世論 調査 内閣 支持 率。 NHK世論調査 内閣支持率

REAL POLITICS JAPAN : 世論調査

世論 調査 内閣 支持 率

2016年は参議院選挙があることもあり、政治や選挙の話題がテレビでも頻繁に出てきており、みなさんの否応にも目に付いていることだと思います。 失言や「政治とカネ」問題や、はたまた政治家の個人的な資質の問題から、経済政策に関わる指標や内閣・政党支持率まで多くの政治情報がメディアによってほぼ毎日みなさんの目に届くと思います。 テレビや新聞、インターネットなどのメディアからの様々な政治情報を参考に有権者は、各政党や内閣に対して、「支持」・「不支持」や「投票する」・「投票しない」、「好き」・「嫌い」といった「ある種のイメージ」を持ち、「意思決定」を行います。 事件や出来事などはストーリーがありますので、イメージがつきやすいと思いますが、解説などのニュースはイメージがつきにくいと思います。 なので、多くのメディアは調査による数字、つまりパーセンテージやグラフなどで分かりやすく可視化しています。 そのような中で、 有権者の意見を可視化した世論調査が大きな役割があります。 ではその世論調査とはどのような形で行われ、どのように読み取れば良いのでしょうか? 世論調査の調査方法は? 主に、世論調査などの人々の意識を調査する場合には、日本社会の有権者(=母集団)を想定した「社会の縮図」にできる限り近づけようと、様々な統計的な手法を用いて無作為に調査する人を選び、調査員が色々なツールを用いて質問するという方法が行われています。 例えば、 調査員が住宅に訪れ、質問を行う「面接調査」や、郵送で送られてくる質問票を回答者に送り返してもらう「郵送調査」などがありますが、多くのメディアで用いられている方法は、電話がかかってきて質問される「電話調査」といったものが挙げられます。 今回は、世論調査のニュースを観るためということで、「電話調査」に焦点を合わせて、説明していきたいと思います。 一般的に「電話調査」は、「RDD(Random Digit Dialing)方式」と呼ばれる方法が用いられています。 これは、コンピューターによって無作為に選ばれた電話番号リストを使って電話をかけ、企業の番号ではない一般家庭に対して調査を行います。 このように電話を受け取る層の回答の集中や若者が回答者に含まれないなど、みなさんが世論調査と聞いた時に思い浮かぶ問題を解消しようとしています。 RDD方式の他には、「層化二段無作為抽出」という属性や地域・環境要因などのグループに分け、その中で人口構造などを参考に回答者数を決め、そのグループ内で無作為抽出による回答者を決めるというものもあります。 いずれにせよ、「社会の縮図」の意見分布を目指し、あらかじめ想定される「回答者の偏り」をできるだけなくそうとする努力を各世論調査では行なっています。 電話調査のメリット・デメリットは? では「電話調査」を行うことのメリット・デメリットはどのようなことが考えられるのでしょうか? まずメリットは、電話をかけ続けるだけなので他の調査方法と比べても手間がかからず、コストを低く抑えられ、短時間で行えるため、すぐに刻々と変わる政治状況に対して、常に質問を修正できるなど対応力が高い調査であるといえます。 ですがデメリットとしては、皆さんも経験があると思いますが、長電話や電話口で長い会話や質問は難しいので、質問数や質問の文字数が限られてしまうということです。 また、あくまでも回答するのは自由参加ですので、調査対象者の時間があるときでなければなりませんし、質問の途中で辞められてしまうこと。 顔が見えず本当に信用できる世論調査なのか疑って断られてしまうということで回答が少なくなってしまうことがあります。 しかし、その回答率にも問題点はあります。 知らない番号からの電話を無視し続ける人も多くいると思います。 その家庭は有権者がいるにも関わらず、有権者世帯とみなされませんし、週末の2日間程度しか電話での調査を行わないので、家に全くいなかった人も有権者世帯としてみなされません。 つまり、電話に出てくれた世帯を対象としているということで偏りと見せかけの回答率の上昇の可能性があります。 なので、無駄に回答率が高くなっている場合も要注意なのです。 また メディアによって同じ時期に調査を行っているのに、大幅に数字が異なっている場合も見られると思います。 その場合よく言われるのは、「〇〇新聞は右寄りだからだ!」「〇〇は内閣を批判するために低く操作している!」などです。 しかし、そのようなことは決して無いことは明らかにされています。 このような差を生んでいるのは、単純に各メディアで、質問する際に解説的な説明が加わっているかどうかが異なっていることや選択肢の違いなどから発生しています。 しかし、解説があるから誘導しているというわけではなく、本当にいきなり電話がかかってきた有権者に対して親切心での必要な情報や色んな意味がある政策の一側面を聞きたいための解説なのかもしれません。 このように問題点も数多くある世論調査ですし、「真の有権者の意見分布」というものは得られることはおそらくありません。 ニュースの観方は人それぞれで難しいですが、重要なのは、こういった情報を含めて数字に向き合い、一つのメディアの調査を鵜呑みにするのではなく、多くのニュースに触れ、自分が納得できるかどうかだと思います。 自分が納得した上で、政治に対して自分なりの「イメージ」を持ち、しっかりと政治に対して「意思決定」を行うということではないでしょうか。

次の

安倍内閣不支持64% 支持率、1カ月半で17ポイント減 毎日新聞世論調査

世論 調査 内閣 支持 率

政党支持率グラフを表示するにはAdobe FLASH Player が必要です。 スマートフォン等FLASH非対応ブラウザご利用の場合は、 上記リンクより各メディアごとの支持率グラフをご利用ください。 PC版Chromeをご利用でFlash版支持率グラフを表示したい場合は、でFlash Playerを有効にしてください。 「PML Index」は日本で唯一のポリティカルマーケティティング企業である株式会社ピーエムラボ(英文表記 PMLab - Political Marketing Laboratory -)が考案した、内閣支持率、政党支持率の指標です。 新聞、通信社、テレビなど大手報道機関12社の内閣支持率、政党支持率の平均値を算出し、独自のスコアを掛け合わせて指標としています。 多くの報道機関が世論調査を行っていますが、同じ日の調査でも数値が違うということがあります。 これは、調査によって標本数の大きさ、サンプリング、調査方法の違いなどによって生じる偏り(バイアス)によるものです。 その点、PML indexは、各社の平均値をとることにより、ある特定の社のバイアスの影響を極力排除した値を示すことができます。 報道機関名をクリックすると、クリックされた社が発表した内閣支持率(月間平均)がフォーカスされ、グラフも連動し、過去の推移が表示されます。 政党支持率も同様です。 グラフに表示されている過去の月毎の支持率の数値を知りたい場合は、折れ線上のマーカーにマウスオーバーすることで調査月と数値が表示されます。 もっと過去のアーカイブを見たい場合は、報道機関名をクリックしたときに右に表示される「詳細を見る」をさらにクリックしてください。 当該報道機関のページに遷移し、過去の内閣支持率調査と政党支持率(民主、自民、支持なしのみ)のグラフと表が表示されます。

次の

安倍内閣不支持64% 支持率、1カ月半で17ポイント減 毎日新聞世論調査

世論 調査 内閣 支持 率

共同通信社が29~31日に実施した全国緊急電話世論調査によると、安倍内閣の支持率は39. 3ポイント減った。 不支持率は45. 新型コロナウイルス対策や黒川弘務前東京高検検事長を巡る問題への厳しい評価が影響したとみられる。 感染が再び拡大する第2波については「ある程度」を含め「心配している」が96. 1人当たり10万円給付など政府の経済支援のスピードが「遅い」との回答は81. 賭けマージャンをして辞職した黒川氏を訓告とした処分については「甘い」78. この問題の再調査を拒否するなどした安倍晋三首相の対応に「納得できない」との回答は69. 新型コロナを巡るこれまでの政府対応を「評価しない」52. 前回調査ではそれぞれ57. ウイルス感染を調べるPCR検査の態勢整備を巡る政府の取り組みは「不十分だ」77. 感染拡大による生活不安については「ある程度」を含め「不安を感じている」が82. 5月25日の緊急事態宣言の全面解除に関しては「早過ぎた」との答えが47. 今後も外出を自粛するか尋ねたところ「ある程度」を含め「自粛する」が94. 政党支持率は、自民党が37. 4ポイント減の7. 立憲民主党7. 「支持する政党はない」とした無党派層は36. 〔共同〕.

次の