人権作文 内容。 人権作文のパクリ方必勝法!これなら絶対にバレないぜ

人権作文の書き方!中学生・小学生・高校生が構成とテーマで他と差をつけるコツは?

人権作文 内容

まずはネタを探す ネタの探し方がわからない!という人は、まず新聞に目を通してみましょう。 新聞には自分が読めない漢字がたくさんあるかもしれませんが、そういう時は辞書を手元に置いて読んでいくと、漢字の勉強にもなるのでやりましょう。 どうしてもわからなかったら親に聞いてノートに書き留めておくと次に読むときには、スムーズに読むことができます。 新聞じゃなくてもテレビでもやっていることありますし、今ではネットでも検索するとたくさん出てきますので、まずは自分が探している人権問題を探してみましょう。 そもそも人権ってなんだろう? 人権というのは、生まれながらにして持っている社会的権利のことで、まあ簡単に言ってしまえば人一人に対して、無視したり、あいつはこうだからといって差別したりしたらダメですよ、という決まり事のこと。 学校でも「 あいつはとろくさいからいじめよーぜ」といって複数人で一人をのけものにしたり暴力を振るったり、精神的に追い詰める「いじめ」もその人の人権を侵害しているといえます。 自分がそういう風に差別されたら悲しい気持ちになりますよね? 人は誰からにもいじめられてはいけないのです。 難しい言葉で言うと 尊厳(そんげん)という言葉です。 この尊厳(そんげん)という言葉は、人権問題に関わるとよく出てくる言葉なので覚えておきましょう。 現在は世界中で誰もが人権を尊重している(はず) 戦争が終わったのは1945年に終戦し、その3年後に世界人権宣言されました。 この世界人権宣言というのは、 どの国に属していても人権を尊重しよう!という宣言です。 やはりどんな人でも下に見てはいけないですよ。 戦争で多くの命が奪われ、人はようやく人権について考えるようになったのです。 しかし、一方ではまだ古い風習が残っていて人権を無視するような行為を行われているのも確か。 人権を侵害するというのはどういうことなのか、具体的にあげてみましょう。 人権侵害の例 1. あからさまに無視をする 無視をするということは人権差別にあたります。 自分から挨拶をしたのに無視されたら嫌な気分になりますよね? 逆に自分が相手を無視したら相手はどんな気持ちになるでしょう? 想像するだけで嫌な気分になると思います。 無視をするということは、相手の存在を認めないことになります。 良くないのが集団で無視をすること。 完全に『いじめ』になりますよね? 無視をするより元気に挨拶する方が気持ちよくありませんか? 2. 特定の人にばかり仕事を押し付ける 例えば、クラス委員を決めるときに、毎回特定の人に決まったりしたりしていませんか? これは先生の資質にもよりますが、先生も万能ではありません。 特定の人に任せておけば先生も楽ちんなんですよね。 しかし、特定の生徒ばかりにやらせるのはよくないです。 ほかの生徒もそういう経験が必要ですし、やっている生徒も負担になってきますよね。 本人の責任のないところで差別 例えば友達の親が刑務所に入っていたら? ほとんどの親が「あのコと遊んではいけません!」なんて言うことありますよね? もしくはやんわりと関わらないように、ということを言ってくるでしょう。 なぜ本人が罪を犯したわけでもないのに遊んではいけないんでしょう? それは親自身が「 親が犯罪者だから子供もそうなる」という偏見なのです。 実は警察に就職する時も、身内が犯罪を犯していたら就職はできません。 親が犯罪を犯したからって、その子自身が犯罪を犯すでしょうか? その子自身を見てあげないと人権差別につながっていくのです。 シングルマザー=人として問題がある・雇いにくいという風潮 両親揃っていないとなんとなく「この子はこうなんだ」と決めつけてはいませんか? 逆に「あ、だからいないんだ」と思うこともありますが。 母親の目線でいうと、シングルマザーで子供がいるから就職できない、というのも人権侵害にあたります。 確かに小さな子供がいると急に熱出たとか、土・日出勤できませんなんていう条件がつけられると会社側も雇うのは難しいかもしれませんね。 しかし、子供がいるからといって門前払いをする企業もシングルマザーに差別しているということなんです。 書きやすい例題 人種差別などの人権問題について わかりやすい人権問題としては、 アメリカでの白人・黒人の関係性です。 アメリカでは世界でもっとも移民が多いのではないでしょうか? 日本人のようにほとんどが黄色人種で統一されてるわけでもなく、様々な肌色の人種がいるのです。 あかまるたちが小学生だった頃は、色鉛筆に肌色という色がありました。 それは日本人向けに作られていたものだから、肌色というと説明は難しいですが、なんとなくオレンジを白く薄めたような色です。 しかし、2000年あたりから「様々な人種がいて肌色でも黒い人もいるのに、差別だ!」という論議が始まりました。 2005年にはほとんどの色鉛筆から肌色がなくなり、現在ではペールオレンジ・うすだいだいといった名前に変更がされています。 2000年以前のもの 現在の日本では様々な人種たちが留学したり、出稼ぎのために移住する外国人も増えましたが子供のうちから移住して、それが黒人だった場合、肌色って黒いから「 お前、肌色黒いから肌色じゃねーじゃん」といわれて軽くいじめられる可能性があります。 ありがちな話ですが、この言葉でも傷つく子は傷つきます。 当たり前ですけども。 「この程度でも?」と思うかもしれませんが、そういった線引きが難しいのもこの問題の厄介なところですね。 そもそも程度の問題じゃない、という話にも発展させられるかもしれません。 人種についての問題は日本が海外交流しているからこそ問題になるんですね。 というか、日本にいるのがすべての人が日本人なら人種差別は起こりようがありません。 しかし国境はすぐに超えられるようになった現在では土台無理な話。 日本人が多い場所に肌の色や体の大きさ、見た目など全く異なる人がいるから起こる問題なんですよね。 障がい者に対する差別問題について 人種差別の問題も根深いですが、障がい者の方に対しても差別問題は根深いものがありますから、作文のテーマとして書きやすいでしょう。 障がい者がなぜ差別されるのかというと、身体的機能に問題があったり、知能・精神的に問題があると「ふつうじゃない」「へん」「きもちわるい」と考えてしまう人もいるから。 君たちの学校には養護学級というクラスはありませんか? そこには様々な問題を抱えている生徒がいて、君たちと一緒に学習したくてもできないのです。 これは 差別ではなく、区別なんですよ。 差別は人をバカにしたりすることですが、区別というのは難しい言葉で言うと、 適材適所(てきざいてきしょ)という言葉になります。 例えば、運動が得意な子と苦手な子を一緒にやらせても運動が得意な子の方がうまいし、仕事で言うと、細かい作業が出来る人と大まかな作業ができる人で分かれたりします。 これは差別ではなく、区別なのです。 知能に問題はなくても生まれた時から腕がなかったり、足がなかったりする子もいるでしょう。 基本的にはその子自身が君たちと同じように行動しようとしますが、やはり同じではないのです。 同じことができないからといってそれをバカにするのは差別になりますよ。 自分だって身体的には問題なくてもすごい不器用だったりして馬鹿にされたら嫌な気分になりますよね。 人間には個性というものがあります。 個性を尊重していければ差別というものはなくなるでしょう。 まとめ 書きやすい例題として、白人・黒人人権問題、障がい者人権問題をあげてみましたが、いかがでしたでしょうか? この差別問題を取り組んでみて、君たちが少しでも差別するのではなく、区別ができる人になってくれたらうれしいです。

次の

法務省:全国中学生人権作文コンテスト

人権作文 内容

書きやすい人権作文のテーマ いじめ 近年の人権作文において、いちばん多く題材としてとりあげられているのが「いじめ」に関する問題。 身近な問題であり、受賞作品では最も多いジャンルです。 人に悪口を言うことで誹謗中傷させる「言葉の暴力」はもちろん、人間関係や仲間内で差別をすることをテーマにしたものがほとんどですね。 いじめといってもいろんなテーマがあるので、一部を紹介します。 LINEによるいじめ被害から考えてみる 最近では、インターネットを使ったいじめ問題が増えています。 特に多いのが、 LINEを使ったグループでの孤立や暴言。 スマホを使ったグループや長電話など、プライベートでも人と繋がることが多くなったことによる影響です。 友達と合わせないと、関係を壊してしまう• 素早く反応しないと、次の日にイヤミを言われてしまう 「一人でいる時間」が少なくなったことを、ストレスに感じる人も多いのではないでしょうか? インターネットの無い昔との比較を含め、情報化した社会と人権のあり方について注目するといいかもしれません。 東日本大震災によるいじめも 2011年のときに起きた「東日本大震災」。 原発事故があった地域から引っ越してきた人を差別し、孤立させるいじめが問題となった時期がありました。 テレビや新聞などのメディアが原発事故による風評被害を広げたことで、なんとなく悪いイメージを擦り込まれてしまったんですよね。 野菜や果物などの農産物だけではなく、人間の作り出した機械で「人権まで」脅かされてしまう…… すでに年月は経っていますが、これからくると言われている• 首都直下型地震• 南海トラフ地震 に置き換えて書いていくと、オリジナリティが出るのでオススメです。 障害者 人権とは切っても切れない関係、障害者問題。 盲導犬や車椅子といった身近なテーマから、パラリンピックで活躍する人まで、幅広い視点からチェックできるネタです。 個人的に狙いやすいと思うものを、2つ紹介します。 オリンピックと国際問題を合わせてみる 2020年の東京オリンピック開催が近づくにつれて、人権作文でもメガスポーツの話題を取りあげる人が増えています。 オリンピックは時代を映す鏡。 現代でこそ差別禁止の風潮が強くなっていますが、つい100年ほど前までは黒人アスリート・植民地に対する不公平な扱いなど、問題は山積みでした。 現代ではどれだけ改善されており、それでも残っている問題があるのかを迫ってみましょう。 また、個人的にオススメなネタは 「サプライチェーン問題」。 日本語では「供給連鎖」といい、 ・原材料の調達 ・商品の製造 ・各地への配送 ・店での販売 ・私たちの消費 といった一連の流れを表した言葉です。 オリンピックが開催されると、海外からは貿易や国交などの状況注目が集まります。 資源のない日本がいかに安く仕入れるか、海外と不正な取引をしていないかチェックされる立場となるんですよね。 例えば、グローバル・ウィットネス(GW)という大手の国際NGOが、特にマレーシアのサラワク州で違法伐採された材木を日本企業が多く購買している実態を指摘しています。 世界第4位の木材輸入国であるにも関わらず、G7で違法伐採されたものの輸入を明確に禁止していないのは日本だけで、企業による自主的な試みも効果的ではないとGWが分析しています。 経済力を盾に、人権問題にも発展する可能性だってあります。 時期的なネタとして、取り入れてみるのもいいかもしれません。 ユニバーサルデザインをスマホと合わせてみる オリンピックと関連して、すべての人に使えるよう設計されたユニバーサルデザインのネタもオススメ。 例えば、現代なら誰でも使っているスマホ。 連絡を取ったりするのに便利なツールですが、 目が見えない人にとっては全く使い物にならない機械ですよね。 ツルツルした画面を目で確認しなければ、ほぼ全ての操作をすることができなくなります。 どんな機能をつければ、目の不自由な人でも使えるか考えてみましょう。 それだけでも、オリジナルな題材となります。 戦争 国際問題から発展する「戦争」も、人権とからめやすいテーマの一つ。 世界の貧困や難民、拉致被害などのネタを中心に狙っていきましょう。 「戦争と平和」はセットで書くべき もし戦争を書くのであれば、必ず平和をからめた内容で作文していきましょう。 その理由は、 実際に体験したことを書いたほうが説得力のある文章となるため。 あまりいい例ではないかもしれませんが、近年問題になっているブラック企業、長時間労働は、貧困・治安の悪い国で問題視されることがありません。 明日の暮らしや食べることなど「生きるため」に全力なので、そのようなことを気にかけている場合ではないんです。 「戦争の裏には平和がある」というイメージを持ちながら、いまの暮らしがどれだけ恵まれているのかを書いていくと、締まりのいい作品ができます。 スポンサーリンク 差別 人権のイメージとしてまず浮かんでくるのは、男女や外国人などに対する差別問題。 みんな平等に接することができればいいんでしょうけど、未だに偏見が根強く残っているのはなぜでしょうか? 「暗黙のルール」として世の中にただよっている風潮に切り込んでいくと、独自の意見として展開しやすいと思います。 海外の人種の違いについて 個人的には、海外の人種と合わせて作文していくのは オススメしません。 体験談として書けることが少ないので、知識をしっかり落とし込んでないと、薄っぺらい内容となって終わるためです。 それでも海外の人種について書く場合、 「なぜ格差が広まったのか」という視点から迫ってみるといいですね。 価値観の多様化している現代と、それについていけてない憲法。 少しキレのある意見も述べてみるのもいいですね。 犯罪被害者のプライバシー 差別という点では、ニュースにおける犯罪被害者の扱いについて作文してみるのもいいかもしれません。 未成年者の犯罪では名前が公表されず、被害者の名前や住まいなどが取り上げられることがほとんど。 これでは「加害者が守られて、被害者ばかり追撃を受けている」状況ととらえられても仕方ありません。 最近は世間の批判が大きくなっているので、メディアも控えるようにはなってきましたが、それでもネットを通して拡散される二次被害が増えています。 どのようにすれば被害を最小限に抑えられるのか、自分なりの考えをまとめてみるとオリジナリティが出ます。 環境問題 人権とは少し離れた話題ですが、環境問題と合わせたテーマは扱いやすいです。 公害による病気は「国から受けた人権侵害」であり、学校でも習うことから書いてくる人が多いですね。 今でも水俣病で苦しむ人がいる 4大公害病の一つに数えられている「新潟水俣病」は、国の病気と認められて50数年が経過しています。 すでに国と被害者との和解は成立しているものの、体の異常に悩んだり、身体的な理由から会社をクビになったりする差別が消えてないのが実情です。 地元ではどのような公害があったのか、もし存在したのなら今でも人権被害に遭っている人はいないのかを調べてみると、見えてくるものがあるかもしれません。 高齢者問題 今後、少子化と並んで深刻な問題となるのが高齢化。 もし人権とからめて狙っていくなら、 孤独死の問題に注目してみましょう。 孤独死にまつわる支援の話題 例えば、東京都足立区では 「孤立ゼロプロジェクト推進活動」を行なっています。 これは、高齢者から自発的にサービスを求めるのではなく、自治会やボランティアが家に訪問し、世帯の調査をするものです。 必要に応じて介護などのケアにつなげることもできますから、孤独死を避け、人権を守ることとなります。 高齢者向けの独自なサービスがあれば、サラッと調べてみましょう。 書きやすそうなネタから情報を集めてみよう! 人権作文ではなにを書けばいいのか、テーマ例を紹介していきました。 ここで挙げたジャンルは、どれも過去に入賞したことのあるものばかり。 「この経験は自分にしかない」というものと一緒に、積極的に狙っていきましょう!.

次の

人権作文で使いたいテーマ一覧!書きやすい題材やネタの内容を紹介

人権作文 内容

小学校の 2年生にもなると自分の意見もはっきりと伝えてくれるようになり、学校でもお友達ができたりして、その中で自分以外の人の気持ちについても考えられるようになってくる年頃ですね。 そんな時期だからこそ 人権作文という課題を通して、この夏にまた更に子どもたちの心は一回り大きく成長していくかと思われます。 ただ、子どもたちは人権作文といわれても、何をどうしたらよいのかと最初は分からずに悩むことと思います。 作文が苦手な子どもはとても多いです。 親としてうまくアドバイスができたら良いけれど、下手をすると2年生の子どもが書くのか疑問に思われるような立派すぎる 『親が言うとおりに書きました』というような作文が出来上がってしまうことも。 この人権作文、親はどこまで子どもにサポートしてもよいのか、どのようにコツを伝えると子どもたちは自分たちの考え・思いをのびのびと書けるのか、そのポイントを今回はお伝えします。 子どもは親が思っている以上に 感性豊かです。 その 成長を止めないサポートの仕方をしっかりと見てくださいね。 『人に優しくできるひとになってほしいけど、そのためには自分にも優しくなってね。 』 といったように、 自分を肯定する大切さも合わせて伝えることおすすめします。 自己を肯定できる子どもは、 他人を思いやることができるようになります。 自分の意見をしっかりともつことができ、他人のよいところにも気づきやすくなります。 人権について考えるには幼すぎるように見えてしまう子どもたちですが、もう考えようとする力は十分にあります。 ただ、考えたことや気持ちを言葉にできるようになってきても、それを 文字に起こすというのは子どもにとってとても大変な作業です。 文字にするためには、 「え」と「へ」や「は」と「わ」の違い、話し言葉にはカギカッコをつける、話が変わるときはひとマス下げるなど、 新しく覚えるルールも多いからです。 それに加えて、頭で書くことを考えながらまとめるという作業もしなくてはいけないので、時間も必要です。 夏休みなどの長期休暇に宿題として出ることが多いのはこのためです。 文字に起こせるようになることは、 考える力、書く力、表現する力、読む力とさまざまな方面から 国語力を向上させます。 作文は心を豊かに育てるだけではなく勉強の全ての基礎である国語(日本語)を学ぶことにも繋がりますので、できる限り子どもが自発的に書けるように見守りたいですね。 人権作文小学校2年生向けのテーマの見つけ方・設定方法は?おすすめのテーマは? まだ人権作文といっても、2年生だと身近な方でよく関わっていることがないと障害や病気についてのテーマを設定するのは少しむずかしいかもしれません。 おすすめは、ふだんから関わりのある 友達・家族・学校をテーマにすることです。 そのテーマでも、まだ多くを文章にするのはむずかしいので、3点ほどに分けて書くことをおすすめします。 経験したこと• そのときの気持ち• こんどから自分にできること・これからしていけること この3点をつかっての、小学校2年生らしい書き方・まとめ方の例は次の章に用意しましたのでそちらもごらんください。 また、 題名の決め方ですが、書いた文中で 一番子どもが強く感じている気持ちや印象に残っていることを題名にするとよいです。 例1『いっしょにあそぼうよ』• 例2『ことばがもつちから』• 例3『おじさんありがとう』• 例4『話しかけるゆうき』などです。 次は誰かがひとりでいたら、「一緒に遊ぼう」と声をかけてあげられるようになりたい。 困っている子がいたら元気になれるように勇気をだして声をかけてあげたい。 といった感じです。 実際に友達にしてもらって 嬉しかったことや、友達がすごいと思ったこと、優しいと感じたことなどを思いだし、どうして嬉しかったのか、どういうところがすごいのか、優しくされたときどんな気持ちになったかなどという 経験をもとにすると書きやすいですね。 『友達っていいな』とか、『やさしくしてもらって嬉しかったから、次は私もだれかにやさしくしてあげたいな。 』というように、 日常のことを書きながら そのときに感じた気持ちを素直に書くとよいです。 日常のささいに思うことでも 友達をテーマとした自分の思いや意見、これから誰かにできることを付け加えるだけで立派な人権作文になっています。 テーマ《家族》 これからは、自分の言葉を大事に考えて話そうと思った。 妹にも「大切だよ。 」と言ってあげたいし、友達と話すときもよく考えて話そうと思う。 嫌な気持ちじゃなくて、人を嬉しい気持ちにさせる言葉をつかえるようになりたいと思った。 というような感じです。 自分の思いを言葉にできるようになってきたからこそ、この 言葉の力というものは 良い面も悪い面もあるということは知っていてほしいですね。 ときに、 自分の口からでた言葉が人を傷つける武器になってしまうことがあるということを知ることは人権を学ぶ上で大切なことです。 その逆もまたしかりですので、 よい言葉という方面から人権作文を書くのも良いでしょう。 テーマ《学校関連》 あいさつはとても短い言葉だけど、人を元気にする魔法があると思う。 笑顔で明るく話しかけるとみんな笑顔になれるし、声をだすのは恥ずかしいこともあるけど元気にあいさつをしてあのおじさんみたいに、人を元気にできるようなあいさつをしていきたいです。 あいさつについて書くのも人権なの?と思う人もいるかもしれませんが、 あいさつというのは人権尊重の基本です。 あいさつは 相手のことを認め、自分のことを知ってもらう(他人と関わる)ための最初の一歩です。 とくにあいさつというのは、小学校でも大変重視されていることなので、 あいさつの大切さについて作文を通してさらに深く学ぶことができるというのもよいことです。 原稿用紙で 2枚(800字程度)を目安に書けるとよいです。 下記は、人権に関しての図書です。 参考にしてみてください。 「こころのふしぎ たんけんえほん (たのしいちしきえほん)」平木 典子 人権作文小学校2年生の宿題に親はどこまでサポートをする? ここまで、子どもにどうやって人権について教えるのかというのをお伝えしましたが、中には「もうよく分からないから、なんて書いたらいい?」と聞いてくる子もいるかもしれません。 よく子どもが作文を書くときにつまずくのがこの 『何を書いたらよいかが分からない』です。 人権についてなんとなくは分かったけど、じゃあ何を書こうかとなるわけです。 このときにできる サポートは、 子どもの話をよく聞いてみることです。 子どもが日常で感じていることや友達と遊んだときの話、家族との関わりの中でどんな気持ちで過ごしているのかしっかりと見て、聞いてあげてください。 それから、してもらってうれしかったこと、誰かがしていた素敵なこと、優しい人だとおもったひとのこと、ふだんどんな風にあいさつしているのかということなど、 思いつくことを紙に書いてみるように提案してみましょう。 その中から、 『これについて書こうかな』と思えるものを子どもに選んでもらうとよいです。 書かれている子どもの素直な気持ちに対しては、「そうかな?それだけしか思わなかった?〇〇な気持ちになったんじゃないかな?」というように誘導したりすると、子どもの自発性が失われてしまう親の作文となってしまいますので、あくまでも 見守るように心がけてくださいね。 他にも、まず勉強机の上をキレイに掃除させることで 環境を作りやる気をアップさせたり、親も子どもの隣で静かに本を読んだり勉強をするなどすると、いっしょにがんばろうというやる気アップにつながります。 子どもも同じ人間なので、どうしてもやる気になれない時間もあります。 そんなときは叱らず無理強いせずに、『よし、今からやってみよう。 』という気持ちになれるように 環境を整えながら待ってあげてください。 まとめ• 人権作文は子どもの心をまたひとつ大きく成長させる大切な宿題。 人権について考えるというのは子どもたちも日常から無意識にやっている。 ふだんの挨拶や家族・友達との関わりも人権と関係がある。 宿題のサポートは基本的に見守りであり、手伝いすぎず成長を妨げない。 やる気になれるように環境を整える・親として見本を見せことも大切。 いかがでしょうか。 作文は学校のテストのように答えが決まっているものとは違い、 自分の言葉で自由に表現することができるものです。 文字にすることで、それを自分で読み返すとまた更に 自分の思いや考えを振り返り深く考えられる力もつきます。 子どもは大人が思っているよりもずっと感性豊かで、大人が考えもしなかったような角度で物事を見ることができる 柔軟性ももっています。 その感性を言葉にして手伝ってあげるのではなく、子どもが 言葉にする力(語彙力)をつけられるように、親子の会話を大切にサポートしてあげてくださいね。 【こちらも読まれています】.

次の