よく 当たる 天気 予報 アプリ。 ‎「ウェザーニュース」をApp Storeで

ピンポイントの天気予報は絶対に当たらないから雨雲レーダを見てください。雨雲レーダーは最高の天気予報です。

よく 当たる 天気 予報 アプリ

スポンサーリンク とりあえず天気予報だけ知りたいという方には天気XLがおすすめです。 直感的に操作できる使いやすさと、画面いっぱいに現在の雨や雲の状況を教えてくれるので、お子さんやお年寄りにおすすめです。 さくら開花情報や雨雲レーダーはありませんが、体感温度や複数の都市をサクサクっと登録できて便利。 ただ広告が結構うざいのがマイナス点です。 tenki. 気圧配置がわかる天気図や気象衛星を使った雨雲状況、そして豪雨レーダーまで備えています。 設定すれば、PM2. 5の予想マップや熱中症情報にアメダスなどの外部リンクも開いてくれます。 マイナス点は機能が豊富なだけに使いづらいというところ。 まあ、なれてしまえば何ということもないのですが。 釣りや潮干狩りのレジャーには最適ですが、天気予報はすでに過ぎてしまった時間がトップに来るなどちょっと使い勝手がよくありません。 広告は表示されますが小さく、突然画面いっぱいに表示されることもはありません。 レーダー画像は5分毎の雨の状況や15分毎の雲の動き、そして10分毎に雷映像が表示されます。 コンパスまでついているので、釣りや登山ハイキングをする方におすすめの天気予報アプリ。 レーダーを見ながら自分で予測することができます。 スポンサーリンク 面白いのはライブカメラで現在の状況をリアルタイムで知ることができること。 また、アプリ使用者が周辺の空の写真をアップしているので、現地情報を入手することができます。 花粉やさくら開花情報を日本地図で表記してくれるのが嬉しい。 雨雲レーダーに天気、気温、気圧、降水量などいずれか1つの項目をセットすると表示される用になっている。 気象レーダーは雨雲、波、気圧など全て有料。 無料版の機能は少ないものの、週間天気予報までで十分という方には使いやすいアプリです。 Yahoo! PM2. 5、花粉、地震情報もあるのですが、情報が有りすぎて目的の情報を探し出すのに時間がかかるのがマイナス。 表示も小さくお年寄りや視力の悪い人にはちょっと使いづらいアプリです。 以上、複数の天気予報アプリをご紹介しましたが、全ての情報を1つのアプリで見ることができるアプリはありません。 ご自身が必要とする情報があるアプリを2つほどインストールしておくのがおすすめです。 今後も更におすすめのアプリがありましたら追記でご紹介していきたいと思います。

次の

おすすめの天気予報サイト9選!検索より簡単な方法も解説

よく 当たる 天気 予報 アプリ

5 10 南 0 - 12時 26. 6 9 南 0 - 11時 27. 7 6 南南西 0 - 10時 26. 5 5 南 0 - 09時 25. 3 7 南 0 - 08時 25. 2 6 南 0 - 07時 24. 4 6 南南西 0 - 06時 23. 7 5 南 0 - 05時 23. 2 5 南南西 0 - 04時 23. 2 5 南 0 - 03時 23. 1 5 南南西 0 - 02時 23. 1 5 南 0 - 01時 23. 7 6 南南西 0 - 24時 23. 5 5 南 0 - 23時 23. 8 6 南南西 0 - 22時 23. 8 5 南 0 - 21時 24. 3 5 南南西 0 - 20時 24. 9 6 南南西 0 - 19時 25. 4 6 南南西 0 - 18時 26. 4 6 南南西 0 - 17時 28 7 南南西 0 - 16時 28. 4 6 南南西 0 - 15時 28. 7 5 南南西 0 -.

次の

‎「ウェザーニュース」をApp Storeで

よく 当たる 天気 予報 アプリ

多くのスマホユーザーにとって手放せない「天気予報アプリ」。 そんな天気予報アプリを選ぶうえで重視されるのは、やはり予報の的中率(正確性)でしょう。 誰もが一番当たる天気アプリを使いたいと考えているはずです。 海外製の天気予報アプリにはデザイン性が優れているものが多い反面、国産アプリに比べて予報精度が劣る傾向にあります。 国産アプリでも予報精度はさまざまですが、予報をおこなっている企業・団体に注目してみるのもひとつの手でしょう。 国内の気象業界に目を向けると、日本気象協会とウェザーニューズ社の2社で寡占状態。 またテレビの天気予報は、ほとんどが日本気象協会のデータを元に作られてきました。 そこで今回は、 日本気象協会とウェザーニューズが提供するデータを利用している天気予報アプリを中心に、気象庁や国土交通省のデータを利用している天気予報アプリも合わせて9本紹介します。 これで予報が外れたら、ほとんどの人にとっても予報が外れているはずなので諦めもつくでしょう。 日本気象協会のデータを利用した天気予報アプリ 日本気象協会のデータを利用した4つの天気予報アプリを紹介します。 そら案内 左:天気予報 右:「概況」が便利 「そら案内」は最初に地域を設定しておくと、トップ画面で今日と明日の天気予報と週間予報を一覧表示してくれます。 ページ下部にはテキストで説明した「概況」もあって、大まかな把握に役立ちます。 また、気象衛星の天気画像、天気図、ナウキャスト(短時間の高解像度降水予報)、アメダスの各種情報も提供。 加えてPM2. 5の分布予測図や黄砂の飛散予測、台風情報もチェックできます。 機能面では、iOS版のほうがTwitter、FacebookなどSNSへの投稿機能を利用できるなど、やや優れている印象。 Android版はウィジェット設置ができない点が未だ残念なポイントです。 tenki. jp 左:アプリを開くと週間天気予報ページが表示される 右:日本全国の天気予報もチェック 「tenki. jp」も「そら案内」と同様に日本気象協会公式のアプリです。 天気情報を取得する地点を10箇所まで登録でき、全国の市区町村はもちろん、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンなど主要なレジャー施設なども選択できるので便利。 画面上には今日明日の天気・気温情報、および10日先までの天気予報が表示されます。 また、天気指数のジャンルが全13種類と豊富で、季節を問わず通年で役立つ「洗濯」「紫外線」「服装」などはもちろん、冬季には「水道凍結」「暖房」、夏季には「汗かき」「冷房」「ビール」などが用意されており、うち5種類までを画面に表示可能です。 Weather Japan 日本語、英語、中国語(簡体字・繁体字)、ドイツ語、スペイン語、フランス語、イタリア語、韓国語、ポルトガル語、ロシア語に対応している 「Weather Japan」も日本気象協会の公式アプリです。 特徴は11カ国語に対応している点。 普段スマートフォンで使用中の言語が、アプリ内の言語に反映される仕様で、すぐに自国の言語でアプリに入っていけます。 なお、アプリ内から言語を変更できない仕様なので注意してください。 機能はシンプルで、画面上には現在地周辺の7日間の天気・気温情報と、今日から3日間の日の出・日没情報などが表示されています。 また、「地域名を入力」または「日本地図」から別のエリアの天気予報を確認することも可能です。 Yahoo! 天気 左:iPhone画面 中:Android画面 右:指数情報も確認できる(洗濯、傘、紫外線、重ね着、乾燥、風邪注意) 「Yahoo! 天気」は今日・明日の詳細天気予報や週間予報を確認したり、雨雲レーダー、現在地の天気、全国の天気などをチェックしたりできます。 アプリの使用感はOSによる違いはほぼありません。 機能は豊富ですが、わかりやすいアイコンやボタンで設計されているので便利に使えます。 ヤフーIDなしでは使えない機能が一部あるのが、マイナスポイントかもしれません(たとえば、雨雲レーダーの予測できる時間がIDなしの場合は1時間先まで、ありの場合は6時間先までなど)。 とはいえ、雨雲レーダーへの新規モード追加や、季節に合わせた「指標」の追加など、常にアップデートを欠かさないのは好印象。 定番の天気予報アプリとして入れておきたい1本です。 ウェザーニューズのデータを利用した天気予報アプリ 世界最大の民間気象情報会社であるウェザーニューズ社が手掛けるアプリを紹介します。 ウェザーニュースタッチ 左:天気予報 中:雨雲レーダー 右:多彩な専門チャンネル(雷、台風、天気図、地震、津波、花粉、減災など) ウェザーニュースタッチは、その名の通りウェザーニューズ社が提供しており、予報の信頼性は高いアプリ。 ただ、天気予報アプリとしては機能を盛りすぎていて、見たいコンテンツへのアクセス性が低い印象を拭えません。 今の空を撮影して投稿するリポート機能などのSNS的要素が搭載され、ウェザーニュースのさまざまなチャンネルにもアクセスできるといった、ややマニアックな機能が充実しています。 一方で、雨雲の接近をプッシュ通知で受け取れるといった嬉しい機能も提供されています(1地点固定)。 さらに有料会員になれば、GPSによる位置情報をもとに現在地の緊急情報がプッシュ通知で届く機能も利用可能。 今いるエリアの雨雲の接近や、震度3以上の地震発生を通知する地震アラーム、台風の接近・上陸を知らせる台風アラームなど自分に必要な情報を設定できます。 気象庁のデータを利用した天気予報ウィジェット Android端末では、ホーム画面にウィジェットを設置できます。 その機能を活かせる気象庁のデータを利用した無料アプリを2つ紹介しましょう。 ウィジェットを活用してみたいAndroidユーザーは、両方のアプリを試してみてもいいかもしれません。 世界天気時計 左:3種類のウィジットを表示してみた 中:週間天気予報 右:天気予報に雨雲レーダーを重ねて表示 世界天気時計では、ウィジェットを6種類のサイズから選択可能です。 アイコンや背景や文字色、フォントの種類も豊富なので、自分好みにカスタマイズするのも楽しいでしょう。 ウィジェット上には指定した場所の気温、降水確率、天気などが表示されており、タップすると指定した場所の週間天気予報を確認できます。 また日本地図を表示すれば、雨雲レーダーや衛星写真を重ねて表示することもできます。 XRAIN(旧称:XバンドMPレーダ雨量計)とは? 近年の豪雨対策として全国の30箇所以上で設置されている、雨や風を3次元で観測するXバンドのMP(マルチパラメータ)レーダを用いたリアルタイム計測システムです。 ほぼリアルタイム(1〜2分)で雲の動きや降雨状況を知ることができ、ゲリラ豪雨などの早期検知が期待されています。 アメデス〜XRAIN〜 左:X Rain画面 中:週間天気予報を見ると、気象庁の情報に飛ぶ 右:紫外線情報も見られる アメデス〜XRAIN〜は、XバンドMPレーダのデータを表示するアプリです。 天気予報(3日・週間)や気温情報などのほか、リアルタイムに雨雲データや雨量データを表示。 地図を拡大すると、市区町村の単位で雲の動きや降雨状況を簡単にチェックできます。 これなら気象情報に詳しくない素人でもおおよその天気を予想できるでしょう。 その他、紫外線や黄砂などの情報も取り扱っているのも嬉しいポイントです。 土砂災害警戒、大雨洪水(浸水害)、洪水警報などの危険度分布も閲覧できるので、防災の観点でも役立つアプリとなっています。 Go雨! 探知機 -XバンドMPレーダ- 左:10km圏内の雨雲情報を取得可能 中:スマホを空に向けると雨を降らせる雲か確認可能 右:雨雲までの距離を表示 「Go雨! 探知機 -XバンドMPレーダ-」も名称通り、XバンドMPレーダのデータを表示するアプリです。 日本気象協会から提供されています。 特長はAR機能を利用しているところ。 端末のカメラを通して上空の雲を見上げると、その雲が雨を降らせているかどうかが分かります。 また「雷モード」機能をオンにすれば、過去15分以内に周囲5kmもしくは10kmで発生した落雷情報を見ることができます。 「外は雨かな?」「近くで雷が鳴ったけどどこに落ちたんだろう」といった疑問に答えてくれます。 なお、SNSと連携しているので、アプリ画面を「Twitter」や「Facebook」「メール」などでシェアもできます。 スマートスピーカーの天気予報 Amazon EchoとGoogle Home スマートスピーカーを使っている人なら、天気を尋ねてみるのもよいでしょう。 アプリから位置情報を設定すると、指定地域の天気を簡単に聞けます。 もちろん、任意の場所や日時を指定して天気予報を聞くことも可能です。 Google Homeはウェザーニューズ社、Amazon Echo(アマゾンエコー)は米国のAccuWeather社より天気予報データの提供を受けています。 試しにAmazon Echoに「今日の千代田区の天気予報は?」と呼びかけてみたところ「東京都千代田区の現在の天気は雨で、気温は摂氏8度です。 一晩中ほぼ同様の天気で、予想最低気温は8度です(12秒)」との返答。 次に、Google Homeに同様の質問をしたところ「今日の千代田区は予想最高気温10度、最低気温6度で雨でしょう(8秒)」との回答でした。 両者とも、天気と気温(最低・最高)を教えてくれましたが、最低気温がそれぞれ異なる結果に。 また、Amazon Echoは夜間の天気予報まで盛り込んでおり、やや情報量が多く気が利く印象でした。

次の