ナルガクルガ 太刀。 ナルガクルガを太刀で!

武器/夜刀【月影】

ナルガクルガ 太刀

数値の場合は、数値が高いほどダメージが与えやすい。 0は無効。 怒り状態になると、目が赤く光る特徴を持つ。 【ナルガクルガ攻略のポイント】• 怒り状態になると目が赤く光る。 怒り状態になると攻撃力と速度が上昇するが、頭の肉質は少し軟化する。 通常時は落とし穴は無効で、怒り時のみ有効。 飛びつき攻撃直前の構え中に音爆弾を当てると転倒させることができる他、通常時でもひるませることができる。 ただし、音爆弾をぶつけると、疲労状態でない場合、ひるみかダウン復帰後に怒り状態に移行する。 尻尾は一定のダメージを与えると破壊できるが、怒り状態または疲れ状態のときのみ切断できる• 疲労時には回り込み時の着地で滑って隙が大きくなる 【ナルガクルガの状態の変化】 ・ 怒り状態になると目が赤く光る ・ 疲れ状態になると口からよだれを垂らす ・ 頭を部位破壊すると顔に傷がつく 【G級の行動パターンの変化】 回転尻尾攻撃を2回連続で使ってくることがある他、怒り状態になると尻尾叩きつけ攻撃を2回連続で行ってくる。 ナルガクルガの攻撃パターン 攻撃方法 詳細 なぎ払い尻尾 後ろから斜め前方向まで尻尾を振る攻撃。 大回転尻尾攻撃 甲高い鳴き声とともに尻尾を振り上げて一回転する攻撃。 G級では2回連続で使用してくる。 トゲ弾 尻尾からトゲを前方扇状に飛ばして攻撃する。 飛びかかり攻撃 大ジャンプをして身体ごと飛びかかる攻撃。 尻尾叩きつけ攻撃 尻尾を前方に垂直に叩きつけて攻撃をする。 攻撃のリーチが長く威力も高いため注意が必要な攻撃。 攻撃後に尻尾が地面に刺さって少しの間反撃のチャンスがあるため、切断系武器の場合は尻尾を攻撃して切断するチャンスでもある。 G級の怒り状態になると2回連続で使用してくる。 噛みつき攻撃 前方に噛み付いて攻撃をする。 連続斜め飛びつき攻撃 低い姿勢に構えた後、ジグザグに飛びかかって攻撃する。 構え時間が長いほど飛びかかる回数が多くなる。 攻撃前の構え時に音爆弾をぶつけることができれば転倒させることができる。 攻撃前の構えの時間はハンターとの距離により異なるが、閃光玉でめまい状態の場合は常に構えの時間が長くなる。 回り込み攻撃 ハンターの側面に飛び込んで回り込み、次の攻撃へと連携してくる。 頻繁に使用してくる。 なぎ払い尻尾攻撃 尻尾を振りかぶり、左右のどちらかの側面から前方までなぎ払って攻撃する。 防具・スキルデータ• 武器データ• 武器ごとの各種人気ランキング• 基本情報• 狩猟スタイル• オトモ、ニャンター• 狩りの基礎知識• モンスターデータ• 【ア行】• 【カ行】• 【サ行】• 【タ行】• 【ナ行】• 【ハ行】• 【マ行】• 【ラ行】• 二つ名持ちモンスターデータ•

次の

ナルガクルガ

ナルガクルガ 太刀

武器 飛竜刀 【椿】 防具 切れ味+1、耳栓が付けばなんでも。 持ち物 回復薬、回復薬グレート。 シビレ罠、トラップツールゲネポスの麻痺牙、閃光玉、光虫、素材玉、音爆弾、護符、爪、砥石。 あとはお好みで。 まず始まったらナルガのいるエリアへ向かいます。 出会ったら閃光玉でピヨらせます。 そして飛び付き攻撃をしてくる時の溜める格好をしたら音爆弾を当てます。 すると倒れるので頭を切りまくってください。 シビレ罠は必ずナルガが怒ってない時に仕掛けてください。 怒り状態だとすぐに罠から抜けてしまうからです。 上記を繰り返していると確実に三回ナルガがエリア移動したら捕獲及び討伐できます。 自分はこの方法で一人で13分でクリアしました。 ナルガが倒せなくて困っていたらぜひ試してみてください。 ちなみに飛竜刀 【銀】でも楽勝です!.

次の

ナルガクルガを太刀で!

ナルガクルガ 太刀

数値の場合は、数値が高いほどダメージが与えやすい。 0は無効。 怒り状態になると、目が赤く光る特徴を持つ。 【ナルガクルガ攻略のポイント】• 怒り状態になると目が赤く光る。 怒り状態になると攻撃力と速度が上昇するが、頭の肉質は少し軟化する。 通常時は落とし穴は無効で、怒り時のみ有効。 飛びつき攻撃直前の構え中に音爆弾を当てると転倒させることができる他、通常時でもひるませることができる。 ただし、音爆弾をぶつけると、疲労状態でない場合、ひるみかダウン復帰後に怒り状態に移行する。 尻尾は一定のダメージを与えると破壊できるが、怒り状態または疲れ状態のときのみ切断できる• 疲労時には回り込み時の着地で滑って隙が大きくなる 【ナルガクルガの状態の変化】 ・ 怒り状態になると目が赤く光る ・ 疲れ状態になると口からよだれを垂らす ・ 頭を部位破壊すると顔に傷がつく 【G級の行動パターンの変化】 回転尻尾攻撃を2回連続で使ってくることがある他、怒り状態になると尻尾叩きつけ攻撃を2回連続で行ってくる。 ナルガクルガの攻撃パターン 攻撃方法 詳細 なぎ払い尻尾 後ろから斜め前方向まで尻尾を振る攻撃。 大回転尻尾攻撃 甲高い鳴き声とともに尻尾を振り上げて一回転する攻撃。 G級では2回連続で使用してくる。 トゲ弾 尻尾からトゲを前方扇状に飛ばして攻撃する。 飛びかかり攻撃 大ジャンプをして身体ごと飛びかかる攻撃。 尻尾叩きつけ攻撃 尻尾を前方に垂直に叩きつけて攻撃をする。 攻撃のリーチが長く威力も高いため注意が必要な攻撃。 攻撃後に尻尾が地面に刺さって少しの間反撃のチャンスがあるため、切断系武器の場合は尻尾を攻撃して切断するチャンスでもある。 G級の怒り状態になると2回連続で使用してくる。 噛みつき攻撃 前方に噛み付いて攻撃をする。 連続斜め飛びつき攻撃 低い姿勢に構えた後、ジグザグに飛びかかって攻撃する。 構え時間が長いほど飛びかかる回数が多くなる。 攻撃前の構え時に音爆弾をぶつけることができれば転倒させることができる。 攻撃前の構えの時間はハンターとの距離により異なるが、閃光玉でめまい状態の場合は常に構えの時間が長くなる。 回り込み攻撃 ハンターの側面に飛び込んで回り込み、次の攻撃へと連携してくる。 頻繁に使用してくる。 なぎ払い尻尾攻撃 尻尾を振りかぶり、左右のどちらかの側面から前方までなぎ払って攻撃する。 防具・スキルデータ• 武器データ• 武器ごとの各種人気ランキング• 基本情報• 狩猟スタイル• オトモ、ニャンター• 狩りの基礎知識• モンスターデータ• 【ア行】• 【カ行】• 【サ行】• 【タ行】• 【ナ行】• 【ハ行】• 【マ行】• 【ラ行】• 二つ名持ちモンスターデータ•

次の