ウーバーイーツ 無責任。 【大学生でもできる・・・?】Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー/副業は大学生向け?その理由を5つピックアップしてみます|副業手帳

玉川徹も不安視、道交法改正でもウーバー配達員の“暴走”を止められない!?|ニフティニュース

ウーバーイーツ 無責任

日本でもUber Eats ウーバーイーツ が浸透してきている! 「Uber Eats ウーバーイーツ 」とは、2014年にアメリカで設立されたばかりの会社が実施しているフードデリバリーサービスのことです。 Uberの他のサービスはまだ日本では実施されていないものの、ウーバーイーツは副業等として日本でも浸透してきていますね! このように順調にサービスを展開し、急成長しているように思えるウーバーイーツですが、実はたくさんの課題があるんです…。 なんでも、その1つが保険の問題なんだとか…。 ウーバーイーツの保険には「自分がケガをした際の補償」と「他人を死傷させた際の補償」がある ウーバーイーツの配達パートナーの多くは、自転車で配達しています。 バイクや車に比べると安全に思える自転車ですが、自転車も立派な車両であるため事故を起こして誰かをケガさせたり、自分がケガをしたりすることもあるかもしれません。 そんな万が一の事態に備えて、Uberが配達パートナーにかけている保険が「配達パートナー向けサポートプログラム」です。 下の表を参考に、配達パートナー向けサポートプログラムの補償種類と限度額をチェックしてみましょう! 【資料1】配達パートナー向けサポートプログラムの補償種類と限度額 補償種類 対人・対物賠償責任 傷害補償 医療見舞金 死亡見舞金 葬儀費用 後遺障害見舞金 1日あたりの入院に伴う見舞金 配偶者・被扶養者への見舞金 限度額 1億円 25万円 1,000万円 100万円 1,000万円 7,500円 15万円 参考: 「対人・対物賠償責任」とは配達中の事故によって他人を死傷させた際や、物品を破損させた際に生じる賠償責任に対する補償のことであり、「傷害補償」とは配達中の事故によって自分がケガをした際や死亡した際の補償のことです。 配達中の事故に関しては、配達パートナー向けサポートプログラムの補償で安心できる ここで気になるのは、Uberの保険で事故のリスクに対応できるのかどうかということですよね? ここでは、Uberの保険を「対人・対物賠償責任」と「傷害補償」の2つに分けて、補償の手厚さについて考えてみたいと思います。 まずは「対人・対物賠償責任」に関してチェックしてみましょう。 過去の自転車事故の賠償金の最高額は9,521万円であるのに対し、Uberの補償は1億円となっています。 つまり、対人・対物賠償責任に関しては安心できるといえるでしょう。 ただし、今後1億円を越える賠償命令がないとは言い切れないので、その点は注意が必要です。 次は、当サイトが行った自転車事故の治療費に関するアンケートの結果を参考に、「傷害補償」についてチェックしてみましょう。 【資料2】 100人中 日額治療費平均 合計治療費平均 通院 93人 3,078円 17,597円 入院 9人 自己負担5人 6,440円 54,000円 手術 7人 自己負担5人 36,250円 36,250円 医療見舞金や、1日あたりの入院に伴う見舞金の限度額を見る限り、傷害補償についても安心できるといえるでしょう。 このように、Uberの保険の支払い限度額は「対人・対物賠償責任」と「傷害補償」のどちらにおいても、アンケートの結果を上回ることが分かりました。 ここで、ウーバーイーツの配達パートナーの自転車保険について調べている人の中には「他のサイトの記事と言っていることが違う…」と思った人もいるかもしれません。 たしかに、ネット上には配達中の事故に対応できる「施設賠償責任保険」への加入を勧めるサイトもあります。 実はこれ、2019年9月まではUberの保険には傷害補償が付いていなかったことが関係しているんです。 2019年10月からは傷害補償が増えたため、他サイトが勧める施設賠償責任保険への加入は必要ないでしょう。 【注意点】Uberの保険は配達中のみ対象となる 補償額的には手厚いと思えるUberの保険ですが、実は注意点もあるんです…。 Uberの保険で気をつけるべき最大の注意点は、補償される時間に限りがあるということです! 補償される時間に関して、Uber公式ホームページには以下のような記載があります。 ウーバーイーツの配達パートナーに個人で自転車保険に加入するように勧めるサイトが多い理由は、Uberの保険が利かない無保険状態の時間を無くすためなんですね! 必ずしも自転車保険への加入が必要というわけではない しかしながら、配達中以外はUberの保険が利かないからといって、みんながみんな自転車保険に加入した方がいいかと言ったらそうでもないんです。 この理由を説明するために、まず自転車保険の構造について説明したいと思います。 自転車保険は「個人賠償責任補償」と「傷害補償」の2つから構成される 自転車保険と名乗る保険は、基本的に「個人賠償責任補償」と「傷害補償」の2つの補償がベースとなり、これらにその他の補償やサービスが付帯する形式を取っています。 Uberの保険と自転車保険の補償の対応関係を見てみると、 対人・対物賠償責任 = 個人賠償責任補償 となっているので、Uberの保険の「対人・対物賠償責任」と「傷害補償」があれば、わざわざ自転車保険に加入する必要はありません。 個人賠償責任補償と同様に、これらの保険に加入している人は改めて契約内容を確認してみましょう。 これらの保険に加入しているのであれば、自転車保険の傷害補償に相当する補償を受けることができるといえます。 【注意点】通常の保険は配達中は適用されない 先ほどUberの保険は配達中のみ適用されると説明しましたが、反対に自転車保険をはじめほとんどの保険は配達中は補償適用外となるので注意しましょう。 これは通常の保険は日常生活を想定した商品のため、事業で運転中は補償されないのです。 配達中はUberの保険で、配達以外の時間は既加入の保険等で対応しよう! ウーバーイーツの配達パートナーの保険について解説しました。 Uberの保険「配達パートナー向けサポートプログラム」は、補償金額的には手厚いといえます。 しかし、配達パートナー向けサポートプログラムは配達中しか適用されないため、配達中以外を補償してくれる保険については既加入の保険を確認してみる必要があるでしょう。 もし他の保険等で「個人賠償責任補償」と「傷害補償」を受けることができるなら、それが自転車保険の代わりになるため、わざわざ自転車保険に加入する必要はありません。 また、配達中に補償してくれる「施設賠償責任保険」にあえて自身で加入する必要は少ないように感じます。 ウーバーイーツの配達パートナーに興味のある人は、無保険状態の時間を作らないように改めて自身が加入している保険を確認し、必要な保険に加入していない場合は自転車保険を検討しましょう!.

次の

Uber Eats(ウーバーイーツ)の事故@保険は?自転車事故と火傷を負わせた場合

ウーバーイーツ 無責任

・ウーバーイーツ配達員と歩行者の衝突 ・ウーバーイーツ配達員と自動車の接触 です。 今では、配達中の事故に関しては、医療費が出るようになったようですが、少し前まで、事故については、あくまで自己責任という扱われ方をされていたようです。 配達員とウーバーイーツの間に、雇用形態はありません。 配達員は、業務委託という形で、個人事業主のような扱いになります。 基本的には、個人事業主であるウーバーイーツ配達員が、稼働中に、何らかのトラブルや問題に巻き込まれても、自己責任となります。 そして、ウーバーイーツは、その責任を一切負わない、というスタンスを取ります。 そのトラブルを解決する為に、必要であれば、個人事業主自身で、警察や弁護士に相談しなければなりません。 クラウドソーシングとの類似性 筆者は、フリーランスのエンジニアです。 以前、クラウドワークスやランサーズなどの、いわゆるクラウドソーシングを利用していた時期がありました。 クラウドソーシングを通じて、数々のトラブルを経験しました。 一般人が、詐欺や犯罪まがいの出来事に遭遇するのも、稀ではありません。 クラウドソーシングを利用していて思うのは、クラウドワークス等も、ウーバーイーツに近しいサービス、という事です。 利用者は、フリーランスです。 雇用形態は、業務委託で、個人事業主となります。 発注者と受注者間のトラブルに関しては、クラウドワークス等は、一切、責任を負いません。 フリーランス(受注者)は、ウーバーイーツ配達員と同様に、自力で、解決を図る必要があるのです。 しかし、トラブル発生時、フリーランスが自力で解決をしようと奔走しても、必ずしも良い結果に至るとは限らないのです。 それを、引き続き、説明します。 個人事業主の負担の重さ まず、ウーバーイーツ配達員やクラウドワークス等の利用者が全員、法律に長けている訳で無いのは、言うまでもありません。 収入の足しになるように、副業的な形で、利用している方も多いでしょう。 トラブル発生時の負担は、かなり重くのしかかります。 この手の、トラブルの結末は、最終的に、法律による判断に行き着かざるを得ません。 順を追って説明しましょう。 利用者同士で、何らかの、トラブルが発生。 ここで、当人同士の話し合いで解決すれば、一応、問題はありませんが、そう上手くはいかない場合、運営会社(ウーバーイーツやクラウドソーシング)に、相談する事になります。 しかし、前述の通り、運営会社は、基本的に、助けてくれません。 当人間で、話し合いをして、勝手に、解決をしてくれ、と突き放してきます。 この次のフェーズとして、行政機関に相談することになります。 行政では、この手の、相談窓口の門戸が開かれています。 しかし、行政に相談しても、ほぼ解決しないと言っても過言ではないでしょう。 或る機関に相談に行ったら、ほぼほぼ、同じような別の機関に相談に行く事を進められます。 そして、その機関に言ったら、また別の・・という具合です。 一般的には、たらい回しと呼ばれる対応です。 最終的なフェーズとして、法テラス等、弁護士に相談する必要が出てきます。 しかし、法律初心者にとっては、結構なハードルがあります。 加えて、弁護士に、正式に依頼するとなると、費用も安くはありません。 ここまでやって、費用対効果を考えて、結局、泣き寝入りする結末を選ぶ。 そんな方々は、少なくありません。 そして、加害者や、トラブルを引き起こした場を提供したサービス業者は、何のお咎めもなしです。 業務委託という働き方を提供する業者の裏側には、このような仕組みが隠されているのです。 誰も責任を取らないサービスの結末は こういった、誰も責任を取らない(取りたがらない)サービスは、社会にどのような影響を及ぼし、今後、どのような結末に至るのでしょうか。 一言で言うと、確実に、社会の治安が悪くなります。 換言すると、言い方は悪いですが、 治安悪化の一翼を担っている、サービスとも言えてしまいます。 誰も責任を取らない状況を、考えてみてください。 詐欺や犯罪的な事が発生しても、誰も責任を取らないのです。 そうすると、法律というものが機能しなくなってきます。 換言すると、法律が関係なくなっていき、次第に、法律の抑止力が溶けていきます。 ウーバーイーツの配達員が、密集する歩行者がいる歩道で暴走 ウーバーイーツの配達員が、歩行者に突っ込んで、逃走 クラウドワークスの求人欄には、詐欺や犯罪を助長するような案件が掲示される 悪い事をやっても別にいいんです、だって、誰も責任を取らないのだから。 だんだんと、治安が悪くなっていき、これらのサービスは、いわゆる無敵な人を醸成するプラットホームと化します。 ただ、このような問題が頻発している最近の事情を勘案し、今後、法の整備が追いかけていく事になるでしょう。 ウーバーイーツが、配達中の事故に対して、医療費を出すようになったのも、この傾向です。 治安悪化が、本格的に進行していく前に、フリーランスが極端な不利益を受けているこの状況に対して、適切な法整備がなされる事を切に願っています。

次の

ウーバーイーツ、自粛特需の素人参入で、荒れるマナーに古参が激怒。女性配達員は思わぬ恐怖も

ウーバーイーツ 無責任

ウーバーイーツの配達中は保険が自動適用 実は、現在ではウーバーイーツの配達のお仕事中は、 自動的に保険が適用されるようになっています。 がこちらです。 本プログラムは Uber が三井住友海上火災保険株式会社(以下、三井住友海上)と契約を結んでいるプログラムであり、従来の対人・対物賠償責任の保険に加えて、2019年10月1日より新たに事故による傷害補償制度が追加されます。 本プログラムは自転車・原付バイク・バイク・軽自動車を利用する Uber Eats 配達パートナーが、配達リクエストを受けた時点から配達が完了、またはキャンセルするまでの間に生じた事故に対して適用されます。 本プログラムに関する 事前申し込みや、追加料金のお支払いは必要ありません。 万が一、配達中に事故に遭われた場合はサポートセンターまでご連絡ください。 事故の報告を受け次第、専任チームが対応いたします。 しかも、この保険では交通事故だけではなく、このようなケースにも対応できます。 商品の受け渡し時に誤って料理をこぼしてしまい、注文者に火傷を負わせた• 不注意で料理をこぼしてしまい注文者の服を汚してしまった場合 配達中に起きた事故(交通事故に限らない)に関しては、補償がされます。 ウーバーイーツ登場当初(2017年)には、このような自動的な保険は存在しませんでした。 ですが、まずは自転車配達からこのような自動適用の保険がスタートし、2019年4月1日から原付バイクでも適用されるようになっています。 2019年10月からは自分への傷害補償も この自動適用の保険が適用されるようになってからも、「配達員自身の保険がないじゃないか!」という批判がありました。 つまり、事故にあってしまったとき、配達パートナー(配達員のことです)以外のものや人には保険が適用されますが、自分自身には何も補償がなかったのです。 ですがウーバーイーツ側も批判を受け止めたのか、 2019年10月からは配達パートナー自身にも保険が適用されるようになりました。 配達中に車とぶつかり、配達パートナーが怪我を負った場合• 商品の受け取り時に誤って料理をこぼしてしまい、配達パートナーが火傷を負った場合• などなど ウーバーイーツの保険で対応できないケース さて、このようなウーバーイーツの自動適用の保険ですが、完璧なものではありません。 このようなケースでは対応ができないんです。 ですので、それ以外の時間帯には保険が適用されません。 配達リクエストが来るのを待っている間(移動中など)• 仕事を終えて帰宅する最中 自分の自転車・バイクへの補償 自動的に適用される保険では、対人・対物、自分自身への補償が付いていますが、 自分の自転車やバイクへの補償がありません。 なので、自転車やバイクの車両保険に入っておくと安心です。 あまりに高額な補償 ウーバーイーツの保険では、 補償額に制限があります。 例えば自動車保険などでは、対人対物ともに無制限と言うのが一般的ですが、ウーバーイーツ保険の場合は限度があります。 自己負担分あり ウーバーイーツの保険の対物補償を利用した場合、最大5万円の自己負担が必要のようです。 (対人の場合は0円) 自分で保険に入る前にちょっと確認 さて、ウーバーイーツの自動適用の保険を紹介しました。 ここまで聞くと、 補償 ご自身のおケガ 死亡・後遺障害保険金額 1,000万円 入院保険金日額 5,000円 通院保険金日額 2,500円 第三者への賠償 限度額 対人・対物の補償(1事故2億円) 対人:2億円 対物:2億円 <特約> ・訴訟対応費用補償 支払限度額:1事故・保険期間中1,000万円 ・初期対応費用補償 支払限度額:1事故・保険期間中1,000万円 ・被害者治療費等補償 支払限度額:1名につき50万円(見舞品購入費用3万円) 賃貸にお住まいなら 賃貸アパートやマンションに住んでいる場合、不動産屋で火災保険や家財保険に加入している場合が多いと思います。 その保険の中で、 自転車保険や個人賠償責任保険がついてくる場合があります。 賃貸を契約した際の書類を引っ張り出して確認してみましょう! すでに自動車保険に加入しているなら 既に自動車を持っていて自動車保険に加入している場合、原付や自転車の保険がくっついていませんか? 原付であれば原付特約(ファミリーバイク特約)といった名前になっているかと思います。 原付の保険が無料でついてくる場合もあるので、自分の加入している保険の内容をチェックしてみてください。 バイトより自由なウーバーイーツ配達の仕事を始めるには ウーバーイーツ配達の仕事は、普通のアルバイトのようなシフトはなく、 いつでも自由に働ける・面接も履歴書も 不要・資格スキルいらず・出勤もいらず・うるさい上司もおらず・ノルマもなく・ 報酬は週払い(即日払いなことも)・服装髪型も自由!・仕事中もスマホが使える!・登録費用はもちろんかからない・なのに 稼げる!という、何拍子も揃った素晴らしい副業・仕事です。

次の