ウグイス。 ウグイス|日本の鳥百科|サントリーの愛鳥活動

ウグイス|日本の鳥百科|サントリーの愛鳥活動

ウグイス

鶯の鳴き声は日本人にとって春の訪れ 鶯は春告鳥と日本では呼ばれており、古くからその鳴き声で日本人に春の訪れを伝えてきたと言われています。 その美しい鳴き声から日本三鳴鳥の1つとされ、山梨県と福岡県の県鳥に指定されているほか、多くの市町村の自治体指定の鳥になるなど、私たちの生活になじみ深い鳥でもあります。 鶯は2~5月の繁殖時期に鳴く 鶯が初めて鳴くのを初音 はつね と呼び、気象庁では鶯が鳴き始めた日を春の訪れと記録していると言われています。 鶯の「ホーホケキョ」という鳴き声は繁殖期の雄のみの鳴き声で、地域によって多少差はありますが、沖縄や九州では例年2月頃から、西日本から東本では3月、北日本では4~5月頃が鶯の鳴く時期と言われています。 鶯の鳴き声が良く聞かれる時期は繁殖期の自分の子どもが雌との間に誕生するまでと言われており、無事自分の子孫が残せた雄の鶯は鳴くことが少なくなると言われています。 まれに8月になっても「ホーホケキョ」と鳴いている鶯は、雌に相手にされず自分の子孫を残せていない鶯と考えられています。 雄は限られた繁殖時期に自分の子孫を残すため雌を振り向かせようと鳴き声の練習を懸命にすると言われています。 Sponsored Link 季節によって鳴き声が変化 鶯は季節によって鳴き声が変化すると言われており、これは日照時間に関係していると考えられています。 日照時間が長くなると雄の体内で特別な物質が増え、その影響で脳や喉の筋肉が活性化され、練習することで「ホーホケキョ」と美しく鳴くことができると言われています。 繁殖時期が過ぎ、日照時間が短くなってくると喉の筋肉が沈静化され「チャッチャッ」という小さな地鳴きと呼ばれる鳴き声に変化します。 地鳴きは仲間同士のコミュニケーションとして雄だけでなく、雌も同じように鳴くと言われています。 まとめ 鶯は古くから日本人になじみの深い鳥で鳴き声で春の訪れを告げる春告鳥とも言われています。 「ホーホケキョ」と鳴くのは繁殖期の雄のみで春先の2月から5月頃にかけて、雌にアピールし自分の子孫を残すために大きい声で鳴いていると考えられています。 繁殖期が過ぎ日照時間が短くなってくると、地鳴きと呼ばれる小さな鳴き声に変化していきます。 Sponsored Link.

次の

鶯色

ウグイス

全長15. 5cm(オス)。 細身でオス・メス同色ですが、メスは2cmほども小さいのが普通です。 日本では全国の平地から山地の林やその周辺にある藪で繁殖します。 秋冬には山地のものは平地へ下ってきます。 その頃は「チャッ チャッ」という声を出しています。 「ホーホケキョ」。 この鳴き声ゆえに、知らぬ人はいない、日本人にいちばん親しまれている鳥といえるでしょう。 いつもヤブの中にかくれていて姿を見せないことが多いのですが、声ははっきりきこえます。 ホーは吸う息、ホケキョは吐く息、胸をいっぱいふくらませてさえずります。 「ホーホケキョ」と鳴くのは早春ということになっていますが、山登りをする人なら、「ホーホケキョ」は春先から盛夏まで聞くことができます。 早春、人里で上手に「ホーホケキョ」と鳴く練習をしていたウグイスは、春の深まりとともに山へ帰って、巣づくりをするのです。 また、オスが繁殖期に出す声のひとつを「谷渡り」といい、警戒を意味するといわれています。 うぐいす色といわれて私たちが思いうかべるのは「うぐいす餅」などの色彩ですが、実際のウグイスの羽色は緑よりも暗緑茶色です。 という鳥は、大きさもウグイスに近く、体も緑色ですから、しばしばウグイスと誤認されています。 は花の蜜を好み、梅や椿の花の咲くころ姿を見せるので、ウグイスが来たと思うようですが、実際は梅に、の方が多いのです。

次の

ウグイスの鳴き声!いろんな種類に、意味があった!

ウグイス

雑食性• 子育てはメス 雑食性 ウグイスは雑食で、夏場は小さな昆虫や幼虫、クモなどを捕食し、冬場には植物の種子や木の実を食べます。 子育てはメス 初夏に繁殖期を迎えます。 子育ては主にメスが行い、オスは縄張りを作って見張り番をします。 亜種の「ハシナガウグイス」という種類は、卵の数は半分ですがオスも子育てに参加し、ヒナへの給餌を行います。 ウグイスの分布は?どこに生息している? ウグイスは留鳥で主に東アジアに生息します。 日本やサハリン、東部・中部中国で繁殖し、南部・東南部中国、台湾、東南アジアで冬を越します。 笹の多い林下ややぶを好みますが、環境適応能力に優れているので生息地は平地から高山帯のハイマツ帯にまで様々です。 日本ではほぼ全国に生息していますが、警戒心がとても強く、声はよく聴けますが、なかなか姿を現してくれない鳥ですよ。 現在ではハワイにも分布しています。 ウグイスの鳴き声は? ウグイスといえば「ホーホケキョ!」という鳴き声が最も有名ですよね。 この鳴き声はヒナのために餌を運ぶメスに対してオスが発する鳴き声です。 「縄張りに異常ないよ!僕らの巣は安全だよ」と伝えているのです。 1日1000回以上鳴くこともありますよ。 繁殖期にしか出さない鳴き声ですが、日本での繁殖期は春から夏にかけてなので、5. 6月の風物詩となっています。 オスは他にも「ピピョピョピョピョ」という鳴き声も発し「谷渡り」と呼ばれています。 仲間に警戒を知らせるための鳴き声ですよ。 オスメス問わず、普段のコミュニケーションは単音で「チッチッチッ」という地鳴きで行います。 古くから日本の文化に根付いているウグイス ウグイスは日本で古くから親しまれており、現在『市町村区の鳥』に採用する自治体も多くあります。 また、ウグイスの糞は江戸時代の化粧落としとして用いられ、現在でもエステ業界では『ゲイシャ・フェイシャル』として世界的に知られるようになってきました。 美しい歌声を聴かせてくれるウグイスの存在は、日本における平和の象徴といっても過言ではないかもしれませんね。

次の