名古屋市 粗大ごみ 手数料納付券 指定販売店。 名古屋市で粗大ゴミを出すときに知っておきたいこと

名古屋市で粗大ゴミを出すときに知っておきたいこと

名古屋市 粗大ごみ 手数料納付券 指定販売店

はじめに こんにちは、東京都 港区の 税理士法人インテグリティ、公認会計士・税理士の佐藤です。 港区や渋谷、新宿など東京23区のベンチャー企業や起業家様を支援している公認会計士・税理士が会計や税金、節税について解説します。 今回は、有料粗大ごみ処理券の消費税について説明したいと思います。 有料ごみ処理券 家庭から出る粗大ごみや、臨時ごみ、事業系ごみを処理する際に、自治体のごみ処理券を使って手数料を支払う場合があります。 例えば、東京都港区の場合は、次の種類のごみ処理券があります。 東京都港区の有料ごみ処理券の料金 有料粗大ごみ処理券 有料粗大ごみ処理券A 1枚 200円 有料粗大ごみ処理券B 1枚 300円 事業系有料ごみ処理券 特大70リットル券 1セット5枚 2,415円 大45リットル券 1セット10枚 3,100円 中20リットル券 1セット10枚 1,380円 小10リットル券 1セット10枚 690円 ごみ処理券の消費税 国、地方公共団体、公共法人、公益法人等が法令に基づいて行う一定の事務に係る役務の提供で法令に基づいて徴収される手数料、例えば、登記、登録、特許、免許、許可、検査、検定、試験、証明、公文書の交付などは、消費税の非課税取引になります。 しかし、自治体のごみ処理券は、上記には該当せずに、消費税の課税取引になります。 自治体のごみ処理券が、なぜ課税取引になるかというと、民間事業者が不利にならないためです。 消費税がかからない自治体サービスの料金が安く、消費税がかかる民間事業者のサービスの料金が高くなってしまっては、民間事業者に不利な競争を強いられることになります。 このような民業圧迫を防ぐために、自治体のごみ処理券も民間事業者のごみ処理も同じように消費税の課税取引になっているのです。 ごみ処理券の課税仕入れの時期 ごみ処理券の課税仕入の時期は、ごみ処理券を使用した時が原則です。 ただし、ごみ処理券を購入した日を課税仕入にする処理を継続的に行っている場合は、購入日に課税仕入とすることが認められています。 切手の場合、使用時ではなく購入時に課税仕入として処理しているところも多いと思いますが、これと同じ処理ですね。 おわりに 港区や渋谷、新宿など東京23区で、会社を退職して起業をお考えの方や起業して日が浅い方がいらしたら、東京都港区にある当税理士法人にお声がけください。 会計や節税だけでなく、ビジネスやファイナンスに強い公認会計士・税理士が、あなたの事業が持続的に成長するお手伝いをさせて頂きます。 最後まで読んで頂きましてありがとうございます。 税金や節税、起業などについて、皆様のお役に立てる情報があるかもしれませんので、よろしかったらもご覧ください。 東京都港区の税理士法人インテグリティ、公認会計士・税理士の佐藤でした。

次の

手数料納付券とは(意味・解説)|地域最安の不用品回収ならグッドサービス

名古屋市 粗大ごみ 手数料納付券 指定販売店

名古屋市における粗大ごみとは 名古屋市では、 30センチ四方以上のごみを粗大ごみとして扱っています。 例えばソファやベッドなどの大型家具、掃除機などの家電、自転車、布団、木材、庭木類などが粗大ごみに該当します。 粗大ごみに該当するかどうかは、下記のページの50音別分別早見表で確認できます。 『可燃ごみ』や『不燃ごみ』に区分されているものでも、30センチ四方以上であれば粗大ごみとなります。 参考 名古屋市での粗大ごみの出し方 名古屋市で粗大ごみを出すには、収集を依頼する方法と、自分で処理施設へ持ち込む方法があります。 収集を依頼する場合 名古屋市の粗大ごみ収集は、地域ごとで月に1回の収集日がさだめられています。 収集を依頼するには事前に申し込みが必要です。 申し込み方法 電話での申し込みの場合は収集日の7日前まで、インターネットの場合は10日前までとなりますので早めの準備が必要です。 品目のサイズによって手数料が変わるものがありますので、申し込みの前に採寸しておきましょう。 祝日は受付可) インターネット受付 申し込み後の流れ 申し込み時に担当者から収集日と収集場所、手数料、受付番号などが伝えられます。 手数料分の手数料納付券 シール を、スーパーやコンビニなどの指定販売店や環境事業所にて購入します。 手数料納付券に氏名もしくは受付番号を記載し、粗大ごみとして出したい品物の目立つ場所に直接貼付します。 そして、収集日に指定された場所へ運んでおけば作業は完了です。 処理施設へ直接持ち込む場合 自分で粗大ごみを処理施設に搬入する場合は、事前申し込みは必要ありませんが、ごみを車に載せて区の環境事業所へ行き直接手続きする必要があります。 品目によっては受け入れ不可のもの、下準備が必要なものなどがあります。 事前に電話での確認をおすすめします。 参考: 環境事業所の自己搬入は区によって受付時間が異なりますのででご確認ください。 正午~午後1時は受付不可となっています。 搬入先の受付時間 環境事業所で手続き後、処分したい粗大ごみを処理施設まで自分で搬入します。 粗大ごみを出すときの注意点 木材など長いものを粗大ごみとして出す場合は、長さ1. 5メートル、直径15センチ以下になるように束ねておきます。 また灯油や乾電池の入ったものは出せませんので中身を抜くようにしましょう。 また、大掃除をする人が多い年末や引っ越しが増える3~4月などはごみを出したい人が集中し、希望の日程で受け付けてもらえない可能性があります。 処分したい品物があるときは、余裕をもって申し込むことをおすすめします。 粗大ごみ手数料の目安 名古屋市で粗大ごみを出すには処理手数料が必要です。 粗大ごみの収集を依頼する場合と自分で搬入をおこなう場合では、手数料の支払い方法が異なります。 収集を依頼する場合 収集を依頼する場合は、品目や大きさによって手数料が変わりますので申し込み時に確認しましょう。 教えられた手数料分の手数料納付券を、スーパーやコンビニ、または環境事業所などの指定販売店で購入することにより手数料を納めることができます。 手数料納付券 シール は250円券・500円券の2種類があり、必要な手数料分を組み合わせて購入してください。 手数料一例 250円 炊飯器や扇風機、パソコン用のプリンター、カラーボックス、布団などの寝具類や木材など 500円 ホットカーペットやオーディオ機器、応接いす 1人がけ 、ドレッサー、ゴルフ用具など 1,000円 電子レンジ、高さ120センチ未満かつ幅90センチ未満の食器棚やタンス、仏壇など 1,500円 電子オルガン、2人以上用の応接いす、高さ120センチ以上または幅90センチ以上の食器棚やタンスなど 参考: 処理施設へ持ち込む場合 粗大ごみを自分で処理施設に持ち込む場合には、手数料納付券は必要ありません。 処理施設で計量をおこない、10キロまでごとに200円の処理手数料を現金で支払います。 処理施設へ搬入する前には、まずごみが発生した区の環境事業所での手続きが必要ですのでご注意ください。 名古屋市で粗大ごみとして出せないもの 名古屋市では次のようなものは粗大ごみとして出すことができません。 リサイクル対象家電 エアコン、テレビ、冷蔵庫 冷凍庫 、洗濯機 衣類乾燥機 の4品目は、家電リサイクル法の対象機器となっているため、粗大ごみとして処分することができません。 その製品を購入した小売店、もしくは名古屋市一般廃棄物事業協同組合などに連絡し、引き取りや収集運搬 有料 を依頼してください。 直接自分で指定引取場所に持ち込む場合、運搬料はかかりませんが、いずれの場合もリサイクル料金は必要となります。 参考: リサイクル料金の支払い 処分する品目のメーカー・サイズ・仕様などを確認し、郵便局の窓口で『家電リサイクル券』を受け取り必要事項を記入します。 郵便局もしくは下記のサイトでリサイクル料金を確認し、窓口やATMで振り込みます 振込手数料も必要です。 振替払込受付証明書に日付印が必要ですので確認しましょう。 参考: 小型家電の場合 上記家電リサイクル法対象機器以外の電化製品も、「小型家電」にあたるものは粗大ごみとして処分できません。 参照: 回収ボックスに入らない大きさのものは、リサイクル回収対象外の製品として粗大ごみで出せることもあります。 家庭用パソコン 家庭用パソコンについては資源有効利用促進法に基づき、メーカーまたはパソコン3R推進協会が回収することになっていますので問い合わせましょう。 参照: PCリサイクルマークのついていないパソコンの場合、リサイクル料金が必要となりますのでご注意ください。 詳しくはこちらの記事で解説しています。 机・食器棚を捨てるとき 机やタンス、食器棚など製品によってサイズが大きく異なるものは、正確なサイズがわからないと正しい手数料を提示してもらうことができません。 名古屋市では、高さ120センチ未満または幅90センチ未満であれば1,000円、それ以上であれば1,500円となっています。 サイズの申告ミスでトラブルとならないよう、申し込み前に正確なサイズを測っておきましょう。 捨てるよりお得な処分方法 おいくらは全国各地のリサイクルショップが加盟している一括査定サービスです。 ご自身の売りたい物の情報をもとに、最大20社の業者からまとめて査定見積もりを取ることができ、買取価格を比較することが可能です。 最も高く売却できるショップを簡単に手間をかけずに見つけることが出来るため、家具や家電など不用品を片付ける際はぜひ利用してみてください。 買取が難しい物は不用品回収サービスを活用 万が一、買取サービスでは値段がつかず引き取りを断られてしまった物は不用品回収サービスを利用して片付けるという選択肢も検討しましょう。 不用品回収業者一括見積・比較サービスのエコノバは複数業者の見積もりをまとめて受け取ることができ、料金の比較や自分に合った業者選びを簡単に行うことができます。 特に回収費用は事前に明確にしておきたいものです。 相場を知るためにも一括見積の利用がおすすめです。 まとめ 名古屋市での粗大ごみの処分方法についてまとめました。 名古屋市で粗大ごみを出すにはさまざまな細かなルールがあります。 それらをよく確認して品物を適正に処理するよう心がけましょう。 実際に粗大ごみの申し込みをする前には処分したい品物の状態やサイズを考慮し、手間や手数料のことも考えて、捨てるのか買取を依頼するのかなど処分方法を検討するのがおすすめです。 こちらのおすすめ関連記事も読んでみてください。

次の

粗大ごみのシールをコンビニで購入!処分方法と全体の流れは!?

名古屋市 粗大ごみ 手数料納付券 指定販売店

名古屋市における粗大ごみとは 名古屋市では、 30センチ四方以上のごみを粗大ごみとして扱っています。 例えばソファやベッドなどの大型家具、掃除機などの家電、自転車、布団、木材、庭木類などが粗大ごみに該当します。 粗大ごみに該当するかどうかは、下記のページの50音別分別早見表で確認できます。 『可燃ごみ』や『不燃ごみ』に区分されているものでも、30センチ四方以上であれば粗大ごみとなります。 参考 名古屋市での粗大ごみの出し方 名古屋市で粗大ごみを出すには、収集を依頼する方法と、自分で処理施設へ持ち込む方法があります。 収集を依頼する場合 名古屋市の粗大ごみ収集は、地域ごとで月に1回の収集日がさだめられています。 収集を依頼するには事前に申し込みが必要です。 申し込み方法 電話での申し込みの場合は収集日の7日前まで、インターネットの場合は10日前までとなりますので早めの準備が必要です。 品目のサイズによって手数料が変わるものがありますので、申し込みの前に採寸しておきましょう。 祝日は受付可) インターネット受付 申し込み後の流れ 申し込み時に担当者から収集日と収集場所、手数料、受付番号などが伝えられます。 手数料分の手数料納付券 シール を、スーパーやコンビニなどの指定販売店や環境事業所にて購入します。 手数料納付券に氏名もしくは受付番号を記載し、粗大ごみとして出したい品物の目立つ場所に直接貼付します。 そして、収集日に指定された場所へ運んでおけば作業は完了です。 処理施設へ直接持ち込む場合 自分で粗大ごみを処理施設に搬入する場合は、事前申し込みは必要ありませんが、ごみを車に載せて区の環境事業所へ行き直接手続きする必要があります。 品目によっては受け入れ不可のもの、下準備が必要なものなどがあります。 事前に電話での確認をおすすめします。 参考: 環境事業所の自己搬入は区によって受付時間が異なりますのででご確認ください。 正午~午後1時は受付不可となっています。 搬入先の受付時間 環境事業所で手続き後、処分したい粗大ごみを処理施設まで自分で搬入します。 粗大ごみを出すときの注意点 木材など長いものを粗大ごみとして出す場合は、長さ1. 5メートル、直径15センチ以下になるように束ねておきます。 また灯油や乾電池の入ったものは出せませんので中身を抜くようにしましょう。 また、大掃除をする人が多い年末や引っ越しが増える3~4月などはごみを出したい人が集中し、希望の日程で受け付けてもらえない可能性があります。 処分したい品物があるときは、余裕をもって申し込むことをおすすめします。 粗大ごみ手数料の目安 名古屋市で粗大ごみを出すには処理手数料が必要です。 粗大ごみの収集を依頼する場合と自分で搬入をおこなう場合では、手数料の支払い方法が異なります。 収集を依頼する場合 収集を依頼する場合は、品目や大きさによって手数料が変わりますので申し込み時に確認しましょう。 教えられた手数料分の手数料納付券を、スーパーやコンビニ、または環境事業所などの指定販売店で購入することにより手数料を納めることができます。 手数料納付券 シール は250円券・500円券の2種類があり、必要な手数料分を組み合わせて購入してください。 手数料一例 250円 炊飯器や扇風機、パソコン用のプリンター、カラーボックス、布団などの寝具類や木材など 500円 ホットカーペットやオーディオ機器、応接いす 1人がけ 、ドレッサー、ゴルフ用具など 1,000円 電子レンジ、高さ120センチ未満かつ幅90センチ未満の食器棚やタンス、仏壇など 1,500円 電子オルガン、2人以上用の応接いす、高さ120センチ以上または幅90センチ以上の食器棚やタンスなど 参考: 処理施設へ持ち込む場合 粗大ごみを自分で処理施設に持ち込む場合には、手数料納付券は必要ありません。 処理施設で計量をおこない、10キロまでごとに200円の処理手数料を現金で支払います。 処理施設へ搬入する前には、まずごみが発生した区の環境事業所での手続きが必要ですのでご注意ください。 名古屋市で粗大ごみとして出せないもの 名古屋市では次のようなものは粗大ごみとして出すことができません。 リサイクル対象家電 エアコン、テレビ、冷蔵庫 冷凍庫 、洗濯機 衣類乾燥機 の4品目は、家電リサイクル法の対象機器となっているため、粗大ごみとして処分することができません。 その製品を購入した小売店、もしくは名古屋市一般廃棄物事業協同組合などに連絡し、引き取りや収集運搬 有料 を依頼してください。 直接自分で指定引取場所に持ち込む場合、運搬料はかかりませんが、いずれの場合もリサイクル料金は必要となります。 参考: リサイクル料金の支払い 処分する品目のメーカー・サイズ・仕様などを確認し、郵便局の窓口で『家電リサイクル券』を受け取り必要事項を記入します。 郵便局もしくは下記のサイトでリサイクル料金を確認し、窓口やATMで振り込みます 振込手数料も必要です。 振替払込受付証明書に日付印が必要ですので確認しましょう。 参考: 小型家電の場合 上記家電リサイクル法対象機器以外の電化製品も、「小型家電」にあたるものは粗大ごみとして処分できません。 参照: 回収ボックスに入らない大きさのものは、リサイクル回収対象外の製品として粗大ごみで出せることもあります。 家庭用パソコン 家庭用パソコンについては資源有効利用促進法に基づき、メーカーまたはパソコン3R推進協会が回収することになっていますので問い合わせましょう。 参照: PCリサイクルマークのついていないパソコンの場合、リサイクル料金が必要となりますのでご注意ください。 詳しくはこちらの記事で解説しています。 机・食器棚を捨てるとき 机やタンス、食器棚など製品によってサイズが大きく異なるものは、正確なサイズがわからないと正しい手数料を提示してもらうことができません。 名古屋市では、高さ120センチ未満または幅90センチ未満であれば1,000円、それ以上であれば1,500円となっています。 サイズの申告ミスでトラブルとならないよう、申し込み前に正確なサイズを測っておきましょう。 捨てるよりお得な処分方法 おいくらは全国各地のリサイクルショップが加盟している一括査定サービスです。 ご自身の売りたい物の情報をもとに、最大20社の業者からまとめて査定見積もりを取ることができ、買取価格を比較することが可能です。 最も高く売却できるショップを簡単に手間をかけずに見つけることが出来るため、家具や家電など不用品を片付ける際はぜひ利用してみてください。 買取が難しい物は不用品回収サービスを活用 万が一、買取サービスでは値段がつかず引き取りを断られてしまった物は不用品回収サービスを利用して片付けるという選択肢も検討しましょう。 不用品回収業者一括見積・比較サービスのエコノバは複数業者の見積もりをまとめて受け取ることができ、料金の比較や自分に合った業者選びを簡単に行うことができます。 特に回収費用は事前に明確にしておきたいものです。 相場を知るためにも一括見積の利用がおすすめです。 まとめ 名古屋市での粗大ごみの処分方法についてまとめました。 名古屋市で粗大ごみを出すにはさまざまな細かなルールがあります。 それらをよく確認して品物を適正に処理するよう心がけましょう。 実際に粗大ごみの申し込みをする前には処分したい品物の状態やサイズを考慮し、手間や手数料のことも考えて、捨てるのか買取を依頼するのかなど処分方法を検討するのがおすすめです。 こちらのおすすめ関連記事も読んでみてください。

次の