自己紹介 面接 例文。 面接前の不安を解消!40代転職者向け自己紹介&自己PR文例集

面接で自己紹介をする時の必須項目3つ|適切な長さや例文・NG例文

自己紹介 面接 例文

面接の自己紹介の役割とは? 履歴書などの書類があるのに、何故面接を行うのか。 それは、履歴書だけでは分からない部分の質疑応答をするためです。 ほかにも、仕事に対する意欲やスキル・経験の確認、求職者の人柄を見たりしています。 面接という短い時間で自分の紹介をしなくてはならないので、いかに要点をまとめ、面接官に自分のことを知ってもらえるように話す必要があります。 面接とは、書類だけでは伝えきれない部分をアピールするための場です。 自分のことを伝えるのに必要となる内容を簡潔にまとめて話せるようにしておくことが重要です。 自己紹介は第一印象を左右する大事な場面 第一印象のイメージが「暗い人」だと、その人があとでどんなに明るく振る舞ったとしても「無理して明るくしているのかな」と思ってしまいませんか。 一方、第一印象で「明るい人」と思った人がふさぎこむと、「体調が悪い?」「考え込んでいる?」と感じ、その人がもともとふさぎこみやすい性格だとまでは思わないですよね。 このように、第一印象は他人と関係性を築くうえで大事な要素となるものです。 自己紹介は、面接が始まって真っ先に行うものですから、第一印象を左右する大事な場面といえます。 とはいえ、まだ緊張しているなかでの自己紹介なので、あらかじめいいたいことを準備しておかないと、頭が真っ白になってしまいがちです。 印象をよくするポイントを知って、自己紹介のときに何をいうか、どう振る舞うかをイメージしておきましょう。 メラビアンの法則を味方につける! これまで転校やクラス替え、新しく友人を紹介される機会に「メラビアンの法則」を意識したことはありますか? おそらくほとんどの方が意識せずにこれまで過ごしてきているのではないかと思います。 「初めて会ったとき、冬なのに信じられないほど日焼けしていたよね!」「初対面のとき、歯が白いな~って思った」など、結果的に親しい関係になったとしてもならなかったとしても、人に出会ったときの第一印象は長く記憶に残っているものです。 そこで、面接での印象を大幅に良くする自己紹介の方法をご紹介する前に、知っておくとこれからどのような初対面の機会にも使える「メラビアンの法則」をご紹介し、心理学的アプローチを用いた印象アップの方法を解説します。 「メラビアンの法則」とは、1971年にアメリカの心理学者アルバート・メラビアンが研究と実験に基づいて話し手が聞き手に与える印象の影響を数値化したものです。 この法則からわかることは、初対面での印象は半分以上視覚情報によって構成され、次に聴覚情報、言語情報に至っては1割にも満たないということです。 それほどまでに、第一印象には視覚的に与える情報が大切だということがわかります。 つまり、自己紹介は一般的に面接の冒頭で行われますが、メラビアンの法則を当てはめると、その自己紹介が始まる以前に大まかな第一印象は決まってしまっているということです。 だからこそ、自己紹介の内容を精査するのと同じくらい、もしくはそれ以上に、第一印象を良くすることに注力する必要があります。 身だしなみなど気をつけておきたいポイントについてはこちらの「」記事にも詳しく書いてありますので一度目を通してみてください。 「人は見た目じゃない」という考え方も決して間違いではありませんが、面接に清潔感が漂い健康的な笑顔が印象的な人物と、疲れた様子でおどおどした表情が印象に残る人物が残った場合、どちらが採用されやすいかは火を見るよりも明らかです。 「メラビアンの法則」を味方につけた上で、入念に準備した自己紹介をして、確実に採用を勝ち取れるようにしましょう。 自己紹介で印象をよくするポイント メラビアンの法則を紹介しましたが、それだけでは面接に通ることはありません。 第一印象に気を付けるだけではなく、面接ではその後の話し方や態度も影響していきます。 ここからは、面接官と対面し、自己紹介をする時に好印象を与えやすくなる6つのポイントを紹介していきます。 また、自己紹介だけでなく、面接全体を通してのポイントもこちらの「」でくわしく解説をしているので、あわせてご覧ください。 最初の「はい」を笑顔で快活に 「まずは、自己紹介をしてください」といわれたら、急に話し始めるのではなく、なにはともあれ「はい」と返事をするのがマナーです。 この最初の「はい」を、すがすがしい笑顔で快活に発します。 それだけで、「しっかり受け答えのできる人」「元気の良い人」という第一印象を与えることができます。 できれば自己紹介の間はずっと笑顔で快活にしておきたいものですが、緊張してしまうと、そうはいかないという人もいるでしょう。 でも、「はい」の一言だけなら、ありったけの元気を込められるのではないでしょうか。 とくに緊張しやすいタイプの人は、この「はい」だけでも練習しましょう。 背筋を伸ばし、手を前に 声だけが明るくても、姿勢が悪かったり、手をぶらぶらさせていたりしたら、だらしのない印象になってしまいます。 イスに深く腰掛け、ピンと背筋を伸ばして、手は前に揃えましょう。 手の揃え方は、男女で違います。 男性の場合は、手を軽く握りこぶしにして両ひざにのせるのがマナーです。 女性は左手を前に手を組み、身体の前に置きましょう。 正しい姿勢にすれば、お腹からしっかりした声を出せるようになりますよ。 名前をいわずに自己PRを始めるのはマナー違反です。 中には、面接官から名前と出身学校を教えてください、と言われることもありますので、その場合はしっかりと求められたことをに答えてください。 もし、忘れてしまった場合は、一言謝罪を入れて改めて名前などを言うようにしましょう。 一番伝えたい長所や特技を一言で 履歴書に書いた長所や特技の中で、業務に関したことや伝えたいことを簡潔にまとめて話すようにしてください。 長々と説明するのはNGです。 短時間で自分のことをどれだけ分かりやすく伝えられるかがポイントとなるので、事前に話すことを洗い出しておきましょう。 また、履歴書に書いた長所や特技と相違がないよう、履歴書作成の際に書いたことを覚えておけるようにどこかにメモを残しておくのも良いですよ。 志望動機を簡潔に 履歴書に書いた志望動機を簡潔にまとめて自己紹介の締めとします。 面接官によっては、志望動機を自己紹介の前にしたりする場合もあるので、臨機応変に対応しましょう。 ですが、志望動機は必ずあるもので、その動機があるからこそ企業を選ぶのです。 面接官は何故かと動機を問います。 答え方として理想的な形は、以下のものです。 結論……決め手となる理由• 理由……何故その結論になったのか• その企業である必要性……数ある企業の中から選んだ理由 最初に結論を話すことで、そのあと話すことへの理解が深まります。 そして、結論に基づき理由を話していきます。 この理由も、既に結論が出ているので、話す内容がまとまりやすくなるのです。 最後に重要となるのが、その企業である必要性です。 この必要性がないと、他の会社でもいいのではないか?と思われ、採用される可能性が低下してしまいます。 志望動機の終わりに話す必要性は、それまでの理由に関連がない理由とならないよう、しっかりと一貫性を持たせるように前もって何を言うか整理しておいてください。 志望動機をいったあとは、「よろしくおねがいします」と一礼しましょう。 出身地をさりげなく交えれば話のタネになる 基本の個人情報に出身地を付け加えると、面接の話のタネになることがあります。 とくに出身地が遠い人は、「果物王国である岡山県出身です」「越前ガニが有名な福井県から来ました」など、イメージしてもらいやすいよう地域の名産などを加え、出身地を一言で述べましょう。 出身地は評価とは関係のない話ですが、だからこそ、話題にすれば面接の場がふっと和むことがあります。 自分自身の気持ちもほぐれ、一石二鳥です。 1~2分にまとめる ここまでを、1~2分にすっきりとまとめて話します。 原稿を用意して、実際に読み上げてみると時間の感覚がつかめるでしょう。 中には時間指定をされる面接官も居ます。 なるべくその時間内で収まるように必ず伝えることや省くことを簡単に決めておくと、調節しやすくなりますよ。 印象アップになり、すぐに使える例文を紹介 せっかく面接を受けるのなら、少しでも印象アップにつながるフレーズを知っておきたいですよね。 ここに紹介する例文を実際に鏡の前で口に出してみて、自分なりに自然な言い回しができるようにしておくと面接で好印象を与えることができます。 私の社会人人生の第一歩をぜひとも御社でスタートしたいと考えております。 どうぞよろしくお願い致します。 大学で何を学んでいたか、それをどのように学生なりに生かしていきたいと考えているか、そのために学生としてどのような努力をしてきたかが伝わります。 また企業理念は会社にとってもっとも大切なモットーといえる部分ですのでその理念に共感していることを伝えるのもポイントとなるでしょう。 面接官に嫌がられてしまう自己紹介とは? 面接官に悪い印象を持たれてしまう自己紹介には、3つのタイプがあります。 以下のような自己紹介になってしまわないよう気をつけましょう。 話が長い 自己紹介を自己PRと勘違いしてしまう人は多いものです。 自己PR部分を一生懸命話してしまい、気がついたら5分経ってしまっていた、なんて失敗経験のある人はいませんか。 自己紹介は簡潔に行いましょう。 また、ダラダラと話をしたり、しどろもどろになってしまったりした結果として話が長くなると、「話をまとめる力がない」と思われてしまいます。 ネガティブ発言が多い 自分の短所について面白おかしく話そうとする人がいますが、面接の場ではいただけません。 後ろ向きな人間と判断されてしまいます。 ネガティブ発言は避けて、長所や特技を話しましょう。 思わずネガティブな一面を話してしまった場合でも、それをどのように克服していこうとするか、どういった対処をしているかなどを話し、長所として話を展開するのは有効的です。 自分が苦手とすることに対面した際の対応能力や、努力しようとする姿勢が見えるのでプラスに捉えられることがあります。 意味のない笑い 笑顔でいるのは大事なことですが、実際に笑ってしまうのはNGです。 面接官が意図的に面白いことをいったら素直に笑うべきですが、それ以外では控えましょう。 大学などの飲み会や友人といるときとは違い、社会人として面接などの場では節度を守ることが大切です。 大声で笑ったり、思わず言葉遣いが雑になると社会人としての信用度が下がってしまいます。 時と場合を考え、相手に失礼のないよう接することを心がけてください。 面接官が失笑する面接例文 良い例文は目にすることがあっても、ダメな例を目にしたり耳にすることはなかなかありません。 しかし、事前にきちんと把握しておくことが自信につながりますのでチェックしておきましょう。 良い例文については、前にも話した「」をごらんください。 NGな自己紹介 こんにちは。 休みの日はだいたい友達と遊ぶか、寝てます。 (笑) よろしくお願いします! 就職面接における自己紹介とは、サークルの歓迎会や仲間内で親しくなるための自己紹介とはまるで違います。 社会人にまだなっていないとはいえ、学生らしさのある敬語を使うようにしましょう。 「こんにちは」というフレーズは間違えではありませんがややフランクすぎる印象を与えます。 機会に感謝する言葉をつけましょう。 また、自分について話をする際に、大学での専門やこれまで努力してきたことに一切触れずに遊びについてばかり話すのは大きなマイナスポイントです。 先に説明したとおり、変な笑いを交えるのも失笑をかいます。 NGな志望動機 志望動機ですか……。 お父さんに就職のことを話したら安定しているしお給料もいいと聞きました。 テレビでCMも観たことがありましたし、説明会の雰囲気もよくて志望しました。 自己紹介と志望動機は面接における要です。 そこで自信なさそうに志望動機を話し始めたり、誰かにいい会社だと言われたから受けたというようなエピソードは言語道断です。 また、「お父さん」ではなく「父」です。 企業に関する研究を深くしていないこともすぐに伝わってしまいますし、たいした志望理由もないまま面接に来た学生のように映ります。 自己紹介は準備次第で印象アップにつながる 自己紹介が素晴らしければ、第一印象アップにつながります。 第一印象がアップするということは、評価もアップするということです。 きちんと準備して、面接を有利に進めましょう。 面接を「人との出会い」と捉えよう この記事の中で、自己紹介において大切な要素をたくさんお伝えしてきました。 これらを実践すれば、まず面接官の方から悪い印象を持たれることはないでしょう。 むしろ、とても良い印象を持ってもらうことができるのではないかと思います。 面接における自己紹介は、入社してからの立ち位置にも大きな影響を与えてくるので重要です。 だからといって、テクニックだけで面接を乗り越えようとしてしまっては元も子もないことになる場合があります。 面接をする目的は、「あなたがどのような人物であるかを知るため」です。 テクニックだけで明るく前向きな人間性をアピールしても、それがどこか薄っぺらかったり、その場しのぎのものである様子が伺えてはかえってマイナスになります。 だからこそ、「面接は、人と人の出会いである」と考えるようにしましょう。 面接官も人間です。 ただ表面をつくろうのではなく、自分の人生の中で出会う人物の一人と考えて自己紹介しましょう。 どういう人と出会ったら気持ちよく感じるか 面接で自己紹介する面接官を「人生の中で出会った人物のひとり」として捉えてば、当然自分のことについて良い印象を持ってほしいと思いますよね。 自分を偽るのではなく、いかに気持ち良いその場で会話をできるかであなたに対する印象は大きく変わります。 もし自分が面接官だった場合、どのような人物と面接をしたら「良い人と出会うことができたな」と感じますか? それをイメージして、面接の場では自己紹介をしましょう。 そのように捉えれば、やたらと自分の自慢をしてしまったり、自信なさげに会話をしてしまうことは避けられますよね。 緊張してしまうことによってスムーズに話ができなかったとしても、「良い出会いになった」と感じてもらうことができれば、きっと入社のチャンスも掴むことができます。 まとめ 自己紹介文を考えたら、家の人や気の置けない友人の前で練習をするのが効果的です。 「猫背」「声がくぐもっている」など、自分では見えていないことに気づいてもらえます。 周りの人からアドバイスを得ることができれば、自信にもつながりますよ。 自信は落ち着きにつながるので、緊張するタイプの人にはとくにおすすめです。

次の

【例文つき】自己紹介と自己PRは違う!面接官の心を掴む「自己紹介」の方法

自己紹介 面接 例文

自己紹介は第一印象に大きな影響を与える こんにちは。 キャリアアドバイザーの北原です。 就活生から 「自己紹介って何を言えばいいんですか?」 「自己紹介ではどんな内容が好まれますか?」 という声を多く聞きます。 自己紹介は面接が始まって最初に話す内容となり、第一印象に大きな影響を与えます。 第一印象がよければ、その後の面接もスムーズに進みやすいです。 ハロー効果という心理作用があるのですが、これは、相手の目立った特徴や印象によって、他の関係のない特徴も判断してしまうというものです。 ポジティブにハロー効果を作用させるためにも、自己紹介は重要になってきます。 自己紹介で与えた情報がその後にも影響を及ぼすことを理解して、内容を考えることが大切です。 では、どのように自己紹介をすればいいのでしょうか。 この記事では、自己紹介に盛り込むべき項目と上手な伝え方についてご紹介していきます。 自己紹介に盛り込むべき項目3つ キャリア アドバイザー 必須の内容をチェックして文章を考えておけば、当日の不安が軽くなりますよ。 面接の自己紹介に盛り込みたい内容は複数ありますが、特に重要な項目は大きく3つに分けられます。 これから紹介する項目が満たされていないと、面接官側が求める自己紹介としては不十分になる可能性が高いです。 基本情報とは、大学・学部・学科名、氏名です。 専攻コースや専門で勉強していることがあるなら、それらを伝えてもいいでしょう。 これらの基本情報は自己紹介の前提となる部分です。 他にどのような項目が盛り込まれていようと、この基本情報がないだけで自己紹介としては不足します。 確認を取るため、あるいは資料の間違いを防ぐために、基本情報の確認は必ずおこなわれます。 ごく稀にですが、大学名を伏せて自己紹介するよう求める企業もあります。 この例外を除いては、大学・学部・学科名、氏名は必ず述べるようにしましょう。 学生時代の活動や経験• 学業・ゼミでの研究内容• アルバイト• ボランティア活動• 部活動・サークル活動• 趣味や特技 面接で自己PRや学生時代頑張ったことについて話すことがあると思うので、その時に話す内容を自己紹介で触れておくのもいいですね。 長々と話すと自己紹介の趣旨からズレるので、簡潔に話すことが大切です。 面接の意気込みは、その時の正直な気持ちを伝えるだけで構いません。 「緊張していますが精一杯頑張ります」「力を出し切れるよう精一杯取り組みます」といった、分かりやすいストレートな表現でも大丈夫です。 意気込みがなく「〇〇をしていました。 よろしくお願いします」で終わるのと、「〇〇をしていました。 本日は緊張していますが精一杯頑張ります。 よろしくお願いします」とでは、印象に違いがあると思います。 自分の素直な気持ちを話すことで、緊張もほぐれやすいです。 面接官の印象に残るような自分なりの自己紹介を考えてみましょう!サクサク考え付く方はそこから情報を削っていき、考え付かない人は簡潔に必要最低限の内容を考えてからそこから肉付けさせていきましょう。 また、自己紹介は伝えなければいけない内容(学校、学部学科、名前など)を除けば「フリー」の内容が多いです。 面白い経験や変わったアルバイトをしている人はそういった点をアピールしていくのもいいですね! 面接官の印象に残って、そこからお話が広がることもあります。 アイスブレイクのように、自身と面接官の方との間の距離感を縮めることも出来るのでいいかもしれませんね!ただ、もし変わった経験などをお話する際は、深堀される可能性が高いのでしっかりと詳しい内容が話せるように準備しておきましょう。 自己紹介で印象付けることが出来ればその後の面接が進めやすくなると思うので、入口からつまずかないようにしっかりと準備をしましょう! 自己紹介をする際のポイント 面接官から「自己紹介をどうぞ」と言われて話し始めると思いますが、ただ淡々と上記で紹介した項目を話すのはNGです。 話す長さや話し方などに気を付ける必要があります。 極端に自己紹介が短かったり、反対に長々と話しすぎたりすると印象が悪くなる可能性があるので、しっかりとポイントをおさえておきましょう。 企業によっては時間を設けないこともありますが、1分程度で求められることが多いです。 1分程度であれば長すぎる印象がありませんし、盛り込むべき内容を簡潔に話すことができます。 1分で話す場合、文字数にして200〜300文字程度のアピールが必要となります。 短すぎるとアピール不足、長すぎるとだらだらした印象を与えてしまいイメージが悪くなる可能性が高いです。 文章にして覚える場合は、項目を箇条書きで頭に入れておきましょう。 暗記だけだと、緊張して最初の一言目が出ないときに何も話せなくなってしまいます。 こちらの記事では、自己紹介を1分でする方法を紹介しています。 例文やNG例文も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。 冒頭でもお伝えしたように、自己紹介は第一印象に大きな影響を与えるため、声や表情も大切になってきます。 普段より大きめで少し高めの声を意識し、笑顔を心がけましょう。 また、面接官の目を見て話すことも大切です。 下を向いたりキョロキョロしたりすると、自分に自信のない印象を与えます。 自分に自信がない様子だと「この子大丈夫かな?」「なんか不安だな…」と思われてしまうのです。 自分が面接官だったときに、まっすぐこちらを見てハキハキ話す就活生と、目線が下がり気味でか弱い声の就活生がいたら、前者の方が安心して話せる気がしませんか?声や表情、目線などに気を配っていい印象を与えましょう。 話し手が聞き手に与える影響のうち、「言語情報 話している内容 」が7%、「聴覚情報 話し方、声のトーンなど 」が38%、「視覚情報 表情や立ち居振る舞い、見た目など 」が55%だそうです!見た目の印象は笑顔や明るさはとても大事ですね!面接会場に入る前からしっかりとスイッチを入れることが大切です。 「失礼します」の声のトーンひとつでも「明るくて元気な人だな」という印象を与えることはできます。 緊張してしまうかとは思いますが、印象でプラスになればその後の面接もスムーズに運ぶと思います。 オススメのスイッチの入れ方としては、接客業や塾講師などのアルバイトをしている方はその時の自分になることを意識するといいです。 しかし、自己PRをしてしまうと面接官の意図から外れてしまいマイナスの印象を与えてしまいます。 面接官は自己紹介を通して「履歴書の人物と同じか確認したい」「就活生の人柄を知りたい」「アイスブレイクをしたい」と考えています。 そこで自己PRをしてしまうと「求めている情報ではないな…」と思われてしまうのです。 基本情報などを伝えずにアピールだけに力を入れても、面接官には何も伝わらない可能性が高いと言えます。 むしろコミュニケーション力が低いと思われるかもしれません。 自己PRをする時間は別にあるので、まずは自己紹介をきちんとしましょう。 必要項目を踏まえた自己紹介の例文 自己紹介の必要項目を把握したところで、実際のどのような内容でアピールするか、より具体的に考えていきましょう。 例文を参考にしながら、どのような点がよいか、あるいは悪いかを考えることが大切です。 内容や構成にも注目しながら、評価される自己紹介とはどのようなものかさらに理解を深めていきましょう。 この文章の良い点は「印象に残りやすい点」と「パーソナリティが見えやすい点」です。 例えば「カジキマグロ」というキーワードはなかなか面接で出てくるキーワードではないため、面接官はそのキーワードに必ず反応します。 面接終了後も「あのカジキマグロの子ね!」と記憶に残りやすいため、非常に良い自己紹介と言えます。 また、エピソードの中からも我慢強さを感じ取ることが出来るため、そのイメージを持ったまま学生時代頑張ったことなどの話に移ることが出来、アドバンテージになりやすいです。 何を伝えたいかに寄りますが、エピソードが2つあるとより強みも表現できるかと思いますので、水泳以外に性格を表すことのできるエピソードを盛り込むのもいいかもしれません。 大学時代は居酒屋のキッチンでアルバイトをしていました。 特技は大量のオーダーを一気に効率よくさばくことで、繁盛店で働いたことで、常に物事の優先順位を考え、行動できるようになりました。 この能力は日常生活でも活かされ、今日も最良の選択をして、御社の面接会場に行き着くことが出来ました。 面接では私の最も良いところを正確にアピールし、合格を勝ち取りたいと考えています。 本日は、よろしくお願い致します。 自身の情報を開示しながら、能力や個性に言及できているのは、評価できるポイントでしょう。 アピールの主軸であるアルバイトの経験から「優先順位を決めて行動できる」というキーワードに繋げられており、全体的なアピールの着地点もここにまとめられています。 選考への意欲も提示できており、自身の特徴と合わせた言い回しによって、より印象的にアピールできているでしょう。 私は多趣味で、新しいことにどんどん興味を持ち、挑戦しています。 中学、高校でもたくさんの趣味を持ちましたが、大学時代ではさらに幅広い物事に挑戦しています。 例を挙げると、華道や茶道、釣り、海外旅行、山登り、フェンシングなどがあります。 どれも今では辞めてしまいましたが、他では得られない貴重な経験が出来たと思います。 豊富な経験を活かして、社会人になっても活躍したいと考えています。 自身の特徴を提示できているものの、内容がよくありません。 多趣味という点はよいですが、次から次に挑戦して、すべて辞めてしまっている点がNGです。 何かを始めてはすぐに辞めてしまっていると、飽き性だと思われかねません。 仕事を始めてもすぐに辞めるのではないかと思われ、マイナス印象でしょう。 また、選考への意気込みも曖昧で、志望企業への意気込みというよりは、就活全体の意気込みになっている点も、NGポイントと言えます。 学生時代にカスタマーサポートのアルバイトをしていたため、幅広い年代の方と話すことができます。 アルバイトではノルマ達成という課題があり、それを乗り越えるためにトーク内容やコミュニケーションの取り方を見直しました。 御社に入社後も色々な人とのコミュニケーションを楽しみ、貢献できるように努力します。 この例文は、自己紹介ではなく自己PRになっています。 基本的な情報を話せていないので、もう一度やり直すように言われてしまうでしょう。 緊張しているかもしれませんが、落ち着いて話すようにすれば大丈夫です。 自己紹介は3つの項目を1分以内で話そう 面接の最初のアピールである自己紹介は、選考をスムーズに突破するための重要な足掛かりになります。 自己紹介は第一印象に大きな影響を与えるため、声の大きさや表情などにも気を配ることが大切です。 面接官と視線を合わせて、ハキハキと話しましょう。 緊張する場合は、「緊張していますが、精一杯頑張ります」などと正直に話すのもいいです。 面接官は自己紹介で「履歴書の人物と同じか確認したい」「就活生の人柄を知りたい」「アイスブレイクをしたい」と考えているため、長くなりすぎたり自己PRのようになったりするのは避けましょう。 1分程度で「基本情報」「学生時代の活動や経験」「面接への意気込み」を伝えることが大切です。

次の

転職面接の自己紹介で伝えるべきことは?例文と知っておきたい注意点

自己紹介 面接 例文

Contents• 面接における自己紹介・自己PRの違いとは? 出典:career-tasu. 宜しくお願い致します。 』と自分自身を名のることが目的です。 そのため、出身地や強み弱みを話すことは不要です。 自己紹介だけでも企業は相手が聞きたいもの(こと)を的確に把握するコミュニケーションスキルの有無をみています。 そして、次に自己PRとは『私はこんな強いや特技があります』自分自身を売り込むことです。 なので、自己紹介で伝えられなかった強みや弱みなどはこの自己PRの場面で伝えるようにしましょう。 自己紹介と自己PRには上記のような違いがありますが、自己紹介をする時には注意点があるので事前にしっかりと把握しておきましょう。 スポンサーリンク 新卒面接時の自己紹介の注意点は? 出典:gakumado. mynavi. jp 面接時の自己紹介にかける時間は、 30秒から1分を目安に簡潔にしましょう。 初対面の人間が、いきなり『自分はこんな特技があって……』と長々話しだしたら、印象が悪くなってしまいます。 それと同じように、自己PRをダラダラされても印象が悪くなってしまいます。 なので、自己紹介は氏名、年齢、出身校、部活を述べ、『よろしくお願い致します』と、適度に大きな声で話すようにしましょう。 自己紹介では、志望動機も自己PRも不要で、それらは別の機会に面接官から質問されます。 また、自己紹介で何を言っているのか分からないのも良い印象には繋がらないので、自己紹介の言葉は誰にでも分かる言葉を使いましょう。 このように、面接で自己紹介をするだけでもこれだけの注意点があるので、意識して臨みたいところ。 それでは、いよいよ上記の注意点などを踏まえた上で自己紹介を作成する際のポイントをご紹介していきます。 スポンサーリンク 自己紹介文をつくる際のポイントは? 出典:careerpark. jp 自己紹介は伝えたいことを文章でしっかりとまとめてしまうと上手くいかないことがあるので、 箇条書きでまとめるのがおすすめです。 仮に60秒間で話すときの目安となる文字数は、250文字から300文字程度なのですが、不安であれば事前に口に出して練習してみましょう。 また、本番では必ず緊張するので自然にスラスラと話せるようになるまで、練習を重ねておきましょう。 面接の自己紹介では、端的にハキハキと大きな声で話し、質問を求められたら、落ち着いて面接官が求めていることを理解して、慌てずに答えます。 このスタイルが企業の求める、コミュニケーションスキルなのです。 では、面接でも使える自己紹介の例文をご紹介していきます! スポンサーリンク 面接に使える自己紹介の例文は? 出典:tensyoku-now. com 先ほどもお伝えした通り、面接における自己紹介は自分に関する簡単なデータを伝えるだけで十分なのです。 そのことを踏まえて、どこでも使える簡単な自己紹介の例文はこちらになります。 本日はどうぞよろしくお願いいたします。 』 上記の自己紹介で、十分ですが面接官にもっと話を聞きたい、興味をもってもらいたい、と思う場合は自分が伝えたい方向に面接が進むよう以下の自己紹介のようにしてみましょう。 大学では主にサークルの幹部として運営に注力してまいりました。 今日はこのような経験から、私について知っていただけたらと思います。 本日はよろしくお願いいたします。 』 自己紹介も同じで、面接は事前の準備が結果を左右します。 なので、準備不足で後悔をしないためにも、最後まで気を抜かずしっかり練習をしておきましょう。 自己紹介の練習を一人でした後は、友人や家族に聞いてもらうと自分だけでは発見できなかったポイントが見つかり、より伝わりやすい自己紹介となります。 また、緊張も一人の時とは違ってきて、目線が面接官に向いているか、表情は柔らかいか、声は大きくハキハキとしているかなどをチェックしてもらいながら練習をしましょう。 面接で自己紹介を成功させるために必要なことは、自己紹介の内容と伝え方のどちらも魅力的であることです。 練習は必ず本番で活かすことができるはずなので、他の就活生に負けないよう日々特訓していきましょう! スポンサーリンク.

次の