スラップ 訴訟 武富士。 増え続ける恫喝訴訟(スラップ)、弁護士事務所の側から「営業」の可能性も否定できず、対抗策は?

吉村洋文知事に「武富士」の盗聴犯罪を隠蔽するスラップ訴訟の代理人の過去! 盗聴被害者のジャーナリストが語る不法な訴訟の全貌|LITERA/リテラ

スラップ 訴訟 武富士

及川氏が吉村市長に「武富士」の件を質問 松井一郎・大阪府知事と吉村洋文・大阪市長が2019年2月21日、東京都の日本外国特派員協会で記者会見をしました。 皆様、ぜひご覧下さい。 Youtube liveはお休み ツイキャスのみでの中継となります。 4月の統一地方選に合わせた知事選と市長選へ向け辞職する意向の二人。 会見や質疑応答での発言に注目が集まる。 及川氏のツイートはこちらです。 今日、撮った大阪府知事と大阪市長の写真。 敵は盗聴し、悪徳金利で被害者を多数出した武富士の弁護士だったことを追究したしたら、大阪市長は顔が引きつっていたという。 触れられたくない過去なのだろう。 — 日仏共同テレビ局France10及川健二 esperanto2600 吉村洋文・大阪市長に、弁護士時代に武富士の弁護人として、寺澤有さんに2億円を求める訴訟を起こして、逆に訴権の濫用として寺澤さんに訴えられて武富士が1000万円を支払う判決を出たことについて厳しく質問した。 問題ない、とのことで、反省の色なし — 日仏共同テレビ局France10及川健二 esperanto2600 記者会見の動画 こちらの動画では、「武富士」の質問は48:55から始まります。 質疑応答の内容 及川氏:フランス10の及川と申します。 吉村市長にお伺いしたいと思います。 かつて、消費者金融の「武富士」というものがありましたが、「武富士」が存在したときに、気に入らないジャーナリスト達に対して、億を超える訴訟を乱発しました。 そして「武富士」側の弁護士のお一人が吉村さんでした。 実例をあげれば、ジャーナリストの寺澤有さんが、2億円請求される賠償を起こされ、逆に寺澤さんから「訴権の濫用」で訴えられ、「武富士」が1千万円を寺澤さんに支払いました。 「訴権の濫用」で認定されるような訴訟に弁護人として加わったことを今どう総括しているか伺いたいと思います。 通訳: (省略) 吉村市長:これは弁護士時代のご質問だと思います。 弁護士の業務というのは、どんな状況であれ、それぞれの立場、それぞれの意見と自分のクライアントの意見というのをしっかりと出して、それは双方がやって、そして最終的に裁判所がそれを判断するという仕組みです。 例えば、極悪な殺人犯であったり、強姦犯であったとしても、言い分がある部分がある。 これについては、弁護士というのは、その言い分を裁判所にあげて、そして最後は裁判官が判断する、それがまさに弁護士の仕事であり、弁護人の仕事であるということです。 通訳: (省略) 吉村市長:つまり、それぞれの意見・主張というのを戦わせるのが訴訟の場であり、そして皆さんが見る事実というのも全てが一面的なものではなくて、それぞれが主張し、そして最後に裁判で決する。 これが日本の裁判の仕組みです。 当然、弁護士として、自分の依頼者の利益を守る。 そのために、こちら側の、その依頼者の利益を守る主張をしっかりとする。 そして裁判所で判断をしてもらう、というのは当然の訴訟行為であるというふうに思っています。 ご指摘の裁判についても同様に、日本で認められている訴訟制度において、そして依頼者の利益を守るための主張をする。 そして結果的に裁判所において「敗訴」というふうなことになりましたけれども、これは当然日本で認められている制度でありますから、何の問題もないというふうに思ってます。 これは憲法上認められた権利です。 通訳: (省略) 吉村市長:つまり、訴訟の場においては、全ての企業にも、主張したいことは主張できる権利があり、そして例えば、犯罪者であっても、裁判の場においては主張したいことは主張できる権利がある。 これについては誰からも後ろ指をさされるものではないというふうに思ってますし、それが本来日本の三権分立の中であるべき姿だと思っています。 だから特にそれ以上のコメントはありません。 通訳: (省略) 吉村市長の回答のもやもやする点 及川氏の質問に対し、吉村市長は「武富士」の名前を出さずに、日本の訴訟制度一般の話、つまり「一般論」で返答しています。 その内容を要約すると、日本では誰もが訴訟を起こす権利がある、というものです。 確かに、日本では全ての人に憲法上「裁判を受ける権利」が認められています。 日本国憲法第三十二条 何人も、裁判所において裁判を受ける権利を奪はれない。 つまり、吉村市長の回答は「一般論」としては正しい回答です。 しかし、吉村市長が答えを避けている部分があります。 それは、武富士が起こした訴訟が「 訴権の濫用」であったという点です。 最近登場した言葉でいえば、「スラップ訴訟」だったということですね。 「訴権の濫用」が認定されたということは、「 訴訟を起こすこと自体が不当」と裁判所から認定されたということです。 「訴訟を起こすこと自体が不当」とされた訴訟に弁護士として関わったことについて、吉村市長は答えていません。 吉村市長は「訴権の濫用」についてどう考えているのか答えない限り、及川氏の質問に答えたことにはなりません。 寺澤氏と武富士の裁判について取り上げた記事 寺澤有氏と武富士の裁判については、こちらの記事に書いてあります。 寺澤有氏のツイート 及川氏の質問で言及された寺澤有氏のツイートはこちらです。 【速報】 及川健二さん が日本外国特派員協会で開かれた吉村洋文大阪市長の記者会見で、「武富士の弁護士として、武富士が気に入らないジャーナリストに億単位の訴訟を起こしたが、逆に訴権の濫用で武富士が損賠賠償を支払うことになった。 どう総括しているのか」と質問。 特に海外の記者に対しては。 今後、どういう展開になるのか、私も当事者の1人ですので、注目していきます。 及川健二さん が吉村市長に武富士問題をぶつけたように、厳しい質問がいくつも出ました。 記者クラブを廃止すれば、各役所でも、このよな記者会見が実現できます。 そして今、彼の仕事は関西財界の利益を確保すること。 その辺はブレてない。 — 五穀豊穣 淀川西岸自治難民 houjixyou (笑) あなたのような人でも理解できるように、近々、武富士事件の事実経過をまとめますね。 吉村のアコギな実態が世に出ることは、大阪市民として心より願うばかりです。 — 五穀豊穣 淀川西岸自治難民 houjixyou ツイッター上の反応 市議会でも聞いてほしい よくぞ聞いてくださった。 市議会でも聞いてほしいくらいだ。 — Adriana Monkつぎ行こ。 つぎ! AdrMonk よくそんなこといった 外国特派員協会での記者会見 47分過ぎ吉村大阪市長に対して、サラ金武富士によるジャーナリストへの不当なスラップ訴訟の代理人弁護士務めていた事への質疑。 吉村市長は、殺人犯や強姦犯にも言い分があり弁護云々と。 多くのジャーナリスト前にして、ようそんなこと言うたの — tetsuro artanart02 公式に認めた 動画見ましたが、吉村市長の発言「殺人犯、強姦犯」と聞こえましたね。 いずれにしても、武富士スラップ訴訟代理人を請け負った事を否定せず、公式に認めました。 弁護士として受託は好きにされたら良いですが、大阪市民として、こんな指向の人物が何で市長しとるのと、思います。 及川さん、やるなー。 — タテジマ tkeija 代理人の意味 代理人の意味を理解しない連中 — 是々非々ちゃん ubBOEvnpgJhn2DI たかじんさんの後妻 【G20大阪サミット・大阪万博に向けて】松井一郎 大阪府知事、吉村洋文 大阪市市長 記者会見 生中継《ニコニコニュース実況》 今観ていたら、たかじんさんの後妻さんの件がコメント欄に流れてる 武富士の件もね ほんとにこの2人、嫌い — 藤崎夕子 fujisaki2015 何でもあり これが問題ないというなら、何でもありだな。 — 林 克明 hayashimasaaki.

次の

吉村洋文知事に「武富士」の盗聴犯罪を隠蔽するスラップ訴訟の代理人の過去! 盗聴被害者のジャーナリストが語る不法な訴訟の全… 赤かぶ

スラップ 訴訟 武富士

この記事によると、大阪市長である吉村洋文氏は、弁護士時代に、あのスラップ訴訟の典型例ともいうべき武富士のジャーナリストに対する名誉毀損訴訟の代理人だったそうだ。 『週刊プレイボーイ』で武富士の実態を連載しているジャーナリストの寺澤有さんに吉村市長らが武富士の弁護士となって2003年、2億円の損害賠償を求めて提訴。 しかし、武富士側は盗聴事件が問題になるや訴訟を放棄。 寺澤氏は2006年、武富士と2億2000万円の損害賠償と謝罪広告掲載を求め、東京地裁に提訴した。 東京地裁は武富士側の訴権の乱用を認め、寺澤氏への賠償を命じ、武富士は寺澤氏に1000万円支払った。 この武富士訴訟は、まさしく違法な訴訟提起であり、それ自体が不法行為になるという意味で、訴訟提起が不法行為になることを厳しく絞り込んだ最高裁判例の下でも文句なく賠償が命じられたものである。 その代理人として関与したとあっては、確かに寝覚めは悪く、上記の記事にあるように弁護士懲戒請求をテレビで煽った橋下徹弁護士が口を極めて非難したかもしれない事例だ。 確かに、上記記事の中で吉村市長が述べているように、理不尽な主張であっても代理人たるもの、当事者の主張を裁判所において代理して主張することは本来的職務であり、自分のクライアントの意見を裁判所にしっかり伝えることは恥ずべきことではない。 しかし、弁護士職務基本規定には次のような条項がある。 第十四条 弁護士は、詐欺的取引、暴力その他の違法若しくは不正な行為を助長し、又はこれらの行為を利用してはならない。 弁護士が、刑事弁護において被告人の不合理な言い分を代弁することは、不合理であればあるだけ裁判所で通らないことにもなり、不正な行為を助長することにはなりそうにない。 しかし、上記のスラップ訴訟の典型例で、裁判所が「権利のないことを知りながら相手方当事者に損害を与えることを目的としてことさら提起した」と認定するような訴訟の代弁は、「違法若しくは不正な行為を助長」することに他ならない。 弁護士が、架空請求を大量に引き受けて、裁判所に大量請求するというような訴訟詐欺を引きければ、それは懲戒処分の対象となるであろう。 もちろん架空であることは知らなかったということであれば別かもしれないが。 さて、上記のSLAPP訴訟の典型とされる嫌がらせのための訴え提起において、吉村市長はどこまで事情を知りつつ代理人になったのか、単に子供の使いのように本人の主張を伝達しただけで本当かどうかは知りもしなかったのか、それとも、情を知りながらその手先として動いたのか、そのあたりが知りたいところである。

次の

(3ページ目)吉村洋文知事に「武富士」の盗聴犯罪を隠蔽するスラップ訴訟の代理人の過去! 盗聴被害者のジャーナリストが語る不法な訴訟の全貌|LITERA/リテラ

スラップ 訴訟 武富士

この記事によると、大阪市長である吉村洋文氏は、弁護士時代に、あのスラップ訴訟の典型例ともいうべき武富士のジャーナリストに対する名誉毀損訴訟の代理人だったそうだ。 『週刊プレイボーイ』で武富士の実態を連載しているジャーナリストの寺澤有さんに吉村市長らが武富士の弁護士となって2003年、2億円の損害賠償を求めて提訴。 しかし、武富士側は盗聴事件が問題になるや訴訟を放棄。 寺澤氏は2006年、武富士と2億2000万円の損害賠償と謝罪広告掲載を求め、東京地裁に提訴した。 東京地裁は武富士側の訴権の乱用を認め、寺澤氏への賠償を命じ、武富士は寺澤氏に1000万円支払った。 この武富士訴訟は、まさしく違法な訴訟提起であり、それ自体が不法行為になるという意味で、訴訟提起が不法行為になることを厳しく絞り込んだ最高裁判例の下でも文句なく賠償が命じられたものである。 その代理人として関与したとあっては、確かに寝覚めは悪く、上記の記事にあるように弁護士懲戒請求をテレビで煽った橋下徹弁護士が口を極めて非難したかもしれない事例だ。 確かに、上記記事の中で吉村市長が述べているように、理不尽な主張であっても代理人たるもの、当事者の主張を裁判所において代理して主張することは本来的職務であり、自分のクライアントの意見を裁判所にしっかり伝えることは恥ずべきことではない。 しかし、弁護士職務基本規定には次のような条項がある。 第十四条 弁護士は、詐欺的取引、暴力その他の違法若しくは不正な行為を助長し、又はこれらの行為を利用してはならない。 弁護士が、刑事弁護において被告人の不合理な言い分を代弁することは、不合理であればあるだけ裁判所で通らないことにもなり、不正な行為を助長することにはなりそうにない。 しかし、上記のスラップ訴訟の典型例で、裁判所が「権利のないことを知りながら相手方当事者に損害を与えることを目的としてことさら提起した」と認定するような訴訟の代弁は、「違法若しくは不正な行為を助長」することに他ならない。 弁護士が、架空請求を大量に引き受けて、裁判所に大量請求するというような訴訟詐欺を引きければ、それは懲戒処分の対象となるであろう。 もちろん架空であることは知らなかったということであれば別かもしれないが。 さて、上記のSLAPP訴訟の典型とされる嫌がらせのための訴え提起において、吉村市長はどこまで事情を知りつつ代理人になったのか、単に子供の使いのように本人の主張を伝達しただけで本当かどうかは知りもしなかったのか、それとも、情を知りながらその手先として動いたのか、そのあたりが知りたいところである。

次の