エクセル 関数 count。 エクセルで【COUNT関数・COUNTA関数】を使ってデータの個数を数える!|エクセルドクター

「COUNT」「COUNTA」「COUNTIF」の違い:エクセル(EXCEL)関数

エクセル 関数 count

これは、あるセミナーに参加する方のお名前を入力した、参加者名簿です(もちろん架空)。 そして、過去にこのセミナーに参加してくださっている方の場合は、その参加回数も入力しています。 今回はこの名簿を使って、リピートして参加してくださっている方の人数や、今回のセミナーに参加する全員の人数を、関数を使って数えてみたいと思います。 「いやいや、自分の目で 1、2、3・・・って数えればいいじゃん!」と思ったそこのあなた! 私もそう思います(笑)。 確かにこれ位の人数であれば、自分の目で数えても何の苦労もないですが、何十人もいるような名簿の場合を想像してみてください。 数える気はおきませんよね。 今回はシンプルにするために、少ない人数の名簿を例にしていますが、数えるものが多くなればなるほど、威力を発揮してくれますヨ。 今回は、「」をご覧いただいていることを前提に進めていきますので、まだの方は最初にそちらからご覧ください。 COUNT関数 まずは、B11番地に、過去にこのセミナーに参加してくださっている、リピーターの方は何人いるのか、その人数を数えてみたいと思います。 こういった時、最初に考えるのは、 リピーターの人数を数えるためには、名簿のどの欄を数えればいいのか、ということです。 この名簿の場合、「参加回数」という欄があり、その欄には過去の参加回数が入力されているので、この欄に数字が入力されている人はリピーターということになります。 というわけで、「参加回数」欄で、数字が入力されているセルの個数を数えれば、リピーターの人数が分かります。 数値が入力されているセルの個数を数えるのが、「 COUNT関数」です! 「カウント関数」と読みますヨ。 まずはリピーターの人数を表示させたいB11番地を選択し、数式バーにある[関数の挿入]ボタンをクリックします。 関数を指定するためのダイアログボックスが表示されるので、[関数の分類]で「すべて表示」を選択すると、すべての関数が[関数名]欄にABC順で表示されます。 「COUNT」をクリックで選択し、[OK]ボタンを押します。 この時、「COUNT」の頭文字である「C」のところまで、一瞬でスクロールする技がありましたね。 忘れてしまった方は、「」をご覧ください! また、この時、[関数の分類]で「すべて表示」を選択して関数を指定していますが、それがどうしてなのか、そして他の方法に関しても、「」をご覧ください。 先程のダイアログボックスで「COUNT」を選択し、[OK]ボタンを押すと、今度は下の図のようなダイアログボックスが表示され、その一番上の欄に「B9:B10」と表示されています。 「:」は、「から」と読み替えてください。 Excelさんが、「あなたがセルの個数を数えたい範囲は、B9からB10番地なんじゃないの?」と、予想をつけてセル範囲を提案してくれているわけです。 実際の表で確認すると、本来は左の図のように「B4:B10」の範囲で数えたいのに、Excelさんに提案された範囲には「B9:B10」と、その一部の範囲しか提案してくれていないことが分かります。 というわけで、正しい範囲を指定するべく、マウスポインタを表のところに持っていき、正しいセル範囲をマウスでし直します。 この時、表示されているダイアログボックスが、表にかぶってしまって範囲選択できない!という方は、してから、範囲選択し直します。 選択し直したセル範囲が、「アリの行列」のようなグルグル動く点線で囲まれ、 ダイアログボックスのセル範囲の表示も、正しく選択し直したセル範囲に変わりました。 ダイアログボックス右下の[OK]ボタンをクリックすると、 B11番地に、指定した範囲の中で、数値が入力されているセルの個数を表示させることができました! このB11番地が選択されている状態で数式バーを見てみると、COUNT関数の数式が確認できます。 関数に慣れてきたら、B11番地に直接この数式を入力して計算させてもOK。 つまり、先ほど使ったダイアログボックスは、この数式を気軽に入力できるようにするためのものだったんです。 「」でご紹介しているように、数式には「きまり」がありました。 引数に何を指定するかは各関数によって違うのですが、COUNT関数では個数を数えたいセルの範囲を指定します。 なので、この数式を読み替えると、「B4からB10番地までの、数値が入っているセルの個数を数えてね」ということになります。 さて、ここまでの操作を、Be Cool Usersお馴染みの「セリフ」にしてみましょう! ここに、関数を入れてね。 COUNT関数だよ。 (数えたいのは)ここからここまでだよ。 となります。 ここに、 計算結果を表示させたいセルを選択 関数を入れてね。 [関数の挿入]ボタンをクリック COUNT関数だよ。 ダイアログボックスで「COUNT」を選択 (数えたいのは) ここからここまでだよ。 引数である範囲を指定 スポンサーリンク COUNTA関数 今度は、B12番地に、今回のセミナーに参加する全員の人数を表示させたいと思います。 もちろん最初に考えるのは、 参加者全員の人数を数えるためには、名簿のどの欄を数えればいいのか、ということです。 どの欄を数えればいいか、考えはまとまったでしょうか? これは難しく考える必要はありません。 この表自体が、セミナーの参加者名簿なので、参加者の名前が入力されている欄のセルの個数を数えれば、参加者全員の人数が分かります。 「じゃぁ、セルの個数を数えればいいから、COUNT関数を使えばいいんだ!」 と思いたいところですが、実はCOUNT関数ではうまく数えることができません。 なぜなら・・・ 数値が入力されているセルの個数を数えるのが、「 COUNT関数」 だからです! 今回、セルの個数を数えたいのは、A4からA10番地。 この欄に入力されているのは「名前」、つまり「文字」なので、「数値」が入っているセルの個数を数えるためのCOUNT関数では数えられないんです! そこで登場するのが、文字も数えてくれる「COUNTA関数」。 「COUNT」の後ろに「A」が付いているので、「カウントエー関数」と読みます。 このCOUNTA関数、先ほど「文字も数えてくれる」と表現しましたが、もっと正確に言うと、 空白以外のセルの個数を数えるのが、「 COUNTA関数」です!」 では早速、操作していきましょう! 参加者全員の人数を表示させたいB12番地を選択し、[関数の挿入]ボタンをクリックします。 関数を指定するためのダイアログボックスが表示されるので、[関数の分類]で「すべて表示」を選択すると、すべての関数が[関数名]欄にABC順で表示されます。 「COUNTA」をクリックで選択し、[OK]ボタンを押します。 この時、「COUNTA」の頭文字である「C」のところまで、一瞬でスクロールする技がありましたね。 くどいようですが、忘れてしまった方は、「」をご覧ください! 先程のダイアログボックスで「COUNTA」を選択し、[OK]ボタンを押すと、今度は下の図のようなダイアログボックスが表示されます。 Excelさんが「B9からB11番地までのセルの個数を数えたいんじゃない?」と予想をつけて範囲を提案してくれていますが、 実際にセルの個数を数えたい範囲は、図のような「A4:A10」です。 というわけで、正しい範囲を指定するべく、マウスポインタを表のところに持っていき、正しいセル範囲をマウスでし直します。 この時、表示されているダイアログボックスが、表にかぶってしまって範囲選択できない!という方は、してから、範囲選択し直します。 選択し直したセル範囲が、「アリの行列」のようなグルグル動く点線で囲まれ、 ダイアログボックスのセル範囲の表示も、正しく選択し直したセル範囲に変わりました。 ダイアログボックス右下の[OK]ボタンをクリックすると、 指定した範囲の、空白以外のセルの個数を表示させることができました! 今回の例では、指定した範囲に空白のセルは1つも無かったので、指定した範囲のすべてのセルの個数である「7」が、答えとして表示されています。 このB12番地が選択されている状態で数式バーを見てみると、COUNTA関数の数式が確認できます。 この数式を読み替えると、「A4からA10番地までの、空白以外のセルの個数を数えてね」ということになります。 さて、ここまでの操作を、Be Cool Usersお馴染みの「セリフ」で復習してみましょう! ここに、関数を入れてね。 COUNTA関数だよ。 (数えたいのは)ここからここまでだよ。 となります。 ここに、 計算結果を表示させたいセルを選択 関数を入れてね。 [関数の挿入]ボタンをクリック COUNTA関数だよ。 ダイアログボックスで「COUNTA」を選択 (数えたいのは) ここからここまでだよ。 引数である範囲を指定 スポンサーリンク 再計算されるから便利! B11番地とB12番地には、関数の数式が入力されています。 数式は、その元となるデータが変化すれば、自動的に再計算されるのが特徴です。 ホントに再計算されるか、実際に見てみましょう! B11番地とB12番地に表示されている、今の時点の計算結果を確認しておいてください。 さて、ここで、参加者の「堤 真さん」のデータが入力漏れで、実は参加回数が「2」だったとします。 「堤 真さん」の参加回数であるB7番地は、現在、入力漏れで空欄になっているので、 早速、B7番地に「2」と入力すると、数式が再計算され、「リピート参加者数」であるB11番地の計算結果が変わりました! もし「2」と入力したのに、計算結果が変わらないという方は、入力後にしていないからですヨ。 「全参加者数」であるB12番地の計算結果は変わっていませんが、全参加者数として数えているセル範囲は「A4:A10」で、今回データを変更したB7番地とは関係ないので、計算結果が変わらなかったわけです。 関数入力の、もう1つの方法 練習ファイルを操作しながらご覧いただいている方は、画面左下のシート見出しをクリックして、Sheet2に切り替えておいてください。 この表は、先ほど使っていた表と、全く同じデータが入力された表です。 同じなのですが、気分でセルの色だけを変えてみました(笑)。 ここまでの章では、関数を入力するために、数式バーにある[関数の挿入]ボタンを使ってきましたが、その他にも方法があります。 では実際に他の方法で関数を入力してみたいと思います。 先ほど同様、B11番地に、このセミナーのリピート参加者数を表示させてみたいと思います。 一覧が表示されるので、[数値の個数]をクリックで選択すると、 セルにCOUNT関数が入力され、Excelさんが引数の範囲を自動認識して、「ここからここまでの範囲で計算していいですか?」と、アリの行列のような点線をグルグルさせて提案してくれます。 本来はB4:B10の範囲で数値が入っているセルの個数を数えたいのに、Excelさんが提案してくれた範囲はB9:B10と、全然正しくないので、 正しい範囲をし直すと、入力中のCOUNT関数の引数もキレイに直るので、 あとは、数式の入力を確定するために、キーボードの[Enter]キーを押すか、数式バーにある[入力]ボタンをクリックすれば、 指定したセル範囲の中で、数値が入力されているセルの個数を表示させることができました! 今度はB12番地に、このセミナーの全参加者数を表示させてみたいと思います。 この一覧には、[数値の個数]はあるけれど、COUNTA関数を意味する[空白以外の個数]みたいなのは無いので、[その他の関数]をクリックで選択すると、 このページの最初の方でご紹介した、関数を指定するためのダイアログボックスが表示されました! ここから先は、このページの最初の方でご紹介した通りです。 ポイントはまず、どのセル範囲を数えれば求めたいものの答えが出せるのかを考え、そしてそのセル範囲にどんなデータが入力されているかによって、COUNT関数とCOUNTA関数を使い分けていく、ということになります。 そして、COUNT関数とCOUNTA関数では、どっちの方が、数値だけでなく、あれやこれやと数えてくれるんだっけ?と、後から迷ったりすることがあるかもしれません。 そんな時には、 COUNTA関数は、「COUNT」の後ろに「A」が余計に付いているので、数値以外のあれもこれも数えてくれる、つまり空白以外を数えてくれる なんて覚えてみてもいいかもしれません。

次の

COUNTA関数の使い方~データの件数を数えるには [エクセル(Excel)の使い方] All About

エクセル 関数 count

・内容 引数リストの各項目に含まれる数値の個数の合計を返します。 引数は 30 個まで指定できます。 ・内容 引数リストの各項目に含まれる数値の個数の合計を返します。 引数は 30 個まで指定できます。 ・COUNT 値1, 値2,... 数値が入力されたセルの個数 ・COUNTA 値1, 値2,... 空白以外の数値や文字セルの個数 ・COUNTBRANK 値1, 値2,... 3 84. 0 85. 0 84. 0 270. " 結果:1 "国? "は文字列にしか使えません"9?

次の

条件に一致するセルの個数を数えるCOUNTIF関数・COUNTIFS関数

エクセル 関数 count

COUNTA関数の使い方 おさ氏:みなさんこんにちは。 「おさとエクセル」のおさです。 今日は「COUNTA(カウント・エー)関数」を学習します。 では、「COUNT(カウント)関数」を勉強しました。 関数の役割を比較して覚えていきましょう。 COUNT関数は「数値データ」が含まれるセルの数を数える関数でした。 一方、今回学ぶCOUNTA関数は「数値データ」のほかに「文字列データ」が含まれるセルも数える関数です。 COUNTAのほうが、カウント対象となるセルがより多いことを覚えておきましょう。 具体例を見ていきましょう。 セルの数を数えたいデータが含まれるデータ範囲を引数に設定します。 すると「6」という値が返されました。 ここまでは前回の動画とまったく一緒です。 データ範囲には「数値データ」のみが記載されているため、COUNT関数の時と同じ結果が返されています。 COUNT関数とCOUNTA関数の違いが出るのは、どのようなときでしょうか? データ範囲のデータを変えていきましょう。 まずは空白にします。 すると「3」という数値が返ってきます。 これも前回の動画と同じです。 現状では「データ範囲の中に3つしかデータが入っていないよ」という結果が返されています。 それでは、違いが出るデータを入力します。 例えば「a」と入力します。 すると値が「4」に変わりました。 さらに日本語で「おさ」と打ちます。 値が「5」になりました。 最後に、一番知っていただきたいポイントです。 いま「C8」のセルは空白ですよね。 空白のため、このセルはCOUNTA関数のカウント対象ではありません。 しかし、「空白に見える」場合でもカウントされるケースがあります。 それは、セル内に「スペース」が含まれる場合です。 このようにCOUNTA関数の場合、セル内にスペースが含まれる場合も、そのセルをカウント対象として扱います。 つまり「スペース」は、ある種の「文字列データ」であるということです。 COUNTA関数は非常によく使う統計関数です。 COUNT関数とCOUNTA関数の違いを明確にして覚えましょう。 以上です。 どうもありがとうございました。 おさとエクセル は、マイクロソフトエクセルを無料で学べるユーチューブチャンネルです。 自己成長を求める20代・30代のビジネスマンによく見られています。 これまでに1,000,000分を超える視聴再生が行われ、コンテンツ高評価割合も99. ビジネス系ユーチューバーのおさが、総合商社で働く日常の合間をぬって、関数やショートカットをわかりやすく解説しています。 「おさとエクセル」シリーズでは「ビジネススキルを活用できる個人を増やすこと」をミッションにしています。 数字を分析するためのツールとして、エクセル力を身につけ、圧倒的な業務効率と成果を手に入れましょう。 合計100個の「おさとエクセル」動画は、毎回少しずつレベルアップしていきます。 実際に見て聞いて、そのエクセルの凄さを体感して下さい。

次の