ファんざ。 MAMAMOO ファサ、1stミニアルバム「Maria」発売記念オンラインサイン会のアンコール開催決定!

MAMAMOO ファサ、1stミニアルバム「Maria」発売記念オンラインサイン会のアンコール開催決定!

ファんざ

18日(土)、函館競馬場で2歳世代にとって最初の重賞となる 函館2歳S(G3)が開催される。 世代最初の重賞ウィナーの行方に注目が集まる。 その中でも、1番人気の支持を集めることが濃厚なのは モンファボリ(牝2歳、栗東・須貝尚介厩舎)だ。 函館芝1200m戦でデビューしたモンファボリ。 好スタートを切ってハナに立つと、前半3ハロンを33秒7のハイペースで通過した。 最後の直線では後続に差を広げる一方で、最終的には5馬身差の圧勝。 勝ち時計の1分8秒7は2歳レコードを0秒5も更新した。 鞍上の武豊騎手が一度もムチを入れていないことは、さらなる能力の高さの裏付けとなるだろう。 また、父フランケルは欧州で14戦14勝の伝説的名馬である。 現役時代、1400m~2100mで勝利しており、スピード自慢の馬だっただけに1200mも守備範囲だろう。 洋芝適性についても不安は全くないはずだ。 これは既に函館2歳Sと同条件の新馬戦を勝っているモンファボリにとって、補足情報程度でしかないかもしれない。 16日、武豊騎手は自身のホームページの日記を更新し、モンファボリについて言及している。 「乗っていても、これはレコードちゃうか?という体感があったほどで、本当に走りが軽い馬。 体重は412でしたが、こちらは体感がブレていて、430キロぐらいと思っていました。 将来性込みで楽しみな馬です」 体感でレコード走破を感じ取ったのはさすが名手だ。 その一方、馬体重を重く感じたのは412キロの小柄な馬体以上にスケール感があるということだろう。 武豊騎手が将来性込みで楽しみというだけに、期待せずにはいられない存在だ。 武豊騎手の函館2歳S(当時、3歳S)制覇と言えば、1997年のアグネスワールドが思い出される。 同馬はスピードを武器に直線コースを得意とし、フランスのアベイ・ド・ロンシャン賞(G1)、イギリスのジュライC(G1)を制した。 モンファボリがフランケル産駒ということを考えれば、同じ道を歩んで父の故郷で大暴れすることもあるかもしれない。 そして、馬主であるサンデーレーシングの関係者と並ぶほどレースに熱い視線を送っている人がいるのではないだろうか。

次の

エピファネイア

ファんざ

アメリカでは、2017年1月のトランプ大統領の就任前後に台頭。 反人種差別主義、反白人優越主義、反性差別主義などを掲げ、KKK(クー・クラックス・クラン)やネオナチに対抗し、抗議活動を繰り広げてきた。 就任時には、就任に反対する全米各地の抗議デモの中核を担った。 2017年8月には、ヴァージニア州シャーロッツビルで、南北戦争の南軍司令官リー将軍の銅像撤去に反対する白人至上主義者のデモ隊と、これに反発するアンティーファが衝突し、3人が死亡。 同月には、カリフォルニア州バークレーで、トランプ支持者の集会に乱入し、参加者に暴行を加えたなどとして、。 米国のバー司法省長官は、フロイドさんの死を受けて拡大する抗議運動に関して、「平和的な抗議の声は、暴力的・急進的な要素によって乗っ取られている」とする。 「多くの場所で、暴力は無政府の左派過激派グループによって計画・組織され、推進されているように見える。 その多くは暴力を促すために、州外から移ってきたアンティーファのような戦術を使っている」と非難した。 アメリカ国内では、トランプ大統領の対応を批判する声も上がっている。 は、テロ組織として指定することに対し、「狂った判断」と非難する国家安全保障のアナリストの意見を掲載。 「国内のイデオロギーグループへの参加を犯罪化することで、明らかに違憲だ」「市民の思想がいかに不愉快であっても、単に(過激な信念を持つ)グループに所属しているだけでは起訴できない」などと主張している。 さらに、は「国内組織をテロ組織として指定するための法的権限は存在しない」と報じ、トランプ大統領の判断に法的根拠がないことを指摘している。

次の

【全文】”飲酒運転”ファニ(Fly To The Sky)、「愚かな行動だった...申し訳ありません」│韓国音楽K

ファんざ

藤田医科大学を代表機関とし全国47医療機関で実施している「SARS-CoV2感染無症状・軽症患者におけるウイルス量低減効果の検討を目的としたファビピラビルの多施設非盲検ランダム化臨床試験」 研究責任医師 藤田医科大学医学部感染症科 土井洋平教授 につき、その最終結果の暫定的な解析が終了しましたので、要点をご報告いたします。 本研究には3月上旬から5月中旬までの間に新型コロナウイルス感染症 COVID-19 患者計89名にご参加いただきました。 このうち44名がファビピラビルの通常投与群(1日目から内服)、45名が遅延投与群(6日目から内服)に無作為割り付けされました。 遅延投与群の内1名は割り付け直後に不参加を希望されたため、臨床的評価は通常投与群44名、遅延投与群44名で行いました。 また、ウイルス量に関する評価は、研究への参加時に既にウイルスが消失していたことが後日判明した19名を除外し、通常投与群36名、遅延投与群33名で行いました。 研究参加中に重症化または死亡した方はありませんでした。 事前に規定された主要評価項目である「6日目まで(遅延投与群が内服を開始するまで)の累積ウイルス消失率」は、通常投与群で66. 76-2. 269)でした。 4%、遅延投与群で78. 8%、調整後オッズ比は4. 88-25. 071)でした。 事前に規定された探索的評価項目である「37. 1日、遅延投与群で3. 2日、調整後ハザード比は1. 81-4. 141)でした。 ファビピラビル投与に関連する有害事象としては、血中尿酸値の上昇が84. これらの異常値は、内服終了後(16日目または28日目)に再度採血された患者(38例)のほぼ全員で平常値まで回復していることが確認されました。 また、痛風を発症した患者はいませんでした。 以上より、通常投与群では遅延投与群に比べ6日までにウイルスの消失や解熱に至りやすい傾向が見られたものの、統計的有意差には達しませんでした。 有害事象については、検査値異常としての尿酸値上昇がファビピラビル投与中の患者の大半に見られましたが、投与終了後には平常値まで回復し、その他重篤な有害事象等は見られませんでした。 本研究の詳細なデータにつきましては、なるべく速やかに論文発表できるよう準備を進めてまいります。 本研究は、国立研究開発法人日本医療研究開発機構 AMED の研究課題「SARS-CoV-2感染無症状・軽症患者におけるウイルス量低減効果の検討を目的としたファビピラビルの多施設非盲検ランダム化臨床試験およびファビピラビルを投与された中等症・重症患者における臨床経過の検討を目的とした多施設観察研究」(研究開発代表者 湯澤由紀夫 藤田医科大学病院 病院長・課題番号19fk0108150s0001)の一環として実施しています。

次の