おっさん ず ラブ ライブ ビュー イング。 【マジか!?】裸にボディペイントの女性がモールへ繰り出したらこうなった!

アニメ!アニメ!

おっさん ず ラブ ライブ ビュー イング

最終更新日:2019年3月16日 ここ数年でいろんなジャンルのライブビューイングを見に行きました。 「 ライブビューイング」とは、イベント会場の様子を衛星中継でつないで全国各地の映画館で上映するものです。 イベントの生放送を映画のスクリーンで見るイベント、といった感じでしょうか。 ひと口にライブビューイングと言ってもジャンルによって会場の様子が違っており、なかなか興味深いものでした。 今日はライブビューイングに行くうえでの持ち物やマナー、ジャンル別の雰囲気の違いや感想などを書いていきたいと思います。 「イベントのライブビューイングに行ってみたいけど、どんな感じかわからなくて不安…」という方の参考になれば幸いです。 スポンサーリンク? 各ライブビューイング(ライビュ)の様子と感想 ライブをするならもちろん会場で生の音を聴きたい、出演者を見たい、と思うもの。 しかし「イベントのチケットが取れなかった!」「会場が遠くて行けない!」ということもありますよね。 そんなときに、離れているけど会場と一緒に楽しめるのがライブビューイングです。 大画面で見られるので出演者の表情などは会場で見るより分かりやすかったりします。 これはちょっとしたメリットですねw ジャンルと会場 私が今まで行ったライブビューイングは4種類。 アーティストのライブ(山口)• アニメのキャストが出演するイベント(広島)• 企画中心の声優イベント(広島・福岡)• 歌中心の声優イベント(広島) 2019年2月現在、一番回数行っている声優イベントのライビュは10回以上の経験があります。 上映がある劇場は公演によりますが、10大都市はたいてい入っており、5大都市については複数館あることも多いです。 もちろん会場に行って生の雰囲気を感じられるのが一番ですが、それが簡単にできない地方民にとってはありがたい限りですね。 チケットの買い方 ライビュのチケット購入方法は• チケットサイトの先行・一般販売• 劇場サイト・窓口 以上の2つです。 (まれに公式サイトで先行販売されることもあります) ただしチケットサイトで予定枚数に達した場合、劇場サイト及び窓口での販売はされませんのでご注意ください。 確実に行きたい公演であれば、高い手数料にギリリとなっても(笑)「イープラス」「チケットぴあ」等のチケットサイトで申込・購入されることをオススメします。 服装や持ち物について ライブビューイングに参加するうえで最低限必要なものは、事前に発券している場合は鑑賞チケットだけでOKです。 手ぶらで行こうと思えば行けますね(笑) チケット発券を劇場でする場合はスマホや番号を書いたメモが、窓口で購入するのであれば、お財布も必要ですのでお忘れなく。 後述しますが、会場によってはサイリウムやキンブレをお持ちの方は持っていくと良いでしょう。 服装については現地だと「動きやすい服装で」とか「グッズのTシャツを着て」などと考えますが、ライブビューイングに着ていく服は何でも構いません。 服着ていればいいです(極論) これはどのライブビューイングでも共通で、ふわふわのスカートやヒールで来ている人もいらっしゃいます。 ただし 席からはみ出るようなボリュームのあるスカートやてっぺんのお団子、大きなリボン等をつけることは後ろの席に座る人の視界を遮ることになりますので、控えてもらえると助かります。 ライブビューイングのマナーは映画を見るときのマナーとほぼ一緒だと思っていただければ、白目で見られることはないでしょう。 もちろん実際のライブのようにグッズをつけて参加するのもOK。 むしろ大歓迎! 私も今回観に行った声優イベント(歌メイン)でテーマに沿った格好をしていきましたし、グッズのTシャツを着た女の子も見かけました。 声少なめ、拍手はしっかり ライブビューイングの案内には以下のような注意書きがされています。 ライブビューイングは、通常の映画上映とは異なり、立ち上がってご鑑賞頂く方、声援を出される方もいらっしゃるイベントとなります。 あらかじめご了承下さいますようお願いいたします。 これを読むと「うるさいのかな?」とちょっと心配になるかもしれません。 しかし、実際のところは立ったり声援が聞こえることはほとんどありませんでした。 私と友人が一番後ろの席だったときはそれをいいことに完全に立って、後ろ一列で盛り上がっていましたが(笑) 笑うところはしっかり笑い、思わず声を出してしまうこともありましたが、「イエーイ!」「フー!」などという盛り上げはなし。 音声を遮ってしまうからと抑えているんでしょうか。 ライブ系のライビュだとまた違うのかもしれませんね。 アニメイベントでは映画を見るような感覚で皆見ていました。 ドリンクやポップコーンを持って入ってきた方もいましたし。 そして声援がない代わりと言ってはなんですが、拍手を皆しっかりしていました。 曲の終わり、イベント全体の終わり、中継が終わって明かりがつくと大きな拍手。 アーティストライブではアップテンポな曲で手拍子もして、なかなか盛り上がったと思いますよ。 声優イベント(福岡)は意外に皆さん静かで、声援はもちろん笑い声や拍手も控えめでした。 私は盛り上がりたい派なので若干消化不良でしたが(笑)、ゆっくり見たいという方には福岡がオススメです。 【2017年7月24日 追記】 福岡で静かだったのは2013年頃の話となります。 最近はライビュの認知度も上がっていますので、全国的に賑やかになっていると思います。 【2018年2月9日 追記】 昨年末に声優イベントのライビュ(福岡)に行ってきましたが、拍手、笑い声ともとても多くて賑やかでした。 やはり盛り上がり方は作品によるのでしょうか…。 サイリウムは会場による アニメ系・アイドル系ライブの必需品、サイリウム! グッズとして出ているものや、ルミカライト・ケミカルライトとしてハンズとかで売られています。 サイリウムに比べると高価ですが、電池交換式であることと1本で何色にも切り替えられるためコスパが良いです。 ちなみにアーティスト(スキマ)のライブや歌がないアニメイベントでは使わないので、キンブレに関しての以下の感想は声優イベントのみのものとなります。 使う・使わないの判断基準は中継元の本会場の様子や、同じアーティストや作品の過去のイベント映像で判断できるかと思います。 サイリウムの使用は禁止されているわけではありませんが、使うかどうかは経験から公演と劇場によって差がありました。 会場選びは運ですね。 福岡でグッズのライトをつけたら怪訝な顔をされたこともありましたし^^; 自分がサイリウムを振りたいな、と思ったら一応持っていっておくと良いでしょう。 お隣さんに「振っていいですか?」と許可をとっておくと安心して振れます。 【2016年9月11日 追記】 最近は「会場と同じように盛り上がる」という意識が広まってきたのか、歌メインのイベントであれば最寄りの広島では半数以上の人がキンブレを振るようになっています。 劇場の入り口にもペンライトOKの表示がありましたので、振りたい人はあまり気にせずにキンブレやサイリウムを持っていって大丈夫だと思います。 特にライブのライビュは振って盛り上がりましょう! ただし、非常に明るいUO(ウルトラオレンジ)と呼ばれるものは狭い空間では眩しいすぎてスクリーンが見づらくなってしまうので持っていかないようにしましょう。 おわりに 以上、 ライブビューイングの参加の仕方について書いてきました。 静かに見る派の人は、周りが気にならなければどこでも楽しめると思います。 周りと盛り上がりたい人は友達を誘ったり、盛り上がりそうなところにちょっと足をのばしてみるのが良いかもしれませんね。 各ジャンルを見てみて総じて言えることは、ノリは会場によるということ。 そしてとても楽しかったということ。 静かだろうとうるさかろうと、メインは公演を観ることですからなんだかんだで楽しめますw 今までイベント等に行ったことがない人も、ちょっと気になるイベントがあったらぜひライブビューイングだけでも行ってみてください。 きっと 楽しい時間を過ごすことができますよ! 興味本位でライブビューイングを見てそのまま出演者や作品にハマるケースも多々あるそうです。 そうなったら、今度は是非イベント会場にも足を運んでみてください。

次の

ラブライブ!Official Web Site

おっさん ず ラブ ライブ ビュー イング

のリフォーム Do! terada-gr. wix. artreform. youtube. youtube. youtube. youtube. youtube. youtube. ゆとりーず ゆとり兄妹 ゆとり兄弟 ゆらぎ ゆるおーがにっく ゆるオーガニック ゆーちゅーぶ よしもと新喜劇 よーらい らく らずべりー らんたいむ りこチャンネル りなこ りふぉーむ りふぉーむ、リフォーム、reform、名張市、伊賀市、三重県、芦田、あしだ、アシダ、ダイエット、構造、トイレ、キッチン、洗面、バスルーム、床下、外壁、二重サッシ、フローリング、クロス、減量、筋トレ るんてん わいわい わがまま わき水 わくわくリフォーム わらしべ長者 アイアン アイアンペイント アイアンラック アイアンワーク アイアン家具 アイアン脚 アイカ アイコンロ アイダ設計 アイデア アイデア作品 アイディア アイディールホーム アイランドキッチン アイリスオーヤマ アイロン アイ・コンロ アウトセット上吊り引き戸 アウトセット引戸 アウトドア アウトドアギア アウトドアチェア アウトドアレシピ アクアフォーム アクアリウム アクセサリー収納 アクセント アクセントカラー アクセントクロス アクセントクロス貼り方 アクドメール アクリルスプレー アサヒペン アサンテ アシタノワダイ アシダ アジアン アズレン アズールレーン アップサイクル アップライト アップリフォームジャパン アップロード アトム赤磐店 アトリエ アトリエセッテン アニメ アパート アパートリォーム アパートリフォーム アパートリフォーム セルフ アパートローン アパート動画 アパート動画三成不動産 アパート投資 アパート改造 アパート空室 アパート空室対策 アパート経営 アパート購入 アフィリエイト アフター アフロ犬 アプローチ アマゾン アミ アメリカ アメリカ DIY アメリカン アメリカンスイッチ アメリカ子育て アメリカ教育 アメリカ生活 アメリカ生活 YOUTUBER ブログ アメリカ生活 ユーチューブ ブログ アメリカ移住 アメリカ育児 アライズ アラウーノ アラウーノS2 アラサー アラフィフ アラフォー アラミドシート アラミド繊維 アリとキリギリス アリキリ アルティザン アルティザン建築工房 アルテコ アルバイト アルファーリフォーム アルミ アルミサッシ アルミ複合板 アレックス アレンジ アロンアルファ アンカラシート アンガールズ アンシンサービス アンシンサービス24 アンティ アンティーク アンティークウッド アンティークチェア アンティーク塗装 アンティーク家具 アンティーク調フック アンテナ アンテナ線 アーク溶接 アートリフォーム イエプロ イオン イギリス イクタ イケア イケハヤ イケメン イタチ イナックス イナックスリトイエ イベント利用・無料で開放 イマデキ イマドキ イメチェン イレクター イングリッシュコッカースパニエル インスタライブ インスタントセメント インタビュー インターロッキング インターン インダストリアル インダストリアル照明器具 インテリア インテリア diy インテリアおしゃれ インテリアコーディネート インテリアシート インテリアデコレーション インテリアデザイナー インテリアデザイン インテリア・リフォーム・貼替え・はがせる・賃貸OK インデュアホーム インドネシア人 インドネシア語 インパクト インパクトドライバ インパクトドライバー インパクトドライバー 100v インパクトドライバー 20v インパクトドライバー 36v インパクトドライバー 40v インパクトドライバー 6角 インパクトドライバー 7. 劇的ビフォーアフター 大改造!! 劇的ビフォーアフター 15 08 02 标清 大改造!!劇的ビフォーアフター 大橋 大洗 大津 大津乙 大津市 大浴場 大理石 大福 大空間 大自然 大西明美 大規模リフォーム 大野城市 大阪 大阪メトロ今里筋線 大阪市 大阪市城東区おすすめ 大阪賃貸 天井 天井 下地 天井 断熱材 diy 天井DIY 天井のリフォーム 天井の剥がし方 天井をぶっ壊す 天井クロス剥がし方 天井クロス取り方 天井クロス張替え 天井リフォーム 天井下地 天井塗り 天井塗装 天井壁紙 天井壊す 天井張り替え 天井張り替え方法 天井断熱 天井用点検口 天井破壊 天井裏 天井解体 天壁兼用 天板 天然石板 天照EVE 天照イヴ 太宰府市 太田光 太陽光 太陽光温水器 太陽光発電 太陽光発電蓄電池オール電化専門店 太陽熱 夫 夫婦 失敗 失敗しない不動産 失敗事例 失敗談 失業者 失踪 奈良の木 奈良ゼロエネ住宅 奈良リフォーム 奈良二世帯住宅 奈良市 奈良新築 奈良注文住宅 奥さん 奥多摩田舎暮らし 奥様 奥武蔵 女 女優 女大工 女子 女子DIY 女子会 女子会トーク 女子部 女子部屋 女性 女性が好む洗面化粧台 女性が好む洗面所 女性が好む脱衣場 女性に人気 女性に優しい 女性実況 女性実況者 女性社長 女社長 好きな事して生きる 好きを仕事に 妊娠 妊婦 妊活 妻キレ 始めて 姑 姶良市 娘 婚カツ 婚活 婚活サイト 婚約リング 婚約指輪 嫁 子ども 子ども部屋 子供 子供DIY 子供服 子供英会話 子供英語 子供部屋 子供部屋リフォーム 子犬 子猫 子猫保護 子育て 字幕 字幕プレイ 孤独のライダー 学ぶ 学校 学習デスク 学習机 宅建 宅配ボックス 宇治 宇治市 宇都宮 守る 守山市 安い 安い直し方 安く 安く 自分で 自作 手作り モダンリビング お金をかけない 安くオシャレに 安く出来るリフォーム 安く直す 安全 安全対策 安城 安売り 安定収入 安定器取り外し 安心 安心R住宅 安心リフォーム 安来市 安東英子 安物 安眠 安藤嘉助商店 完成 完成お披露目 完成予定 完成動画 完成見学会 定点カメラ 定規 定額制リフォーム「イメチェン」 宝塗料 宝塚リフォーム 宝石 宝石専門店 実例 実家 実家DIY 実家リフォーム 実家暮らし 実態 実況 実況プレイ 実況プレイ動画 実況者 実況部屋 実演 実践編 実験 客室 客間 室内 室内ドア 室内機 室内犬 室外機 宮前区 宮崎 宮崎市 宮崎市不動産 宮崎市大字芳士 宮崎市賃貸 宮崎市賃貸管理 宮崎市部屋探し 宮崎市鶴島3丁目 害虫 害虫駆除 家 家づくり 家で出来る事 家のリフォーム 家の建方 家の猫 家の解体 家を作る 家を売る 家を建てる 家を買う 家カフェの家 家デコ 家リフォーム 家事 家事も自動 家事ラク 家事楽 家事軽減 家具 家具の修理 家具家電 家庭 家庭菜園 家族 家族で一緒にやってみよう 家族で古民家リノベーション 家族の風景 家賃 家賃収入 家電 家電芸人も驚いた価格! 6v 電動ドライバー diy 電動ドライバー usb 電動ドライバー vessel 電動ドライバー ラクル 電動ドライバー ワイヤーブラシ 電動ドライバー 比較 電動ドライバー 選び方 電動ドリル 電動ハンマー 電動バリカン 電動工具 電気 電気スイッチ 電気工事 電気工事士 電気工事士免許 電気引き込み 電気温水器 電気給湯 電気自動車 電気配線 電源 電源工事 電球 電球カバー 電線 震災 霊夢 霧島 霧島市 露出コンセント 露出配線 青森市 青森県 青葉区 静岡県 静音 非常電源 面白 面白い 革新のキッチンリフォーム 靴メンテナンス 靴磨き 靴洗い 靴クリーニング 靴メンテナンススクール シューズメンテナンス 靴メンテナンス通信講座 高柳光生 韓国リフォーム 音 音楽: Youth ミュージシャン: iksonofficial 音無響子 順番 須恵町 頑丈 頭金ゼロ 顧問契約 顧問弁護士 風力発電 風合い 風呂 風呂 リフォーム 風呂リフォーム 風呂リフォーム・風呂DIY・ハーフユニットバス・古民家リフォーム・古民家風呂 風呂リフォーム・風呂DIY・古民家リフォーム・風呂改造 風呂交換 風呂釜 風景 風水 風水リフォーム 飛び込み営業 食堂リフォーム 食洗機 飯田岡駅 飯能 飯能田舎暮らし 飲食 飲食店 飼育 養生 養生シート 養生テープ 香南市 香川県 駅前不動産カフェ 駐車2台可 駐車場 騒音 騒音対策 驚愕 骨組み 高利回り 高卒 高品質 高圧エアビス打ち機 高圧洗浄 高圧洗浄機 高岡市 高建 高断熱リフォーム 高断熱改修 高断熱高気密住宅 高校生 高校生カップル 高校野球 高津区 高知 高知市 高砂市おすすめ 高砂市阿弥陀町 高級 高級トイレ 高級ホテル 高級マンション 高級感 高級魚 高耐久 高須西町 高齢者 髙健 髙建 鬱病 鬼島平 鬼島平ベース 鬼島平八郎 鬼滅の刃 鬼滅の刃 ねずこ 鬼滅の刃 コスプレ 鬼滅の刃 木箱 鬼滅の刃 箱 魅せる 魔王まー君 魔理沙 魚 鮨 鯉 鳥 鴨居 鶴見区 鹿児島 鹿児島弁 鹿児島県 鹿角 鹿角市 麻生区 麻雀 黄色いチラシ 黒 黒ラベル 黒板塗料 黒柴犬 黒澤健一 黒苺 黒蛇。

次の

ライブビューイングとは?4種類のライビュに行ってみた私が雰囲気の違いや感想を書いていきます。

おっさん ず ラブ ライブ ビュー イング

ライブビューイングとは ライブビューイングは人気アーティストのライブや、アイドルだと卒業コンサートなど特別な位置付けのイベントなど、プラチナチケット化しているライブで行われています。 アイドルを例にすれば、• モーニング娘。 、アンジュルムなどが所属するハロプロ系ライブの卒業コンサート• ももいろクローバーZのライブ でライブビューイングはよく開催されているようです。 その他、「おそ松さん」などアニメ・声優系のイベントでも行われているとか(友人情報)。 内容としては、コンサート会場の映像を全国にある映画館に配信するというもので、大層な名前だが 「生中継」と考えたら良いかと思います。 近年はスカパーなどの有料放送で、ライブの生中継はめずらしくないが、ライブビューイングのメリットは何なのか。 それは、• 映画館という自宅では到底実現出来ない大画面と音響で迫力がある• クローズドな空間であるため、会場に足を運んだのに近い非日常感が得られる• 自分自身を含めて、ファンが集まるため盛り上がる というもので、 まるでライブに参加しているかのような気分が味わえるというのが最大のメリットです。 というわけで映画館で見るが、映画ではないため入場するとこんな紙を渡されました。 ただ、今回僕が行った会場に関して言えば 普通でしたが、、、 実際にライブビューイングに参加してみての感想 というわけで、実際ライブビューイングに参加してみました。 感想としては、正直何とも言えない微妙な感じでしたw 僕が行ったのはアイドルのコンサートなんで、まず気になるのは以下の4点です。 席から立ってみるのか座ってみるのか• サイリウム・キングブレード(キンブレ)などの光り物は使うのか• 声は出すのか、会場は盛り上がるのか 結論から言えば、微妙に席から立ってみる人が多く、サイリウムは比較的持っている人が多く、声はほとんど出さず、静かに盛り上がっている、という感じです。 なんとも微妙な空気感 まあ、それもそのはず。 かなり鮮明な映像でメンバーの顔は見えるし、映画館という事で現地よりも音響は良いんじゃないかと思いました(ライブ会場は横浜アリーナ)。 ただ、ものすごく根本的な問題ですが、 アイドルはその場にはいない わけです。 横浜アリーナみたいな大きな会場だと、スタンド席の後ろとかメンバーの表情なんて全く見えないと言っていいです。 それでも、同じ空間にいるという事だけは事実なので、盛り上がるんですよね。 ただ、ライブビューイングにはそれがないのです。 これが最大のデメリットです。 当たり前ですが。 1つ1つ簡単に解説します。 席から立ってみるのか座ってみるのか アイドルライブは、現地であればファミリー席・女性専用席など特殊な席を除き、 観客は全員立って応援するというのが標準的な見方です。 ライブビューイング会場でそういうものはないため、判断は基本的にその人の判断に分かれます。 つまり、 座ってみる人と立ってみる人がバラバラです。 ただ、ライブはやはり生ものなのでその場の空気でかなり変わります。 今回僕が足を運んだライブビューイングは、座る人と立つ人が半々みたいな感じでしたが、例えばももいろクローバーZのライブビューイングなんかは、 総立ちでライブ会場と変わらぬ盛り上がりらしいですし、ハロプロに関して言っても大都市圏の会場では盛り上がるようです。 つまり、見に行くアーティスト(アイドル)や会場によってかなり変わるので、それは行ってみないと分かりません。 サイリウム・キングブレード(キンブレ)などの光り物は使うのか これはほぼ使っていました。 特にハロプロ系は歴史的に、 ライブ中にうちわを掲げることを暗黙のルールとして禁止している事があり、サイリウムを使う(2010年代以降はLED式のキングブレード)ファンが非常に多く、 定番の応援グッズです。 なので、これがないと何も出来ないって人は非常に多いため、大半の参加者がキンブレを持参していました。 オイ!オイ!• ~ちゃーーーん!!• PPPH など手拍子やコールなどが多いです。 これこそがアイドルライブの醍醐味と言う人も多いですが、ライブビューイング会場において出る声は 歓声が多かったと思います。 なので、曲中にコール入れる人はあまりいなかったんですし、 さすがにヲタ芸を打つ人はいませんでしたw 盛り上がりという意味では、みんな立ち上がって、ジャンプしたりしながら応援するみたいな熱さはないですが、ライブビューイングにわざわざ足を運ぶような人はファンしかいません。 なので、 良くも悪くも濃い空間だと思います。 ただ、全体的には立つのか座るのか議論と同じく、アーティストや会場によると思います。 SPONSORED LINK ライブビューイングの良いところ そんな感じで、 応援したいアーティスト・アイドルが目の前にはいない という分かりきったことを除けば、大したデメリットはありません。 基本的にライブビューイングが行われるようなライブは1万人以上の観客が集まる、 大規模コンサートです。 この為、現地でも大型スクリーンを見る事の方が多いわけで、大差はないんです。 実際にライブビューイングを見て感じたメリットを3つ紹介します。 プラチナチケットの公演でも「ライブ」で見られる ライブビューイングが行われるようなライブは、基本的にはアリーナクラスの大規模コンサートであり、チケットはプレミア化しているものが多いです。 この為、例えばヤフオクなどでチケットを入手しようとしたら、定価の何倍も必要なんて状態になります。 ライブビューイングについても、基本的には同じ事が言えますが、各都道府県で開催されたりするので、 チケットの入手は比較的楽です。 このようなライブは後日DVD・Blu-rayとして販売されることが多いです。 しかし、その時には編集が入るため、ちょっとしたアクシデントなんかは編集で無かったことにされたりします。 逆もまたしかりで、今回僕が参加したライブでは卒業した道重さゆみさんが足を痛めて動けなくなるというアクシデントがありました。 他のメンバーはセンターステージへ、メインステージに残る道重さゆみ。 次の歌は、譜久村聖さんとのデュエット曲。 その時、譜久村聖さんは花道を全力でダッシュして、メインステージに移動して道重さんと歌ったという事があり、「フクムラダッシュ」と話題になりました。 こういうのは、セル版では強調されていたりするんですけど、それってもう 後日談なんです。 ほとんどの人は道重さんが捻挫していたこと含めて知ってます。 ただ、当日あの場にいた人は訳が分かりませんでした。 骨折とかでもした?• でも動いてる?くじいただけ?• それでも進み続けるセットリスト(運悪くメドレー曲中でした) そういう あの瞬間でしか味わえない、不安も含むドキドキ感はライブビューイングだからこそ味わえたと思います。 安価かつお手軽に参加できること 1つは何と言ってもお手軽である事です。 ライブに行くというのはある意味お祭りなので、色々時間がかかります。 その過程も含めて楽しむものとは思いますが。 例えば18時開演だからと言ってギリギリに行くわけには行かないし、終了後も大規模コンサートであればあるほど、規制退場とかでなかなか帰れません。 交通機関も混雑します。 しかし、ライブビューイングは近所の映画館なのでそういうのはありません。 気軽に見に行ける• ギリギリでもOK• 終わった後帰るのもスーパーで買い物して帰る感覚 凄く楽でした。 特に子育てとかで忙しい人には、これは大きなメリットと思います。 実際僕が行った会場は、高校生くらいの未成年と主婦っぽい人が比較的多かったのが印象的でした。 チケット代については、今回参加した「道重さゆみ卒業コンサート「モーニング娘。 現地コンサートのチケット代:8,000円• ライブビューイング:4,000円 だったので、ライブビューイングに参加する事で、 半額に抑えたイメージとなります。 そう考えたら安いです。 ただ、映画館で見るだけで4,000円と捉えると高いとも感じます。 考えようによってはその差額を、グッズやCDを購入する資金に当てることも出来るわけで、安いとみるか高いと見るかは人によるかなと思いました。 僕はと言えば、元々行く気満々でチケットを取ろうとして失敗した人間なので、 とりあえず生で見られただけマシという意見はあるんですが、それで4,000円と言われるとちょっと高く感じました。 一人で見るよりは遙かに大きい一体感が味わえること 2つ目は「多少」一体感が味わえることです。 お目当てのアーティストやアイドルを見るのはもちろですが、ライブの醍醐味は何と言っても、その場でしか味わえない空気を楽しむことです。 それがライブビューイングは決定的に弱いのですが、それでも自宅でDVDを見たりするよりは断然強いです。 ライブビューイングが実施されるようなライブは、数ヶ月待てばDVD・Blu-rayの映像作品として販売される事が多いです。 なのに、わざわざ足を運ぶなんて人は、 色んな意味で「濃い」人です。 今回で言えば道重さゆみの卒業スピーチを聞きながら、 周りからはすすり泣く声が普通に聞こえてくるわけです。 そんな空気自宅じゃあ絶対味わえないと思いませんか? 赤の他人でも、そういう人達と見るのは、一人で見るよりは断然楽しいと思います。 ライブビューイングのイマイチなところ 最後にデメリットを。 これは分かりきった話だが、その場の空気が読めないことです。 前述の通り、盛り上がるか盛り上がらないかは、会場次第です。 「オレが引っ張るぜ~」 なんて人はそんなにいないと思うので、基本は空気次第となります。 映像に向かって推しジャンプが出来るか それはあなたの愛にかかっているのかもしれませんw また、ライブではあるのだが、映像作品のように感じてしまうあたりが、ライブビューイングの限界かと思います。 やはり、真のライブには勝てません。 そういうのが嫌なら、やはり金を積んででも見に行けという話になります。 そして注意点は盛り上がり過ぎないことだと思います。 どんなに盛り上がったとしてもそこは映画館。 基本的にバカ騒ぎする事を想定している場所では無いので、度を超して、• 大声で叫んだり• 飛び跳ねたりする っていうのは相当浮きますし、何より映画館に迷惑がかかります。 そうなると、今後なくなる可能性もあるので、やめましょう。 ライブビューイングはやはり静かに見るというのが基本的なスタンスじゃないかと思います。 終わりに ライブビューイング自体には概ね満足したですが、やっぱり思ったのは あの場に行きたかった! って事です。 何年かに1度これは見たい!と思うような公演って出てきます。 これまで僕はそういうものを大抵は見てきて、その為に他を我慢したりもしましたが、やっぱり 「生じゃないと味わえないもの」ってあるんだなぁと実感しました。 最後の曲で、アリーナ席(横浜アリーナではセンター席)にいるファンの笑顔と涙。 あれこそ、現場の空気感なわけで、羨ましいなと心から思いました。 ただ、それでもどうにもならない時はあるわけで、そういう時の救済策としてライブビューイングってありがたいなと思いました。 行ったか/行ってないかだと「行ってない」が、見たか/見てないかだと「見た」と言えるので。 ライブビューイングって、映像作品としてパッケージ化される前の生映像を見られるもの理解して、行くのが良いかと思います。 アイドルライブ会場の基礎知識.

次の