コカコーラ 株 配当。 コカコーラ【KO】から配当金のまとめ【米国株】

コカ・コーラ【KO】が58年連続の増配!

コカコーラ 株 配当

【KO】コカ・コーラから配当金5000円ゲットしました!【KO】コカ・コーラは連続増配54年で配当王、更にバフェット銘柄で米国株でも最も人気がある銘柄の一つです。 それでも現状ではもみあげは追加投資するつもりはありません。 理由としてはバリュエーション的に割高にみえる、中国の成長力への依存度が大きいということで、追加投資は今はしないです。 その理由も説明いたします。 では米国株投資家もみあげの「【KO】コカ・コーラ配当金5000円!バフェット銘柄でも追加投資しない理由とは?」をお楽しみください! *投資判断はあくまで自己責任で• 【KO】コカ・コーラ配当金実績 株数:118株 投資額:$5,300 ポートフォリオ比率:6. コカ・コーラの分析記事です。 今回の割高という判断にも絡んでくるのですが、成長路線に経営がシフトしています。 またボトリング事業を整理してるため、収益性も向上しています。 【KO】コカ・コーラ増配率予想 2011年からのグラフを確認すると2015年までは毎年10%近く増配していましたが、直近は5-6%です。 2019年は増配率はさらに下がりそうです。 2018年は配当は0. 56でした。 2018年のEPSは0. 08でした。 それに対して2019年のEPSと配当ですがコカ・コーラが予想通りの決算を達成できれば2019年のEPSは0. 44(予想)=2. 11となりEPSは2018年を1. 上記をベースに2019年配当は0. 40 予想)で合計1. 6と予想します。 2018年配当1. 56と比較して2019年配当1. 6ならば 2. 5%の増配率になります。 前年の増配率より2. 5%近く落ちますが、連続増配は継続しそうですね。 追加投資しない理由 バリュエーション的に割高 同じような銘柄を比較するとバリュエーション的に割高に見える理由が分かると思います。 【KO】コカ・コーラ、【PEP】ペプシコ、【MCD】マクドナルドで比較してみます。 79 一番注目したいのは予想PERがほぼ同じ数字であるにも関わらず、PEGレーシオ 株価収益率(PER)を、一株当たりの利益成長率で割った指標のことです。 1以下だと割安といわれる がコカ・コーラが最も高いんです。 ちなみにマクドナルドは営業利益率40%です。 それに対してコカ・コーラは30%となると、コカ・コーラがどうしても割高に見えてしまいます。 確かにQ2の決算では、アジア地域特に中国の売り上げ上昇によって、好成績を収めることができました。 ただし現在は中国の成長に陰りが見えています。 中国の売り上げが落ちると必然的にコカ・コーラの売り上げ影響度は非常に大きくなります。 よって、一度Q3の決算を確認して、決算次第で追加投資を行っても十分だと考えています。 逆にもしQ3の決算が多少躓いてもコカ・コーラの経営基盤は簡単には揺るがないと考えるので、その時が少し割安になって追加投資するチャンスかもしれないです。 まとめ いかがだったでしょうか?「【KO】コカ・コーラ配当金5000円!バフェット銘柄でも追加投資しない理由とは?」を記事にしました。 コカ・コーラの決算は10月18日を予定しています。 1ヶ月前からトレンドが変わって、生活必需品が売られたのが原因です。 もみあげが懸念するバリュエーション的に割高に見える、中国の成長性への依存度が高いという点が解消されれば、追加投資する価値がある銘柄です。 今後もコカ・コーラはしっかりホールドしていきたいですね。 では皆さんの米国株投資による明るい資産運用を願って! *投資判断はあくまで自己責任で Keep your finger's crossed! 是非ともコカ・コーラにも続いてほしいですね。 マイクロソフトも増配を発表しました。 9%の増配を予想してたのですが、11%の大幅増配です。 ホルダーとしては最高に嬉しいですね。 関連記事です。 マクドナルドも増配を発表しましたよね!増配=決算も期待できるのでホルダーとしては非常にうれしいニュースになります。 stepping.

次の

米国株コカコーラ(KO)は配当王!NYダウ暴落や世界同時株安でも安定の株価! │ サラリーマン研究者クロノの投資ブログ

コカコーラ 株 配当

【KO】コカ・コーラから配当金5000円ゲットしました!【KO】コカ・コーラは連続増配54年で配当王、更にバフェット銘柄で米国株でも最も人気がある銘柄の一つです。 それでも現状ではもみあげは追加投資するつもりはありません。 理由としてはバリュエーション的に割高にみえる、中国の成長力への依存度が大きいということで、追加投資は今はしないです。 その理由も説明いたします。 では米国株投資家もみあげの「【KO】コカ・コーラ配当金5000円!バフェット銘柄でも追加投資しない理由とは?」をお楽しみください! *投資判断はあくまで自己責任で• 【KO】コカ・コーラ配当金実績 株数:118株 投資額:$5,300 ポートフォリオ比率:6. コカ・コーラの分析記事です。 今回の割高という判断にも絡んでくるのですが、成長路線に経営がシフトしています。 またボトリング事業を整理してるため、収益性も向上しています。 【KO】コカ・コーラ増配率予想 2011年からのグラフを確認すると2015年までは毎年10%近く増配していましたが、直近は5-6%です。 2019年は増配率はさらに下がりそうです。 2018年は配当は0. 56でした。 2018年のEPSは0. 08でした。 それに対して2019年のEPSと配当ですがコカ・コーラが予想通りの決算を達成できれば2019年のEPSは0. 44(予想)=2. 11となりEPSは2018年を1. 上記をベースに2019年配当は0. 40 予想)で合計1. 6と予想します。 2018年配当1. 56と比較して2019年配当1. 6ならば 2. 5%の増配率になります。 前年の増配率より2. 5%近く落ちますが、連続増配は継続しそうですね。 追加投資しない理由 バリュエーション的に割高 同じような銘柄を比較するとバリュエーション的に割高に見える理由が分かると思います。 【KO】コカ・コーラ、【PEP】ペプシコ、【MCD】マクドナルドで比較してみます。 79 一番注目したいのは予想PERがほぼ同じ数字であるにも関わらず、PEGレーシオ 株価収益率(PER)を、一株当たりの利益成長率で割った指標のことです。 1以下だと割安といわれる がコカ・コーラが最も高いんです。 ちなみにマクドナルドは営業利益率40%です。 それに対してコカ・コーラは30%となると、コカ・コーラがどうしても割高に見えてしまいます。 確かにQ2の決算では、アジア地域特に中国の売り上げ上昇によって、好成績を収めることができました。 ただし現在は中国の成長に陰りが見えています。 中国の売り上げが落ちると必然的にコカ・コーラの売り上げ影響度は非常に大きくなります。 よって、一度Q3の決算を確認して、決算次第で追加投資を行っても十分だと考えています。 逆にもしQ3の決算が多少躓いてもコカ・コーラの経営基盤は簡単には揺るがないと考えるので、その時が少し割安になって追加投資するチャンスかもしれないです。 まとめ いかがだったでしょうか?「【KO】コカ・コーラ配当金5000円!バフェット銘柄でも追加投資しない理由とは?」を記事にしました。 コカ・コーラの決算は10月18日を予定しています。 1ヶ月前からトレンドが変わって、生活必需品が売られたのが原因です。 もみあげが懸念するバリュエーション的に割高に見える、中国の成長性への依存度が高いという点が解消されれば、追加投資する価値がある銘柄です。 今後もコカ・コーラはしっかりホールドしていきたいですね。 では皆さんの米国株投資による明るい資産運用を願って! *投資判断はあくまで自己責任で Keep your finger's crossed! 是非ともコカ・コーラにも続いてほしいですね。 マイクロソフトも増配を発表しました。 9%の増配を予想してたのですが、11%の大幅増配です。 ホルダーとしては最高に嬉しいですね。 関連記事です。 マクドナルドも増配を発表しましたよね!増配=決算も期待できるのでホルダーとしては非常にうれしいニュースになります。 stepping.

次の

【KO】コカ・コーラの株価と決算分析。高配当利回りと増配推移に注目

コカコーラ 株 配当

コカ・コーラ ボトラーズジャパンHDは、大手飲料メーカー。 コカ・コーラ ボトラーズジャパンHDの株主優待は、毎年12月末時点の株主を対象に実施されており、従来の内容は「100株以上を保有する株主に、保有株数と継続保有期間に応じて、コカ・コーラ社製品詰合せなどと交換できるポイントを贈呈」というものだった。 しかし、この株主優待は、2019年12月末に実施する分を最後に「廃止」されることになった。 コカ・コーラ ボトラーズジャパンHDの株主優待の廃止は「現在の収益状況および将来にわたる株主のみなさまに対する公平な利益還元のあり方などの観点から、慎重に検討を重ねた結果」とのこと。 2019年8月に、2024年までの新しい中期計画を発表し、収益性の改善と売上成長の実現に向けた抜本的な変革に取り組んでいることも、大いに影響したようだ。 今後は「安定的かつ継続的に配当を実施していくことができるよう努力」するということなので、株主優待廃止後の「配当」に注目しておこう。 なお、2019年12月末の株主優待は、これまでの株主優待と異なり、ポイントではなくコカ・コーラ社製品が贈呈されるので、注意しておこう。 10% コカ・コーラ ボトラーズジャパンHDの株主優待は、従来は自社製品などと交換できるポイントだったが、廃止されることが決定。 最後の株主優待(2019年12月末の株主が対象)のみ、ポイントではなく自社製品が贈呈されることになった。 ファンの多い銘柄だけに、この株主優待の廃止を残念に思う個人投資家も多いだろう。 コカ・コーラ ボトラーズジャパンHDはコカ・コーラのボトラーの世界的大手で、2017年4月にコカ・コーラウエストとコカ・コーライーストジャパンが経営統合して誕生した。 2 019年12月期(通期)の連結業績予想は、売上収益が前期比で0. 4%減、事業利益が前期比で33. 8%減。 経常利益は531億円の赤字、当期利益は567億円の赤字となっている。 78% 【2020年7月1日時点】 【証券会社おすすめ比較】 手数料、取引ツールetc. 資金が少なく、複数の銘柄に分散投資する初心者の個人投資家にはおすすめだ。 さらに、2016年度 JCSI 日本版顧客満足度指数 調査で、証券業種の第1位を獲得! その使い勝手は、チャート形状で銘柄を検索できる「チャートフォリオ」を愛用している株主優待名人・ 桐谷さんも「初心者に特におすすめ」と太鼓判を押す。 また、デイトレード限定で手数料が無料になる「一日信用取引」、手数料が激安になる「一日先物取引」など、 専業デイトレーダーにとって利便性の高いサービスも充実している。 投資信託の数は約2700本と業界トップクラス。 投資信託が100円以上1円単位で買えるので、投資初心者でも気軽に始められる。 さらに、 IPOの取扱い数は、大手証券会社を抜いてトップ。 PTS取引(私設取引システム)も利用可能で、一般的な取引所より有利な価格で株取引できる場合もある。 海外株式は、米国、中国、ロシアのほか、アセアン株式も取り扱うなど、とにかく 商品の種類が豊富だ。 米国株が、2019年7月の値下げにより売買手数料が最低0米ドルから取引可能になったのも魅力。 低コストで幅広い金融商品に投資したい人には、必須の証券会社と言えるだろう。 「2020年 オリコン日本顧客満足度ランキング ネット証券」では、5年連続13度目の 1位を獲得。 貯まったポイントは、楽天スーパーポイントやJALマイルに交換可能。 楽天スーパーポイントは、国内現物株式や投資信託の購入にも利用できる。 また、取引から情報収集、入出金までできる トレードツールの元祖「マーケットスピード」が有名で、数多くのデイトレーダーも利用。 ツール内では 日経新聞の記事も無料で読むことができる。 さらに、投資信託数が2000本以上と多く、米国や中国、アセアンなどの海外株式、海外ETF、金の積立投資もできるので、 長期的な分散投資がしやすいのも便利だ。 逆指値などの 自動売買機能が充実しているのも魅力だ。 さらに、PTSなどを併用して有利な価格の約定が狙えるSOR注文も利用できる。 米国株は取扱銘柄数が業界トップクラスのうえ、最低手数料0ドル(税抜)から購入可能。 また「USAプログラム」対象の米国ETFなら、売買手数料が全額キャッシュバックされる! 銘柄選びのツールとしては、バフェットやソロスなど、著名投資家のポートフォリオを解析するサービス「iBillionaire」が便利。 他にも、多彩な注文方法や板発注が可能な「マネックストレーダー」など、トレードに役立つツールがそろっている。 信用取引の売買手数料と買方金利・貸株料も最安値レベルで、 一般信用売りも可能だ! 近年は、各種ツールや投資情報の充実度もアップしており、売買代金では5大ネット証券に食い込むほど急成長している。 商品の品揃えは、株式、先物・オプション、FXのほか、CFDまである充実ぶり。 CFDでは、各国の株価指数のほか、原油や金などの商品、外国株など多彩な取引が可能。 この1社でほぼすべての投資対象をカバーできると言っても過言ではないだろう。 1約定ごとの「一律(つどつど)プラン」では、約定代金5万円以下なら売買手数料が50円とお得だ。 その手数料の安さは株主優待名人・桐谷さんのお墨付き。 口座開設から40営業日(約2カ月)までは、現物株、信用取引、先物・オプションの取引手数料が無料になるキャンペーンも長年にわたって実施中。 無料の取引ツール「livestarR2」は高機能化が進んおり、特殊注文機能も完備。 低コストで株や先物取引をアクティブにトレードしたい人にはもちろん、売買頻度の少ない初心者や中長期の投資家にもおすすめの証券会社と言えるだろう。 また、大手証券会社だけあって、 投資情報や銘柄分析レポートが充実しており、専門家による数多くの調査レポート動画も視聴可能。 さらに、 IPO取り扱い数がトップクラスなのも大きなメリット。 特に主幹事数が多いので、本気でIPO投資をするならぜひ口座を持っておきたい証券会社だ。 会社やレジャーなどの外出先でも株価のチェックや取引をしたい人には、 スマホ用株アプリ「野村株アプリ」が便利。 【関連記事】 ZAiオンライン アクセスランキング• ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. 16)• ザイ・オンライン編集部(2020. 16)• ザイ・オンライン編集部(2020. 頼藤 太希(2020. 10)• ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. 16)• ザイ・オンライン編集部(2020. ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. 16)• ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. 15).

次の