総社 市 コロナ。 オンライン給付申請「使い物にならない」総社市長が苦言 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

新型コロナ 長期的観点で予防策 総社市、専門家会合で確認:山陽新聞デジタル|さんデジ

総社 市 コロナ

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、総社市は20日、医療、感染症分野の専門家との会合を市役所で開いた。 現段階での対応を協議するとともに、感染者増加に備え長期的な予防策を講じることを確認した。 長崎大熱帯医学研究所の山本太郎教授(医学、国際保健学博士)、松山正春県医師会長、平川秀三吉備医師会長ら専門家11人と片岡聡一市長が出席。 会合は非公開で行われた。 片岡市長と山本教授らによると、19日の政府の専門家会議の提言を踏まえ、重症患者の治療への注力と医療崩壊を防ぐ体制整備の2点に取り組む。 市内で患者が発生した場合、病院や診療所での感染拡大を防ぐ観点から、医師会と市が協力して専用外来を設け、関係機関が連携を密にして対応。 「総社モデル」として発信することを申し合わせた。 また、臨時休校が続く小中学校については、「一定の注意を払えば再開は可能」との認識で一致。 これを踏まえ、市教委は再開時期の検討に入る。 山本教授は「換気や手洗い、せきエチケットなど、小さなことの積み重ねが感染予防につながる」と強調した。

次の

〈新型コロナ〉「これは学校を開くべきではない」 岡山・総社市の小中学校 1学期の始業式後に臨時休校へ

総社 市 コロナ

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、総社市は20日、医療、感染症分野の専門家との会合を市役所で開いた。 現段階での対応を協議するとともに、感染者増加に備え長期的な予防策を講じることを確認した。 長崎大熱帯医学研究所の山本太郎教授(医学、国際保健学博士)、松山正春県医師会長、平川秀三吉備医師会長ら専門家11人と片岡聡一市長が出席。 会合は非公開で行われた。 片岡市長と山本教授らによると、19日の政府の専門家会議の提言を踏まえ、重症患者の治療への注力と医療崩壊を防ぐ体制整備の2点に取り組む。 市内で患者が発生した場合、病院や診療所での感染拡大を防ぐ観点から、医師会と市が協力して専用外来を設け、関係機関が連携を密にして対応。 「総社モデル」として発信することを申し合わせた。 また、臨時休校が続く小中学校については、「一定の注意を払えば再開は可能」との認識で一致。 これを踏まえ、市教委は再開時期の検討に入る。 山本教授は「換気や手洗い、せきエチケットなど、小さなことの積み重ねが感染予防につながる」と強調した。

次の

新型コロナに対応 条例案を可決 総社、マスク配布や施設利用制限:山陽新聞デジタル|さんデジ

総社 市 コロナ

新型コロナウイルスの影響で疲弊する飲食店を支えようと、総社市が2日、「持ち帰り」メニューをお得に買える食事券を販売しました。 密閉・密集・密接の「3密」を防ぐため、総社市役所では2日、ドライブスルー方式で食事券が販売されました。 多くの市民が車で訪れ、買い求めていました。 「お持ち帰りDEお得券」は、総社市で持ち帰りメニューを販売する飲食店で、8月31日まで使える3000円分の食事券です。 総社市民に1000円引きの2000円で販売します。 (総社市民) 「大変素敵だと思います。 聞いてすぐ(買いに)行こうって」 「男所帯じゃうまいこと行きません。 助かります」 新型コロナウイルスの影響で客が減っている総社市の飲食店支援が目的で、約120店舗で使うことができます。 (総社市・片岡聡一市長) 「飲食店の方々の悲痛な声がどんどん届いている。 総社市の力で飲食店を救いたい」 2万セットの食事券を用意しましたが、2日と3日の2日間で売り切れました。 総社市では追加の発行を検討しています。

次の