基本的な「やせうま」の作り方

さて、「やせうま」の「うま」は 馬ではないとわかったところで作っていくとしよう。

大分の郷土料理

・作り方1(タネ作り) まずはボールに小麦粉300gと塩を2つまみ入れる。 平安の昔、豊後の国(大分県)の片田舎の黒野に下向し、隠れ住んだ平家の落人の「藤原清麿(つるきよまろ)」と言う若殿様が住んでいたという。

【簡単に作れて美味しい】大分の郷土料理「やせうま」を作ってみた!

ひとつめの説について、旧(現在の)には以下のような伝承が伝わっている。 観光客減で苦境に立つ老舗菓子店「やせうま本舗 田口菓子舗」(大分市)を中心に、大分からあげ(大分市)、後藤製菓(臼杵市)、南光物産、みょうばん湯の里、まるにや(以上別府市)の6社が企画した。 シンプルである。

Next

やせうま 大分県

だんごの形によって違った食感が楽しめるので、不揃いでもOK! ・作り方3(粉作り) ここまできたらゴールは目前。

大分の郷土料理

1時間寝かした後、ラップを外して生地に打ち粉をして…… 手で一口サイズに切って…… だんごの端と端を左右に引っ張って麺状に伸ばす。 郷土料理として大分県内の祭りの屋台のほか、飲食店などでも提供されることも多く、時代やニーズに合わせて具材や作り方も工夫されながら現在へと続いています。 食習の機会や時季 学校給食や飲食店などでも提供されるほど日常に根づいたものであるが、七夕やお盆のお供え物にもなる。

Next

フロム大分|やせうまだんご汁のオフィシャルサイト

大分県の一部の地域では、お盆にやせうまを供える習慣があるほど地域に根付いた、郷土料理であるとともに、手延べだんご汁は昔、どの家庭でも、供されたという素朴な郷土料理だという。 練った小麦粉を麦味噌ベースの汁に入れて食べる「だんご汁」と同様に、大分で親しまれている郷土料理である。

Next

大分土産に、郷土料理からできた「焼きやせうま」 [大分の観光・旅行] All About

米粉を使った餅菓子のような「やしょうま」は、彩りがとてもきれいで毎年春になると各家庭で作られています。 主な伝承地域 県内全域• やせうまだんご汁とは 「やせうまだんご汁」とは、大阪の老舗郷土料理店「九州八豊」の商品名です。

Next

豊後銘菓 やせうま

それでは、以下で作り方を紹介していきます。 3.茹で調理~仕上げ それでは、だんごを平たい麺にして茹でていく段階へと移ります。 八瀬に育てられた幼君は、小麦粉を練って寝かせて、それを長く伸ばして麺状にして茹で、黄粉(きなこ)をまぶした八瀬お手製の小麦粉だんごをたいそう気に入り、「八瀬、美味い!やせ、ウマッ!やせうま! 」と言って好んで食べられ、村人もこのだんごの事を 「 やせうま 」 と呼ぶようになったという。

Next