エスプレッソ マティーニ。 第五回 「エスプレッソマティーニ」

栄のオーセンティックバー「カクテルバー・ティンクル」

エスプレッソ マティーニ

アルコール感、コーヒーのビターな味わいが感じられ、飲みごたえもしっかり。 すっと差し出された一杯は、バーボンの骨太なアルコール感、ベルモットの華やかな香り、そしてエスプレッソやブラックチョコレートリキュールの香ばしさが合わさり、多重層な味わいがする。 小松さんは言う。 「僕はコーヒーカクテルが好きで、開店時にマシンを導入することも考えました。 でも現実的な問題もあって、今は、近くのカフェで買ってきています。 コーヒーはあくまで、お酒に添わせる副材料だと思うんです」 そして、小松さんはこう続けた。 「私が提供するカクテルは、コーヒーが主役ではありません。 ジンオンザロックにエスプレッソをひと垂らししてもいい。 コーヒーの香りは誰もがなじみがあるもので、疲れずに飲み続けられるカクテルをつくるためのひとつのアイテムなんです。 カフェインの強いカクテルでは2杯以上は飲めませんが、私が頭に置いているのは2杯以上飲めるカクテルです」 バーテンダーとバリスタのアプローチはまるで違う。 次は、それぞれのオリジナルコーヒーカクテルを味わいながら、さらにその違いを比べてみよう。

次の

スターバックス発、 コーヒーカクテル最前線! <前編>

エスプレッソ マティーニ

27 近年コーヒーの街として注目を集める福岡で、スイーツも実力派のコーヒーショップ&コーヒースタンドをピックアップしました。 ふわふわのシフォンケーキや、味のバラエティ豊かなドーナツなど、どれもコーヒーとの相性抜群です。 ぜひ参考にして、お出かけを楽しんでみてはいかがでしょう? 記事配信: CITADEL【大名】 お酒との融合を提案する大人のためのコーヒーバー。 自家製コーヒーラムなどを使う「エスプレッソマティーニ」(850円)、「本気ティラミス」(550円) 2017年4月open コーヒーとお酒を組み合わせた斬新なスタイル。 コーヒーカクテルは、ブランデーベースの「カフェ・ロワイヤル」(900円)など30種以上が揃う。 自家製リキュールのフルーティーな味わいが個性的な「コールドブリューオレンジジントニック」(850円)もぜひ。 カクテルに使用するコーヒーは天神の「MANO+MANO」に特注する、やや浅煎りのブレンド 夜の喫茶店としても利用してほしいと、チャージは不要 日々の拠り所になれたらという思いから、店名は「要塞」の意 CITADEL(シタデル) TEL/092-688-4190 住所/福岡県福岡市中央区大名1-8-40 林毛町通りビル2階 営業時間/17時~翌3時 定休日/月 アクセス/地下鉄赤坂駅より徒歩6分 駐車場/なし Good up Coffee【高砂】 抽出に対しひたすら真摯に引き出すのは豆の個性。 エスプレッソ強めの「アイスラテ」(500円)、「あんこトースト」(500円) 2017年4月open 街角にひっそりたたずむ。 使う豆は久留米「COFFEE COUNTY」と、熊本「ANDCOFFEE ROASTERS」の浅煎りを厳選。 3種ある豆はどれも華やかな酸味と個性的なフレーバーを持つ。 人気店「pain stock」のパンドミを使うトーストと一緒にどうぞ。 抽出はドリップとエスプレッソの2通り。 豆の挽き目や湯温を微調整し、雑味を抑える Good up Coffee(グッド アップ コーヒー) 住所/福岡県福岡市中央区高砂1-15-18 営業時間/12時~20時、木・日は~18時30分 定休日/水 アクセス/西鉄バス高砂バス停より徒歩3分 駐車場/なし FUK COFFEE【春吉】 旅や空港をテーマとしたフォトジェニックスペース。 豆は福岡のスペシャルティコーヒーの先駆「ハニー珈琲」から仕入れるブレンドで、豆由来の果実味のあるフレーバー、華やかさをしっかり感じられる。 ベンチタイプのシートや壁に備え付けられたハイテーブルなど、空港のロビーを思わせる造り 春吉の三光橋交差点付近にオープンしたコーヒースタンド。 Instagramでも話題を集めている カラフルなステッカーが貼られたスーツケースが看板代り FUK COFFEE(フック コーヒー) TEL/092-752-3135 住所/福岡県福岡市中央区春吉3-21-17 営業時間/8時~22時 定休日/不定 アクセス/地下鉄天神南駅より徒歩2分 駐車場/なし Siro Coffee【西新】 独創的なアレンジラテを洗練された空間で楽しむ。 エスプレッソと意外な好相性の「ほうじ茶ラテアイス」(480円)、深いコクを感じる「チーズケーキチョコレート」(450円) 2017年4月open フォロワー数約5000と、インスタ女子を中心に話題を集める。 その理由はラテ系メニューを中心に随所に感じる多彩なアレンジ力はもちろん、フォトジェニックな空間やオリジナルグッズのセンスの良さ。 カップ一つとっても画になる! さりげなく飾られた流木やドライフラワーがオシャレな空間 Siro Coffee(シロ コーヒー) 住所/福岡県福岡市早良区城西2-12-16 営業時間/11時~19時 定休日/水、第1・3火 アクセス/地下鉄西新駅より徒歩7分 駐車場/なし FOREST MARK ESPRESSO【薬院】 バリスタから焙煎士へ転身、雑貨店内の注目コーヒー店。 エスプレッソ2とスチームドミルク1. 5、フォームドミルク0. 5の比率で合わせた「ジブラルタル」(450円)、「自家製シフォンケーキ」(380円) 2017年2月open 西新の人気店が移転。 数々の名バリスタを輩出している東京の「アマメリアエスプレッソ」で経験を積んだ店主の八田さんが営むロースターカフェで、雑貨店に併設する。 豆売りにも力を入れ、焙煎度が違う個性豊かなブレンド2種が看板。 雑貨店「sarasa design lab福岡」内で存在感を放つ焙煎機。 カフェスペースはカウンター6席を用意 店があるのはビル2階で、ひっそりと出している看板を目印に。 ドリンクは全品テイクアウト可 豆売りはブレンド2種(100g640円、200g1100円) FOREST MARK ESPRESSO(フォレスト マーク エスプレッソ) TEL/090-2518-5377 住所/福岡県福岡市中央区薬院1-16-17 イビサルテビル2階 営業時間/12時~19時、日8時~17時 定休日/火(月は不定) アクセス/西鉄薬院駅より徒歩4分 駐車場/なし FIKA COFFEE【中洲川端】 オフィス街でホッと一息、憩いの自家焙煎カフェ。 ベイクドチーズケーキ(写真)かガトーショコラが選べる「ケーキセット」(750円)。 ラテメニューの場合+150円 2017年1月open 姉弟で営むアットホームなカフェ。 豆の個性を引き立たせるフレンチプレスを採用し、店内ではブレンド2種と日替りのコーヒーが選べる。 豆の量り売り(100g~)はブレンド4種、産地・焙煎度が異なるシングルオリジン12種と多彩。 店主の山本さんの人当りの良さも魅力。 店内のインテリアもステキ 店内で自家焙煎 手みやげにもおすすめの、ドリップバッグ(1個160円) 店名の「FIKA」はスウェーデン語でコーヒーブレイクの意味.

次の

カルディ限定ティムタム『ココナッツクリーム・ソルテッドキャラメル・エスプレッソマティーニ』のおすすめ度は? 気になる量や味をチェック

エスプレッソ マティーニ

マティーニといえばカクテルの中でもとても有名なものです。 「カクテルの王様」とも言われているほどで、バーなどでショートカクテルを飲んでいる女性なんかを見かけると「かっこいい!」って思ってしまいますよね。 でも実はマティーニは、一般的にはジンとベルモットだけで作られているためにアルコール度数も高く割と飲みにくいのです。 マティーニには星の数ほどのレシピが存在し、多くのバーテンダーが最高のマティーニを作るために日々頭を悩ませているのです。 そんなマティーニのレシピの中でも珍しいエスプレッソを使って作っているのが【 エスプレッソマティーニ】というわけです。 そして通常、マティーニはジンを使うことが多いですが、エスプレッソマティーニではウォッカを使って作ります。 ウォッカとエスプレッソは相性がいいのですよ。 ウォッカといえばとても強いお酒ですが、エスプレッソと混ぜることにより、とても飲みやすくなるのです。 「エスプレッソ・マティーニ」はハリウッドスター、「ウルヴァリン」などで有名なヒュー・ジャックマンさんや赤西仁さんがSNSにあげられていて、それから日本で一般の方にも知られるようになったようですね。 おしゃれでコーヒーもお酒も大好きという方にぴったりのカクテルで、バーでもよくオーダーを見かけるようになったので、日本でもブームが来ている人気のカクテルです。 エスプレッソ・マティーニに必要な材料と作り方 エスプレッソマティーニの作り方ですが、これは作り方の一例であって、必ずこの作り方でなければならないというわけではありません。 カクテルというのはそういうもので、同じ名前でもいろんな作り方があります。 エスプレッソ・マティーニに必ず必要なものは、エスプレッソとお酒だけです。 今回の作り方は飲みやすいよう少し甘めの作り方になっています。 <エスプレッソマティーニの材料>• 冷やしたエスプレッソ30ml• ウォッカ45ml• カルーア45ml• ホワイトカカオ30ml• あればコーヒービーンズ3粒くらい <エスプレッソマティーニの作り方>• カクテルグラスを前もって冷やしておきます。 シェーカーにウォッカを注いでから、カルーア、ホワイトカカオ、冷やしたエスプレッソを入れ、氷を入れてシェイクします。 しっかりシェイクしたらカクテルグラスに注ぎ、飾りにコーヒービーンズを浮かせて完成です。 シェイカーを使うカクテルでエスプレッソも必要になるので、おうちで作るには少し難易度が高いかもしれません。 エスプレッソマティーニを作るのに必要なお酒の種類とおすすめの銘柄 今回はウォッカというお酒を使いましたが、銘柄はさまざまです。 私は、エスプレッソ・マティーニには「アブソルート」という銘柄のウォッカが合うと思っています。 理由はいろいろあるのですが、このアブソルートというのがとてもクリアで雑味がなく、合わせたものの特長の邪魔をしないで、アブソルートの持ち味も消えないという利点があるからです。 ウォッカなのにジンに近い感じがする、という点もマティーニとして完成度が高くなると感じました。 日本でウォッカというと他に有名なスミノフやギルビーなどがありますが、アブソルートは中でも割り物に合うカクテル向きのウォッカです。 切れのあるドライな味わいでアルコールのとげとげしさも感じません。 でも、コーヒーで割ると本当に飲みやすくなってしまうので、飲みすぎにはくれぐれもご注意を。 今回は「カルーア」も使っています。 カルーアとはコーヒーリキュールの一種で、バーなどで「カルーア・ミルク」は定番ですね。 カルーアというのは銘柄ですので、カルーア以外の他のコーヒーリキュールを使った場合は、「カルーア・ミルク」は名乗れません。 「ホワイトカカオ」もその名の通り、ホワイトカカオから作られたリキュールです。 普通のカカオは茶色い色をしていますが、このカカオは初めから白く、希少な種類です。 最近はこのホワイトカカオだけを使って作ったチョコレートまで売り出されているという話も聞いたことがあります。 エスプレッソマティーニをカフェバーなどで頼んでみよう 今回、ご紹介している「エスプレッソ・マティーニ」ですが、エスプレッソマシーンがなければエスプレッソが作れませんし、シェーカーを使うので、シェーカーなんて持ってないし使い方も分からないという方も多いでしょう。 そんな方にはバーで飲んでみるのがおすすめですね。 もちろんお店によってはメニューにないお店もありますが、エスプレッソ・マティーニが飲めるお店が東京を中心に、横浜、名古屋、福岡、熊本などにあることがネットで調べると出てきました。 特にシェーカーの振り方なんて素人がやってもうまくできませんので、プロの方にお任せするのが一番です。 バーテンダーはお客様の体調や好みなどを考えて、お酒を作ってくれる有難い存在です。 遠慮なく「お酒は実は苦手だけど飲んでみたい」と言ってもいいですし、カクテルに使うお酒の銘柄も指定していいんですよ。 カクテルというのはひとつしか正解のないものではないのですから、なんでも相談して自分の好みのカクテルを作ってもらいましょう。 ちなみに、「バーテンダー」とは「バー」(止まり木)と「テンダー」(優しい)の複合語です。 バーは店の中が見えない重厚な扉で閉ざされているところが多いですね。 それはバーが一歩入れば別の世界だからです。 静かな空間で時を忘れて、おいしいお酒を飲み、心を許せる友人や、時にはひとりで自分自身と語らう場所。 それをサポートしてくれるのがバーテンダーです。 バーの扉の中をまだ知らない方がいらっしゃったら、是非一度扉を開けてみてください。 ゆったりと優しい時間があなたをつつんでくれますよ。 エスプレッソマティーニはコーヒー好きにはたまらない海外の人気なカクテル エスプレッソマティーニについて解説してきましたが、内容をまとめると• エスプレッソ・マティーニはハリウッドセレブにも飲まれているということで、日本でも飲めるお店が増えています。 エスプレッソ・マティーニに絶対のレシピはなく、エスプレッソとお酒、甘い方が好きな方はカルーアなど飲みやすいリキュールを使うと良いです。 エスプレッソマシーンやシェーカーなどが必要なのでエスプレッソ・マティーニを飲めるお店を探すのもひとつの手段です。 バーは初めは入りづらいかもしれませんが行ったことのない方には是非一度行ってみていただきたいです。 バーテンダーはお客様のサポーターなのでなんでも聞いてみましょう。 それでは、コーヒーとお酒をこよなく愛する皆様とまたお会いしましょう。 今夜も良いひと時があなたに訪れますように。

次の