パフォーマンス ダンパー。 COX ボディダンパー /86・クラウン・プリウス・アルファード/ヴェルファイア・エスティマ・RX450h・カムリハイブリッド|DTEC

セロー250にパフォーマンスダンパーを装着

パフォーマンス ダンパー

新しい発想により、ハンドリング性能と走行安定性を大幅に向上。 走行時の振動を軽減し、乗り心地と静粛性の向上を実現します。 車両の最適なポイントに装着することにより、路面状況よって変化するボディの変形や振動を素早く、かつ穏やかに整える効果があり、乗り心地に影響する路面の凹凸による突き上げ感や、走行中の変形時に発生する反発力だけを吸収します。 また、ワインディングロードにおいてはコーナリング時のボディの揺り返し(反発)を吸収することで圧倒的な安定性をもたらすなど、その効果はドライバーだけでなく、同乗者も体感することができます。 その構造の特徴は、超微低速に対応するピストンバルブが設定されていること、そしてガス反力につり合うようにコイル・スプリングが内蔵されていることです。 実際、カーオーディオはボディダンパーの装着によって低音が強調されて聞こえます。 低音が良くなったせいか、ツィーターの音の汚さが目立つようになった。 詳しくは、をご覧ください。 その性能は国内外で評価されており、数多くの技術賞受賞の実績を持つ機能部品です。 コックスではそんな革新的なヤマハパフォーマンスダンパーをベースに、個々の車両に最適なセッティングを納得のいくまで繰り返し『 コックスボディダンパー』として製品化しています。 さらに、製品の取り付け方法にも工夫を凝らし、見えない位置に取り付けています。 これは永く安全に使用していただくためにほかありません。 われわれはこれまでに日本車・輸入車を問わず40車種以上を設定してきましたが、今後もラインナップを追加していく予定です。 そして、こうした『 車種別完全専用設計』 こそが「COXのこだわり」であり、コックスボディダンパーのパフォーマンスを最大限に引き出すための秘訣でもあります。 他車種への流用は絶対に行わないでください。 適合形式や対応グレードなど詳しくは各取扱ブランドへお問い合わせください。

次の

ボディダンパーの効果とは?

パフォーマンス ダンパー

新しい発想により、ハンドリング性能と走行安定性を大幅に向上。 走行時の振動を軽減し、乗り心地と静粛性の向上を実現します。 車両の最適なポイントに装着することにより、路面状況よって変化するボディの変形や振動を素早く、かつ穏やかに整える効果があり、乗り心地に影響する路面の凹凸による突き上げ感や、走行中の変形時に発生する反発力だけを吸収します。 また、ワインディングロードにおいてはコーナリング時のボディの揺り返し(反発)を吸収することで圧倒的な安定性をもたらすなど、その効果はドライバーだけでなく、同乗者も体感することができます。 その構造の特徴は、超微低速に対応するピストンバルブが設定されていること、そしてガス反力につり合うようにコイル・スプリングが内蔵されていることです。 実際、カーオーディオはボディダンパーの装着によって低音が強調されて聞こえます。 低音が良くなったせいか、ツィーターの音の汚さが目立つようになった。 詳しくは、をご覧ください。 その性能は国内外で評価されており、数多くの技術賞受賞の実績を持つ機能部品です。 コックスではそんな革新的なヤマハパフォーマンスダンパーをベースに、個々の車両に最適なセッティングを納得のいくまで繰り返し『 コックスボディダンパー』として製品化しています。 さらに、製品の取り付け方法にも工夫を凝らし、見えない位置に取り付けています。 これは永く安全に使用していただくためにほかありません。 われわれはこれまでに日本車・輸入車を問わず40車種以上を設定してきましたが、今後もラインナップを追加していく予定です。 そして、こうした『 車種別完全専用設計』 こそが「COXのこだわり」であり、コックスボディダンパーのパフォーマンスを最大限に引き出すための秘訣でもあります。 他車種への流用は絶対に行わないでください。 適合形式や対応グレードなど詳しくは各取扱ブランドへお問い合わせください。

次の

COX ボディダンパー /86・クラウン・プリウス・アルファード/ヴェルファイア・エスティマ・RX450h・カムリハイブリッド|DTEC

パフォーマンス ダンパー

スポンサーリンク この度、私は初めて新車を購入しました。 自動車販売やっているときなら、もう少し安く買えたかな?とか思いますが、まあ言うまい。 満足しています。 のGグレードです。 そこで気になったのがTRDダンパー。 「ボディ剛性を上げるわけではないです。 車両に生じたわずかな歪みを吸収します」 みたいなうたい文句です。 でMCで追加された2リッターターボ限定の装備ではないでしょうか? これはそそります。 車両価格で600万円を超えてしまった商談ルーム、私には日常感覚は希薄だという認識はありました。 つまり、今、購入しないと後で付け足すことは絶対にしないでしょう。 妻に相談すると、意外にも「良いよ」。 あれ?妻も金銭感覚おかしくなってるんだろうか? まあ、そもそも「クラウン」は妻の好みでもあったから、ここは譲歩してくれたんだろう。 で、実際、付けてみてどうなのか? 正直、直線では余り分からない(笑)。 ただ、カーブのときはノーマル「クラウン」より鼻先の入りかたがますます素直です。 あと段差を乗り越えたときの振動の収まりが少し良くなります。 「クラウン」のGグレードは標準で17インチですから、スポーツ仕様の18インチより元々、乗り心地は良いです。 それがさらに良くなるわけですから文句はありません。 営業の方も「曲がり方がスムースですね!」と驚いていたので私の感想もあながち間違いではないのでしょう。 この商品、前後で10万円くらい。 車種によっては前後どちらかだけという商品もあります。 どちらかを買えるなら断然、フロント側ですね。 効果はフロント7、リア3、って感じです。 FF車ならもっと比率はフロント寄りになるのでは? 新車を買って、財布にダメージがある状態ではなかなか購入できないオプションですが、新車購入時の浮かれた状態なら注文できてしまうTRDダンパー、お薦めです。

次の