源氏 物語 相関 図。 登場人物の関係図・六條院拝見・風俗博物館〜よみがえる源氏物語の世界〜

源氏物語のあらすじを簡単に。「雅な方たちの恋模様」

源氏 物語 相関 図

古典の最高峰と讃えられ、平安時代から読み継がれている「源氏物語」。 この不朽の名作が及ぼした影響は大きく、その後の日本文化の形成に深く関わってきました。 ここでは、「源氏物語」の基礎知識と登場人物、そして意外な逸話を解説します。 「源氏物語」とはどんな作品? 「源氏物語」は平安時代の王朝文化を今に伝える、日本最古の物語文学です。 作者は紫式部。 文献では長保3(1001)年にその存在が確認され、寛弘4(1008)年に成立したとされています。 物語は54帖からなり、主人公・光源氏は桐壺帝(きりつぼてい)の皇子として産まれながら臣籍(しんせき、皇族から臣下になること)に降下し、数多くの女性たちと恋愛遍歴をくり広げます。 光源氏没後の後半は、源氏の血を分けた薫と匂宮(におうのみや)が主役となり、結末を迎えます。 この源氏なき後の物語は、舞台は宇治であることから、「宇治十帖」と呼ばれています。 29歳という当時としては遅い年齢で17歳年上の山城守(やましろのかみ)・藤原宣孝(のぶたか)と結婚。 3年後に夫と死別し、藤原道長の娘で一条天皇の中宮彰子のもとに仕え始め、文筆の才能を発揮するようになります。 同時代に活躍した「枕草子」の作者・清少納言は一条天皇の中宮定子に仕えており、あらゆる面でライバル関係にありました。 「源氏物語」の登場人物一覧 「源氏物語」は全54帖、文字数約100万、登場人物約500人と理解するのが難しいのも事実。 そこで光源氏を中心とする主な登場人物を一覧で紹介します。 平安王朝のイケメン貴族 光源氏 「源氏物語」の主人公。 日本文学史上に燦然と輝く、最高のプレイボーイ。 頭中将(とうのちゅうじょう) 源氏のライバルで大親友。 左大臣家の息子。 葵上の兄。 柏木(かしわぎ) 頭中将の息子。 女三宮との密通を源氏に知られ、病死。 薫(かおる) 女三宮と柏木の不義の子だが、源氏が養育。 育ての親に似ず優柔不断。 匂宮(におうのみや) 今上帝と明石中宮の皇子は、源氏譲りの色好み。 殿上人と女たち 桐壺帝(きりつぼてい) 光源氏の父帝。 藤壺と源氏の子、冷泉帝をわが子として養育。 桐壺更衣(きりつぼのこうい) 光源氏の母。 帝に愛されて光源氏を産むが宮中のいじめにより病死。 藤壺(ふじつぼ)」 桐壺帝の寵妃(ちょうひ)。 源氏に慕われて不義の子を産む。 冷泉帝(れいぜいてい) 桐壺帝の第十皇子、実は、源氏と藤壺の不義の子。 夕霧(ゆうぎり) 源氏と葵上の息子。 頭中将の娘・雲居雁(くもいのかり)と結ばれる。 明石中宮(あかしのちゅうぐう) 源氏と明石上の娘。 入内し、東宮の子・匂宮を産む。 「源氏物語」のヒロインたち 朧月夜(おぼろづきよ) 左大臣の姫。 朱雀帝(すざくてい)に入内前に密会し、それが露見し、源氏は須磨(すま)へ。 紫上(むらさきのうえ) 光源氏が幼少期に見初めて育て終生をともにした理想の女性。 夕顔(ゆうがお) かつては頭中将の愛人だったが源氏が略奪。 生霊にとりつかれ早く死ぬ。 花散里(はなちるさと) 源氏の通いは稀だが、信頼は厚い、世話好き女性。 明石上(あかしのうえ) 須磨に流浪中の源氏と結ばれ、姫を産む。 余生は六条院で。 六条御息所(ろくじょうのみやすどころ) 嫉妬が高じて生霊となる。 高貴なる光源氏の年上の恋人。 空蝉(うつせみ) 源氏とは一夜の過ち。 そのうち、夫の伊予守(いよのかみ)の任地へ下る。 軒端荻(のきばのおぎ) 継母の身代わりで源氏と契った、空蝉の継娘。 末摘花(すえつむはな) 没落宮家の娘。 鼻が赤いからついた名が末摘花(紅花)。 源典侍(げんのないしのすけ) 50代半ばにしてなお好色。 源氏物語のお笑い担当。 葵上(あおいのうえ) 光源氏の正妻。 高貴な美人だが、堅物。 六条御息所の生霊に取り憑かれる。 女三宮(おんなさんのみや) 朱雀帝の娘で源氏の正妻。 柏木と密通し、不義の子・薫を産む。 朝顔(あさがお) 若いころより源氏が憧れた人だったが、徹底して拒絶。 玉鬘(たまかずら) 頭中将と夕顔の娘。 筑紫(ちくし)より上洛し、宮中の人気を独占。 秋好中宮(あきこのむちゅうぐう) 六条御息所の娘。 斎宮を経て、冷泉帝に入内。 浮舟(うきふね) 「宇治十帖」の主要キャスト。 薫と匂宮に思われ、悩み抜き入水自殺。 助かると即、出家。 (光源氏と直接の関わりはない)。 「源氏物語」にまつわる意外な逸話 その1 「源氏物語」は世界最古の物語文学 「源氏物語」が成立したのは西暦1000年代初頭です。 それ以前に「古事記」や「竹取物語」、「伊勢物語」などがありますが、いずれも作者未詳の神話や寓話です。 世界の文学に目を転じてみても、神話や寓話、聖書や経典、漢詩などはすでにあったものの、ひとりの作者が著した物語(小説)はこの時代、どの国にも見当たりません。 たとえば、フランンスの「ばら物語」で200年以上、イタリアの「神曲(しんきょく)」や「デカメロン」、イギリスの「カンタベリー物語」は400年近く後に書かれたものです。 世界の文学とくらべると「源氏物語」の登場は驚異的。 これは平安時代の国風文化・王朝文化が、いかに世界に先んじて成熟していたのかが、よくわかる事例といってもいいでしょう。 特に江戸時代大ブームを巻き起こしました。 武家の世の江戸後期には、王朝文化はすっかりすたれていました。 そんなとき、戯作家の柳亭種彦(りゅうていたねひこ)が源氏物語の登場人物の名前を借り、応仁の乱前後のお家騒動をテーマにした「偐紫田舎源氏(にせむらさきいなかげんじ」を発表します。 歌川国貞の浮世絵をそえた草双絵は一大ベストセラーを記録。 同じ趣向の本が続出し、源氏ブームが起こります。 江戸時代に姿を変えて現れた田舎源氏は、全38幅からなる大長編。 1万部も刷られたというから、当時としては記録的な大ヒット作。 「源氏物語」より20年ほど後に成立した「更級(さらしな)日記」には作者が愛読していたことが書かれています。 また、同じく平安期の「夜の寝覚」、「狭衣(さごろも)物語」、「花松中納言物語」、は、「源氏物語」をベースにしていることが見てとれます。 その後の「今鏡」「増鏡」、俊成卿女(しゅんぜいきょうのむすめ)の「無名草子(むみょうぞうし)」には物語に関する批評が書かれ、鎌倉期には「源氏物語」をモデルにした「とはずがたり」が書かれました。 さらに江戸時代の「偐紫田舎源氏」では面白おかしく引用されるなど、日本の文学は「源氏物語」なくしては語ることができないと言っても過言ではありません。 その4 悲劇のヒロイン、夕顔は実在した!? 京都市下京区には夕顔という地名の区画があります。 そこは、「源氏物語」の夕顔の帖で、光源氏と頭中将に愛されながらもはかなく世をさってしまった姫、夕顔が住んでいたとされる場所です。 物語から地名がつけられているだけでなく、この地の民家には夕顔の墓が残されています。 もしかしたら、夕顔という女性は実在していた……。 これは、「源氏物語」の各帖につけられた「若葉」や「葵」などのタイトルが、平安末期の女官たちによくつけられたことに由来します。 それが後の白拍子(しらびょうし)から江戸時代の遊女へと受け継がれ、接客業の仕事で使う名前を、源氏名と呼ぶようになったのです。 源氏名は各帖につけられた美しい名前にあやかったもの。 斎宮歴史博物館蔵 その6 紫式部ゆかりの地で感じる「源氏物語」の香気 上賀茂神社や下鴨神社、京都御所、宇治など、京都には「源氏物語」に描かれた平安期の面影を伝える場所がたくさん残っています。 さらに、大津の石山寺、廬山寺(ろざんじ)などの作者・紫式部ゆかりの地には、物語の構想を得たとされる部屋や、彼女が眺めたであろう庭が今も残されており、物語の余韻を味わうことができます。 また、洛北の雲林院には紫式部の墓があり、千本ゑんま堂には紫式部供養塔があって、「源氏物語」ファンには定番の観光地コースになっています。 ー和樂2007年10月号より再編集ー あわせて読みたい「源氏物語」関連記事•

次の

源氏物語について。登場人物を簡単に教えてください。

源氏 物語 相関 図

『源氏物語』とは?中学生向けに簡単に解説! まずは『 源氏物語』とは何なのかを、中学生の方向けに簡単にご紹介します。 『源氏物語』とは紫式部(むらさきしきぶ)が書いた物語です。 このお話は世界最古の長編小説の1つとも言われ、その ボリュームは400字詰め原稿用紙で約2400枚に及ぶとも言われています。 書かれたのは平安時代の半ば。 西暦1000年代の初めに書き始められ、遅くとも1012年までにはできあがっていたようです。 物語は54巻から成り、それぞれの巻には「桐壷」「若紫」といった名前がつけられています。 主人公は「 光源氏」という数多くの女性と関係を持った今で言うモテ男。 天皇の子供としてうまれるのですが、母親の身分が低かったためその位を継ぐことはありませんでした。 物語はこの光源氏の誕生からその生涯、そして彼の子供や孫の時代、約70年間という長い時間を描きます。 また、物語には 500人にも及ぶ人物が登場し、彼らの気持ちを表現するための和歌が、およそ800首も登場するのも大きな特徴です。 スポンサードリンク 中学生にもわかる!『源氏物語』のあらすじとは? それでは、 『源氏物語』のあらすじについて見ていきましょう。 天皇と位の低い母の子の間に生まれた光源氏は、「光輝くばかりの美しい子」と評判の男の子。 生まれて間もなく母を亡くし、母の実家の経済的な援助も見込めないことから父の帝の意向で皇族を離れ、臣下として人生を歩むことになります。 既にこの世にはいない母の面影を探しながら光源氏は美しい青年に成長し、さまざまな女性と恋愛遍歴を重ねていきます。 母と似ている父の後妻、憧れの人に似た幼い少女、年上の未亡人、自分よりも身分の低い女性、素性も知らない女性との一夜限りの恋・・・ こうした 様々な魅力的な女性が物語を彩ります。 その後、政治的に対立する家の娘と密会していたことが原因で、光源氏は都を追われて須磨(今の兵庫県神戸市)へ追いやられてしまいますが、やがて都に戻る事が許されます。 その後、光源氏はさらに出世し、ついには貴族で最上位の太政大臣にまで上り詰めます。 その一方で、最愛の女性に先立たれたり、正式な妻として迎えた女性に裏切られるなど、かつて 自分がおかした過ちのしっぺ返しを受ける場面も出てきます。 こうした過程をへて、最終的に光源氏は出家を決意しますが、その後の生活やその最後については描かれていません。 スポンサードリンク 『源氏物語』の作者・紫式部ってどんな人? 最後に、『源氏物語』の作者である 紫式部(むらさきしきぶ)についてご紹介します。 紫式部は970年ごろに生まれ、1014年ごろに亡くなったと考えられていますが、詳しいことは全く分かっていません。 確実な事は学者・藤原為時(ふじわらのたためとき)の娘であること、結婚をして娘を生んだが夫に先立たれたこと、藤原道長の娘で 一条天皇の妃となった彰子(しょうし)に仕えたことです。 紫式部は 子どものころから勉強が好きで、父の為時は「この子が男の子だったら自分の跡を継いでくれるのに」と残念がったと言われています。 また、紫式部は彰子に使える前から『源氏物語』を書いていた可能性があります。 彰子の父親・藤原道長は、一条天皇を自分の娘のもとにひきつける武器として『源氏物語』を利用できると考え、式部を娘の家庭教師に任命したという説もあるぐらいです。 道長の目論見通り、文学に造詣の深い一条天皇は彰子の部屋を訪ねては、『源氏物語』を楽しんだそうです。 彰子も式部のおかげで高い教養を身に着けることができ、まさに一石二鳥です。 式部にとっても、宮中に身を置くことで物語のリアリティはより増したことでしょう。 1012年ごろに『源氏物語』は完成させた式部は、そのあとすぐに宮仕えを辞めたようです。 その後のことはよくわかっていませんが、数年ののちに亡くなったようです。 スポンサードリンク この記事のまとめ 『 源氏物語』のあらすじや作者の紫式部について、中学生の方向けにご紹介しました。 『源氏物語』は単に多くの恋愛遍歴を重ねるだけの話ではなく、登場人物たちが男女問わず、その人間関係のなかで悩み苦しむ様子が描かれています。 そこには現代にも共通する、人間の姿があります。 この点こそが1000年以上、『源氏物語』が愛されている理由なのかもしれません。 この絵巻、どうやらフランスのコレクターの方が購入したのだとか。 今後も海外で、国内の貴重な文化財が見つかる事もあるのでしょうか…?気になります。 関連記事(一部広告含む).

次の

第八話 運命の宇治 大君と中君、そして薫:京都を知る・学ぶ

源氏 物語 相関 図

スポンサーリンク 源氏物語千年の謎 映画 あらすじ! 紫式部によって源氏物語が書かれたのは 西暦1000年ごろにゃ。 1000年前から写本され、 小説、ドラマ、漫画、アニメ、映画と 様々な媒体でその時代時代の流行りを取り入れ 1つの作品そしてその都度つくられてきたにゃ。 すごいにゃよね。 他にも女性が好む恋愛小説は 1000年の間にいくつも生まれたはずにゃけど、 こんなに語り継がれているのは源氏物語だけにゃよ。 しかも長編小説にゃから、 どこを切り出して作品としてまとめるかで 話としてはまったく違うものになるにゃ。 ここが、「源氏物語」という名前が 世代を超えて語り継がれるようになった 最大の理由かもしれないにゃね。 今回の 源氏物語 千年の謎 は 歴史上のミステリーとして残っている紫式部が 源氏物語を書きだした理由を解説するところから 物語は始まっていくにゃ。 一条天皇 東儀秀樹 が 娘である彰子 蓮佛美沙子 に 気持ちが向くようにするために 藤原道長(東山紀之)が紫式部 (中谷美紀)に 恋物語を書くように命じるにゃ。 それが源氏物語にゃね。 物語の主人公である光源氏 生田斗真 は 義理の母である藤壺 真木よう子 への想いを 募らせてしまうのにゃ。 この藤壺 真木よう子 が実の母親桐壺と そっくりだということもポイントにゃね。 いろんな意味で禁断の恋にゃ。 ちょーイケメンだった光源氏は めちゃくちゃモテてたんにゃよね。 光源氏は藤壺&桐壺への 想いの苦しさから逃れるために いろんな女性と関係を持っていくにゃ。 当時は男性が女性を選ぶ時代にゃから、 女性同士の嫉妬の念は 凄まじかったと思われるにゃよ。 この源氏物語が藤原道長の狙い通りに 一条天皇の心をくすぐり、 後の天皇となる男の子が生まれるにゃ。 後の天皇の祖父となった藤原道長は 自分の地位をより圧倒的なものに することに成功するわけにゃね。 目的を達成した藤原道長は 源氏物語を書くのを辞めていいと伝えるにゃけど、 紫式部は源氏物語を書き続けるにゃ。 嫉妬が生霊となって他の女性や 妊娠した子供に取り憑いて 命を落としていく過激な展開に 源氏物語は発展、そして… 実は源氏物語の主人公には モデルがいたのにゃ。 そして、そのモデルは紫式部の 身近にいた ある人物だったんにゃよ。 そして自分はその人物に 心を動かされてしまって 嫉妬してしまった1人の女。 自分が嫉妬に心を食われる前に 紫式部は宮廷を去っていくにゃ。 このある人物が誰かは 物語のラストではっきりするから ぜひ最後まで観てほしいにゃよ。 スポンサーリンク 源氏物語千年の謎 映画 のキャストと相関図! キャストはあらすじの部分で 軽く話したにゃけど、まとめるとこんな感じにゃよ。 名前をみても顔が出てこない場合も この相関図をみれば一発でわかると思うにゃ。 重要な役どころには特にイケメンと、 演技力がある美人女優をもってきてるにゃね。 このヒントで光源氏のモデルが誰で 紫式部が誰に叶わぬ恋をしていたのか わかったかもしれにゃいけど… 物語の後半部分が かなりすごい展開になって見どころ満載にゃから、 ぜひ最後までみて答えあわせをしてほしいにゃよ。 あと、美男美女と言えば、 昨日からコイツが注目されてるにゃね。

次の