マルジェラ ジャーマン トレーナー。 ジャーマントレーナーを買った話

【厳選】偽物なし!メゾンマルジェラ(Maison Margiela)の通販オススメサイト5選

マルジェラ ジャーマン トレーナー

ジャーマントレーナーとは ジャーマントレーナーとはその名の通り、ドイツ軍の室内用トレーニングシューズとして軍規格で考案されたスニーカー。 オリジナルは1970〜80年代に作られたもので、アディダスやプーマ製のものも比較的レアですが存在します。 アッパー素材はスムースレザーとスエードのコンビネーションで、ソールは室内でのグリップを考えガムソールとなっています。 ジャーマントレーナーの魅力について ではジャーマントレーナーの魅力を思いつく限り挙げていきます。 完成されたデザイン 当時のトレーニングシューズとしての機能性を突き詰めることで産まれたミニマルなデザインが最大の魅力。 レザーの耐久性と運動靴としての実用性を兼ね揃えた機能美はさすがミルスペックといったところ。 zガムソールと無機質なスムースレザーとのコントラストが最高です。 デザインはローテクスニーカーなのに履き心地が良い ローテクスニーカーの代表格であるオールスターやチャックテイラーに比べて履き心地は断然良いです。 ハイテクスニーカーは履かないので比較できません(笑) 合わせるボトムスを選ばない ワイズやアウトソールを含めた靴のサイズ感が絶妙なので、タイト〜ワイド・ブーツカットまで、ボトムスの形を選びません。 私はデニムやチノパンと合わせることが多いです。 当然ですがファティーグパンツなどとの相性も抜群ですね。 合わない物を探す方が難しいかもしれません。 仕事柄白い靴を履く必要があるので、基本的に仕事中は毎日ジャーマントレーナーを履いています。 年間200日ほどは同じジャーマントレーナーを履くのですが、アッパーが破れて履けなくなるまで1年半程は持ちます。 コンバースのジャックパーセル(レザー)を履いていたこともあったのですが、1年程でアッパーとアウトソールの境目が破れて履けなくなりました。 人と被ることが少ない 定番のスニーカーなのに入手経路が限られているからか、同じく定番のスタンスミスやジャックパーセルと比べても断然、被ることが少ないです。 ジャーマントレーナーのサイズ感 ご参考までに、私はコンバースのオールスターやチャックテイラーで27. 0㎝がジャストですが、ジャーマントレーナーでも27. 0㎝がジャストサイズです。 私は紐を縛って羽根を閉じ気味にして履きたい場合は27. 5㎝、ジャストで履きたい場合は27. 0㎝を選択しています。 ただ元々ロングノーズということもあり、サイズを上げて履くとタイトなボトムスと合わせた際に靴が結構大きく見えてしまうため、今の気分だとジャストサイズで履く方がおすすめです。 ワイズが比較的幅狭な作りになっていますが、幅広でなければサイズを上げて履く必要は無いかと思います。 おすすめのジャーマントレーナー オリジナルでデザインとして完成されているので、古着に抵抗が無ければオリジナルが最もおすすめです。 オリジナルの物だとほぼユーズドになりますが、状態や入手経路に応じて6000〜13000円で手に入れることができます。 靴のユーズドに抵抗がある方には多くのブランドから復刻のジャーマントレーナーが出ているので、レプリカという選択肢がおすすめです。 ご参考までに、レプリカを購入する上で個人的にこだわりたいポイントは ・アッパーが合皮ではなくレザー(できればオリジナルに近いスムースレザー) ・ガムソールの色合いが淡い(ハニーソール)または飴色近いもの の2点です。 それでは個人的にイケてると思うレプリカ・ジャーマントレーナーを挙げて行きます。 Maison Margiela 復刻のジャーマントレーナーとして最も有名だと思います。 マルタン・マルジェラがジャーマントレーナーのレプリカを発表していなければ、間違いなくジャーマントレーナーは今ほどの知名度はなかったでしょう。 製法など基本はオリジナルを忠実に作られていますが、アッパーの素材使いを絶妙に調整することでオリジナルには無い上品な印象のスニーカーに仕上がっています。 ソールのこだわりについては前述しましたが、マルジェラのジャーマントレーナーはソールの色合いも綺麗なんですよね。 値段は5万円前後とスニーカーとしてはかなり高額なため、気軽に購入できないのが難点でしょうか。 タナカユニバーサル タナカユニバーサルは1942年創業の日本の靴メーカー。 オリジナルを生産していたスロバキアの工場が倒産する際に使用されていた機械を譲り受けたそうで、世界で唯一当時と同じ技術でジャーマントレーナーを復刻できるメーカーです。 代表的な作品としては、1994年に廃番となり使われていなかったドイツ軍のトレーニングシューズである、ジャーマントレーナーの木型、ソール、マテリアルを用い、当時の靴作りに使用していた機械を使用し伝統的な製法を引き継いだ、世界初となる復刻版ジャーマントレーナーの商品化に成功しました。 以上のようにメーカーの公式ホームページにも明記されています。 世界初の復刻ジャーマントレーナーを作ったのがタナカユニバーサルのようです。 そんなタナカユニバーサルのジャーマントレーナーにはバリエーションがいくつかあるのですが、個人的におすすめなのはハニーソールと呼ばれる、明るめの色合いのガムソールを採用したモデルです。 オリジナルと復刻のジャーマントレーナーの最大の違いはガムソールの色合いだと思っていて、レプリカのジャーマントレーナーの多くは緑がかった暗めの色合いのソールの物が多いのに対し、オリジナルは個体差はありますがガムソールの色合いが明るめなんです。 A post shared by tanakauniversal on Sep 13, 2018 at 5:02pm PDT こちらはハニーソール。 マルジェラライクなデザインですが、元を辿ればマルジェラよりも先に復刻してるので問題なし(笑) 個人的にはこっちの方が好きです。 ハニーソール+スムースレザーのモデルがZOZOTOWNにあったので、リンクを貼っておきます。 価格はモデルによって若干異なりますが、2万円前後。 REPRODUCTION OF FOUND 見つけ出すの意味である「FOUND」と、再現するの意である「REPRODUCTION」をコンセプトに2016SSよりスタートした新進気鋭の靴ブランド。 REPRODUCTION OF FOUNDのジャーマントレーナーはオレンジのライニング最大の特徴でしょうか。 ベースはタナカユニバーサルのジャーマントレーナーに近いですが、より遊び心のあるデザインになっています。 価格はタナカユニバーサルのジャーマントレーナーと同じくらいで2万円前後。 私の所有しているジャーマントレーナー 経年変化のサンプルとして、私が所有している現役のジャーマントレーナーと履き潰したジャーマントレーナーをご覧ください。 2足共に軍払い下げのオリジナルのジャーマントレーナーです。 サイズは27. 5cmで、2足ともに軍物古着を扱う業者のヤフオクにて6000円程で購入しました。 まずは現役から。 踵部分のパンチングが軍払い下げの証。 程々に汚れてこなれて来た段階です。 白のスニーカーはこれくらいの経年変化が好きです。 ソールが程良くハニーしてます。 続いて履き潰したジャーマントレーナー。 あ ボロボロですね。 ここまでくると味ではなく明確な劣化です。 アッパーは購入時から若干黄色がかったホワイトでした。 ジャーマントレーナーは寿命を迎えると、その殆どがアッパーとソールとの境目から破れてしまいます。 以上です。 ジャーマントレーナーはおそらく私にとって一生の付き合いになるであろうスニーカーなので、オリジナルのストックが尽きるまで履き潰して行きたいと思います。 ご参考になれば幸いです。

次の

永遠の定番ジャーマントレーナー、「REPRODUCTION OF FOUND(リプロダクション オブ ファウンド)」のEDIFICE別注品など注目アイテムがリリース

マルジェラ ジャーマン トレーナー

永遠の定番スニーカーともいえる 『ジャーマントレーナー』 コンバース・オールスター チャックテイラー や、アディダス・スタンスミスのように 「定番品」として愛されている一方、 良くも悪くも「匿名性」が高いため 一見すると違いがよくわからない。 今回はそんな「ジャーマントレーナー」の中でも頭1つ抜けた存在、 『メゾンマルジェラ Maison Margiela 』の ジャーマントレーナーについて。 加えて「ジャーマントレーナー」が商標ではないため、多くのブランドが同じ名前と ほぼ 同じカタチでリリースしている特殊なスニーカーでもあります。 ジャーマントレーナー屋内用カラー ・ホワイトが訓練兵 ・ブラックが指導者や階級の高い兵 という説が有力だそうです。 特にホワイトは「ジャーマントレーナーと言えば」というくらい代表的なカラー。 ソールは屋内でも食い付きがいいようにガムソールになっています。 maisonmargiela. そんなマルジェラのジャーマントレーナーは 「Replica レプリカ 」というシリーズで 毎シーズン定番展開しています。 インソールに縫い付けられた「REPLICA」タグ 「ミリタリーシューズ」ではなく、 「スポーツシューズ」と記載するあたりが マルジェラらしいですね。 マルジェラのジャーマントレーナーは カタチも製法も、当時のまま忠実に作り込まれていることでも有名ですが、 オリジナルとは素材がまるで違います。 カーフレザーに関しては 最高級の一番上澄み部分を使っているこだわり様。 さすがにハイブランドのクオリティです。 マルジェラは他に「素材違い」「色違い」「加工違い」とバリエーションを豊富に出しているので、今回紹介する「オールブラック」なんて選択肢もアリ。 ただ1つ難点を挙げるとすれば 価格が高い。 海外から輸入しても最低4〜5万… ジャーマントレーナーのブランドでは マルジェラの他に「タナカユニバーサル」や「REPRODUCTION OF FOUND」が有名どころ。 どちらも間違いないブランドなので、まずはそちらから試してみてもいいかもしれません。

次の

【ジャーマントレーナーの特徴とサイズ感】名品ミリタリースニーカーgerman trainerについて

マルジェラ ジャーマン トレーナー

こんにちは。 たいむ()です。 革靴かスニーカーかどちらかを選べと聞かれたら、断腸の思いで革靴を選ぶ私ですが、 そんな私が大好きなスニーカーがあります。 それは REPRODUCTION OF FOUND リプロダクション オブ ファウンド のジャーマントレーナーです。 かつてここまで気に入ったスニーカーがあっただろうか、いや、ない。 リプロダクションオブファウンドのジャーマントレーナー。 「おすすめのスニーカーないかな」と探している方は必見です。 革靴好きにこそ履いてもらいたいスニーカー、REPRODUCTION OF FOUND リプロダクション オブ ファウンド のジャーマントレーナーとはどんな魅力があるのか。 Contents• 2016SSスタートの新鋭ブランド 見つけ出す:FOUND、再現する:REPRODUCTIONをコンセプトに2016SSよりスタートしたブランド。 ミリタリートレーナーシリーズは1950年代~1990年代にかけて数多くの軍用トレーニングシューズを生産していた各国のファクトリーで、ひとつひとつ丁寧にハンドメイドで生産されています。 ロゴやタグには品名、国名、年代を記載しデザインソースを明かしています。 ミリタリーアイテムを中心に時代を超えた普遍的なアイテムを見つけ出し、現代的に再現させてリリースしています。 より引用 REPRODUCTION OF FOUND リプロダクション オブ ファウンド は、 軍用品であるトレーニングシューズを、現代的・スタイリッシュに再現するという、面白いコンセプトのブランド。 実際に軍用品を作成していたスロバキアのファクトリーにて製作を行うという、こだわりを持っているのも良いですね。 運営は EYE FOUND Co. ,Ltdが行っています。 2016年にスタートしたばかりですが、既にスニーカー市場においてはかなりの支持を集めております。 1970〜1980年頃まで実際に使用されていました。 トレーニングシューズらしさが一番出ているのは、ソール。 ガムソールと呼ばれる、ベージュのような色の、運動に適したソール。 元々運動用に作られているので、ファッショナブルな部分はないはずなのですが、 このガムソールとレザーで作られたアッパーの組み合わせがかなり良く、おしゃれな人の中でジャーマントレーナーはもはや定番アイテムとなっております。 その昔デザイナーのマルジェラ氏が突然、メンズコレクションをパリでデビューさせたころに「ドイツ軍系シューズ」を打ち出してきたとのことです。 この頃のコレクションテーマが「反戦と平和」だったようで。 洋服のコンセプトを調べていくと面白いですね。 そしてこれが、ジャーマントレーナーをファッション業界に普及させるきっかけになったと言われています。 さすがマルジェラですよね。 目の付け所が違う。 今はもう引退しているようですが、もしまだ現役だったら、普通の人では思いつかないようなアイテムに目をつけていたかもしれません。 その外観と機能性を損なわないように、必要最小限のアップデートにとどめています。 一つが横幅。 オリジナルのものよりも細身になっています。 それにより野暮ったさが軽減され、より合わせやすい仕様に。 また、 シュータンが短くなっています。 マルジェラのものは長めに作られているので、比べるとかなり違うことがわかります。 短いとよりスッキリした印象になります。 ただし、履くときに足に巻き込まれて奥に行きやすくなるので、少しだけ注意が必要かもしれません。 ブランド名は外側にはなく、内側(ライニング)にさりげなく記載されています。 この匿名性、控えめな感じがまたいいんです。 「ブランドではなくモノのクオリティで勝負しているんだ」というメッセージが伝わってきます。 MADE IN SLOVAKIA(メイドインスロバキア)の文字も一番下に記載されていますね。 個人的にアッパーの黒とライニングのライトブラウンの組み合わせがたまらなく好きです。 履けばわからないんですけどね。 脱いだときにも楽しめる靴です。 そしてガムソールはこんな感じ。 運動用だけあって、かなり歩きやすいです。 黒とガムソールの色がまた絶妙なんです。 キメすぎない感じ。 アッパーのレザーとガムソールという、性質が真逆の2つが重なり合うとこんなに素晴らしいものを生み出すのです。 なので、シンプルな出で立ちながら存在感もある。 そしてレザーを使用しているので、経年変化も期待できる。 使えば使うほどかっこよくなるスニーカーなんて最高じゃあありませんか。 革靴好きにこそ履いて欲しいというのは、このことからです。 まだ購入してから3ヶ月ほどしか経っていないのでそこまでの変化はまだ感じられていませんが、 1年ほどたったらまたブログにて紹介させていただきますね。 ブラック・ホワイト以外にも様々存在する REPRODUCTION OF FOUND リプロダクション オブ ファウンド のジャーマントレーナーは、カラーバリエーションが豊富なのが特徴です。 通常ジャーマントレーナーと言えば白、あるいは黒を思い浮かべると思いますが、 ネイビー・グレー・ボルドー・ベージュといったラインナップが存在します。 同じジャーマントレーナーでも、かなり雰囲気が違うので面白いですよ。 でもやっぱり私は黒が一番好きです。 先ほど述べた通り、細身に作られているので小さくなりそうな感じがするんですけどね。 その私が履いているジャーマントレーナーのサイズは43。 公式だと43は26・5〜27cm対応なのでバッチリなはずなのですが、少し大きめでした。 ただし、大きめに履くのはそれはそれでアリかと。 革靴では絶対に無しだと思っていますけけどね。 なので試着をして、しっくりきたものを選びましょう。 そこまで難しく考える必要はないと思います。 こんなこと言いながら、実は私は試着をしないままネットで購入しました。 届いた時は少し大きかったのでミスったかと思ったのですが、 いつの間にか気にならなくなっていました。 スニーカーの良いところはそこですよね。 革靴ほどサイズに対してシビアになる必要がなく、少しくらい大きくてもそれはそれで良いとできる点。 なので、私と同じくらいの方は、 42か43をお勧めします。 サイズ選びの参考になれば幸いです。 スニーカーにしては高めだが買う価値あり 値段は税込で23,544円です。 スニーカーにしては高めの部類だと思います。 オリジナルのものであれば、5,000円くらいで買えたりするので、それも考慮するとなおさら高く感じます。 しかしREPRODUCTION OF FOUND リプロダクション オブ ファウンド のジャーマントレーナーには ・オリジナルにはないスタイリッシュさ ・レザーを贅沢に使った情報量・高級感 ・様々なカラバリ など、オリジナルには見られない良い点がたくさん存在します。 たしかに高いですが、私は買う価値ありと断言します。 そのくらい気に入るはずです。 4 まとめ REPRODUCTION OF FOUND リプロダクション オブ ファウンド のジャーマントレーナーについてまとめると、.

次の