シャオロン受け。 色々と詰。

シャオロン(我々)顔バレから顔面偏差値を予想!かわいいし実は人気者

シャオロン受け

CV:Barbara Dunkelman/ 概要 の少女。 17歳。 身長173㎝。 シンボルマークはハート型の燃え盛る炎。 バトルギアでは左胸に覗いている。 シリーズ第4弾トレイラー『Yellow』で大暴れした、豊かな金の長髪が特徴的な少女。 少し子どもっぽさの残るスミレ色の瞳で不敵に笑うイケメン。 人を捜して敵陣の只中に堂々と踏み込み、敵の親分の一物を盾に情報を得ようとするなど、豪胆かつ好戦的な性格を覗かせた。 トレイラーに登場したヒロインの中では初めて対人戦を披露しており、ヘイ・ションやメラニー、ミリシャ姉妹といった名前付きの敵役も初登場した。 本編ではビーコン・アカデミーへの入学に妹・の飛び級も合わさってご機嫌に登場し、睦まじい姉妹仲で画面を賑わせた。 ハグの力が強いのか、ルビーを抱きしめるとたまに呻き声が返ってくる。 彼女が飛び級でビーコンに入学することになった際は自分のことのように喜び、特別扱いを嫌がるルビーに対し「But you are special(アンタは特別な子よ)」と即答するほど溺愛している。 その一方で自分から積極的に友達を作りたがらない妹の消極的な性格を心配もしており、世話を焼いて彼女の機嫌を損ねることも。 持ち前の明るさで入学式の前に友達を作るなど交友関係も広く、うろたえるルビーを残して新しい友人と立ち去るなど、必ずしもルビーを最優先にしているわけではない。 ルビーとは異母姉妹であり、彼女の母であるサマーに育てられたため、母親といえばサマーの名前を挙げる。 一方で姿を消した実母レイヴンのことをずっと気にかけており、地道に彼女の痕跡を追いながら生きてきた。 幼い頃にはそれで無茶もしており、危ないところをルビーともども叔父のクロウに救われている。 おそらくチームRWBYの中では最も。 背も高く、数いる女性キャラの中でもだけあってグラマラス枠に入る一人。 精神面でも安定しており、そうそうムキにはならない。 複雑な身の上を持つがある事情から根を詰めていた時には、二人きりでじっくり話して心を解きほぐすなど、メンタルケアに率先して動く縁の下タイプ。 がボードゲームに疎いのをいいことに、あれこれと煽てて罠にかけるいたずらっぽさも持っており、ムードメーカーのような立ち位置でもある。 チームの中では唯一、大型バイクを乗り回すが、ヘルメットは工事現場で見かけそうなシロモノ。 感情が昂ると瞳が真っ赤になり、髪を傷つけられることをひどく嫌う性質もあって、うっかり彼女の髪を痛めつけた敵はもれなくブッ飛ばされることになる。 受けたダメージの分だけ身体を強化するセンブランスを持っており、能力によってパワーがチャージされると髪が燃える炎のように光り輝く超接近戦タイプ。 そのぶんテクニカルに戦う相手には苦戦する場面が多い。 大型の敵に取り付いての連続ゼロ距離射撃をはじめとした肉弾戦に加えて、離れた相手にはエンバー・セリカに内蔵された射撃機構での銃撃で対応する。 Volume 3エピソード11のビーコンアカデミー来襲の際にアダムに帰り討ちにされ、右腕を斬り落とされてしまう。 アカデミー陥落後は実家に移され、アカデミーが陥落した事とワイス、ブレイクと離れ離れになった事、そして何よりも右腕を失い戦えなくなった事に深く消沈し、ふさぎ込むようになってしまったが、Volume 4エピソード2話でアイアンウッドから戦闘用義手が送られ、エピソード4話でタイヤン、ピーター、バーソロミューから励ましの言葉をもらい再びに戦う事を決意、義手を装着しタイヤンと修行をはじめた。 その過程でタイヤンから常時センブランス発動状態になっていることからオーラの消費が著しく、いざという時に十分に義手の性能を発揮できない事を指摘され、逆にセンブランスに頼らない戦い方を模索し始めるようになった。 Volume 5エピソード1話で一通りの修行を終え、実母レイヴンのいるミストラルに旅立った。 ワイス、ルビーと再会した後も、黙って姿を消したブレイクには悲しみと怒りを感じていたが、ワイスに諭され、笑顔で彼女を迎えることができた。 武器 Ember Celica/エンバー・セリカ(聖なる残り火) 公式では「Dual Ranged Shot Gauntlets(DRSG)」と記載されており、直訳すると「二重射程ショットガングローブ」(グローブというよりは篭手に近い)。 普段はブレスレットのように両手首に装着されており、戦闘時には展開し拳から肘までを守る。 手の甲側には銃口が覗いており、拳を打ち出すことで連動した射撃が可能。 内部には腕を一回りする形で弾倉があり、拳を打ち込むと同時に炸裂させることで打撃の威力を倍増させるほか、射撃の反動を利用することで跳躍したり、体術のスピードを加速させたりとその暴れっぷりはなかなか爽快である。 赤色とオレンジ色の2種類の実包が存在し、赤色のものは弾丸を射出している描写がある。 さらにVolume 7ではアトラスの技術で改良が施され、敵の体に小型の時限爆弾を打ち込むこともできるようになった。 近接戦、遠距離戦の両方に対応した、まさに「二重射程」の名にふさわしい武器である。 捕捉 モチーフは『三匹のくま』で、くまの家族が暮らす家に迷い込んだ少女・ゴルディロックス。 Yangは中国語で「陽」=太陽や光の意味を持ち、Xiao Longは「小龍」=小さいドラゴンという意味を表す。 Rooster Teeth公式ストアのRWBYグッズの一つでは「」と表記されている。 なお作中ではヤンがファーストネームで、シャオロンは父の姓。 テーマソングは『I Burn(私は燃える)』。 太陽を思わせる歌詞が各所に散りばめられ、リズミカルなラップも挿入された開放感溢れるハードロック。 いくつかのアレンジが存在し、『Yellow』トレイラーで使用されたチームRWBY4人のテーマソングのメドレーバージョンや、ダンスミュージック風のリミックスバージョンなどがある。 余談だが、英単語のBurnは俗に「からかう」の意味もある。 関連イラスト.

次の

色々と詰。

シャオロン受け

内容が馬鹿らしい。 絵文字知らない総統閣下のお話。 【tngr】脱却ストイック 「お疲れ様」 5000hitリクエスト一つ目。 お疲れトン氏とトン氏を甘やかすグル氏。 シャオロンとゾムがまとも。 死せよ感情無に帰れ NEW! 「生き地獄だこんなの」 5000hitリクエスト二つ目。 トン氏と大先生から溺愛され、ひたすらに可愛がられ過ぎて照れて恥ずかしがるグル氏。 初めてのkyrt小説。 これくらいの関係性が理想です。 【gr総受け】Change! NEW! 「綺麗だよ、凄く」 5000hitリクエスト四つ目。 utgrでエロマッサージもの R15。 「愛せよ、これは命令だ」 5000hitリクエスト最後の五つ目。 あえて他の人と絡んでgr氏を嫉妬させるutと、プライドが邪魔をして嫉妬している事が言い出せないgr氏のutgr。 NEW! つまるところ、ダンスはロマンスってこと。 shgr前提のgr総受け気味。 【shgr】Chase&Chase NEW! 逃走劇にも浪漫はあると思うんです。 そんでカッコイイの目指したかったけど無理そうです。 相変わらずCP要素薄いです。

次の

中国琵琶 五弦琵琶奏者 シャオロン 邵容 SHAO RONG

シャオロン受け

スポンサーリンク 魔界の主役は我々だ!22話のネタバレ 楽しいアスレチック アスレチック師団の部員たちは、LIVE映像を観ながらザワザワする。 それはラッダァ先生をゾムが追い抜かしたから…この師団でラッダァに勝てる人は今のところいないのだ。 とんでもない才能をあらわすゾムは、次々とアスレチックを攻略していく。 めちゃくちゃ楽しそうなゾム…こんな面白い遊び場があるなんてこの学校に入学してよかったと涙を流す。 「そりゃ〜良かったね」 そんな時ラッダァがゾムの後ろからスッと現れ、ゾムの尻尾を掴んで動きを静止した。 さっきはよくもやってくれた…教師にナメた態度を取ると痛い目を見るぞーー…そう言ってラッダァはゾムを滝の下へと投げつけた。 ラッダァはこっから先が自分の本領…今度はもう追い越されないようにしなければと先へと進もうとする。 しかしそんな時…水から現れるゾムーーーー…彼は爆弾をたくさんしたためて佇んでいた。 障害物を増やしてんじゃないぞとラッダァはプンスカするが、 ゾムには何を言っているのかが分からないーー…障害物が増える=いっぱい遊べて楽しいのだから。 その言葉を受けたラッダァは確かに…となる。 悪魔は面白いものが大好きーーーー…気に入ったものに対しては、タガが外れるのだーーーー…。 勝敗 ゾムとラッダァが先の方でドンドンとやり合うーーーー…そんなうしろーーーーの方にシャオロンとチーノはいた。 「よく頑張ったな チーノ」 初心者は最初の浮石飛び越えられたら上出来…2人はそれを越え終わったところなのだ。 チーノはボロボロでギブアップ…そんなチーノを抱えたシャオロンもギブアップした。 2人はゴールで2人を待つーーーー…すると2人は競りながらやってきた。 もはや何の競技か分からなくなっている状況だ。 もうゴール目前ーーーー… 「この勝負ーーーー…!引き分けだ〜〜〜〜〜〜!!」 2人は同時にゴールに足を踏み込み、勝敗は決まらなかった。 満足そうにするゾムに、ラッダァは寄る年波には勝てなかったが…まさかここまでゾムに張り合われるとは思っていなかったので驚いた。 「言ったろ お前にはアスレチックの才能がある」 ラッダァはゾムにアスレチック師団に入るよう話す…ゾムだったらトップアスリートだって夢ではないのだーーーー…。 1番楽しいのは 「オレは…」 返事をしようとするゾムをあと目に、シャオロンはチーノとその場を立ち去った。 チーノは今のままじゃゾムはアスレチック師団に入ってしまうけどいいのか…と言うが、シャオロンは別にそんなことはどうでもいい。 「それは俺らが口挟むことやないやろ」 ゾムにとって自分が1番楽しいと思える場所にいるのが幸せ…シャオロンはそう考えるのだ。 知らんけど だからチーノらも強引な勧誘はやめろ…と話しているその時、 「シャオロン ケツに爆弾ついとるで」 ゾムがそう話しかけてきたのでシャオロンはケツをはたきながら焦る…が、それは嘘で爆弾はついていなかった。 焦るシャオロンを見てゾムは爆笑…シャオロンはアスレチック師団に入るのに、何でこんなところで…と話す。 「いや〜アスレチックも楽しかったけど、やっぱりオレは…我々師団に入りたいなって!」 シャオロンたちと同じ師団がゾムはいい…妙な連中ばっかりで面白いというのもある。 それを聞いたシャオロンとチーノは盛り上がるーー…そんな時、まだゾをム諦め切れていないラッダァが網を持ってゾムを捕獲しようとやってきた。 運動神経がいい…に加えて、何かのタガが外れているのもありそうです。 普通なら下に落ちたらどうしよう…とかでストッパーがかかりそうなところ、ゾムには全くありませんもんね。

次の