引越し 見積もり 後。 引越し見積もりは何日前からいつまでに依頼する?業者を探す時期とタイミング

注意!引越し一括見積もりサイトの利用で失敗した生の声

引越し 見積もり 後

引越しの一括見積りを依頼すると、引越し業者から連絡があり、訪問見積りの日程を決めるための電話がかかってきます。 単身者での引越しの場合、荷物量が限られている場合が多く、2tトラック1台分など引越し業者側で荷物を把握しやすいので、メールやネット上の見積もりだけでOKというところもあります。 一方で、家族での引越しの場合は多くの引越し業者が訪問見積りをした上で正確な料金を算出するというプロセスをとっています。 実際の荷物量も最小単位の2人家族であっても差が多くあり、正確な見積もりを出すために訪問見積もりを依頼されるケースがほとんどです。 訪問見積りを受けることで、正確な荷物量がわかるだけでなく、引越し業者も訪問見積もり時に引越しの受注を確定できるメリットがあり、複数社から見積もりを取っている場合は価格交渉の結果、最大50%程度引越し料金が安くなることもあります。 ここで訪問見積もりの流れ、交渉の際に知っておくと得するコツなどについて詳しく説明していきます。 訪問見積りの流れを把握しておこう 訪問見積りなんて緊張してしまいそう…という方のために、まずは訪問見積りの流れを紹介します。 1回の訪問で大体1時間前後必要となります。 1日にまとめてお願いできるのは2~3社が限度です。 仕事が忙しい場合や引越し業者の営業担当と直接交渉することに抵抗があるという方も多いのではないでしょうか。 しかし、引越し費用は訪問見積りをしてもらったほうが安く上がることが多くなっており、引越し経験者の7~8割が訪問見積りを依頼したと答えています。 安くなる理由としては以下です。 荷物量が正確に把握でき、正確な見積もり料金が出せる• 引越し料金を安くできるかどうか、引越し日と荷物量によりトラックと作業員の空き状況を確認&調整できる• 引越し業者の営業に割引裁量があるところは、他社の見積もり料金を聞きながらその範囲で調整ができる 次に訪問見積りを受けるメリットを説明します。 正確な荷物の量を把握し、トラックの大きさを決められる 訪問見積りによってタンスや食器棚等の大きな荷物の個数やオプション作業が必要な荷物、また屋外に置いてある荷物など忘れがちな荷物も把握できるため、必要なトラックの大きさを正確に判断し、より適切な料金を算出することができます。 トラックの大きさは荷物だけではなく、旧住居と新居の前の道路の道幅によっても変わってきます。 トラックの大きさは2トン、3トン、4トンとありますが、ワンサイズ大きくなるだけで1~2万円価格が変わることも。 必要以上に大きなトラックを用意されないためにも状況を正確に判断してもらう必要があります。 また、エアコンや洗濯機の有無、脱着を依頼するしないといった引越しに付随するオプションの必要可否も判断してもらえます。 エアコンの脱着は大体2万円前後、洗濯機の脱着は5000~7000円が相場なので、訪問見積もりではじめて金額が決まるケースが多々あります。 必要な段ボールの数も把握できる 訪問見積りでは押入れやクローゼットの中を確認されることがあります。 このことで必要な段ボールの数を把握でき、あとで足りなくなるというトラブルも防げます。 その場で契約すれば当日使用するトラックの大きさや荷物に応じて段ボールを置いていってくれるので、自分のペースで早めに荷造りをすることができます。 電話やネットのみの見積もりの場合、段ボールは自分で用意しなければならないケースもあるようです。 料金を安くする交渉ができる 訪問見積りを依頼すると、即決交渉により料金を安く提示してくれるケースがあります。 さらに営業担当が引越しの条件や要望をうまく引き出してくれるため、時間指定のないプランが利用できないか?梱包を依頼するべきかどうか?などの相談にも乗ってくれます。 分からないことはその場でどんどん聞くとよいでしょう。 訪問見積りの特典が受けられる 引越し業者によっては訪問見積りを受けるだけで特典としてお米や洗剤、掃除用品などの日用品のセットがもらえることもあります。 この特典は契約をしなくてももらえるので、特典がある引越し業者を選ぶのもひとつの方法です。 訪問見積り時の交渉のコツと覚えておきたいこと では訪問見積りを依頼したあと、どのように価格交渉すればよいのでしょうか。 以下のポイントを押さえておきましょう。 訪問見積りを受ける業者は3社程度にしておく 依頼する引越し業者は本当に依頼してもいいと思える3社程度にとどめましょう。 一社当たり、訪問見積りにかかる時間は30分から1時間程度。 引越し業者どうしが鉢合わせしないよう、前後に余裕もって時間を決めるようにするとよいでしょう。 訪問見積りのデメリットも押さえておこう 訪問見積りを依頼すると、自身で価格交渉をすることになります。 値下げの交渉やきっぱり断るのが苦手…という方は意外に多いもの。 よくある訪問見積もり時に困ったこととしては以下があります。 家具、家電の営業をされる• 新居のフローリング営業をされる• インターネットの新規契約営業をされる こういった場合、条件の合う引越し業者や、ちょうど必要なものがあればご利用いただくのが良いですが、一方でその場での即決、不要なものを営業されると感じるケースもあります。 そんなときは友人や家族に同席してもらうといいでしょう。 第三者がいれば、営業担当も強引に契約をせまるようなことはしないはずです。 また「訪問見積りを依頼すると知らない人に家の中を見られるからイヤ」という人もいます。 散らかっているし、掃除もしていないから営業担当を家にあげたくないという場合もあるでしょう。 しかし引越し業者の営業担当は1日に何件もの客先を回っているため慣れていますし、見積書を作成したり、プランについて説明したりする時間を除き、家の中を見回る作業はどの引越し業者も手短に行うよう努力しているので、あまり気にする必要はないでしょう。 知らない人が家にくるのはどうしても抵抗がある場合は、引越しする荷物や家具・家電の情報をしっかりと伝えて、電話やメールで詳しい見積もりをお願いするとよいでしょう。 特に単身者の引越しの場合は荷物量も限られているため訪問見積もり無しで見積もりをしてくれる引越し業者がほとんどです。 一方でいきなり無理な値引き交渉をするのはマナー違反であるということも覚えておきたいですね。 単身引越しなら訪問見積りは不要 単身引越しの場合、訪問見積りが不要なケースがほとんどです。 一人暮らしはオプション作業が必要なピアノなどがない限り、特別な作業が必要なく荷物も少なめ。 またアパートやワンルームマンションなどそれほど広くない場所での作業となるため、作業時間もかかりません。 単身パックなどのパッケージプランが利用できれば、安くつくことも多いです。 訪問見積もりでやってはダメなこと 訪問見積もりでマナー違反とされていることがいくつかあります。 よくあるケースが以下です。 複数の会社を同日同日時で訪問してもらう• 引越し業者が決まった後に他社の訪問見積もりをキャンセルしない• 引越し先、引越し日が決まっていないのにお願いする• 見られたくない荷物を隠す• 家具を不用品に出す、引越しするなど決まっていない• 引越し業者の事情を聞かずに、料金交渉で安くすることだけお願いする 引越し業者は訪問見積もりで荷物の量を把握することで、トラックや作業員が空いているかどうか、料金が安くなるかどうかを判断します。 ですので、訪問見積もり時には引越し先に持っていかないと決めたものが、引越し当日になって持っていくとなったものは追加で料金が掛かかるのは当然です。 また、訪問見積もりは引越しを確定させるための営業活動ですので、同時に違う引越し業者を呼ぶのはマナー違反です。 必ず日時をズラし1社1社個別に依頼をしましょう。 気持ちよく訪問見積もりをしてもらい、正確な料金とサービス内容を納得した上で引越し業者を決めるためにも、マナーは必ず守りましょう。 営業担当者への気配り 訪問見積もりの担当者は1日に数件も色々な家庭を営業で回っているのでちょっとした気配りで印象が違ってきます。 例えば、訪問時にお茶や茶菓子を用意すると気持ちよく訪問見積もりに入ってもらえます。 その後の交渉もスムーズに入れるはず。 また、見積もり書をその場で作成してもらう際に、テーブルと椅子を綺麗にしておくと書類もスムーズに作成され、時間短縮にもつながります。 スリッパを用意するなどの気配りができるとさらに良いでしょう。

次の

引越し業者の断り方|上手に断りを言う方法とその文句

引越し 見積もり 後

【引越し作業】 料金を節約するため自分自身も荷物の搬出・搬入をする契約でした。 それでも搬出・搬入の9割方は結局業者の方におまかせして、逆に申し訳なかったです。 【サービス】 自分がAV関連機器の配線に疎いため、だめもとで業者の方にお願いしてみたら無償で快く配線作業を引き受けてもらえました。 とてもありがたかったです。 【接客対応】 引越し作業は、引越元、引越先ともに2名が来られました。 いずれのときも懇切丁寧に受け答えしていただき、作業も迅速にをすすめていただきました。 … 続きを見る 【料金】 料金を節約するため自分自身も荷物の搬出・搬入をする契約でした。 実質自分はほとんど作業をしていないのでかえってお得でした。 【総評】 以前別の引越しでは別の業者にお願いしたのですが、そのときに非常に失礼な振る舞いをされ嫌な思いをしていました。 そのときから引越し業者に対して悪いイメージを抱いていたのですが、今回の業者にお願いしたときは全くそのイメージが払拭されるほど好印象を持ちました。 引越し業者によっては、当たりはずれがあるのだなと感じました。 【引越し作業】 丁寧で無理なく運ぶ感じで安心でした(スピードばかりで雑なのは嫌なので)。 ハンガーにかけてある洋服をそのまま運べるよう工夫していただくなど、女性にありがたい心遣いがあったのも良かったです。 【サービス】 家電設置のついでということでアンテナ設置までサービスしていただきました。 助かりました。 【接客対応】 電話での見積対応が丁寧で、作業員の身だしなみや言葉遣いも清潔感があって好印象でした。 … 続きを見る 【料金】 作業的には見積もり通りでしたが、千円以下を切り捨てで値引きしてくれました。 少しでもありがたかったです。 【総評】 福岡の親戚が利用してとても良い業者だと聞いていたので選びましたが、対応の良さが印象的で気分良く引越しができました。 会社の知名度や料金だけにこだわりすぎるのも良くないな、と思いました。 引越しは限られた時間の中で、住居の契約・解約、引越し業者の手配、各種住所変更等の手続き、荷造り・不用品の処分などたくさんのことをしなければなりません。 いつ、何をすればよいのか引越し準備のやることリストで大まかな流れを確認し、効率よく進めましょう。 引越しが決まって〜1か月前 退去日・入居日を決める 引越し業者に一括見積もり依頼・業者を決定 転校手続き 1か月前〜2週間前 ガス・水道・電気・電話・インターネットなどの使用停止・開始手続き 火災保険・地震保険の手続き 不用品・粗大ゴミの処分 梱包資材の調達 2週間前〜1週間前 転出する市区町村での手続き 郵便物の転送手続き 普段使わないものから荷造り開始 引越しはがきの用意 1週間前〜前日 引越し挨拶品の用意・旧居での引越し挨拶 前日 前日まで使っていたものの荷造り 当日(旧居) 引越し作業員との打ち合わせ、作業確認 エアコン、照明器具の取り外し作業立会い 当日(新居) ガス・水道・電気の使用確認 引越し料金の精算 新居での引越し挨拶 翌日以降 転入する市区町村での手続き 転校手続き 金融機関への住所変更届 自動車やバイクに関連する登録内容変更手続き 荷解き、使用済みダンボールの処分 1年の中で引越し業者の繁忙期とされているのが3月と4月です。 就職や入学など生活の変化に伴う引越しが集中しやすく、閑散期に比べると引越しの見積もり金額が1. 5倍〜2倍になることもあります。 引越しをする人が増えればどこの引っ越し業者にも多くの見積もり依頼があり、他社と価格競争をする必要がなくなるため引っ越し料金も高くなる傾向があります。 また、9月頃も社会人の転勤や転職シーズンなので、引越し業者には多くの見積もり依頼が集中します。 引っ越し一括見積もりサービスを活用することで、引越しをする人が多く引越し料金が高騰しがちな繁忙期でも、空きのある引っ越し業者を効率的に見つけることができ、引越し料金を安く抑えることができます。 一括見積もり時に、時間帯を指定することができますが、メリット・デメリットをきちんと把握した上で選択することが大切です。 朝の引っ越しはその日のうちに引っ越し作業が完了して夜には後片付けができるので、小さな子供がいる家族に人気です。 また自分の前に引っ越し作業が入っていないため、時間どおり作業を開始してもらえるというメリットもあります。 一方、午後の引っ越しは予定が狂うこともしばしば。 荷物の到着が夜になると、片付けの開始時間も遅くなってしまいます。 時間にこだわりがなければ、料金を安くできる「開始が遅いプラン」や「時間指定なしのフリープラン」を活用するのもよいでしょう。 ただし、深夜に荷物が到着することもあるので周囲に気を使うなど、料金以外にも考慮しなければいけないことがあります。 とはいえ、 2日前からのキャンセルはキャンセル料が発生しますし再度日程を調整する手間もかかります。 できるだけキャンセルすることにならないよう、しっかり予定をたてて引っ越し日を決めましょう。 また、標準引越運送約款により「地震、津波、洪水、暴風雨、地すべり、山崩れそのほかの天災」で引っ越しをするのが困難と業者が判断すれば業者が引っ越しをキャンセル・延期してもよいとされています。 このような場合は利用者にも業者にも責任がないため、キャンセル料を支払う必要がないケースもあります。 しかし、どの程度で「引っ越しが困難な状態」とされるかは業者や運ぶ荷物、搬出場所・搬入場所によって異なります。 台風などの悪天候が予想される場合、どのような対応になるのか事前に確認しておきましょう。 もし悪天候の中引っ越しをすることになっても、引越し業者はなるべく荷物が濡れないよう対策をしてくれます。 対策内容や荷物に何かあった際の補償は業者によって異なりますが、不安があれば自分でも 電化製品や革製品を中心にビニールで包んだり、荷物をすぐに拭けるよう雑巾やタオルを用意しておくとよいでしょう。 引っ越しは、家中の荷物をすべて運び出し新居に移すという、大変な作業を伴います。 たとえプロの業者に頼んだとしても、大小様々なトラブルに見舞われることも少なくありません。 引っ越しトラブルで多いのが「荷物の破損・紛失」「作業の不履行」「引越し料金」に関することと言われています。 このような引っ越しトラブルに直面した時に拠り所となるのが、引っ越しの基本ルールを定めている「」です。 利用者側も約款を受け取るだけでなく、内容の確認も忘れずにしておきましょう。 以下にトラブルが起きやすいポイントを挙げてみました。

次の

引越し見積もりは何日前からいつまでに依頼する?業者を探す時期とタイミング

引越し 見積もり 後

引越し費用の基本 引越し費用の基本的な構造を考えてみましょう。 引越しは荷物が多いほど、距離が遠いほど高くなります。 荷物の量は人件費に直結し、移動距離はトラックをチャーターする時間に直結します。 引越し業者がわざわざ訪問見積もりを行うのは、それだけ荷物の量を確認することが重要だからです。 荷物の量が変わるというのは、引越し費用にも直結する重要なポイントになるわけです。 見積もり後に荷物が増えるケース そもそも引越しが決まっていて、見積もりも完了しているのに荷物が増えるようなケースはあるのでしょうか? 「そんなタイミングで荷物が増えるような買い物なんてしない」と思うのが普通かもしれませんが、荷物が増えるのはなにも買い物だけではありません。 例えば捨てる予定だった家具を急遽運ぶことになったですとか、置いていく予定のエアコンを持って行かなければいけなくなったとか。 荷物が増えるケースは誰にでも起こり得るケースということになります。 荷物が増えた場合はどんな対応になる? では、実際に引越し当日になって急遽荷物が増えた場合、引越し業者はどのような対応になるでしょう? これは増えた荷物の量や荷物の種類によって対応も変わりますので確認しておきましょう。 段ボールが増えた場合 そもそも引越し業者としても、引越し当日に不要なトラブルは避けたいところです。 多少の荷物が増えることには対応できるような体制を取っています。 段ボールが10個程度増えたところで大きな問題にはならないでしょう。 ただし極端に数が増える場合は、準備したトラックでは対応しきれず、新たに営業所からトラックを手配することもあります。 ただし3月の引越し繁忙期など、トラックに余裕がない時期などは、どうしても積みきれない荷物は運んでもらえないこともありますので注意が必要です。 家具や家電製品が増えた場合 増えた荷物が家具や家電製品の場合、さすがにトラックに積みきれないケースの方が多くなります。 こういった場合は段ボール荷物が増えた時同様に、 営業所から新たなトラックを手配する形が多いでしょう。 追加のトラックが手配できない場合は、配送を断られることになりますが、家具や家電製品を置いて行かれても運ぶのが大変です。 そこで多くの場合は、追加になった家具や家電製品をトラックに載せ、その代わりに乗り切らなくなった段ボールを置いていくことが多いようです。 オプション料金がかかる荷物が増えた場合 依頼者にとっても引越し業者にとっても、一番厄介なのが「オプション料金が必要な荷物が増える」ことです。 そもそも引越し費用において、オプション料金となる場合は引越し業者が外部の提携業者に仕事を依頼するケースがほとんどです。 こうなると 当日急に追加で作業をお願いしても、引越し業者としては対応できないということになります。 事前の連絡が重要 訪問見積もりを受け、契約書にサインをした時点で、引越し業者との間に契約が成立します。 荷物が増えるということは、その契約内容が変更になるということですから、まずは引越し業者に報告することが重要です。 もう1度訪問見積もりは面倒くさい では、荷物が増えることを連絡したら、もう一度訪問見積もりを行うことになるでしょうか? これは増える荷物の量や種類次第といえます。 例えば段ボールが10個増える程度の増加であれば電話で十分。 しかし家具や家電製品が増えるとなると話は変わります。 こういったケースでは訪問見積もりを再度受ける必要が出てくる可能性もあります。 しかし時間がなかったり、都合が合わないのでしたら電話で対応してもらえる可能性も。 電話対応の場合は、増えた荷物の画像を送り、細かくサイズを記して引越し業者に伝えておくといいでしょう。 ほぼ 間違いなく訪問見積もりが必要になるのは、オプション料金が発生する荷物が増えた場合。 エアコンの場合は取り外し作業が必要ですので、その状況を確認するためにも訪問見積もりが必要になるケースがほとんどです。 ピアノは搬出のルートを確認する必要があります。 こちらも実際に現場を見る形になるはずです。 訪問見積もりは確かに面倒ですが、引越し当日のトラブルを避けるためには必要な場合があります。 当日追加料金が発生することは? では、引越し当日急に荷物が増えることで、追加料金が発生することはあるのでしょうか? これは ほぼ間違いなく発生しません。 引越し業者で引越し費用の決定権を持つのは、現場の作業員ではなく営業担当者の部署になります。 引越し当日に作業員が現地について、その現地で荷物が増えていることを知っても、その場で作業員が追加料金を決めることはできません。 引越し作業員にとっては、その日その場にいる作業員と、現場にあるトラックを使って、約束の時間までに引越しを終わらせることが仕事です。 荷物が増えていても、その場で対応できるの度であれば、見積もりの金額のまま作業をしてくれます。 反対に考えると、現場で対応できない範囲の増量には当日対応してもらえません。 エアコンの取り外しやピアノの搬送など、確実に追加でオプション料金がかかる作業に関しては現地の人間だけでは決して対応してもらえません。 引越し当日に追加料金が発生することはありません。 言い方を変えれば、追加料金が発生する作業はしてもらえないということになります。 見積もり後に荷物の量が増えてしまったら 訪問見積もりを受け、正式に契約をした後に荷物が増えた場合は、まず営業担当者に速やかに連絡しましょう。 これは増えた荷物の量にかかわらず、とにかく伝えておくことが重要になります。 電話などでどんな荷物がどのくらい増えるのかを伝えたところで、追加で見積もりをし直すのか、この電話だけで対応できるのかは引越し業者の営業担当者の判断となります。 営業担当者に「もう一度見積もりをしたい」と言われたら、できるだけ予定を空けて見積もりをしてもらうようにしましょう。 この再見積もりは、引越し業者が料金を上げるためにするのではなく、荷物が増えたことで作業員の人数やオプションサービスの有無、トラックのサイズアップが必要にならないかを確認するためのもの。 確実に一度の引越しで荷物を新居に運びきるために必要な見積もりということになります。 このようなケースを始め、引越しの申し込みから引越し当日までの間に、営業担当者と複数回連絡を取り合うことは珍しいことではありません。 複数回連絡を取り合うのであれば、感じのいい、対応のいい営業担当者に仕事を任せたいところ。 そんな担当者を見つけることができるのが「 」です。 このサイトは一度の条件入力で、複数の引越し業者にまとめて見積もりを依頼することが可能。 その見積依頼に対する返答のスピードや対応時の雰囲気で、自分と相性のよさそうな営業担当者を見つけることは難しくありません。 営業担当者の質を見極めるためにも、複数の業者に同じ条件で話を聞くのは有効な手段。 一括見積もりサイトを利用して、もちろん引越し料金は安く、さらに信頼できる担当者を見つけて引越しをしましょう。 詳しくはこちらをどうぞ。

次の