮頸癌は早期発見により完治することが可能な癌であるため、早期に発見してしまう事が最も重要なことではありますが、万が一にも治療を余儀なくされる場合もあります。 子宮頸癌の治療法には各ステージによって治療法が異なっており、進行度の違いによっても同じような治療法になるのですが、治療の度合が違うようです。 手術の種類には円錐切除術・子宮全摘出手術・光線力学的治療などがあります。 癌細胞がある子宮の入口部分を円錐形に切除する方法でレーザーやメスが使用されます。 子宮の大部分が残るため、妊娠や出産に影響はないと考えられていますが、早産などのリスクがわずかながらに上昇します。 子宮全摘出手術とは 円錐切除術では取り除けないほど大きくなった癌細胞を切除しなくてはならない場合に選択される方法の一つです。 癌の進行度(ステージ)が比較的軽度であれば子宮だけを摘出する単純子宮全摘出術が使用されます。 光線力学的治療とは 光感受性物質(癌細胞にだけ反応する物質)を子宮に注入し癌細胞をその物質によって包み込み、レーザーなどを照射して子宮内に注入した感受性物質ごと細胞を焼き切る事で癌細胞を死滅させます。 主な治療方法には切除以外に化学療法や放射線治療を行います。 放射線治療を用いた治療法とは 放射線治療は子宮頸癌以外にも使用される治療方法ですが、これには癌細胞を死滅させる効果が期待できるとされています。 放射線治療によって直接癌細胞を死滅させて治療を行う場合がほとんどですが、場合によっては再発を防止するために使用されることもある事で有名な治療方法です。 X線やガンマ線を患部に照射して癌細胞を死滅させることができるので、手術と併用して使用されることが多いとされています。 化学療法を用いた治療法とは 化学療法とは「 抗がん剤」と呼ばれるものを利用します。 ただし、抗がん剤は未だに副作用が多いために医師と相談して使用するかどうかを決定するのが基本です。 子宮頸癌の治療法には手術や放射線治療を行う事がほとんどですが、あまりにも進行が進んでしまうと癌細胞の進行を抑えるためにこれが使用されます。 まとめ 子宮頸癌が発症してしまう原因は、HPVと呼ばれるウイルス。 これは性交渉の時に感染すると言われておりますが、そのほとんどが自然治癒によるものになりますが、あまりにも感染が長引くと子宮頸癌に発展してしまいます。 自覚症状がほとんどないとされるこの病気ですが、性交時などによって出血、または「おりもの」がいつもと雰囲気が違う場合に疑うのがこの病気になっていますので、少しでも疑いがあれば躊躇なく癌検診を受けるようにしましょう。 早期発見が生存率を高める最も重要な事ですので、何事も軽視することなく定期的な検診を心がけていきましょう。

次の

子宮頸がん・子宮体癌の末期症状の特徴

子宮 癌 症状

は子宮がんの一種で、40代の比較的若年層に多いがんです。 子宮の出入り口である子宮頸部に生じるがんで、ヒトパピローマウイルスへの感染が原因であることがわかっています。 今回は子宮頸がんの原因、症状や治療方法などについて国立病院機構大阪南医療センター産婦人科医長の金村昌徳先生にお話を伺いました。 子宮頸がんとは とは子宮の出入り口である子宮頚部に生じるがんのことです。 子宮頸がんは近年原因となるウイルスが同定されたことでも知られています。 比較的発生年齢が若年であることも特徴の1つです。 子宮頸がんの原因 原因はヒトパピローマウイルス HPV の感染 はヒトパピローマウイルスの感染によって発生することがわかっています。 ヒトパピローマウイルスとは「乳頭腫 イボのような突起物 」を発生させるウイルスで、その種類は150種以上に及びます。 このウイルスは非常にありふれたウイルスであり、初回性交後4-5年で50-60%の女性が感染するともいわれています。 ヒトパピローマウイルスは感染した段階ではなんの症状も見受けられません。 そのうえこのウイルスに感染しても多くの場合は自然に体から排出されてしまいます。 しかし、ときにウイルスがDNAのなかに組み込まれてしまい、数年から十数年かけて増殖することでがんへと発展していきます。 ヒトパピローマウイルスに感染してもほとんどはがんに発展しない 前述の通りヒトパピローマウイルスに感染したからといってすべての方が子宮頸がんに罹患するわけではありません。 ヒトパピローマウイルスは種類が多く、その中でも子宮頸がんのハイリスクとなり得るウイルスはおよそ15種類に絞られます。 そのうえ、ハイリスクといわれるウイルスに感染していても、そこから子宮頸がんに発展する方は約0. 数多くあるヒトパピローマウイルスのなかでも特に子宮頸がん罹患のリスクが高いウイルスは下記の2つです。 HPV 16型• HPV 18型 子宮頸がんの患者さんのうち、半数以上はこのいずれかのヒトパピローマウイルスに罹患しているといわれています。 子宮頸がんに罹患しやすいのはどんな人? ヒトパピローマウイルスに感染する確率の高い方が罹患しやすい 前述のようにはヒトパピローマウイルスへの感染によって罹患します。 そのためこのウイルスに感染する確率の高い方ほど、子宮頸がんに罹患するリスクも高まります。 女性がヒトパピローマウイルスに感染する原因の多くは性交渉です。 そのため必然的に性交渉の回数が多い方、性交渉の相手が不特定多数である方、あるいは出産をたくさん経験している方は子宮頸がんに罹患する確率が高くなります。 子宮頸がんのピークは40代 子宮頸がんはヒトパピローマウイルスに感染した年齢が早ければ早いほど罹患する年齢も早くなります。 近年は初交年齢が若年化している背景もあり、20代での罹患も多く見受けられますが、現在のところ40代が罹患のピークとなっています。 子宮頸がん、受診のきっかけは? 子宮頸がんの場合、ご自身で自覚症状があって産婦人科を受診される方は少なく、ほとんどは子宮頸がん検診で所見が見受けられた際に受診されるケースが多いです。 しかし、子宮頸がんに限らずがん検診の受診率が芳しくない昨今は、別の疾患等で産婦人科を受診した患者さんに対して、補足的に子宮頸がんの検診を行うクリニックも多く、それによって発覚することもしばしばあります。 子宮頸がんの症状 は子宮の頸部でがん細胞が静かに増殖していくため、初期症状といえる症状がほとんどありません。 しかし、がんが進行してくると子宮頸部に少し刺激が与えられただけで、出血を生じるようになってきます。 これは子宮頸部の組織の多くががん細胞に置き換わり、その部分の組織が脆くなることによって、刺激が生じた際に傷がつきやすくなってしまうからです。 そのため進行した子宮頸がんでは不正出血や性交時の出血などがみられることがあります。 子宮頸がんの治療 の治療には下記のようなものが挙げられます。 手術治療• 放射線治療• 抗がん剤治療 子宮頸がんの治療方法は、がんがどこまで広がっているかによって決定されます。 がんがどこまで広がっているかを示す段階を「ステージ」あるいは「病期」と呼びます。 子宮頸がんの治療計画 治療前にステージを決定する の場合、治療を開始する前に検査などからわかる情報を元にがんのステージを決定します。 子宮頸がんのステージは下記のように区分されています。 ステージを決定し、最初の争点となるのが「手術ができるか、できないか」です。 がん治療における手術の目的は「がんを取りきること」です。 そのため次の選択肢として放射線治療が検討されます。 さらに別の臓器への転移などが見受けられた場合には全身治療として抗がん剤の治療も行われます。 子宮頸がん、ステージ別に見た治療後の成績 は比較的治療成績のよいがんであるといえます。 これは、子宮頸がんが手術治療はもちろん放射線治療にも強い効果を示してくるからです。 大阪南医療センター• 内科 アレルギー科 血液内科 リウマチ科 外科 心療内科 精神科 神経内科 脳神経外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科• 大阪府河内長野市木戸東町2-1• 南海高野線「千代田駅」 コミュニティバス モックル 北行を利用可 徒歩10分 近鉄長野線「河内長野駅」 南海バス 15系統、特15系統 木戸東行 大阪南医療センター玄関口下車 汐ノ宮駅からは徒歩15分だが、坂が多いため河内長野駅からのバス利用を推奨 バス15分• 0721-53-5761.

次の