帰還 者 の 魔法 は 特別 です 漫画。 【帰還者の魔法は特別です】48話のネタバレと感想

【帰還者の魔法は特別です】43話ネタバレと感想

帰還 者 の 魔法 は 特別 です 漫画

帰還者の魔法は特別ですのあらすじ (アゼスト …!) ニフレカの表情は怒りに満ちていた。 「教授!」 呼ばれてニフレカは振り向く。 「会場にいらっしゃらないので探しました」 「おぉ!魔塔のみなさん!」 魔塔の者たちが 3人立っていた。 「ここにいらっしゃったのですね。 急ぎの用があり、今日はもう失礼いたします」 「残念だが仕方ない …」 腕を組んだまま答えるニフレカ。 「豪勢なパーティーでした。 次もまた是非参席させてください」 「ホッホッもちろんだとも!」 嬉しそうに返事をしたニフレカだった。 「それでは …あっ!伺いたいことがあるのです …!」 「うん?」 「魔塔に新しく技術顧問が来たのですが、ひょっとして何かごぞんじですか?」 「うむ …魔塔のことは君たちの方がよく知ってるはずだが」 「あっ教授に伺った理由は、魔塔主様が自ら任命された特別なケースであり …ヘブリオン学園の学生だからです」 その言葉にニフレカは目をパチッと開け驚いた。 「えぇっ?うちの学生!?卒業年度は!?」 ニフレカはオロオロしだす。 魔塔の者は冷静に答える。 「卒業生ではなく在学生だそうですが、たしか …名前は …」 「あっ少々お待ちください!」 「在学生!?誰なんだ一体!?」 「えっとたしかに連絡をもらったのですが …」 「まだか!?早くしてくれ!?」 居ても立っても居られないようなニフレカ。 「あっ!ありました!えっと名前は …デ …デジール・アルマン。 ヘブリオン学園の一年です」 「デジール!?」 その名を聞いてビクッとさらに驚いていた。 帰還者の魔法は特別です【第47話】のネタバレ -弱点- 「これ …誰かに似てない?」 部屋に置いてある大きな猫のぬいぐるみを見て、ロマンティカはそう言った。 「かわいいでしょ?テーマパーク楽しかったです!!」 「かわ …いい?」 プラムの答えに戸惑いを見せたロマンティカ。 「はいっ!かわいいですー!」 「休憩も挟んだし …本論に戻ろうか。 今回アウターと戦ってみて、 2人とも自分の弱点に気付けたと思うんだ」 「弱点ですか?」 「うん。 プラムは経験不足により、敵の位置の把握ができてなかった。 ロマンティカの助けがなかったら、きっと大変なことになってたはずだ」 「は …はい …」 プラムはあの時の戦いを思い出す。 「怖い仮面の人にも言われました …。 あの状況で正確な判断ができなくて …」 「大丈夫。 それにきづけたってことは素質があるってこと」 「はいぃ …」 デジールのフォローがありつつも、彼はズーンと落ち込んだ。 「そしてロマンティカ」 「えっ!?」 名前を呼ばれると思わなかった彼女はビクッとした。 そして肩を落とした。 「そんなに肩を落とすことないよ。 ロマンティカはできる限りのことは、全部やれてたから」 それを聞いてパァッと明るくなった。 「で …でしょ!?一生懸命攻撃したもん!」 しかし …。 「褒めてるんじゃない。 俺が言ってるのは、あくまで今の水準でできる限りのことをしてたってこと」と。 「ちぇっなによ …」 「シングルランカーである以上、もっともっと強くならなきゃ」 「でもぉ …それってそんなに簡単なことじゃないじゃーん …」 もう一度、落ち込んでしまったロマンティカ。 「それじゃ弱点は明確になったし、ここからは質問タイム」 「質問タイム …?」 「「!」」 デジールの口元がニッと笑った。 -ガタッ 「うわぁぁぁっ!こいつ笑った!!ニヤッてした!!」 ロマンティカは勢いよく立ち上がった。 「ニヤッ …?」 不思議そうにするプラム。 「弱点は克服しなきゃなんないよな?」 「プラム!逃げるわよ!」 「はい!?」 走り出したロマンティカだったが、プラムは状況がわかっていなかった。 「では早速質問です …」 「うわっ!あーあー何も聞こえませーん!!」 デジールの雰囲気が変わったのに気がついたプラムも、ついに立ち上がった。 それでも関係なく言葉を発していくデジール。 「弱点を克服するための …訓練は …するべきである。 マルか …バツか?」 「聞いてしまった …!!」 ロマンティカはその場に崩れる。 「マ …マル …ですよね?」 とまどいながらプラムが答えた。 「ってことで!今日から地獄の訓練をはじめる!」 楽しそうにデジールは言った。 「はい …」 「好きにして!!」 -訓練- 夕方から訓練が行われた。 それは次の日の放課後も毎日続いた。 「やってられるかーい!」 -ダンッ ロマンティカは本を机に投げた。 「お願いだから夜の訓練だけはナシにして!」 ブンブンと手を身振りして訴えるロマンティカ。 プラムもまた机に伸びていた。 「こんなの人間の限界を超えてる!!見てよ!プラムが溶けちゃったじゃない!死んだのよ。 あれは死んだの!!」 「死んで待てん!誰か僕を充電してくらさい …!」 彼も疲れていた。 「とにかく!夜の訓練だけは勘弁して!!」 「うん、無理」 あっさりと拒否するデジール。 「ロマンティカ」 「なによ!う〇こ野郎!!」 怒りで言葉が悪くなったロマンティカ。 「ロマンティカの風魔法の特徴って何だと思う?」 「展開速度!射程距離!」 その質問に彼女は即座に答える。 「だよな。 だから風属性の魔法使いは、他のどの属性よりも攻撃に長けてるんだ。 だけどランク2じゃ限界がある。 あのときランク4の魔法使いには、ロマンティカの攻撃が一切効いてなかった」 「まぁ …たしかにそうね。 だけど一気にランクを三つも上げられるわけじゃないし。 天才じゃない限りものすごく時間がかかるから …!」 腕を組んで悩むロマンティカ。 そんな彼女にデジールは 「ううん、ロマンティカ。 おまえにはランク3になってもらう」と。 「えっ!?ええええええええええええ!?」 椅子に座っていたデジールが立ち上がる。 「難しいってのはわかってる。 でも方法を教えてやるから …信じてついて来て。 あっプラムはここで待ってて!」 プラムの頭をなで、ロマンティカと席を外したデジール。 場所を変えた2人。 「ロマンティカの目標はランク3達成。 それから …弾丸の威力を補強して、ランク4の防御魔法を突き破れるほどになること。 」 「待って。 ランク3ってそんな簡単じゃないってば!何度も何度も魔法を展開して少しずつ …」 「そんなのは教科書的なものであって。 俺がこれから教える方法は …少し違う」 彼女の言い分をバッサリと切って、持っていたカバンをゴソゴソしだすデジール。 カバンから出た手には空き缶が握られていた。 「きっと気にいるはずだ」 「ううん。 私があんたの方針を気に入るはずはないんだけど …ってかこれデジャヴ …?」 前の訓練のことを思い出した彼女の顔は引きつっていた。 「最短期間でランク3を構築する方法を教えてやる」 「あのさ …あんたってランク1だよ?まったく説得力がないんですけど …また動かせって言うんでしょ?貸して」 「ううん、今度はこの缶を …こうして」 -ピキッ カタカタッ -バキッ グシャッ バキバキッ 持っていた缶を魔法で、彼は潰していった。 それを見て、彼女は驚きを隠せずにいた。 「ほら簡単だろ?」 そう言って彼の手には丸いボールが出来たのだ。 「ボールの訓練のアップグレードバージョンだ。 これまでと違うのは動かすんじゃなくて、気圧を細かく調節して、いろんな角度から圧縮し、形を整えなきゃなんないってとこくらいかな?」 当たり前のように話をする彼を見て、ロマンティカはだらだらと汗をかいていた。 (このイカれた男。 今 …何言ってんの!?) スポンサードリンク 帰還者の魔法は特別ですの最新話を無料で読む方法 やっぱり漫画は絵と一緒に楽しみたいですよね。 帰還者の魔法は特別ですはピッコマで配信されていますので、1日1話ですが無料で読むことが可能です。 また、本作は配信されていませんが、好きな漫画を無料で読む方法として下記の3つのサービスはおすすめですよ。 単行本1巻が今すぐ無料で読める 単行本3〜4巻が1ヶ月かけて無料で読める 単行本1〜2巻が今すぐ無料で読める おすすめは動画配信で見放題作品も豊富なU-NEXTです! \31日間無料&600P付き/ 帰還者の魔法は特別です【第47話】感想 ニフレカのとこにもデジールさんの情報がいってしまいましたね。 デジールと魔塔の関係を知ったニフレカは、彼らになにかするのでしょうか!! デジールさんたちはまた訓練ですね。 主にロマンティカさんとプラムさんですが。 走ったりと体力づくりのような訓練でしたが、なにか意味があるのでしょうか? そして新しい魔法を使い方を教えてる感じでしょう。 デジールさんの本当のランクは何なのでしょう。 ランク1は前までで、今は以前の記憶?もあるためランクも高そうですね。

次の

漫画|帰還者の魔法は特別です【第53話】のネタバレ・感想!影の世界へ! | Comic theory

帰還 者 の 魔法 は 特別 です 漫画

もくじ• 帰還者の魔法は特別です48話のあらすじ (注:ネタバレあり・画バレなし) ロマンティカの実践 デジールの空き缶をボールにする様子を見たロマンティカは、風属性の魔法使いでもなければ、上級の魔法使いでもないのにうまく使いこなせていることに驚いています。 試しに気圧をコントロールして球体を作ろうとしますが、いいところまで来たのですが、途中で集中を途切れさせてしまったため、球体ではなく、楕円形になってしまいました。 プラムの特訓 次の日の昼間、デジールはプラムを野外対決場に呼び出し、実践練習を始めます。 経験不足を補うための対決をするために、魔塔、 エウレリー支部の警備隊長である ケイラフを呼び出しました。 ナイト級の剣士であり、ランク3の魔法も使える魔剣士である彼の気配に圧倒されたのか、デジールの背中に隠れてしまいます。 エウレリー支部が襲撃されたところを助けてくれたことに対するお礼も兼ねてきてくれましたが、プラムの手足が細い事も相まってか、姿を見て可愛らしい女の子と発言し、プラムを怒らせてしまいます。 訓練の内容は、 木刀が体に当たるとアラームが鳴るようにエンチャントされた肩章を身に着け、それを先に鳴らしたら勝ちというものです。 一筋縄ではいかない相手 試合開始の合図と同時にプリムが先制しますが、その攻撃をはじき返され、持ち前のスピードでさらに攻撃を仕掛けますが、それを全て躱され、なおかつアツくなった隙を見抜かれて反撃されてしまいます。 それに反応して回避しますが、元々魔法を使えるケイラフは魔法を展開し、 プリムの視界を奪い、動揺して立ち止まった隙に木刀を当てられてしまいました。 帰還者の魔法は特別です48話の感想・考察 訓練の成果? ロマンティカの空き缶を球体にする練習も、結構いいところまできましたが、最後の最後で別の形になってしまいました。 今までの訓練の成果が生きているのか、一応丸い形にはできるようですね。 プロ相手の特訓 プラムの練習ですが、ケイラフは試合の始まる直前までプラムを挑発していました。 デジールはこのことをベテランならではの、相手に本気を出させるための挑発だと見抜いていましたが、これでマイナスの方にも影響してしまったのか、プラムがアツくなり、隙を目立たせる原因になってしまいます。 ケイラフはプラムの事を褒めていましたが、かなり余裕があったため、やはり実力はかなり上手ですね。 プラムの噂 アウターの襲撃の時に活躍したことでケイラフの耳にも噂が届いていたのか、プラムの別名でもある快剣という言葉も知っていました。 今回手合わせした事もあり、プラムの欠点も見抜けたでしょうし、これからの成長に期待できますね。 関連記事:.

次の

漫画|帰還者の魔法は特別です【第47話】のネタバレ・感想!地獄の特訓を始めると言い出したデジール | Comic theory

帰還 者 の 魔法 は 特別 です 漫画

もくじ• 帰還者の魔法は特別です43話のあらすじ (注:ネタバレあり・画バレなし) 逃走の妨害 前回42話でテジールが金髪の男の行く手を予測し、水路から登場しました。 デジールと男が道でぶつかったとき、落としたパンを踏みつけて台無しにしたため、そのパン代を弁償しろと言いう。 その時、テジールは自らのマナを男につけてマークしており、それを頼りに男の後をつけていたようです。 金髪の男は、自分の行動を全て読まれていたため、それに驚き、 クライケン 様の邪魔をしてくれたと怒り、デジールに魔法を放ちます。 が、テジールはすかさずそれを逆算して、魔法を展開できなくさせてしまいました。 まさか、自分がランク1の野郎に逆算されると思っていなかったクライケンは動揺し、近づいてくるテジールに対し、これ以上近づくとリゲネルの涙を壊すと脅迫してきます。 しかし、デジールはそれまで大きな犠牲を払ってきたのに、それを失ってしまって何になると質問を投げかけ、壊されることを気にせずに歩み寄っていきました。 ついにクライケンの目の前に来てクライケンは驚き、リゲネルの涙は壊さず、デジールを後悔させようと殴り掛かりました。 が、拳が当たる前にグラビティコントロールでクライケンの行動を封じてしまいます。 ランク1なのに、ランク4の魔法を使うことに驚きを隠せないでいるクライケンですが、ついに魔法の威力に負けてしまい、その場に倒れてリゲネルの涙をテジールの手に渡ってしまいます。 未来の技術 そしてデジールの手の中にあるリゲネルの涙を見ると、エンチャントされていないはずなのに反応しており、それにクライケンは驚きました。 デジールも初めて見たときは目を疑ったようです。 デジールは、 エンチャントしていない魔法石を使えるようにする技術 を、 クライケンに教える ようですが、まずはパン代を償わせるようです。 デジールの算段 ついにアウターからリゲネルの涙を奪われることを防いだデジールのパーティーは、プレリュード教授から感謝され、そして報酬として120ゴールドを貰えました。 元々は100ゴールドでしたが、依頼書を渡されたときに、疑ってしまったことに対する謝罪の気持ちもあり、20ゴールドを報酬に上乗せしたようです。 ロマンティカは、パーティーの運営資金がカツカツだったために喜びます。 が、デジールはそれを拒み、魔塔主である ジョード・エクサリオンとチェスをしたい と言いました。 帰還者の魔法は特別です43話の感想・考察 防衛の成功 今回ついにアウターからリゲネルの涙を守ることができました。 そして金髪の男はクライケンという名前であることが発覚しました。 クライケンの必死の抵抗もむなしく、デジールに取り返されてしまいますが、クライケンのリゲネルの涙を奪取した後に何をするつもりだったのでしょう? 前回42話の最後からパンの話をしていますが、かなり根に持っているようですね。 デジールの行動の理由 せっかくの120ゴールドを蹴ってまで、魔塔主のジョーンとチェスをするというのは、ジョーンと話をするための言い訳でしょうが、何をしようとしているのでしょうか? そういえば、1話でエクサリオンが魔塔にいれば、どんな援助も惜しまなかったことだろうと言っていました。 デジールはそれを狙っているのでしょうね。 関連記事: 関連記事: ジャンプ系 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ マガジン系 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ サンデー系 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ チャンピオン系 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 講談社男性マンガ系 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 講談社女性マンガ系 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 集英社女性マンガ系 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ スクエニ系 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ KADOKAWA系 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・.

次の