【三菱 エクリプスクロス 改良新型】PHEV投入でクリーンかつ上質なカラーを…カラーデザイナー[インタビュー]

新型エクリプスクロスがマイナーチェンジ(一部改良)でシートヒーターを標準装備 特別仕様車ブラックエディションも設定 エクリプスクロスに初めて設定した特別仕様車「ブラックエディション」 三菱の新型エクリプスクロスがマイナーチェンジ(一部改良)を2018年12月13日に行い、今までオプションの本革シートを選択しないと装備されなかった運転席と助手席のシートヒーターを標準装備しました。 ブラックでまとめられた室内空間にシルバーがアクセントに加えられ、SUVでありながらクーペを思わせる印象を受けます。 そうであれば価格帯もさほど変わらないと思いがちですが、PHEV同士で比べるとエクリプスクロスはアウトランダーより50万円以上安くなっています。

Next

【三菱 エクリプスクロス 改良新型】PHEV投入でクリーンかつ上質なカラーを…カラーデザイナー[インタビュー]

三菱は「2020-2022年度中期経営計画」において、2020年度中にエクリプスクロスにPHEV(充電可能なプラグインタイプのハイブリッド)を加えて、2021年度中に次期アウトランダー、2022年度中に次期アウトランダーPHEVを発売すると発表したからだ。

Next

2020年12月発売! 新たに追加された三菱「エクリプスクロスPHEV」に試乗

新型エクリプスクロスは、このPHEVシステムを搭載し生まれ変わった。

Next

三菱新型エクリプスクロスの納期の最新情報

4L 直列4気筒エンジン+電気モーターを組み合わせたプラグインハイブリッド PHV モデルの2種類がラインナップされていますが、今回は最も要望の多かった PHEVモデルの中間グレードG/上位グレードPの2種類の見積もり内容を公開していきたいと思います。 また、現行型エクリプスクロスに搭載されていたリアスポイラーや、上下に分割されるリアウィンドウは廃止されるものと思われます。 エクリプスクロスは2015年のジュネーブモーターショーで披露されたXR-PHEV2というコンセプトカーがベースとなり、2017年のジュネーブモーターショーで正式に「エクリプスクロス」として登場しました。

Next

三菱 エクリプス クロス|価格・新型情報・グレード諸元

三菱自動車は、2020年7月27日に電話会議を通じて行った決算説明会で、2021年に「エクリプスクロスPHEV」と、「アウトランダー」の新型を投入することを明言した。 エクリプスクロスはその中期経営計画を受けた第1弾の新型車。 ガソリンモデルでは、前後輪へ最適なトルク配分を行う電子制御4WDをベースに、アクティブヨーコントロール(AYC)とABS & アクティブスタビリティコントロール(ASC)を協調させる「S-AWC」を採用。

三菱次期エクリプスクロス&アウトランダーが最激戦区に挑む!!

それによってより動きをよくするなどの方向にしています。 PHVモデルを追加した 三菱自動車は20年4~9月期の連結決算で2098億円の最終赤字を計上した。 それでも、実燃費平均値12. LEDリヤコンビネーションランプは、新型エクリプスクロスのワイルドなフロントマスクにマッチする仕上がりです。

Next

【三菱 エクリプスクロス 改良新型】PHEV投入でクリーンかつ上質なカラーを…カラーデザイナー[インタビュー]

新型エクリプスクロスPHEVは3グレード設定。 価格はPHEVモデルが約385万円〜450万円、ガソリンモデルが約255万円〜約335万円となる見込みだ。 デザイン変更に合わせて全長も140mm延長。