シティー ヒル。 (株)シティーヒル|大阪市中央区|東京経済ニュース

「マジェスティックレゴン」のシティーヒル 民事再生法を申請

シティー ヒル

2020年3月17日 公開 株 シティーヒル|大阪市中央区 【業種】 婦人服製造販売 【倒産形態】 民事再生手続開始申立 【負債総額】 50億円内外 特別情報大阪版(R1. 8、R2. 8)、大阪支社情報会(R1. 8、R1. 12)他で既報。 3月16日付で大阪地裁に民事再生手続開始申立を行った。 申立代理人は内芝 良輔弁護士(弁護士法人三宅法律事務所、大阪市中央区今橋3-3-13、TEL 06-6202-7873)他、監督委員には加藤 清和弁護士(梅田総合法律事務所、大阪市北区堂島1-1-5、TEL 06-6348-5566)が選任されている。 担当弁護士によると、負債総額は50億円内外と聞かれる。 昭和61年に創業、昭和63年6月に法人化した婦人服製造販売業者。 10~20代の女性をターゲットに「MAJESTIC LEGON」「le. coeur blanc」などの自社ブランドを手掛け、直営店107店、FC店30店舗など展開していた。 代表者の強力なリーダーシップのもと、積極的な出店による拡大路線を打ち出し成長路線をたどってきたが、その後の環境悪化で不採算店舗が出るなど近年は売り上げ頭打ちとなり、出退店費用などが負担となり平成31年2月期まで3期連続最終赤字となっていた。 厳しさが表面化する中で、平成31年3月には代表者自宅不動産に対してりそな銀行が極度額2億円の根抵当権を設定する動きや、夏ごろには取引金融機関に対してリスケ要請を実施するなど資金面に関する変化が相次ぎ、取引関係筋の間で警戒感が高まっていた。 その後しばらくは目立った動きも見られなかったが、令和元年12月には月末に向けての決済面について危惧(きぐ)する声が市中筋をはじめ多方面から聞かれるようになるなど同社への注目が再浮上。 年明け以降も外部環境の悪化で集客力減少に歯止めが掛からず厳しい運営を強いられていた中、ここへきて決済資金のメドが立たず法的申立による再建の道を選択する事態となった。

次の

シティーヒル、衣服小売「マジェスティックレゴン」新型コロナ関連倒産

シティー ヒル

ご覧の通り、マジェスティックレゴン運営会社のシティーヒルが新型コロナウイルスの影響で倒産したことが発表されています。 これに対して困惑する声が相次ぎ、Twitterで注目を集める結果となりました。 「マジェスティックレゴン運営会社シティーヒルが新型コロナの影響で倒産」に対する世間の反応は? 「シティーヒル倒産、、まじか、、もうどこも安全じゃないな、、、」 「私服の8割近くMAJESTICLEGONで買ってたからシティーヒル倒産しちゃったのめっちゃ悲しい」 「マジェスティックレゴンのシティーヒルが民事再生。 コロナ倒産どんどん増えるね」 「シティーヒルの民事再生、コロナ倒産では今んとこ最大級か」 「またです。 この特殊不況による資金繰り困難での倒産は6社目。 苦しくも同じアパレル小売業。 在宅勤務ラッキーだの言ってる前に経済が回らなくなることの怖さをサラリーマンも感じなくてはいけません。 自分も含めて、身に沁みています。 」 などの声があがりました。 やはり世間では、マジェスティックレゴン運営会社のシティーヒルの倒産に対して困惑する声が多く見られました。 最後に 今回は、マジェスティックレゴン運営会社のシティーヒルが倒産したことについてご紹介させていただきました。 知る人ぞ知るアパレル会社の倒産ということで、世間では話題となっています。 新型コロナが与える経済への影響は凄まじいものとなっており、今後も厳しい状況が続きそうです。 新型コロナ不況に対する今後の政府の対応に注目が集まります。

次の

(株)シティーヒル|大阪市中央区|東京経済ニュース

シティー ヒル

18~34歳をターゲットとしたヤングカジュアルを主体にレディースアパレルの企画販売を展開。 当初は卸中心だったが、その後、店頭小売業に転換。 1995年に直営1号店の「マジェスティックレゴン」をオープンした。 以降、ファッション誌やメディアを活用した積極的なブランド開発や店舗展開を進め、主要ブランドの「マジェスティックレゴン」のほか、「ルクールブラン」、「ペルルペッシュ」を持つ。 販売チャネルも店頭小売に加え、ECサイトの活用などで業容を拡大し、ピークの2016年2月期の売上高は143億9736万円をあげていた。 しかし、ここ数年は流行の変遷から主要ブランドの小売店舗での売れ行きが鈍化。 著名ファッション通販サイトとの関係強化でEC向けは好調に推移したが、売上高は頭打ちの状況になっていた。 2019年2月期は、テレビドラマ「帰ってきた家売るオンナ」で女優の北川景子さんが「マジェスティックレゴン」を着用し、知名度が向上したが、地震や台風などの天災で一部店舗が運営できない事態も生じ、売上高は137億2839万円に低迷した。 また、収益も在庫処分や不採算店舗の退去費用などが嵩んだほか、EC販売強化に伴う経費増などで2017年2月期から3期連続で赤字を計上、資金繰りが逼迫していた。 このため、2019年秋に金融機関へ借入金返済のリスケジュールを要請していた。 余裕のない資金繰りが続くなか、2020年も「新型コロナウイルス」の感染拡大の影響で、2月以降の売上が減少。 手形の決済資金を確保できず、今回の措置となった。

次の