おやつ大賞 ランキング。 ライオンのおやつのあらすじとネタバレ!舞台は?感想も紹介!

【「本屋大賞2020」候補作紹介】『ライオンのおやつ』――33歳で余命宣告され...人生最後に食べたい「おやつ」をめぐる心温まる物語

おやつ大賞 ランキング

BOOKSTANDがお届けする「本屋大賞2020」ノミネート全10作の紹介。 今回、取り上げるのは小川 糸著『ライオンのおやつ』です。 ****** 『キラキラ共和国』や『ツバキ文具店』などの作品が本屋大賞にノミネートしてきた小川 糸さん。 人の優しさや幸せ、人生のあり方を再発見でき、読後にはどこか温かい気持ちになる作風は、本書『ライオンのおやつ』でも健在です。 主人公は、がんの余命宣告を受けた33歳女性の海野 雫(うみの・しずく)。 残りの人生を過ごす場所として選んだのは、瀬戸内海に浮かぶ「レモン島」にあるホスピスです。 その名も「ライオンの家」。 終末期の患者をケアする施設とはいえ、医療行為を完全にしないというわけではなく、延命治療をしないだけで、苦痛を和らげる最大限のケアは施してくれます。 雫は幼いころに両親を亡くし、育ての親である叔父には、自分の余命が残り少ないこと、がんであることを隠していました。 叔父の平穏な生活を乱したくないという雫なりの精一杯の配慮であると同時に、叔父に告げても告げなくても、自分が死に向かっている事実は変わらないという気持ちも......。 そうした思いを抱えた雫を「ライオンの家」で迎えたのは、個性豊かで心優しいメンバーたち。 「ライオンの家」の代表兼看護師のマドンナは、2つに分けて編んだおさげはほとんど白髪で、なぜかメイド服を着ています。 ほかにも、叶姉妹を自虐ネタに使う調理担当の狩野姉妹、スケベオヤジの粟鳥洲(あわとりす)さん、入居者に自慢のコーヒーを振舞うマスター、島に移住してぶどうを育てる好青年のタヒチくん、雫の心の支えとなる犬の六花(ろっか)など。 彼らとの交流から、雫の心は少しずつ変化していきます。 また、「ライオンの家」の習慣もユニークです。 毎週日曜日、入居者たちがもう一度食べたいおやつをリクエストできる「おやつの時間」があり、毎回1つだけそのお菓子が再現され提供される仕組みで、おやつが何になるかは当日まで明かされません。 「おやつの時間」では、お菓子にまつわるエピソードがマドンナによって朗読されますが、おやつをリクエストした人の名前は伏せられたまま。 それでも、かけがえのない思い出を聞けば自然と誰かということはわかるものです。 しかし雫は、リクエストするお菓子をまだ決められていませんでした。 一体、彼女は何を選ぶのでしょうか。 死を考えることは同時に生きることを考えることでもあります。 死に向かう登場人物たちのおやつをめぐる話から、生きるとはどういうことなのかを改めて知れる貴重な機会となるでしょう。 あなたなら人生最後のおやつ、何を選びますか?• 村本大輔が、まさにここだけの秘密の話を、テキストではなく、音声コンテンツや映像メインでお届けします。 女優の酒井若菜が編集長となり、女性たちだけで新たに創刊するWEBマガジン『marble』。 芸人・髭男爵が毎週1回にお届けするメールマガジン。 メールマガジンでありながら、テキストのみならず、髭男爵の音声コンテンツなどをお届けしてまいります。 メールマガジンでありながら、もはやテキストにこだわらず映像と音声で彼らのコント、コラム、撮り下ろし映像をお届けしてまいります。 完全スマホ対応の「観る・聴く・読む」全部入りハイブリッドメールマガジン。 ここだけの彼らの秘蔵映像、コラム、トークなどなど。 「時事芸人」プチ鹿島が圧倒的なキレとコクで「メルマガ芸人」も目指す毎週更新のコラム集。 メジャーとマイナーの境界にいる僕は今、自らを実験台としてリアリティショーを生きる。 他じゃ絶対書かないとこまで、踏み込む。 マジで。 かもめんたるの映像をネットでまるっと楽しむことができる、動画コーナー! 閲覧有効期限なし1500円(税込)と「週刊かもめんたるワールド」定期購読者価格700円(税込)の2つからお選びいただけます。 エレキコミックの映像をネットでまるっと楽しむことができる、動画コーナー! 閲覧有効期間が1ヶ月間(31日間)の500円コースと期限なしの1000円コースの2つからお選びいただけます。 元水泳メダリストの萩原智子さんが毎回いろんな一流アスリートと"食事"をテーマに対談していくメールマガジン。

次の

楽天ブックス: 世界一親切な大好き!家おやつ

おやつ大賞 ランキング

今回はヘルシーおやつ部門より、「使ってよかった」「使ってみたい」の上位3アイテムをそれぞれご紹介します。 まずは、「使ってよかった」編。 読者愛用の声が最も多く集まった栄えある第1位には、新商品が続々と登場しているこちらのシリーズが選ばれました! 第1位 SUNAOシリーズ(江崎グリコ) ソフト2種・カップ3種・モナカのアイスシリーズから始まり、発酵バターを使用した風味豊かなビスケットシリーズや、とろっとしたクリームののったなめらかプリンもそろった「SUNAO」シリーズ。 全商品糖質40~50%オフの糖質10g以下なのは、豆乳やとうもろこし由来の食物繊維を用いて、糖質をコントロールしながら理想のおいしさを追求しているから。 それだけでなく、濃厚な風味にもこだわっています。 濃厚なチョコとコクのあるバニラのミックスアイスに、さらにほろ苦いチョコソースをトッピングした「チョコ&バニラソフト」はメーカーのおすすめ商品! 実際に愛用している読者のみなさんからは、 「甘くておいしいし、カロリーオフで罪悪感がない。 甘いもの好きの味方です」(えいさん) と大満足の声が。 食べたい気持ちに素直になれる、体にやさしいおやつ「SUNAO」シリーズは現在13アイテムで展開されているのも注目のポイント。 第2位 ぐーぴたっシリーズ(ナリス化粧品) 腹持ちGOOD! おいしく小腹サポートしてくれるぐーぴたっシリーズは、しっとりクッキー、豆乳おからビスケットの2タイプ8フレーバーで展開されています。 空腹時に飲みものと一緒に食べると、コンニャクマンナンが水分を吸って膨らむため、満足感が得られます。 糖類が気になる人やダイエット中の人でも、チョコレート本来のおいしさを楽しむことができます。 チョコレートのほかにも、ビスケットやアイスなど、種類が豊富なため気分に合わせて選べるのも甘いもの好きにはありがたい。 砂糖は食品表示基準における糖類に該当します。 栄光の使ってみたい第1位に選ばれたのは、手軽につまめておいしいこちら! 第1位 一週間分のロカボナッツ低糖質(デルタインターナショナル) 独自の黄金比率でミックスさせた「一週間分のロカボナッツ低糖質」のナッツは、ヨーロッパで行われた治験のナッツと同じ配合で、クルミ、アーモンド、ヘーゼルナッツを2:1:1の割合にしています。 クルミはオメガ3脂肪酸が豊富に含まれる食材。 また、アーモンドやヘーゼルナッツにはオメガ3脂肪酸に並んで良質な脂質と呼ばれる、オレイン酸が多く含まれています。 その他、食物繊維、鉄、亜鉛、ビタミンEを1袋でたっぷりとることができます。 1パック当たりの糖質は1. 酸素や日光による酸化を防ぐためのパッケージのバリア性を強化しています。 「食べすぎ防止にもなる1日分の目安量を小分けしたナッツが一週間分7袋入っています。 運動不足やテレワークの『おうち時間』に毎日1袋加え小腹満たしをしつつ健康維持にお役立てください。 」と、メーカーご担当者さま。 ナッツは今やヘルシーおやつの代表的存在。 そんなナッツを、より効果的にとり入れることに注目している人が増えている傾向にあると言えそう。 0g エリスリトールを除く に抑えられています。 糖尿病やダイエットなど、糖質が気になる人におすすめの和菓子です。 甘いものをガマンしてストレスをためるよりも、低糖質プリンを罪悪感なしにおいしく食べてはいかがでしょう。 おいしい低糖質プリン カスタード 75g 64kcal 125円(希望小売価格) どれもおいしそうで、見ていると食べたくなってしまいますね…! これらのアイテムを間食にじょうずにとり入れて、カロリーや糖質をセーブしていけば、ストレスもたまらず楽しくダイエットができそうです。 体にうれしいヘルシーおやつやスイーツ、気になる人はぜひ試してみてくださいね。 文/佐藤 しきみ 連載・関連記事• ダイエット専門誌として1989年に雑誌創刊し、2016年よりWEBメディアに。 ダイエットはもちろんのこと、ヘルスケア、ビューティなど体の内側からも外側からも美しくかつ健康でいるための体づくりのノウハウを、専門家への取材とともに紹介。

次の

楽天ブックス: 世界一親切な大好き!家おやつ

おやつ大賞 ランキング

小川糸さんの本書『ライオンのおやつ』(ポプラ社)は、タイトルから内容を想像するのがむずかしい。 帯には「毎日をもっと大切にしたくなる物語」「作家・小川糸の真骨頂」とある。 何気なく読みはじめると、余命宣告された三十三歳の女性が、ホスピスで過ごす人生最後の日々が綴られていた。 ポプラ社公式サイト内の本書特設サイトに「今年最大級の感動作!!」とある。 本書は昨年(2019年)の発刊だが、今年を含めても間違いなく「最大級の感動作」だろう。 序盤から読了までじんわり泣きつづけた評者はそう思った。 本書は、芥川賞・直木賞と同日に発表された第11回「新井賞」を受賞。 さらに「2020年本屋大賞」にノミネートされている。 事故死した両親の代わりに自分を育ててくれた叔父を、雫は「父」と呼ぶ。 父の平穏な暮らしを乱したくないと、雫は病気のことを父に知らせていない。 12月25日、雫は人生最後の日々を過ごすため、瀬戸内の島に到着した。 そこは「ふんわりとメレンゲで形を作ったような、なだらかで丘みたいな島」。 かつてたくさんの国産レモンが栽培されていたため「レモン島」と呼ばれている。 「終の住処、とよく言うけれど、ここは私にとっての、終の島ということになる。 悪くないのかもしれない。 天井の低い殺風景な部屋でひとり淋しく凍えるように死を迎えるより、ずっといい選択だった」 ホスピス「ライオンの家」は「まるで隠れ家ホテルにいるような、優雅な気分にさせてくれる空間」であり「常に、誰かの大きな微笑みに見守られているような気持ちになる」ところだった。 「ライオンの家」は、医師をはじめ常時十数名がスタッフとして支えている。 積極的な治療や延命行為はしないが、痛い時や苦しい時は苦痛を和らげるため最大限の策を練る。 「ライオンの家」を主宰する「マドンナ」は、緩和ケアを専門とする医師と連携しながら適切な処置をほどこす看護師。 「マドンナ」の存在は、ゲストの体と心の大きな支えとなっている。 「おやつの時間」は生きる希望 「ライオンの家」には「おやつの間」というユニークな部屋があり、毎週日曜日の午後三時からお茶会が開かれる。 ゲストは「もう一度食べたい思い出のおやつ」をリクエストでき、毎回ひとりの「思い出のおやつ」が忠実に再現される。 「おやつ」という言葉の響きに「独特のふくよかさというか、温もり」を感じつつ、雫は何を選ぼうかと悩む。 「ライオンの家」に来たことで、いくつもの出会いに恵まれ、瀬戸内の風景を眺め、ごはんのおいしさを知った。 運命を呪ってばかりいた過去の自分を反省し、雫は今ここに生きて存在することへの「深い深い祈りにも似た感謝」を神さまに伝えたいと思うようになる。 「なるようにしかならないから大丈夫だと、海を渡る波風が、私にそっと耳打ちする。...... あともう少しだけこの断崖に立っていれば、あっち側の世界へいける。 そのタイミングを早めることも、遅らせることも、私にはできない。 私にできるのは、ただ、ここでじっと待つことだけだ」 「最後まで人生を味わい尽くすこと。...... 端から端までクリームがぎっしり詰まったあのチョココロネみたいに、ちゃんと最後まで生きることが、今の私の目標だ」 「私は、私自身をこの両腕で強く抱きしめ、その背中に、お疲れ様、よくがんばったな! とねぎらいの言葉をかけたかった」 物語が進むとともに、雫の命の終わりが近づいてくる。 徐々に意識が混濁し、時間の感覚を失いつつある雫にとって、おやつの時間は「生きる希望」となり「節目」となっていく。 癌が見つかった母親の言葉 小川糸さんの公式サイト「糸通信」の「あとがき」によると、小川さんの母親に癌が見つかったとき、母親が「死ぬのが怖い」と言ったことが、この物語を書くきっかけになったという。 「多くの人は、母と同じように、死に対して、漠然とした不安を抱いているのだろう。 ならば、死が怖くなくなるような物語を書いてみようと思ったのだ」 命はいつまでもつづくと思っていたら気づけないことを、命の終わりを知った雫の視点から気づかされる。 死はどういうものかを想像し、自分の生き方を意識するきっかけを本書は与えてくれる。 評者はすっかり、小川さんの文章の虜になった。 これほどたくさん、心にしまっておきたい言葉に出合える作品はあまりない。 小川糸さんは1973年生まれ。 2008年『食堂かたつむり』でデビュー。 同作は10年に映画化され、11年にイタリアのバンカレッラ賞、13年にフランスのウジェニー・ブラジエ賞を受賞。 12年には『つるかめ助産院』が、17年には『ツバキ文具店』がNHKでテレビドラマ化された。

次の