マクドナルド 休業。 政府の緊急事態宣言を受けた各自治体の協力要請への対応について

マクドナルド大幅減益に 新型コロナで世界的に店舗休業が影響

マクドナルド 休業

日本マクドナルドは4月20日午前5時から順次、全時間帯で一部店内客席の利用を中止する。 対象店舗は、政府による緊急事態宣言の全国拡大発令と合わせて指定された「特定警戒都道府県」対象地域13都道府県の「マクドナルド」のうち、臨時休業店舗を除く全店舗。 期間は5月6日24時まで。 準備が整った店から順次実施する。 それによると、利用客・従業員をはじめ全ての人の安全を最優先し、新型コロナウイルス感染の拡大を抑制する目的で、東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・大阪府・兵庫県・福岡県・北海道・茨城県・石川県・岐阜県・愛知県・京都府の13都道府県で、終日店内飲食中止とする。 対象地域では、持ち帰り テイクアウト ・ドライブスルー・デリバリー限定での提供を行う 店舗により提供方法は異なる。 対象店舗は13都道府県の約1910店舗で、都道府県別の内訳は以下の通り。 〈マクドナルド 終日店内飲食中止 対象店舗数〉 東京都 約350店舗 神奈川県 約230店舗 千葉県 約160店舗 埼玉県 約180店舗 大阪府 約240店舗 兵庫県 約150店舗 福岡県 約90店舗 北海道 約90店舗 茨城県 約80店舗 石川県 約30店舗 岐阜県 約40店舗 愛知県 約190店舗 京都府 約80店舗 合計 約1910店舗 マクドナルドでは飲食店として利用客に食事を提供する社会的役割を果たしつつ、これまでも、東京都・神奈川県・大阪府・兵庫県・福岡県・愛知県・京都府・岐阜県の店舗で、20時から5時までの夜間限定で、閉店や店内飲食中止を実施。 今回は、店内客席利用中止の対象地域や対象時間帯を拡大することで、さらなる安全強化と新型コロナウイルス感染拡大抑止を図る。 なお、マクドナルドでは、利用客と従業員の対面での接触を軽減できる「マックデリバリー」などのデリバリーサービスや、モバイルオーダー・ドライブスルーなどのサービスも導入している。 日本マクドナルドは、「お客様には大変ご不便をおかけいたしますが、何とぞご理解いただけますよう、お願い申し上げます」、「今後も全国の店舗で実施している感染症予防の取り組みを継続するとともに、政府や自治体の方針や発表を注視し、対応を行ってまいります」などとしている。 食品産業新聞.

次の

出産手当金、産前産後休業、育児休業

マクドナルド 休業

日本マクドナルドは4月20日午前5時から順次、全時間帯で一部店内客席の利用を中止する。 対象店舗は、政府による緊急事態宣言の全国拡大発令と合わせて指定された「特定警戒都道府県」対象地域13都道府県の「マクドナルド」のうち、臨時休業店舗を除く全店舗。 期間は5月6日24時まで。 準備が整った店から順次実施する。 それによると、利用客・従業員をはじめ全ての人の安全を最優先し、新型コロナウイルス感染の拡大を抑制する目的で、東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・大阪府・兵庫県・福岡県・北海道・茨城県・石川県・岐阜県・愛知県・京都府の13都道府県で、終日店内飲食中止とする。 対象地域では、持ち帰り テイクアウト ・ドライブスルー・デリバリー限定での提供を行う 店舗により提供方法は異なる。 対象店舗は13都道府県の約1910店舗で、都道府県別の内訳は以下の通り。 〈マクドナルド 終日店内飲食中止 対象店舗数〉 東京都 約350店舗 神奈川県 約230店舗 千葉県 約160店舗 埼玉県 約180店舗 大阪府 約240店舗 兵庫県 約150店舗 福岡県 約90店舗 北海道 約90店舗 茨城県 約80店舗 石川県 約30店舗 岐阜県 約40店舗 愛知県 約190店舗 京都府 約80店舗 合計 約1910店舗 マクドナルドでは飲食店として利用客に食事を提供する社会的役割を果たしつつ、これまでも、東京都・神奈川県・大阪府・兵庫県・福岡県・愛知県・京都府・岐阜県の店舗で、20時から5時までの夜間限定で、閉店や店内飲食中止を実施。 今回は、店内客席利用中止の対象地域や対象時間帯を拡大することで、さらなる安全強化と新型コロナウイルス感染拡大抑止を図る。 なお、マクドナルドでは、利用客と従業員の対面での接触を軽減できる「マックデリバリー」などのデリバリーサービスや、モバイルオーダー・ドライブスルーなどのサービスも導入している。 日本マクドナルドは、「お客様には大変ご不便をおかけいたしますが、何とぞご理解いただけますよう、お願い申し上げます」、「今後も全国の店舗で実施している感染症予防の取り組みを継続するとともに、政府や自治体の方針や発表を注視し、対応を行ってまいります」などとしている。 食品産業新聞 時代をリードする食品の総合紙 食品・食料に関する事件、事故が発生するたびに、消費者の食品及び食品業界に対する安心・安全への関心が高っています。 また、日本の人口減少が現実のものとなる一方、食品企業や食料制度のグローバル化は急ピッチで進んでいます。 さらに環境問題は食料の生産、流通、加工、消費に密接に関連していくことでしょう。 食品産業新聞ではこうした日々変化する食品業界の動きや、業界が直面する問題をタイムリーに取り上げ、詳細に報道するとともに、解説、提言を行っております。 創刊: 昭和26年(1951年)3月1日 発行: 週2回刊(月・木) 体裁: ブランケット版 8~16ページ 主な読者: 食品メーカー、食品卸、食品量販店(スーパー、コンビニエンスストアなど)、商社、外食、行政機関など 発送: 東京、大阪の主要部は直配(当日朝配達)、その他地域は第3種郵便による配送 購読料: 3ヵ月=本体価格12,000円+税 6ヵ月=本体価格23,000円+税 1年=本体価格44,000円+税.

次の

マクドナルドのコロナ感染店舗についてマクドナルドの複数の店舗...

マクドナルド 休業

日本マクドナルドは、お客様、従業員をはじめ全ての皆様の安全を最優先し、新型コロナウイルス感染の拡大を抑制するため、緊急事態宣言対象地域である5都道県の全店舗で店内客席のご利用を終日中止しております。 このたび、政府による「緊急事態宣言」の解除を受け、感染拡大抑制のための対策を講じたうえで、店内客席のご利用を順次再開いたします。 ただし、自治体より営業時間短縮要請が出ている期間におきましては、要請対象時間は「店内客席ご利用中止」を継続いたします。 今後も引き続き政府や自治体の発表など状況を注視してまいります。 営業形態などに変更がある場合は、日本マクドナルド株式会社のホームページ 等にて随時お知らせいたします。 マクドナルドでは、飲食店としてお客様に温かいお食事をご提供する社会的役割を果たしつつ、「3密」を可能な限り避けるため、各店舗では社会的距離を保つための従業員からのお声がけ、店内客席のご利用を再開する店舗では、利用可能なテーブルや椅子の間隔を空けるなど、店舗内での「ソーシャル・ディスタンス」の確保を徹底し、引き続き皆様の安全・安心のための取り組みを行ってまいります。 お客様には大変ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解・ご協力いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。 なお、マクドナルドでは新しい生活様式の一環として、お客様と従業員の対面での接触を軽減できる「モバイルオーダー」や「ドライブスルー」、「デリバリーサービス」といったサービスのご利用もご案内してまいります。 公式ホームページまたは公式アプリ内の、お客様とクルーの安全と安心を守るお約束「みんなのスマイルのために」 でもご覧いただけますので、合わせてご利用をご検討ください。 日本マクドナルドでは、お客様、従業員をはじめ全ての皆様の安全を最優先に、今後も全国の店舗で実施している感染症予防の取り組みを継続するとともに、政府や自治体の方針や発表を注視し、対応を行ってまいります。 日本マクドナルド株式会社 日本マクドナルドは、お客様、従業員をはじめ全ての皆様の安全を最優先し、新型コロナウイルス感染の拡大を抑制するため、緊急事態宣言にある8都道府県の全店舗で店内客席のご利用を終日中止しております。 このたび、政府による「緊急事態宣言」の一部解除を受け、感染拡大抑制のための対策を講じたうえで、解除対象地域において店内客席のご利用を順次再開いたします。 ただし、これらの府県で営業時間短縮要請が出ている期間におきましては、要請対象時間は「店内客席ご利用中止」を継続いたします。 営業形態の変更につきましては、日本マクドナルド株式会社のホームページ 等にて随時お知らせいたします。 マクドナルドでは、飲食店としてお客様に温かいお食事をご提供する社会的役割を果たしつつ、「3密」を可能な限り避けるため、各店舗では社会的距離を保つための従業員からのお声がけ、店内客席のご利用を再開する店舗では、利用可能なテーブルや椅子の間隔を空けるなど、店舗内での「ソーシャル・ディスタンス」の確保を徹底し、引き続き皆様の安全・安心のための取り組みを行ってまいります。 お客様には大変ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解・ご協力いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。 なお、マクドナルドでは新しい生活様式の一環として、お客様と従業員の対面での接触を軽減できる「モバイルオーダー」や「ドライブスルー」、「デリバリーサービス」といったサービスのご利用もご案内してまいります。 公式ホームページまたは公式アプリ内の、お客様とクルーの安全と安心を守るお約束「みんなのスマイルのために」 でもご覧いただけますので、合わせてご利用をご検討ください。 日本マクドナルドでは、お客様、従業員をはじめ全ての皆様の安全を最優先に、今後も全国の店舗で実施している感染症予防の取り組みを継続するとともに、政府や自治体の方針や発表を注視し、対応を行ってまいります。 日本マクドナルド株式会社 日本マクドナルドは、お客様、従業員をはじめ全ての皆様の安全を最優先し、新型コロナウイルス感染の拡大を抑制するため、2020年4月29日 水・祝 ~5月14日 木 にかけて、全国の全店舗約2,900店舗で店内客席のご利用を終日中止しております。 このたび、政府による「緊急事態宣言」の一部解除を受け、感染拡大抑制のための対策を講じたうえで、店内客席のご利用を順次再開いたします。 今回、政府の「緊急事態宣言」が解除され、かつ自治体からの要請などが出ていない地域では、5月15日 金 以降25日 月 までをめどに、準備の整った店舗から順次、店内客席のご利用を再開いたします。 緊急事態宣言が解除された地域でも、自治体からの要請がある場合は、その要請に原則合わせて対応してまいります。 営業形態の変更につきましては、日本マクドナルド株式会社のホームページ 等にて随時お知らせいたします。 マクドナルドでは、飲食店としてお客様に温かいお食事をご提供する社会的役割を果たしつつ、「3密」を可能な限り避けるため、各店舗では社会的距離を保つための従業員からのお声がけ、店内客席のご利用を再開する店舗では、利用可能なテーブルや椅子の間隔を空けるなど、店舗内での「ソーシャル・ディスタンス」の確保を徹底し、引き続き皆様の安全・安心のための取り組みを行ってまいります。 お客様には大変ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解・ご協力いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。 なお、マクドナルドでは新しい生活様式の一環として、お客様と従業員の対面での接触を軽減できる「モバイルオーダー」や「ドライブスルー」、「デリバリーサービス」といったサービスのご利用もご案内してまいります。 公式ホームページまたは公式アプリ内の、お客様とクルーの安全と安心を守るお約束「みんなのスマイルのために」 でもご覧いただけますので、合わせてご利用をご検討ください。 日本マクドナルドでは、お客様、従業員をはじめ全ての皆様の安全を最優先に、今後も全国の店舗で実施している感染症予防の取り組みを継続するとともに、政府や自治体の方針や発表を注視し、対応を行ってまいります。 日本マクドナルド株式会社.

次の