セリーグ 優勝 ライン 2019。 2020年度セ・リーグ順位表

プロ野球 優勝確率・期待順位・順位確率

セリーグ 優勝 ライン 2019

ー 巨人 横浜DeNA 広島 81勝 12勝4敗. 574 ー ー 80勝 11勝5敗. 567 ー ー 79勝 10勝6敗. 560 13勝0敗. 564 ー 78勝 9勝7敗. 553 12勝1敗. 557 ー 77勝 8勝8敗. 546 11勝2敗. 550 11勝0敗. 550 76勝 7勝9敗. 539 10勝3敗. 543 10勝1敗. 543 75勝 6勝10敗. 532 9勝4敗. 536 9勝2敗. 536 74勝 5勝11敗. 525 8勝5敗. 529 8勝3敗. 529 73勝 4勝12敗. 518 7勝6敗. 521 7勝4敗. 521 72勝 3勝13敗. 511 6勝7敗. 514 6勝5敗. 514 この表を見たら、巨人にマジック「12」が点灯しないのはなぜ?と思うかもしれません。 実はこの時、巨人と横浜DeNAは直接対決が「6試合」が残されていて、横浜DeNAが直接対決に6連勝した場合、優勝ラインは強制的に「79勝」まで引き下げられます。 79勝で巨人と横浜DeNAが並んだ場合、横浜DeNAが勝率で上回ります。 2019年9月8日の試合終了時点では、横浜DeNAに自力優勝の可能性が残るため、巨人にマジックナンバーは点灯しないというわけですね。

次の

9月29日終了時点のセ・リーグCS進出ライン、30日に阪神が引き分け以下でカープCS進出決定

セリーグ 優勝 ライン 2019

「」も参照 (24年)、新チーム加盟の是非をめぐりが分裂し、加盟反対派の(巨人)、、を中心に、大阪タイガース(現:。 当初は賛成派だったが巨人戦との兼ね合いで撤回し残留)、新球団の大洋ホエールズ(現:)、広島カープ(現:)、を加えた計7球団で セントラル野球連盟(セントラルやきゅうれんめい)が発足。 なお、発足当時はが球団を所有してセ・リーグに加盟して8球団体制とする計画があった が、これは計画倒れに終わり実現しなかった。 袂を分かった賛成派は、3つの新チームと共に 太平洋野球連盟こと(パ・リーグ)を結成した。 翌(昭和25年)1月には球団所有が中止・消滅に終わった小田急電鉄と入れ替わる形で国鉄スワローズ(現:)も加盟し、当初の計画から違う形となったが、運営初年度から8球団体制となった。 1月10日に開催が予定されたセ・リーグ代表者会議を前に、経営危機に直面していた広島と西日本を整理する構想が浮上したが、当日の会議では問題を先送りされた が、結局シーズン開始直前、西日本パイレーツがパ・リーグの西鉄クリッパース(現:)と合併し脱退。 シーズン終了後には大洋ホエールズと松竹ロビンスが合併して「大洋松竹ロビンス」を結成し、6球団になる。 以降、親会社及びチーム名の変更こそあるものの、チーム数そのものの増減は無い。 大洋松竹ロビンスが1953年(昭和28年)にからへ、さらに1955年(昭和30年)大洋ホエールズに改称してへ移転して以降は、各球団のの変更も無い。 同球団は、1978年(昭和53年)に移転とともに横浜大洋ホエールズに改称しており、それ以降、本拠地(球場)所在地の変更も無い。 (20年)の改定発効に伴い、連盟事務局と直下の審判部・記録部はコミッショナー事務局、パシフィック・リーグ事務局と統合され、直属の『セントラル・リーグ運営部』『審判部』『記録部』となり、リーグ会長職は廃止された。 (平成25年)より開幕前のイベントとしてにて『 セ・リーグファンミーティング』を行っている。 (令和元年)11月11日にとタイトルパートナー(冠スポンサー)契約を締結。 契約期間は(令和2年)から3年間でリーグ戦では「JERA セントラル・リーグ」の名称が使用される。 球団名を 中部日本に改称 、球団名を 中部日本ドラゴンズに改称 、球団名を 中日ドラゴンズに改称、後楽園球場を本拠地とする 、(現・ナゴヤ球場)に本拠地を移転 、が経営参加を表明。 球団名を 名古屋ドラゴンズに改称 、名古屋鉄道の経営撤退に伴い、球団名を再び 中日ドラゴンズに改称 、に本拠地を移転 に、、日本交通公社(現・)などを親会社とした 国鉄スワローズがセントラル・リーグに加盟。 を本拠地とする 、に本拠地を移転 、シーズン中に親会社が、、、 (この4社は直後の1967年、集結して)となり、 球団名を サンケイスワローズに改称。 後にも出資に参加 、球団名を サンケイアトムズに改称 、フジサンケイグループとヤクルト本社による共同経営となったことに伴い、球団名を アトムズに改称 、フジサンケイグループの球団株式売却によりヤクルト本社が経営権を持つ。 512 ( Nishinippon Pirates) (1950年) 0 136 50 83 3. 376• 成績はリーグが結成された1950年以降のもの 球団名・本拠地・親会社の遍歴 球団名 遍歴 に(の前身)を親会社として 大東京軍を結成。 を本拠地とする 、8月に(現・ライオン)が経営参加を表明。 球団名を ライオン軍に改称 、敵性語である英語の使用禁止を受け、球団名を 朝日軍に改称 、球団名を パシフィックに改称 、球団名を 太陽ロビンスに改称 、球団名を 大陽ロビンスに改称。 に本拠地を移転 、が経営参加を表明。 球団名を 松竹ロビンスに改称。 に本拠地を移転 、シーズン開幕前にと合併。 合併球団名は 大洋松竹ロビンスとなる にを親会社とした 西日本パイレーツがセントラル・リーグに加盟。 を本拠地とする 、シーズン開幕前にと合併しへ移動脱退。 合併球団名は 西鉄ライオンズとなる• 親会社の企業名、本拠地の球場名はいずれも当時のもの• 球団名の改称年は改称後の初年度シーズンを起点に表記 試合方式 [ ] 総当り回数 [ ] の()制度採用後は方式で、原則それぞれ半分ずつの試合を行う。 1950年 - 1952年:20回 (1950年のみ:140試合、1951-52年:120試合)• 1953年 - 1962年:26回 130試合• 1963年 - 1965年:28回 140試合• 1966年 - 1996年:26回 130試合• 2001年 - 2004年:28回 140試合• 2005年 - 2006年:22回+対6チーム6回() 146試合• 2007年 - 2014年:24回+対パ・リーグ6チーム4回(交流試合) 144試合• なお1試合増加分のホームチームについては、2年単位で隔年入れ替わりである。 引き分けに関する扱い• 引き分け再試合制度実施年:1962年、1966年 - 1968年、1990年 - 2000年• 引き分けを0. 5勝0. 5敗で勝率計算した年:1956年 - 1961年 上記が規定上の対戦回数であるが、諸事情により公式戦を一部中止した年度がある。 1950年:日本シリーズの日程関係のため一部試合を中止。 1951年:が存続問題から第一節( - )の参加を見送り。 この期間の対広島戦中止。 また、同年より予定されていた日米野球の日程関係のため同月9日でペナントレースを打ち切り。 1953年:読売ジャイアンツがアメリカ遠征のため第一〜第三節途中( - )まで不参加で、かつ日本シリーズに進出したため、また同年より開催のアメリカメジャーリーグ遠征チームとの交流試合の日程の都合上、読売ジャイアンツ対国鉄スワローズ戦5試合を残してペナントレースを打ち切り。 2004年:が球団合併凍結などを求めたを9月18日と19日に決行したため、同日に予定されていた全試合を中止。 2020年:感染拡大の影響で開幕が約3ヶ月延期となり、シーズン日程を再考。 交流戦が中止となるなど一部日程が変更され、当初の143試合から120試合に試合数を削減。 回数・時間制限 [ ] 年 内容 - シングルの場合は回数・なし(デーゲームの場合日没まで)。 ダブルヘッダー第1試合は延長戦は原則として12回。 ただしナイトゲーム(開催含む)は9回まで。 - まで シングル、ダブルヘッダーとも原則として勝敗が決するまで時間・回数無制限。 ナイトゲームは深夜24時を過ぎて次のイニングに入らない。 - 同年の閉幕まで デーゲームで開催のシングルの場合は時間・回数制限なし(日没まで。 以後1973年まで同じ)。 ダブルヘッダー第1試合は延長12回まで(回数制限は1962年まで同じ)、ナイトゲームは22:30まで。 - ナイトゲームは22:15まで。 - ナイトゲームは22:30まで(時間制限は1963年も同じ)。 ダブルヘッダー第1試合は延長13回まで。 - ダブルヘッダー第1試合は延長12回まで。 ナイトゲームは22:15まで(時間制限は1967年まで同じ)。 - ダブルヘッダー第1試合は延長11回まで。 - ダブルヘッダー第1試合は延長12回まで。 ナイトゲームは22:20まで。 ダブルヘッダー第1試合は延長12回まで。 ナイトゲームは原則として試合開始時刻から3時間20分を過ぎて次のイニングに入らない。 ただし、以下の規定がある(時間制限は1973年まで同じ)。 1 :19:00以降開始の場合は経過時間に関わらず22:20を過ぎて次のイニングに入らない。 2 :9回を満たさずに時間制限が来た場合であっても、9回までは必ず試合する。 - ダブルヘッダー第1試合は、延長11回まで。 - ダブルヘッダー第1試合については9回まで(回数制限は1987年まで同じ)。 その他の試合(ダブルヘッダー第2試合含む)は試合開始から3時間を過ぎて次のイニングに入らない。 ただし、以下の規定がある。 1 :19:00以降は経過時間にかかわらず22:00を過ぎて次のイニングに入らない。 2 :9回を満たさずに時間制限が来た場合であっても、9回までは必ず試合する。 - ダブルヘッダー第1試合以外は、開始時刻に関わらず試合開始から3時間20分を過ぎて次のイニングに入らない。 ただし、9回を満たさずに時間制限が来た場合であっても、9回までは必ず試合する。 - 延長12回まで、時間制限なし。 ただし、ダブルヘッダー第1試合については9回までで打ち切り。 - 延長15回まで、時間制限なし。 引き分けの場合は再試合(降雨コールド時も含む)。 - 延長12回まで、時間制限なし。 - 延長12回まで。 ただし、に伴う節電対策として以下の規定がある。 1 :試合開始から3時間30分(雨天等による中断時間も含む)が経過した場合は次のイニングに入らない。 2 :9回を満たさずに時間制限が来た場合であっても、9回までは必ず試合する。 - 延長12回まで、時間制限なし。 延長10回まで、時間制限なし。 順位の決め方 [ ]• 2000年以前は勝率順で決めており、勝率が同率でシーズンが終了した場合のみ、プレーオフで優勝を決めることとなっていた。 2001年は例外的に勝ち星の多い順で順位を決定していた。 ただし、勝ち星1位と勝率1位のチームが異なった場合は3戦2勝制のプレーオフを行い優勝を決定する。 2002年からは再び勝率順に変更された。 ただし、勝率3位以内に勝ち星1位のチームが別にいた場合、3戦2勝制のプレーオフで優勝を決定する。 この制度は2006年まで続いた。 2007年からはクライマックスシリーズの導入により、以下の制度となった(クライマックスシリーズの結果にかかわらず、レギュラーシーズンの順位がリーグ確定順位となる)。 レギュラーシーズンの勝率• 1が同率の場合、勝利数の多いチームが上位• 2も同じ場合、当該球団間の直接対戦で勝率が高い順• プレーオフ制度についての詳細はの項参照。 年度別順位 [ ]• 背景桃色は日本シリーズ制覇。 2006年までは優勝チームが日本シリーズに出場。 導入後の2007年以降の日本シリーズ出場チームは 太字で示す。 2020年現在、ととが21世紀に制覇を経験していない。 は(1936秋)(1989)(2019)全ての3元号で最初の年にセントラル・リーグを優勝している。 1位の球団でを敗退した経験がある球団はとである。 2位と3位の球団でクライマックスシリーズを突破した経験がある球団はととである。 球団 優勝年 回数 巨人 1951 1952 1953 1955 1956 1957 1958 1959 1961 1963 1965 1966 1967 1968 1969 1970 1971 1972 1973 1976 1977 1981 1983 1987 1989 1990 1994 1996 2000 2002 2007 2008 2009 2012 2013 2014 2019 37回 広島 1975 1979 1980 1984 1986 1991 2016 2017 2018 9回 中日 1954 1974 1982 1988 1999 2004 2006 2010 2011 9回 ヤクルト 1978 1992 1993 1995 1997 2001 2015 7回 阪神 1962 1964 1985 2003 2005 5回 DeNA 1960 1998 2回• 太文字は日本一。 斜文字はクライマックスシリーズ敗退。 各球団監督 [ ] 歴代監督については「」を参照 セントラル・リーグ 代 監督 チーム 生年月日(年齢) 就任日(日数) 監督 回数 監督 通算 17 1958-07-22 (61歳) 2018年10月23日- 615日 3 1年目 34 1968-12-06 (51歳) 2018年10月18日- 620日 1 1年目 37 1965-12-04 (54歳) 2018年10月15日- 623日 1 1年目 29 1974-10-03 (45歳) 2015年10月19日- 1715日 1 5年目 19 1967-08-26 (52歳) 2019年10月7日- 266日 1 0年目 24 1968-11-25 (51歳) 2019年10月1日- 272日 1 0年目 歴代リーグ代表者 [ ] リーグ会長 [ ]• 初代:( - /副社長兼編集主幹)• 2代目:( - /元)• 3代目:(1952年 - )• 4代目:(1984年 - /元)• 5代目:(1998年 - /経済評論家、元長官)• 6代目:(2001年 - 2008年/元事務次官、元総裁)【リーグ会長職廃止により退任】 リーグ運営部長 [ ]• 初代:大越英雄( - ) 脚注 [ ] [] 注釈 [ ].

次の

年度別優勝球団(セ・リーグ)

セリーグ 優勝 ライン 2019

残り試合も少ないので、1試合の勝ち負けが非常に大きな意味を持ち、とても重要になってきます。 その後、ジャイアンツ、カープ、ベイスターズの三つ巴となりましたが、ジャイアンツが混戦を抜け出しマジックを点灯させました。 やはり原監督は名将ですね。 見事に5年ぶりのリーグ優勝を果たしました! ベイスターズも惜しかったですが見事に2位確定。 そして3位争いはカープとタイガースの一騎打ち! 果たしてどうなるのか・・・ そこで今回はプロ野球2019セ・リーグの・・・ 「CSクリンチナンバー一覧(マジック)」 「最短(最速)CS決定日」 「CS出場ライン」 などをまとめてみました! CS争いをしている球団のファンの方は、今どんな状況なのか、CS出場ラインはどのくらいなのか、狙えそうなのか、など気になると思いますので参考になればと思います。 Ads by Google 目次• クライマックスシリーズ(CS)とは? クライマックスシリーズ(CS)とは、プロ野球の各リーグ上位3チームによるポストシーズンのことで、このCSを勝ち抜けば日本シリーズへ出場となります。 まずは、リーグ2位と3位によるファーストステージが行われ、そこで勝利すれば優勝チームの待つファイナルステージへ進出。 そこで勝てば日本シリーズ進出が決定。 つまり、この制度によりリーグ優勝しなくても2位と3位のチームにも日本一のチャンスがあるということ。 なので各球団は、レギュラーシーズンで最低でもCSに出場できるAクラス(1位~3位)を目指すことになります。 セ・リーグ最新順位表 2019年シーズンのセ・リーグ最新順位表はこちらで確認。 CSクリンチナンバーとは? 次に、CSクリンチナンバー(CSマジック)とは何なのか?を簡単に説明。 クリンチナンバーとは、各順位を確定するために必要な最少の勝利数のこと。 つまりCSクリンチナンバーは、 クライマックスシリーズ出場を確定するために必要な最少の勝利数となります。 「CSマジック」とも呼ばれ(厳密にいうと違うのですが)、この数字が0になった時点でクライマックスシリーズ出場が決定するため、ほぼ同じと考えて大丈夫だと思います。 もちろんこの数字は今後の結果次第では消滅する可能性もありますし、自分のところが勝たなくても他の球団の結果次第で勝手に減る可能性もあります。 つまりその時点で日程を消化しきれておらず、最終的に4位チームがCSへ行ったり、3位チームがCSへ行けない事態となる可能性も・・・ CSクリンチナンバー&最短CS決定日 それでは本題となる、2019年セ・リーグのCSクリンチナンバー(CSマジック)一覧と、最短(最速)CS決定日を確認してみましょう。

次の