オンライン スナック 横丁。 全国『オンラインスナック横丁』スナック業界のママを支援

全国『オンラインスナック横丁』スナック業界のママを支援

オンライン スナック 横丁

新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言発令により、地域社会の交流や文化を長年に渡って支えてきた多くのスナックが未だ休業を余儀なくされています。 このような状況を踏まえ、約500軒のスナックを巡り「スナ女」として活動する五十嵐真由子(Make. 合同会社代表)は、全国のスナックとのつながりを活かし、北は北海道から南は宮崎県まで、実店舗を持つ全国約10軒のスナックを集めた「オンラインスナック横丁」を5月14日(木)にリリースしました。 利用者は、WEB上に掲載されている様々なスナックから好みの店舗を選び、入場チケットを購入するだけ。 普段スナックの重い扉を開くことが出来なかった人でも気軽に参加でき、自宅にいながら様々な人柄やホスピタリティにあふれるスナックママとの会話を楽しむことができます。 様々な地域のスナックが軒を連ねているので、2軒、3軒とはしご酒してみたり、ママの方言や地域ならではの地元話が楽しめるなど、全国を旅するような気分を味わえるのも特徴です。 ママとの1対1を楽しめるプライベート接客では、恋愛や仕事の相談、自粛疲れのお悩み相談を。 フリー接客では通常のスナック同様、他のお客様との相席となるので、新たな人々との出会いを創出します。 また、活況を呈する「オンライン飲み会」では、「いつも同じメンバーで話が尽きる」「切り上げるタイミングがなくダラダラ飲んでしまう」など、マンネリ化現象が起きつつあるようです。 そのような場面では「オンラインスナック横丁」を二次会の場としても活用できます。 グループ貸切チケットを購入すれば、1次会のメンバーでスナックを貸切る事ができるので、雰囲気の違った場に移動し、プロの接客を交えることによって新たな盛り上がりを醸成することが期待されます。 営業自粛という厳しい状況下におかれたスナックも、スマホ1台あれば簡単に始めることができます。 スナックを維持・運営していくための収入源としてだけではなく、オンライン上で全国のお客様との出会いが創出されることは、新型コロナウイルスの収束後(アフターコロナ)に来店が期待されるファンづくりとして活用できます。 「オンラインスナック横丁」では、スナック文化を絶やさないために、スナックの維持に寄与する支援活動の実施、オンラインで出会った人々が全国のママに会いにいくツアーなど、アフターコロナにおける経済活動促進のための様々な施策を継続して実施していきます。 【オンラインスナック横丁 代表 五十嵐 真由子様よりメッセージ】 スナ女 五十嵐 真由子 このほど、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、世界は今、未曾有の危機に直面しています。 そんな中、地域経済を足元で支えてきたスナックもまた、休業を強いられ、壊滅的な打撃を受けています。 そこで、新たな出会いを創出する場として「オンラインスナック横丁」を立ち上げました。 現状、オンライン飲み会などの新しいブームも生まれています。 一方で、オンライン飲み会ならではの問題も生じています。 そこで、接客のプロであるスナックのママ・マスターとの気軽なコミュニケーションを提供することで、日本を元気にできればと考えています。 さらにコロナ終息時には、オンラインスナック横丁をきっかけとして、お客様が直接スナックを訪れる。 そんな未来の架け橋となることが、オンラインスナック横丁の一番の価値であると考えます。 ぜひ、全国のスナックを皆で応援しましょう! 【全日本スナック連盟 会長 玉袋 筋太郎様より応援メッセージ】 全日本スナック連盟会長 玉袋筋太郎 全日本スナック連盟会長の玉袋筋太郎です。 今回の新型コロナウイルスの野郎の為、日本は未曾有の危機的状況に置かれています。 特にナイトビジネスであるスナック業界は大打撃を受けています。 実際私のお店も3月末から臨時休業中で、いつ再開できるのかわからない状況です。 そんな状況下にこうして「スナック横丁」がオープンした事は、スナックという世界に誇る日本の文化を守る為の、重要な役割を果たす横丁だと思います。 力不足ながら、私もできる限り応援させてもらいます。 いつかコロナが晴れて、皆でお店で乾杯ができるその日が来るまで「スナック横丁」で一杯やって過ごしましょう! 負けるなスナック! 「オンラインスナック横丁」の概要 「オンラインスナック横丁」は、全国にあるスナックのママ・マスターと利用者をオンラインでつなぐサービスです。 これにより、新型コロナウイルスの感染拡大防止策である人と人との接触を避けながら、スナックにとっては新しいお客様の開拓を、利用者にとってはママ・マスターとの会話を自宅にいながら楽しむことができます。 ページに入ります。

次の

北海道~宮崎まで、全国のスナックが集結「オンラインスナック横丁」本日開店!楽しみながらスナック業界を応援しよう

オンライン スナック 横丁

公式URL 「オンラインスナック横丁」ってなに? 「オンラインスナック横丁」は、全国に実店舗を持つスナックのママと利用者をオンラインでつなぐサービスのこと。 利用者は、WEB上に掲載されている様々なスナックから好みの店舗を選び、入場チケットを購入するだけで参加できます。 普段スナックの重い扉を開くことが出来なかった人でも気軽に参加でき、自宅にいながら様々な人柄やホスピタリティにあふれるスナックママとの会話を楽しむことができます。 様々な地域のスナックが軒を連ねているので、2軒、3軒とはしご酒してみたり、ママの方言や地域ならではの地元話が楽しめるなど、自宅にいながら全国を旅するような気分を味わえるのも特徴です。 マンネリ化するオンライン飲み会の悩みを解消!二次会にスナックを取り入れよう 「オンラインスナック横丁」は、様々なシーンに合わせた入場チケットタイプができます。 ママとの1対1を楽しめるプライベート接客では、恋愛や仕事の相談、自粛疲れのお悩み相談を。 フリー接客では通常のスナック同様、他のお客様との相席となるので、新たな人々との出会いを創出します。 また、活況を呈する「オンライン飲み会」では、「いつも同じメンバーで話が尽きる」「切り上げるタイミングがなくダラダラ飲んでしまう」など、マンネリ化現象が起きつつあるようです。 そのような場面では「オンラインスナック横丁」を二次会の場としてもご活用いただけます。 グループ貸切チケットを購入すれば、1次会のメンバーでスナックを貸切る事ができるので、雰囲気の違った場に移動し、プロの接客を交えることによって新たな盛り上がりを醸成することが期待されます。 アフターコロナへとつなげる架け橋となる「オンラインスナック横丁」 オープン時は約10軒のスナックからスタートですが、新たなスナックの加盟を幅広く募集しているとのこと。 営業自粛という厳しい状況下におかれたスナックも、スマホ1台あれば簡単に始められるので、スナックを維持・運営していくための収入源としてだけではなく、オンライン上で全国のお客様との出会いが創出されることは、新型コロナウイルスの収束後(アフターコロナ)に来店が期待されるファンづくりとしても期待できます。 「オンラインスナック横丁」では、スナック文化を絶やさないために、スナックの維持に寄与する支援活動の実施、オンラインで出会った人々が全国のママに会いにいくツアーなど、アフターコロナにおける経済活動促進のための様々な施策を継続して実施していくとのことです。

次の

スナックのママと語り合える「オンラインスナック横丁」 子連れで新サービスを体験してみた(LIMO)

オンライン スナック 横丁

比較的高齢の経営者も多いだけに今後閉店を決める店も出てきそうだが、一方で生き残りをかけて奔走しているママたちもいる。 壊滅的なダメージを受けている 「感染が広がった2月から来客が減り、ほぼ収入がない状態が続いています。 居酒屋さんなど食事を提供しているお店では時間を短縮して営業したり、出前やテイクアウトにシフトチェンジしたりしていますが、お酒がメインのスナックではそういうわけにもいかず、3密が揃っているため感染リスクを考えると営業は難しい。 壊滅的なダメージを受けています」 北海道札幌市のすすきのにあるスナック「ひなぎく」のママ、酒井彩氏はこう話す。 今年営業3年目を迎える同店は、下は20代から上は80代まで幅広い年代層の顧客を持つ人気店だったが、新型コロナウイルスで状況が一変した。 同店は4月16日に全国で緊急事態宣言が出される前の4月6日から自主休業を続けている。 北海道では全国に先駆けて感染が広がり、すでに2月28日には道独自の緊急事態宣言が出された 3月19日に解除 からだ。 2〜5月は借り入れをするなど事業を続けるために走り回ったが、持続化給付金や、融資も相談が殺到しており順番待ちの状態。 3月下旬から4月下旬までクラウドファンディングを利用して、前売りチケット販売という形で支援を募り、41人から約25万円の資金を集めたものの、システムの都合上、振り込まれるのは6月だという。 ツイッターやライン、フェイスブックなどSNSを活用して顧客との接点を維持しつつ、洋裁の経験を生かして手作りの布マスクを販売するなど、店を守るためにできることは何でも行っているが、苦しい状況は変わらない。 知り合いや周りの店が耐えきれず閉店していく姿を日々目の当たりにしている。 5月13日にサービスが始まったオンラインスナック横丁には現在、北海道から宮崎まで10店舗が参加。 利用者はウェブ上で行きたい店を選び、チケットを購入して入店する。 酒の準備とお酌は自分でしなければならないが、自宅にいながらスナックにいる気分を味わい、ママとの会話を楽しむことができる。 「ありのままの姿を見せたい」 料金は「ママと1対1」「グループ貸し切り」「ほかの客と同席」などコースによって異なり、最低金額は1時間2000円となっている。 酒井氏の場合、通信環境に不安があるため、現在は「1対1 60分2500円 」の接客に限定している。 スナックのママと言えばミステリアスなイメージがあるが、酒井氏は自室で営業し、ありのままの姿を見せたいという。 「スナックのママが実際どんな暮らしをしているのか興味がある人も多いのではないでしょうか」。 酒井氏は一昨年から宣伝のため、自分で動画配信などをしており、オンラインスナックはイメージとしては考えていた。 ただ、自分1人で予約や決済のシステムを整えるのは難しいと考えていたところ、オンラインスナック横丁から声がかかった。 「すぐに収入につなげることは難しいかもしれませんが、宣伝や新規顧客の獲得も期待できますし、先行きが見えない中、新しい生活様式に変わっていくことを考えると、オンライン化は求められていることだと思います」 酒井氏 オンラインスナックの場合、離れた場所に住む人が来店することもできるので、「将来的に旅行や出張ができるようになった時に、実際にお店を訪ねてもらうきっかけにもなる」と期待を寄せる。 酒井氏にとって、まさに「渡りに船」になったオンラインスナック横丁だが、わずか1カ月でサービスを立ち上げるのは容易ではなかった、と横丁を主催する五十嵐真由子氏は話す。 本業の傍ら、約500軒のスナックをめぐったスナック愛好家としても活躍する同氏が、サービスの構想を思いついたのは、コロナ禍で多くのママから「なんとかならないだろうか」というメールや電話を多く受けてから。 「支援金を集めることも考えましたが、政府と同じように一時的に支援したところで、地域社会の交流やサードプレイスとしての役割を果たしてきたスナック文化を長期的に守っていけるわけではありません。 もっと将来を見据えた新しい取り組みが必要と考え、ママの素晴らしい接客術をオンラインで提供することを考えました」 五十嵐氏 当初はカラオケ企業も巻き込んで、リアルなスナックの雰囲気を提供したいと考えていたが、スピード感を重視した結果、「ママの接客」というスナック本来の武器一本で勝負することに決めた。 オススメは「二次会利用」 サイトのイメージは、さまざまな地域のスナックが軒を連ねる横丁。 2軒、3軒とはしご酒ができ、各地のママの方言や地元話が楽しめるなど旅するように意識した。 ITが苦手なママでも扱いやすく、入店時に相手をチェックしたり、仮に迷惑な客が入ってきたら追い出せる機能があり、PCであればブラウザーから参加できるWeb会議ツール「Whereby ウェアバイ 」を利用している。 前述の通り、「ママと1対1」や「貸し切り」などさまざまな使い方ができる。 五十嵐氏のお勧めは「二次会利用」。 コロナ禍で定着したオンライン飲み会は、「いつも同じメンバーで話が尽きる」「切り上げるタイミングがなくてダラダラ飲んでしまう」といった側面があるが、スナックを利用することで雰囲気を変えることができる。 オンラインの場合、「スナックは入りづらい」という人たちも気軽に利用しやすい。 「今後も継続して新たなスナックの加盟を募集しています。 収入源としてだけではなく、アフターコロナに来店していただけるような新しいお客様との出会いの場として活用していただければ」と五十嵐氏は話す。 ひなぎくも、実店舗は5月末までの休業を予定しているが、「お店が再開しても、お客様が来店されるステップとして、休業日を利用するなどしてオンラインスナックはできる限り続けていきたい」 酒井氏 と語る。 オンラインの場合、スナック独特の雰囲気を作り上げるのは容易ではないだろうが、酒井氏のようにこれを逆手に「ありのままのママ」を見せることもできるし、今後ママがオンラインでの接客になれてくれば、オンラインならではの体験を楽しめるかもしれない。 課題も残っている。 現在、横丁に参加しているママたちのようにデジタル機器の利用になれている人はすんなりオンラインスナックを導入できるが、スナックも高齢化が進んでおり、デジタルツールをなかなか使いこなせないというママや顧客も少なくない。 そうした層こそ、営業自粛中はスナックというコミュニケーションの場を失い戸惑っていることだろう。 オンラインスナック横丁で成果を出し、少しずつ高齢層の利用を促せるか。 ウィズコロナ、アフターコロナにスナック文化をつなげるための挑戦は始まったばかりだ。

次の