朝日新聞 2ch。 【朝日新聞】北海道大の西浦博教授のコメント部分について、加筆修正しました(7月12日) [マスク着用のお願い★] │ 2chまとめサイト 2

朝日新聞はなぜこんなに嫌われるのか——「権力批判はメディアの役割」という幻想の終わり

朝日新聞 2ch

[ロンドン発] 英オックスフォード大学内に設置されているシンクタンク、ロイター・ジャーナリズム研究所の調査報告書「デジタルニュース・リポート2018」で、朝日新聞に対する信頼度が日本の五大紙の中で最下位となりました。 2位は地方紙の5. 87ポイント。 3位は読売新聞5. 76ポイント、4位は産経新聞5. 68ポイント、5位は毎日新聞5. 63ポイント、朝日新聞は6位の5. 35ポイントに沈みました。 読者の信頼度で見てみても日経新聞がトップの6. 83ポイント。 2位は産経新聞で6. 51ポイント、3位は地方紙と読売新聞で6. 45ポイント。 朝日新聞は毎日新聞を0. 01ポイント上回って5位の6. 27ポイントです。 右派の攻撃に沈んだ朝日 取材現場で受ける筆者の印象では朝日新聞の記者は地道に足で稼いで記事を書いているように感じますが、読者の認識は全く違うようです。 日本の分析を担当した共同通信の澤康臣氏は調査報告書の中で次のように指摘しています。 「朝日新聞の信頼度は、極めて保守的な産経新聞を含む五大紙の中で最下位となった。 リベラルな高級紙(朝日新聞)は保守派の与党・自民党と右寄りメディアの両方からの批判にさらされてきた」「安倍晋三首相はフェイスブックに朝日新聞の学校法人『森友学園』報道の検証記事に対して『哀れですね。 朝日らしい惨めな言い訳。 予想通りでした』と書き込んだ」「また、保守系の足立康史・衆議院議員(日本維新の会)は『朝日新聞は万死に値する』とツイートし、右寄りの雑誌は『朝日新聞を廃刊に追い込まなければならない』と見出しを掲げている」「さらなる分析から、朝日新聞の信頼度が低いのは部分的に、右派からの声高で党派的な批判からくる高いレベルの不信の結果によることが分かっている。 今年の調査が終わってから、朝日新聞は政府を立ち往生させ、安倍首相の支持率を下げるスクープを連発したが、このインパクトは今年の調査には反映されていない」 尾を引く「吉田証言」と「吉田調書」 14年、朝日新聞は過去の従軍慰安婦報道を検証し「吉田清治証言」を取り消し、元福島第一原発所長、吉田昌郎氏の「吉田調書」についても誤報を認め、当時の木村伊量社長が引責辞任しました。 筆者はやはり、この2つの問題が大きく尾を引いていると思います。

次の

朝日新聞は300人の工作員で2chを荒らして、言論工作できると思っ

朝日新聞 2ch

ここ近年、ネットで下品な工作活動をする者が大勢おり、問題視されていた。 その発信元は公開されていないため不明だが、朝日新聞社が規制されるとこれらの工作活動が止まり、規制が解除されると復活するという珍現象が発生した。 朝日新聞社を規制するだけで工作活動が止まり運営は驚愕し、規制解除すると瞬時に元通りになったため全員が驚愕した。 報告によると、朝日新聞社規制中に起きた現象は次の通り。 大量にあった「」レッテル張りが無くなった• 大量にあった自民叩きのAAが無くなった• 「小沢さん」を擁護する書込みが無くなった• 民主党を擁護する書込みが無くなった• 北朝鮮・韓国を擁護する書込みが無くなった• 日教組を擁護する書込みが無くなった• 「」レッテル張りが無くなった• マスゴミ擁護の書込みが無くなった• 上から目線の加齢臭漂うネット批判書込みが無くなった• 主に携帯からの「アク禁は2chらしくない」等の単発工作書込みが異常増加 予てから嫌われていた朝日新聞社が規制されたとあってとなり、では投稿が加熱、4日ルール以降では一位二位を争うスレ数を獲得する勢いでスレッドが消費され続けた。 この速度は、毎日新聞変態報道事件を超えている。 当初は朝日新聞社が規制され、2ちゃんねるも清浄な雰囲気の中でスレッドは進んでいたのだが、途中で規制が解除されると、途端に以前のように下品な投稿が増え雰囲気が悪くなった。 かくして、工作員は、朝日新聞社の関係者か、築地のビルに同居する朝鮮系ではないかと考えられるようになった。 コテハンとの口論が全ての発端であった。 主なレスを引用する 無意味な行は削除。

次の

【朝日新聞】乱用懸念、ネット中傷者特定しやすく、政府与党が検討 [マスク着用のお願い★]

朝日新聞 2ch

[ロンドン発] 英オックスフォード大学内に設置されているシンクタンク、ロイター・ジャーナリズム研究所の調査報告書「デジタルニュース・リポート2018」で、朝日新聞に対する信頼度が日本の五大紙の中で最下位となりました。 2位は地方紙の5. 87ポイント。 3位は読売新聞5. 76ポイント、4位は産経新聞5. 68ポイント、5位は毎日新聞5. 63ポイント、朝日新聞は6位の5. 35ポイントに沈みました。 読者の信頼度で見てみても日経新聞がトップの6. 83ポイント。 2位は産経新聞で6. 51ポイント、3位は地方紙と読売新聞で6. 45ポイント。 朝日新聞は毎日新聞を0. 01ポイント上回って5位の6. 27ポイントです。 右派の攻撃に沈んだ朝日 取材現場で受ける筆者の印象では朝日新聞の記者は地道に足で稼いで記事を書いているように感じますが、読者の認識は全く違うようです。 日本の分析を担当した共同通信の澤康臣氏は調査報告書の中で次のように指摘しています。 「朝日新聞の信頼度は、極めて保守的な産経新聞を含む五大紙の中で最下位となった。 リベラルな高級紙(朝日新聞)は保守派の与党・自民党と右寄りメディアの両方からの批判にさらされてきた」「安倍晋三首相はフェイスブックに朝日新聞の学校法人『森友学園』報道の検証記事に対して『哀れですね。 朝日らしい惨めな言い訳。 予想通りでした』と書き込んだ」「また、保守系の足立康史・衆議院議員(日本維新の会)は『朝日新聞は万死に値する』とツイートし、右寄りの雑誌は『朝日新聞を廃刊に追い込まなければならない』と見出しを掲げている」「さらなる分析から、朝日新聞の信頼度が低いのは部分的に、右派からの声高で党派的な批判からくる高いレベルの不信の結果によることが分かっている。 今年の調査が終わってから、朝日新聞は政府を立ち往生させ、安倍首相の支持率を下げるスクープを連発したが、このインパクトは今年の調査には反映されていない」 尾を引く「吉田証言」と「吉田調書」 14年、朝日新聞は過去の従軍慰安婦報道を検証し「吉田清治証言」を取り消し、元福島第一原発所長、吉田昌郎氏の「吉田調書」についても誤報を認め、当時の木村伊量社長が引責辞任しました。 筆者はやはり、この2つの問題が大きく尾を引いていると思います。

次の