町田 映画。 町田くんの世界 特集: 《主演・超新人》×《豪華キャスト》×《天才監督》…

映画『町田くんの世界』ネタバレ感想・レビュー。ラストシーンがひどい?!賛否両論!?主演2人が初々しい新感覚な青春映画!

町田 映画

細田佳央太 (町田一)コメント (出演が決まったときは)一番最初に嬉しいっていう気持ちがあって、でもその中でもすぐ「やっていけるのかな」っていう心配や不安だったり、緊張もありました。 本当にいろんな感情が混ざった状態で、でもその中でもやっぱり嬉しさとか、撮影これから楽しみだなっていうのが自分の中で強かったです。 本当にあっという間の1か月間でしたけど、自分の中で楽しいことの連続で、体力的にきつくても、お芝居がこんなにも楽しいなんて、という気持ちでした。 そして、監督、スタッフの皆さんにご指導を頂いて、僕は何とか町田くんになれたのかなと思っています。 この映画に出演させていただき、この作品のチームの一員になれて、すごく幸せでした。 この作品がたくさんの人に届いてほしいなと思います。 岩田剛典 (氷室雄)コメント 前回、短編映画「ファンキー」でご一緒させて頂きまして、次はがっつり長編でやろうっていう風にお話をしてくださっていたので、監督から直接のオファーでしたのですごく嬉しい気持ちでした。 まあでも作品のプロットを読ませて頂いた時に、え、石井さんが少女漫画原作やるの?みたいな驚きが一番最初に来て、いやどうなるんだろうというか、石井さんテイストのその作風っていうものがあんまりこう漫画の世界感とマッチする印象がなかったので、第一印象、どうなるんだろうっていうところで衣装合わせとか撮影に入っていきました。 現場に入っても、現場が終わっても、どういう仕上がりになるのかさっぱり想像がつかなかったです。 北島直明 (プロデューサー)コメント 石井監督が作る少女漫画原作の映画を僕自身が観たかった。 例えば、その材料を誰が調理するかで全然違う料理になるように、監督と話していると、【町田くんの世界】を映画として再構築したらどんなものが仕上がるのか、それが楽しみで仕方がありませんでした。 ほとんどの作品が、【モテない子が急にモテるようになる】あるいは【三角関係になる】といったいくつかの基本フォーマットで物語が進んでいくのですが、どのキャラクターも『人を好きになる』という根本を深く考えていない事が多いんですよね。 大人だって『好き』という感情を明確に説明できる人は少ないはずなのに、なぜか皆、『恋愛』は知っているんです。 家族への好き、友達への好き、片思いの人への好き、恋人への好き、夫・妻への好き、子供への好き…違いを説明できますか? 【町田くんの世界】は『人を愛する事』はしっているのに、『好き』っていう事が分からない主人公・町田くんが、『好き』を学ぶ物語です。 兎にも角にも、絶対に予想できないラストシーンを用意しましたので、エンディングを観て、皆さんの『好き』が見つかってくれたら嬉しいです。 石井監督の才能が爆発しています!.

次の

町田義人

町田 映画

子どもたちは数が多いので、雑魚寝をしています。 町田一(はじめ)、通称:町田くんの家は大所帯です。 父・あゆたは生物学者で、現在はアマゾンで研究をしており、家を留守にしています。 母・百香は、町田くんの弟妹を育てるので精いっぱいでした。 町田くんも長男として、積極的に家事を手伝っています。 きょうだいは、町田くんのほかに、しおり、けいご、ニコ、ミツオがおり、百香は妊婦でした。 近々赤ん坊も生まれる予定です。 朝食のときに、今晩のメニューとしてハンバーグをリクエストされた町田くんは、そのことで頭がいっぱいになりました。 それでも町田くんはバスのなかで老人に席を譲ります。 町田くんは、みんなに優しいのです。 学校の美術の時間、ハンバーグのことで頭がいっぱいの町田くんは、彫刻で「ハンバーグ」という文字を彫ってしまいました。 同級生の栄りらに指摘された町田くんは、彫刻刀でケガをします。 町田くんは保健室へ行き、クラスメイトの猪原奈々と出会いました。 保健室の先生の帰りを待つ町田くんを見かねて、猪原は町田くんの手当てをします。 感激した町田くんは、猪原に礼を言いました。 町田くんは、今まで素直に育ってきていました。 勉強も運動も苦手ですが、町田くんは人間が大好きで、この世界が大好きでした。 だから猪原が保健室でさぼっている理由を「人が嫌い」と聞いても、納得ができません。 猪原のほうも、町田くんが気にかかりました。 帰り道、風船を飛ばしてしまった少年のために、風船を取ろうと四苦八苦する町田くんを見つけます。 自分で言ったとおり、町田くんは運動神経がなく、動きは変でした。 風船を取ったものの川に落ちる姿を、猪原は見ます。 その夜、町田くんはハンバーグのことをすっかり忘れてしまいました。 いえ、買い物のときまでは覚えていたのですが、風船を取ったときに忘れてしまい、肉は川べりに置きっぱなしです。 町田くんのきょうだいは、町田くんが満身創痍なのを心配します。 …吉高洋は、週刊誌『芸能チェイス』の雑誌記者です。 芸能人を陥れるゴシップ、悪意のある記事…そんなものを雑誌で扱うことに、吉高は疲れていました。 この世にも善意があると思いたいのですが、偽善だらけの世の中であることも事実で、吉高は苦悩しています。 ある日、吉高は通勤のバスのなかで、席を譲ろうとする町田くんの姿を見ました。 町田くんを見ていた女子高校生が「一部でキリストって呼ばれている」と、町田くんのことを噂します。 女子高校生の話を聞いて、吉高は町田くんの名前も覚えました。 「町田くんは劇的にいい人」と、吉高の頭にインプットされます。 町田くんは猪原にハンカチを返すと、「俺は好きだ、人が好き」と言いました。 猪原は「いまどき、人が好きって言ってるほうがおかしい」と返しますが、町田くんは気にしていません。 そして猪原は、そんな町田くんのことがますます気にかかります。 猪原が「人が嫌い」と思うのには、事情があります。 猪原の母は、女優の猪原聖子でした。 有名です。 聖子が不倫をしたというスキャンダルが流れたことがあり、猪原はそれがもとで、心無い噂に悩まされたことがあったのでした。 いまも猪原は、イギリスへ留学したいと思っています。 叔母がロンドンに住んでいるので、叔母を頼って留学を検討していました。

次の

町田義人

町田 映画

細田佳央太 (町田一)コメント (出演が決まったときは)一番最初に嬉しいっていう気持ちがあって、でもその中でもすぐ「やっていけるのかな」っていう心配や不安だったり、緊張もありました。 本当にいろんな感情が混ざった状態で、でもその中でもやっぱり嬉しさとか、撮影これから楽しみだなっていうのが自分の中で強かったです。 本当にあっという間の1か月間でしたけど、自分の中で楽しいことの連続で、体力的にきつくても、お芝居がこんなにも楽しいなんて、という気持ちでした。 そして、監督、スタッフの皆さんにご指導を頂いて、僕は何とか町田くんになれたのかなと思っています。 この映画に出演させていただき、この作品のチームの一員になれて、すごく幸せでした。 この作品がたくさんの人に届いてほしいなと思います。 岩田剛典 (氷室雄)コメント 前回、短編映画「ファンキー」でご一緒させて頂きまして、次はがっつり長編でやろうっていう風にお話をしてくださっていたので、監督から直接のオファーでしたのですごく嬉しい気持ちでした。 まあでも作品のプロットを読ませて頂いた時に、え、石井さんが少女漫画原作やるの?みたいな驚きが一番最初に来て、いやどうなるんだろうというか、石井さんテイストのその作風っていうものがあんまりこう漫画の世界感とマッチする印象がなかったので、第一印象、どうなるんだろうっていうところで衣装合わせとか撮影に入っていきました。 現場に入っても、現場が終わっても、どういう仕上がりになるのかさっぱり想像がつかなかったです。 北島直明 (プロデューサー)コメント 石井監督が作る少女漫画原作の映画を僕自身が観たかった。 例えば、その材料を誰が調理するかで全然違う料理になるように、監督と話していると、【町田くんの世界】を映画として再構築したらどんなものが仕上がるのか、それが楽しみで仕方がありませんでした。 ほとんどの作品が、【モテない子が急にモテるようになる】あるいは【三角関係になる】といったいくつかの基本フォーマットで物語が進んでいくのですが、どのキャラクターも『人を好きになる』という根本を深く考えていない事が多いんですよね。 大人だって『好き』という感情を明確に説明できる人は少ないはずなのに、なぜか皆、『恋愛』は知っているんです。 家族への好き、友達への好き、片思いの人への好き、恋人への好き、夫・妻への好き、子供への好き…違いを説明できますか? 【町田くんの世界】は『人を愛する事』はしっているのに、『好き』っていう事が分からない主人公・町田くんが、『好き』を学ぶ物語です。 兎にも角にも、絶対に予想できないラストシーンを用意しましたので、エンディングを観て、皆さんの『好き』が見つかってくれたら嬉しいです。 石井監督の才能が爆発しています!.

次の