立ちコロ できる人。 腹筋ローラー初体験!立ちコロできるまでの手順をご紹介!

腹筋ローラー初体験!立ちコロできるまでの手順をご紹介!

立ちコロ できる人

腹筋ローラーの使い方やトレーニング方法 さっそく 腹筋ローラーの使い方・トレーニング方法をまとめていきます。 立ちコロ・膝コロとは、腹筋ローラーの使い方の1つです。 要は、トレーニング方法の呼び名ですね。 腹筋ローラーを初めて使うという方は、まずは初心者向けの 「膝コロ」と「立ちコロ」が出来るようになりましょう。 膝つき状態から「膝コロ」 膝コロは、 膝をついた状態で腹筋ローラーを前にコロコロと転がしていく方法です。 膝コロは一番簡単な使い方でもあり、そこまで難しい使い方ではないので、出来るまでそう時間はかからないと思います。 まずは 自分の転がせる限界まで腹筋ローラーを転がしていく事が大切です。 初めから無理に全開まで転がす必要はありません。 限界まで転がすだけでも、十分はトレーニングとなりますので、 慣れてから少しずつ転がす距離を伸ばしていきましょう。 立った状態から「立ちコロ」 次に立った状態から転がしていく立ちコロです。 立ちコロは初心者では少し難しく感じてしまうかもしれません。 立った状態から腹筋ローラーを前に転がしていきます。 毎日少しずつ練習すれば、出来るまでそんなに時間はかからないと思います。 また、立ちコロをやる時の あるあるですが、腹筋が耐えられずにそのまま倒れこんでしまう方も多いです。 初めは、 壁のある所を前にして、壁にめがけて転がして壁コロもオススメです。 壁が ストッパー代わりになりますので、自分のいけそうな距離感で試してみると良いでしょう。 腹筋ローラーは負荷が強いため、 短期間で鍛えることができる反面、きちんとしたフォームや自分の腹筋力を理解していないと 腰や背中を痛めてしまうこともあります。 そして、負荷が強い分、筋肉の分解も強く、 なかなか筋肉痛が治らないなんてことにもなりやすいので、修復を早くするアイテムを常に意識するようにしましょう。 腹筋ローラーで鍛える方の相棒となって 筋力アップのサポートをしてくれるでしょう。 あなたの 割れた腹筋も鍛神があったからこそだと後々に気付くこと間違いありません。 ・手首を曲げて転がさない。 ・転がす時には呼吸を意識して行う。 ・腰を反らないように注意する。 ・トレーニング時は腹筋を意識する。 腹筋ローラーを使う際には、最低限これらのポイントを意識して実践するようにしましょう。 「病は気から」という事ではありませんが、 筋トレも鍛えたい部分を意識するだけで大きく変わってきますので、ぜひ参考にしてみてください。 腹筋ローラーはコツをつかめば誰でも出来る! という事で、腹筋ローラーに関する コツやポイント、使い方などを紹介させて頂きましたが、どうでしたか? まだ使った事が無い方も、試してみたくなったのではないでしょうか? 自宅でも簡単にできるトレーニングですし、コストもそんなにかからないので、ジム通いなどせずに 安く、こうりこうり強く鍛えたいという方にはオススメのトレーニングです。 初めは難しく感じるかもしれませんが、 回数をこなすことで体が慣れてきますので、できるまでしっかりと練習していきましょう。

次の

腹筋ローラーの「立ちコロ」に挑戦!正しいやり方と効果が高まるコツを解説

立ちコロ できる人

contents• rowan. html 腹筋ローラーで腹筋を鍛える際に、通常は膝を床についた状態で行いますが、膝をつかずに床から浮かせた状態で、腹筋ローラーを転がしていくことを、 立ちコロといいます。 この立ちコロ、腹筋ローラーを使っているがなかなか膝立ちを卒業できないという方が多く、 かなりハードな技となっています。 せっかく腹筋ローラーでトレーニングをするのなら、とことん使いこなして、筋肉をつけたいですよね。 次は 腹筋ローラーで立ちコロが出来ない理由を解説していきたいと思います! なぜ立ちコロが出来ない? 筋力が弱い まず考えられる理由はまだまだ 筋力不足であること。 特に筋トレを始めたばかりの初心者の方はなかなか普段の動きでは鍛えられなかった筋肉へどんどんと刺激を与えている最中なのですから、まだまだ筋力が弱いということが十分に考えられます。 ご紹介する立ちコロが出来るようになるトレーニングは、立ちコロと膝コロの間くらいの負荷のトレーニングなので、膝コロができても立ちコロが出来ないという方にぜひ試してほしいトレーニングです。 メインで使う腹直筋か腕・肩の筋肉いずれが確実に足りていないと分かっている場合は、その筋肉を鍛えるトレーニングをしてあげることもおすすめです。 コツがつかめていない 筋力がそんなに弱くないという方に考えられる原因は、 コツがつかめていないということです。 次でご紹介するトレーニングを実際に試してみることで、どんどんコツがつかめるようになってくると思います。 トレーニングを継続してみて、どうしてもできない場合は、出来る人に教えてもらうのが手っ取り早いです。 ジムのトレーナーさんや、身近で出来る人に聞きましょう。 それが難しい場合は、自分のトレーニング中の動画を撮ってみて、出来ている人と比べて、フォームややり方が違うところはないか、チェックしてみましょう。 立ちコロが出来ない初心者以上中級者くらいの方に向けた解説動画です。 立ちコロを始める体勢になります。 足は肩幅~腰幅くらい。 キツさを感じて床に倒れ込む前に、床に膝をついて、手を伸ばしてローラーを前方へ転がす。 ローラーを引き寄せて、ついていた膝を床から上げ、最初のポジションに戻り、膝裏を伸ばす。 立ちコロの動作の中に、 膝をついてワンクッション置く動作を加えるといった感じです。 これを繰り返すとはやく立ちコロが出来るようになります。 結構簡単なので、女性にもおすすめのトレーニングです。 100円均一のダイソーに売っている膝パットを利用すると膝をついたときに痛くないのでおすすめです! まとめ 自分が立ちコロが出来ていない原因をよく分析してみましょう。 また、ご紹介した動画のような、トレーニングを取り入れて、継続して行うようにしましょう。 回数をこなせば、筋力が弱いことやコツがつかめていないなどの問題を解消していくことに繋がります! 腹筋ローラーを最大限に活用して、たくましい腹筋や引き締まったウエストを目指していきましょう! 【こちらの記事も合わせて読みたい】.

次の

腹筋ローラーの効果的な使い方を解説!3ヵ月以内に立ちコロが出来る方法!

立ちコロ できる人

身体を伸ばしたときの維持力が弱い これが壁コロができるのに、立ちコロができない原因ですね。 この動画で言うと、2枚目のときに体をキープできずに悩んでいると思います。 壁コロだと壁がストッパーになってくれるので、身体を伸ばしたときにかかる負荷を壁に任せることができます。 しかし立ちコロになると、壁がないので今まで壁に任せていた負荷を自分で耐える必要があります。 これが壁コロと立ちコロの大きな違いです。 立ちコロの一番きついポイントは、身体が伸びきったとき動き止まった瞬間です。 ここで踏ん張れるか、踏ん張らないかで立ちコロの明暗が分かれます。 立ちコロがまだできない人はイメージしにくいと思いますが、絶対身体をキープできるようになるので安心してくださいね。 では次の項目で、立ちコロができるようになるトレーニングを紹介していきます。 維持力の鍛え方 によるからの画像 立ちコロをやるためには、身体をキープする維持力を鍛えないといけません。 瞬発的な動きよりも、姿勢を維持するトレーニングが中心です。 そんなに多くないので、実践してみましょう! プランク ここでなぜプランクを勧めるのかというと、私自身やっていて立ちコロの役に立っていると実感しているからです。 しかも踏ん張る・姿勢を維持するという点においてピッタリ合っています。 (負荷は低いですが) 私は壁コロをやり始めてから、 1ヶ月弱で立ちコロができるようになりました。 これはある程度体幹を鍛えていたから、短期間で立ちコロができるようになったと要因だと思います。 このことから、プランクは立ちコロをするために有効なトレーニングだと言えるでしょう。 壁コロできているなら、プランクも簡単にこなせると思います。 まずは1分から始めてみましょう! 壁コロプランク 普通の壁コロって、壁にローラーをつけたら体を戻しますよね。 壁コロプランクは察しの通り、壁にローラーをつけたまま体をキープします! これをやることによって、立ちコロで使う維持力を鍛えていきます。 とりあえず、10秒からやっていきましょう。 慣れてきたら、壁にかける体重を減らしていきましょう。 壁にローラーつけずにできたら、立ちコロは達成できたようなものです。 2つのメニューを紹介していきましたが、壁コロプランクは負荷が高いので毎日やるのはきついと思います。 なので普段はプランクをして少しずつ体幹を鍛えて、筋肉痛が回復したら壁コロプランクをしていくローテーションでやっていくと良いですね! まとめ.

次の