誰かの心臓になりたい。 「脳死」は誰にでも起こり得るのか?

医者になりたい人や医者に伝えたい!誰も教えてくれない本当の事!

誰かの心臓になりたい

こんにちは!Dr ニーアです。 今回は医者になりたい人、そして現役の医者に伝えたい本当のことをお話します。 このお話は、私が情報発信をしている理由の一つです 医者を目指している人は医者になった後の自分にどんな理想像を描いていますか? ・ 誰かのためになりたい ・ 人の命に関わる仕事に就きたい ・ 医者という職業に憧れがある という理想的な側面もあれば ・ 安定している ・ 高収入を得たい 医者の年収についてはこちらをご覧ください ・ 人から尊敬されたい ・ 社会的地位を得たい などの現実的な側面もあるかと思います。 しかし、まず知っておくことは 現実的な側面、つまり、 『お金や地位のみを求めて医者という仕事を続ける』 のは難しいということです。 医者という仕事は勤務時間が長く、非常にストレスの多い仕事になります。 1日の大半が医者として働く時間であることが殆どです。 また、医者の卵となるまで最短で24歳です。 一人前になるには30代、40代とも言われるうえ、一生勉強を継続していく事が必要です。 もし、医者の仕事を好きになれなければ一日の大半、そして人生の大半の時間を興味がないことに費やさなければなりません。 医学部を選んでしまったばかりに。。。 医者になれる能力がある場合、自分が好きな分野に集中して取り組む能力も高いはずです。 なので、他に本当に自分がやりたい仕事や目標があればそれを達成できる可能性が十分にあるにも関わらず、です。 また、体力的な側面や金銭的側面の他に精神的な側面でもかなりの負担があります。 精神的負担 医学生や医者になられた方はご存知かと思いますが、学生時代、そして医者になった後も周りの医学生や医者にうつ病などの方は何人かおられるのではないでしょうか? 私が医学部生であった頃、1学年に1人以上のうつ病の人がおられました。 ・ 医学の勉強が辛くなり、うつ傾向となり、医学部を辞めてしまった人 ・ 留年をきっかけに学校に来られなくなってしまった人 ・ 夏は良いが、冬の授業には出られない人 冬の方が厳しい試験や授業が多かったです ・ 厳しい受験戦争を通過した後、目標が無くなった人 本当に医者になりたいかわからなくなってしまった などなど、個々の問題を抱えて悩んでおられました。 また、世間もそうであると考えてしまいます。 6年間の学生生活の中、本当にこの人生で良いのか、と悩む時期が来ます。 私もそうでした! 皆、当然悩みます。 私が現在、医者を続けていられるのも色々な支援のお陰であると思っています。 また、医者になった後でも非常に大変な仕事の中で自分の目標や情熱を失ってしまう人もいます。 私の友人は医者としての人生を歩き始めた後、心の問題で 5人以上が医者を継続できなくなりました。 精神的理由で医者を続けられなくなるのはいくつか理由があります。 ・ 家庭問題 ・ 人間関係 は医者以外でもありますが、最近問題となっているものが ・ 過剰労働 ・ 訴訟問題 ・ 母親になった女性医師の働き方 ・ 母親になった女性医師が職場に増えすぎた結果、多くの仕事が集中してしまった男性医師 などがあります。 世間では ・ こうすれば簡単に医者になれる、その方法! ・ 医者になるための幼児教育の重要性! ・ 医学部に合格しやすい 塾! などの情報発信をしていますが、これらの目標は 『医学部に合格する事!』 であるため、それ以降の人生に誰も責任を持ってくれません。 医学部に合格出来て良かったね! 希望通りの人生で良かったね! と言われます。 しかし、その後の色々な悩みには付き合ってもらえません。 自分の問題は自分自身で解決しなければならず、そこでうまくマネージメントできないと心もしくは身体を病んでしまいます。 私は医学部に入るための情報発信を行っておりますが、同じくらい、医学部生や医者の負担を軽くするための情報発信も行っていくつもりです。 現在の目標 私は精神科ではありませんが、 ・医者としての心構えをして医学部を目指して頂けること ・医者としての仕事を止めてしまう人を増やさないこと を目標としています。 それが、 ・医者になりたい人への医者の現状及び医者になる方法について出来るだけ現場の実状を情報発信すること ・医学部生への学生生活が勉強とその他のバランスが取れて負担が軽くなるような情報を発信すること ・医者として働く中で働き方にも色々な方法があるという情報を発信すること を行っている理由です。 結果的に、医者としての人生を選ばれる方が心も体も健康的に長く医者を続けられる結果になればと考えています。 このブログが色々な立場の方にとってお役に立てれば幸いです。

次の

「誰かに必要とされたい」欲求の正体は? 必要とされたい心理|「マイナビウーマン」

誰かの心臓になりたい

「こんな世界」と嘆くだれかの 生きる理由になれるでしょうか これは僕が いま君に贈る 最初で最期の愛の言葉だ 街も人も歪み出した 化け物だと気付いたんだ 欲動に巣食った愚かさも 全てがこの目に映る シアトリカルに手の上で誰も彼も踊らされる 生まれた意味だって知らぬまま 形骸化した夢は錆びついてしまった 「愛をください」 きっとだれもがそう願った 「愛をください」 そっと震えた手を取って 「愛をください」 心を抉る 醜いくらいに美しい愛を 「こんな世界」と嘆くだれかの 生きる理由になれるでしょうか いつか終わると気付いた日から 死へと秒を読む心臓だ ねえ このまま雨に溺れて 藍に融けたって構わないから どうか、どうか、またあの日のように 傘を差し出し笑ってみせてよ もしも夢が覚めなければ姿を変えずにいられた? 解けた指から消える温度 血を廻らせるのはだれの思い出? 雨に濡れた廃線 煤けた病棟 並んだ送電塔 夕暮れのバス停 止まったままの観覧車 机に咲く花 君の声も 何もかも最初から無かったみたい 死にたい僕は今日も息をして 生きたい君は明日を見失って なのに どうして悲しいのだろう いずれ死するのが人間だ 永遠なんてないけど 思い通りの日々じゃないけど 脆く弱い糸に繋がれた 次の夜明けがまた訪れる どんな世界も君がいるなら 生きていたいって思えたんだよ 僕の地獄で君はいつでも絶えず鼓動する心臓だ いつしか君がくれたように 僕も だれかの心臓になれたなら ひいらぎの解釈 僕は世界を「こんな世界」と嘆く誰かの 生きる理由になれるのでしょうか? これは僕が いま君に贈る 最初で最期の愛の言葉です この曲には2人の登場人物が出てきます。 僕と君 この世界、理不尽なことばかりです。 誰もが「こんなどうしようもない世界」と思っていることでしょう。 僕は、そんなふうに「こんな世界」と嘆いている誰かの生きる理由になりたいと歌います。 この曲は「こんな世界」と嘆いている君に向けて初めて愛を込めて歌う、最期の歌なのです。 街も人も歪み出した 化け物だと気付いたんだ 欲動に巣食った愚かさも 全てがこの目に映る シアトリカルに手の上で誰も彼も踊らされる 生まれた意味だって知らぬまま 形骸化した夢は錆びついてしまった ひいらぎの解釈 街も人も歪み出して この世界は化け物だと気づいてしまったんだ 欲望のままに動いて巣食った愚かさだって 全て目に写ってしまう 演技の様に手のひらのうえで誰もが踊らされてしまっていて 生まれてきた意味だって知らないままで 形骸化した夢は錆びついてしまったんだ 君はどうして「こんな世界」だと思ってしまったのでしょうか? 僕は、君が、この世界は欲望渦巻く化け物だと気づいてしまったと言います。 たしかにこの現実世界は汚いことも多くて、化け物のような世界なのでしょう。 欲望のままに動いて、愚かさがはびこっている世界。 そんな世界の姿が嫌でも目に写ってしまう。 シアトリカル=演劇の様に手のひらの上で転がされている人々ばかり。 そんな世界じゃ、自分が生まれてきた意味だって知る由もありません。 だって、自分は欲望のままに転がされて、周りも見えていないのですから。 いつの間にか夢は形骸化してしまい、錆びついてキラキラしていたころなんて見る影もなくなってしまったのです。 だから、僕は、君が「こんな世界」だと世界を諦めてしまったのだと歌うのです。 「愛をください」 きっとだれもがそう願った 「愛をください」 そっと震えた手を取って 「愛をください」 心を抉る 醜いくらいに美しい愛を ひいらぎの解釈 このまま雨に溺れてしまって 藍色に溶けてしまったって構わないから どうかあの日の優しい君でいて 傘を差し出して笑って欲しいんだ 僕は誰かの心臓になりたいと願っています。 それはどうしてか。 「こんな世界」と嘆いている君も、昔は「こんな世界」に絶望することなく優しい君であったことがあったのです。 でも「こんな世界」で希望を無くし、優しさを失ってしまった。 僕は希望を失ってしまった君の心臓=生きる理由になって、また笑いかけて欲しいと願うのです。 雨=苦難に濡れてしまって、それに負けそうになってしまっても構わないから。 あの日のような優しい君でいて、苦難にも負けず立ち向かって笑って欲しい。 僕はそんな願いから誰かの心臓=生きる理由になりたいのです。 ひいらぎの解釈 もしも「こんな世界」に気づかずに、夢が覚めなければそのままの君だったんだろうか 手を離してしまって先から温度は消えていって 血を巡らせているのは誰の思い出なんだろう いつか笑いかけてくれた君は夢から覚めてしまって「こんな世界」に絶望してしまいます。 取ってくれた手を離したその先から君の温度は消えていってしまって、 今思い出せるこの思い出が誰のかわからなくなりそう。 君との大切な思い出すら、「こんな世界」に絶望してしまい、変わってしまった君の前では思い出せないものとなっているのです。 雨に濡れた廃線 煤けた病棟 並んだ送電塔 夕暮れのバス停 止まったままの観覧車 机に咲く花 君の声も 何もかも最初から無かったみたい ひいらぎの解釈 死にたいと願っている君を見てどうして悲しいのだろう いずれ死んじゃうのが人間なのに 永遠なんてないけれど 思い通りの日々じゃないけれど 簡単にちぎれそうな糸で繋がっている 次の夜明けがまたやってくる 僕は生きたいと思っている君が明日を見失ってしまっているのをみて憤っていました。 しかし、ここで僕は疑問に思います。 人間はいずれ死んじゃうんだから、そんなことに憤るのはおかしいと。 そう思いながらも君に生きて欲しいと願っているのです。 永遠なんてないかもしれない、思い通りに行かない日々ばかりかもしれない それでもなんとか繋がって、明日はやってくるのです。 どんな世界も君がいるなら 生きていたいって思えたんだよ 僕の地獄で君はいつでも絶えず鼓動する心臓だ.

次の

誰かの一番になりたい

誰かの心臓になりたい

高校三年生です。 最近夜急になぜか怖くなって涙が止まらなくなり眠れない日々が続いています。 心臓がじょわーっとなってチカチカして痛いのですが、どうにかなるものなのでしょうか? 精神的に苦しいこともわかるし、誰かに相談したら自分は気が楽になる人だということもわかっています。 ただ、家族には自分が苦しんでいると気遣われたくなくて、恋人は話を聞きたくなさそうで忙しそうなのでこわくて相談できないです。 友達も、相談したことが過去にあるのですが、裏切られた経験もあり、自分のイメージも壊れてしまうのがこわいです。 将来のことを考えると、こういった悩みに一人で対処できるようになりたいです。 対処法など、教えていただければ幸いです。 ユーザーID: 6885926450 今日も眠れませんでしたか?つらいですね。 心配をかけたくないとか、一人で解決したいというお気持ちがあるんですね。 真面目な方なんですね。 ただ、私がトピ主さんの倍ぐらい生きてみて、心の不具合がでたときは、最終的な対処は一人でするしかないのですが、「寄り添う存在」があるかなしかでだいぶん違うんだな、ということを考えています。 「私のすべてを分かってもらえるとかこの人に全て救ってもらえるとまでは考えていない(そんな御伽噺みたいなことはもう信じていない、そんな誰かの重荷になりたくない)、 でもこの人なら、自分の辛い気持ちを言葉にしたら、きっとそのまま言葉をまっすぐ受け取ってくれる、と期待できる」 という人がいることが。 これは、私が実体験でも思うし、心のことを知りたいと思って読んだ本にもそれに沿ったことがあったので、確からしい気がします。 まさに自分も、夜に眠れなくて泣いてしまう日が続いていた時に、 「詳しくはいえないんですが、辛いんです、困ったなあ」 とメールした相手が、 「辛いですね。 かわいそうに」 とかえしてくださった、それだけで魔法が解けたみたいに眠れるようになったりね。 本は、河合隼雄さんの本です(心理学者の方です)。 河合さんの語り口は、それ自体寄り添ってくれる感じで、人生の座標を示してくれる文章があって、全然押し付けがましくないので、機会あったら是非お手に取ってみてください。 対談集などで読みやすい本も沢山ありますよ。 少しでもトピ主さんが楽になるヒントがありますように。 そしてトピ主さんの心に寄り添う人がいますように(家族でも、友達でも、恋人でも、そのどれでもなくても、たった一人でいいからいますように。 ユーザーID: 5750545846• こんにちは。 症状がよくわからないのですが、コロナのこともあって 精神的につらくなっているという印象があります。 早めに心療内科に通ってはどうでしょうか。 家族やまわりに知られたくないというか言いたくない気持ちも わかるのですが、 もし病気だったら放っておくのはよくないと思うんです。 「大丈夫だと思うんだけど、あまり眠れないから」と説明して 保険証を借りて通院をお勧めします。 あと、これでよくなったら、うちのなかでよいので 少し体を動かすことですね。 メンタルが弱いひとは体を 動かしていないし、スマホ、パソコンばかりやっているので 頭を使いっぱなしなんです。 それはやめたほうがいい。 心身のバランスをとってくださいね。 ユーザーID: 3294758268• 「将来に対しての漠然とした不安」かな? 高校3年生なんですね。 これから大学受験があるのか、専門に進むのか、 就職なさるのかは分かりませんが、 どんどん大人になり、その後どうやって生活していくのか、 環境が変わっていくこと。 未来に対しての漠然とした不安のようなもの。 身も蓋も無いことを言えば、「誰でも通る道」なのです。 私にもありました。 高校を卒業したら、 やっていけるんだろうか?とか 責任が重くのしかかってくるんだろうなとか。 どうしよう。 大丈夫かな? ってその時期、思いました。 子どもから大人になる。 そういう時期なんだよね。 だからどちらかといえば、「正常」なんだと思います。 >家族には自分が苦しんでいると気遣われたくなくて いやいや、おかあさんに話してご覧。 こういうときこそ、「お母さん」だよ。 恋人は他人だからね… 家族に話してみるのが一番いいよ。 誰もが、新しい環境に行かねばならぬとしたら、 どんな人でも不安になるものです。 その不安は、あるべきものなんですよ。 そうやって心づもりして、みな大人になって、 社会に飛び出す準備してるの。 おめでとう! って私は言いたいです。 ユーザーID: 3345505515.

次の