夏の終わり 寂しい。 夏の終わりが切ない理由!科学的に解明!4つの要素が関係していた!

夏の終わりはいつから?みんなが感じる夏の終わりについて

夏の終わり 寂しい

夏の終わりが寂しいのはなぜ? 夏の終わりに感じる寂しさに、これと言った理由はないのかもしれませんが、心や身体と丁寧に向き合っている人、ちょっとした変化を敏感に感じ取る人、感受性豊かな人ほど、寂しさを感じるもの。 どんなことが寂しさを引き起こすのでしょうか? 1. 疲れ 夏は暑さで体力を消耗し、常に元気な人でも疲れを感じやすいもの。 夏の終わりは、確実に日々の疲れが蓄積されている時期です。 身体の疲れは心にもダメージを与え、気持ちの不安定さを招くことがあるのです。 過ごし方 夏は花火やお祭り、夏フェス、海、山、長期休暇、その他イベントが多い季節。 浴衣でお出かけなど、気分が上がることがたくさんある時期。 お気に入りの水着を着るためにダイエットやトレーニングに励み、夏をピークに頑張ってきた人もいるはずです。 そんなイベントが段々に少なくなりアウトドアからインドアへ…。 一人でいる時間も増え、なんだか心にぽっかりと穴があいたような気分になってしまうのです。 空・空気・自然 夏と言えば入道雲や真っ青な空が特徴的。 一方涼しくなってくると、空の色も落ち着いた青に変わり、個性的な形の大きな雲はなくなります。 力強さを感じる夏の空は私たちの心にもパワーを与えてくれるもの。 対照的に、秋の空はよく言えば落ち着きがあるけれど、何となく物足りなさを感じてしまうのです。 同様に、日の入りが早くなり、夜が長くなってくると「1日があっと言う間で何もできなかった!」という儚さを感じてしまうことも。 セミの声もまた同様で、真夏に鳴くセミと夏の終わりのセミは明らかに異なるもの。 その違いからも夏が終わることを意識せずにいられなくなるのです。 自然と共存して生きる私たちは大気やとりまく環境から虫の声まで、ちょっとした変化を敏感にキャッチし、心に影響を与えているのです。 色 クローゼットの中を覗いてみてください。 明るい色を身に着けると単純に気持ちも明るくなるもの。 夏は身近なもの一つ一つが気持ちを上げる働きをしているのです。 夏も終わりに近づくにつれ、街中のディスプレイは季節を先取りし秋色に変わります。 目にするものの色彩の変化もまた、寂しさを引き起こす原因になっているのではないでしょうか? 寂しさを克服するにはどうしたらいい? 夏が大好きな人はもちろん、夏が嫌い!という人でも終わるとなると、どういうわけか寂しさを感じるもの。 過ごしやすい季節になるのはうれしいことなのに不思議なものですよね。 その寂しさを克服するためにすべきこととはどんなことでしょうか? 1. 寂しさを振り返らない もしかしたら夏と共に消えた恋愛など、リアルに寂しい想いをした人もいるかもしれません。 何か一つでも切ないことが頭にあると、次々とマイナスな感情が蘇るものです。 そこに執着することをやめ、一旦受け止めてから手放しましょう。 ズルズルと引きずるのは避けたいもの。 たとえ楽しかった思い出であっても今と比べてしまうようなら手放すべきです。 今を生きる前向きな人は誰から見ても魅力的です。 過ぎたことは振り返らず、新しい恋の準備をしましょう。 大切な人との時間を楽しむ 夏の終わりの夕暮れ時など、一人でいると特に寂しさを強く感じるもの。 ネガティブになるようなら、誰かを誘って一緒に過ごしましょう。 恋人、友達、家族など、大切な人に甘えちゃいましょう!もしかしたら相手も自分と同じように、だれかと一緒に居たいと思っているかも。 人はお互いを支え合って生きています。 他の誰かとのつながりを感じることで寂しくないと思えるものなのです。 身体を動かす 猛烈な暑さが和らいでくる夏の終わりは、身体を動かすことが楽になる時期です。 身体を動かすことは心を動かすこと。 汗と一緒に心の中のモヤモヤも流してしましましょう。 夏の間はお休みしていた外でのスポーツを再開するのもよし!身体を動かすことが苦手な人でもゆったり系のヨガやのんびり散歩なら負担なくできるはず。 身体を動かしていると、いつのまにか寂しかったことさえ、忘れてしまうものです。 また、イベントが少なくなり、寂しいと感じている人にも朗報が!スポーツのイベントは秋が本番。 これからが旬ですよ。 心が喜ぶことをする 寂しさを克服したいなら、単純に楽しいことをしましょう。 ずっとやりたかったこと、スケジュールが合わなかったことなど、イベントごとが落ち着いてきたこの時期がチャンスです。 心が喜ぶこと、心から満足できることをすれば、いつの間にか寂しさより楽しさの方が大きくなるはずです。 夏の終わりだから楽しめることだって実はたくさんあるのです。 最後に いかがでしたか?季節の移り目に寂しくなるのは、もしかしたら四季の美しさを知っている日本特有の感覚かもしれません。 春に桜が散る様を見て綺麗だけど寂しいと感じるように、夏だけでなく何かが終わる時に寂しさを感じるのはごく普通のこと。 みんな一緒です。 あふれてくる寂しさも一旦そのまま受け止めて、ハマる前にそっと逃がしてあげましょう。 ひとりでも、だれかと一緒でも、今を楽しむことが何よりです。 夏の終わりの寂しさも自分だけではないと思えば、それだけで少し楽になるのではないでしょうか? ライター/須藤玲子 2005年にホットヨガと出会い、その後様々なスタイルのヨガを経験。 会社員を経てヨガインストラクターになる。 現在は、都内を中心にフィットネスクラブ、ホットヨガ、ヨガスタジオ、オフィス出張など多くの場でレッスンを実施。 リストラティブヨガからパワーヨガまで、静と動のバランスを大切にヨガの指導を行う。 ヨガと同様にアロマを伝える活動も行なっている。 RYT200取得/フェイシャルヨガTT/骨盤底筋トレーニングヨガTT/リストラティブヨガTT/NARDアロマアドバイザー/yuica日本産精油スペシャリスト• 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。 アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。 Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。 iPhone は Apple Inc. の商標です。 iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。 Copyright C 2017 Apple Inc. All rights reserved. Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。

次の

夏の終わりが寂しいお話。

夏の終わり 寂しい

こういうのを見てへこまないように 夏が終わるのが寂しいと思ったとき、既に秋です 夏が終わるのが寂しい、そう感じた方は多いですよね。 既にその時点で秋はきています。 それはなぜなのかと言うと、気圧に問題があります。 夏というのはカンカンに照ったお日様や、何だか清清しい気分ですがそれは気圧が高いからです。 さらに、休みがあるという精神的な余裕などがありますが、特に精神面ではかなり大きいのです。 それが秋になるとどうでしょうか、上がっていた気圧は次第に下がり始めて寂しいという気分になったりもします。 もっと言うとうつ状態に世の中の人は陥るわけです。 これをこじらせてしまうと、季節性のうつ病という名前がついたりもします。 そんなこんなで、私たちには対抗できない気圧という問題があって、夏が終わるのが寂しいという気分になります。 学校に行きたくない、仕事に行きたくないと同時に感じ始めたらそれらの兆候であるということをしっかりと認識してください。 そして、その寂しい感情は誰しもあるということを心にとどめておくだけでも少し気持ちは楽になるかもしれません。 夏が終わるのが寂しい気分にならない方法があります 先ほど気圧が問題で夏の終わりが寂しいと書きました。 要するにこれらを対策する方法は気圧に勝てるように体を作るように設定してあげれば良いのです。 もし、読んでいる方が学生ならば親御さんにこの方法を教えてあげましょう。 それは、食生活をしっかりとすることです。 なんだ当たり前じゃんと思う方はもう少し読み進めてください。 単に食生活をしっかりしただけではいけません。 それで気圧のせいで夏の終わりを感じないようにするには、マグネシウムが多く含まれた食品をそのような感情になった時から生活に取り入れてください。 例えば、これが含まれる食材はひじきや豆、オクラ、イカ、シソ、エビ、イクラ、昆布などです。 これらに含まれているマグネシウムをしっかりと摂取するだけで、夏が終わるのが寂しいと体が緊張状態になっていますがそれを一気にリラックスさせてくれるような気分にさせてくれます。 1回食べただけではダメで、定期的に摂取する必要がありますし、実際に夏が終わって秋になったとしてもその食生活は継続させることが必要です。 具体的には2~3ヶ月その食生活を続けましょう。 夏の終わりを寂しくないようにすることで得られるメリット 夏の終わりに寂しいと感じるのは気圧、そして食生活を改善すれば良いということまで説明しました。 しかし、改善し終わったころにはもう完全に季節が変わっているではないかと思う方に朗報です。 これからの季節、テンションが高くなる夏に比べて、低くなるのが秋や冬です。 気圧は低いままです。 そんなとき、食事で精神が上向きになるのでいつもと違う楽しいこれからの季節を送ることが出来るかもしれません。 筆者はこの事実に気づいてから夏の終わりを感じるまでにしっかりと食生活をすることで、仕事が始まると憂鬱にならなくなったりしましたので、そういう思いをしている学生さんは是非とも試してほしいくらいなのです。 本当に夏の終わりが寂しいと心から思っている人ほど特に効果のある方法なので、今から試しやすいものを試してください。 そして、一番なってほしくないのは、これらを感じることによって感受性の豊かな人は本当に精神的に落ち込んだりすることになります。 そうなると待っているのは病院通いで、筆者にもこの感情が別の方向に進んでしまったからこそ、このような気持ちになる人が少しでも減るといいなと思って書いてみました。 少しでも夏の終わりを寂しいと感じずに楽しめるように頑張ってください。

次の

寂しい?切ない?夏の終わりを感じる瞬間とは

夏の終わり 寂しい

夏の終わりって何だか切ない気持ちになる。 特に夕方。 まだ生き残ってるセミの鳴き声と、夏の終わりに現れるヒグラシの鳴き声。 この2つの鳴き声が交じり合った、何とも言えない切ない音。 夏の終わりって昼間はまだ暑いんだけど、夕方にかけては少しだけ涼しくなる。 クッソ暑くて汗だくだった時期も終わりを迎える。 その涼しさが、何だか急に切ない感じになる。 今までウザかった夏の暑さも、夏の終わりに近づくと急に切ない。 「あ~、今年の夏も終わりか~」 「何だか、今年の夏も大したことやってないな~」 こんな風に、夏の終わりは切ない気持ちになる。 だけど、どうして夏の終わりはこうも切ない気持ちになるんだろう? 夏は毎年やってくるのに、毎年毎年、夏の終わりは切ない気持ちになる。 前世の人生で夏に何かあったのかね? それとも、人間の遺伝子的に、夏を重んじる感情が組み込まれてるのかな? 男は女好きなのが遺伝子に組み込まれてるように、日本人は夏が好きって遺伝子なのかね? ぶっちゃけさ、夏の終わりに毎年切ない気持ちになるのって、私は少し嫌だ。 夏は 何かしたくなる季節だから。 夏は イベントが多いから。 夏は風景も服装も 色が明るいから。 夏は汗をかき、 生きてる実感があるから。 夏が終わると以上のことが無くなるから。 そして、温かい季節から寒い季節へと移り変わるから。 要するに、夏ってイベントが多いし色合いも明るい物が多い。 そして、メッチャ遊んで汗もかく。 皆でワイワイ騒いで遊ぶのが夏ってイメージ。 学生だったら部活は夏こそキツイし、恋愛して青春ってイメージは夏にある。 汗かいて水浴びして、皆でハシャグのも夏で青春のイメージ。 お祭り、花火大会、海、プール、どれも夏の青春。 社会人だって、仕事が終わってビール飲むときは、夏こそ上手い。 冬に飲むビールより、夏の仕事終わりに飲むビールの方が最高でしょ! 仕事終わり、暑い中帰宅して「お疲れ~、乾杯!ゴクゴクゴク…ク~ッ!」ってイメージが夏にはある。 こういう季節の夏が終わりを迎えるから、夏の終わりは切ないんだよ。 アクティブでハシャイで、青春して疲れる夏だからこそ、その忙しい感じの夏が終わりを迎えると、寂しくもあり切ない気持ちにもなる。 スポンサーリンク 夏は何かしたくなる季節 夏って何かしたいって気持ちになる。 夏が始まる前は、「これから夏だ~」みたいな気持ちになるもの。 夏はイベントも沢山あるし、今年は遊んで恋したいって思う。 でもさ、実際には夏に特別何かするってこともないんだよね 汗 もちろん、行動力のある人は友達と遊びまくるし、旅行したり海に行ったりもするだろうけど。 行動力のない人は、夏であろうと特別何かをする訳じゃない。 実際、私も行動力は低い方だから、夏に海行かずお祭りや花火も行かないって年は多々ある。 切ない話だけどね笑 そして 、 結局は夏に何もしなかったり、まだ何もしてないのに気がついたら、日の出が短くなってきて夏が終わりを迎えることに気が付く。 「やべ、今年の夏もまだ何もしてない」ってなる笑 その後悔の念みたいなのが、夏の終わりに切ない気持ちを与えてる。 スポンサーリンク 夏はイベントが多い 単純に、夏はイベントが多い。 夏の行事は冬場よりも多い。 祭り、花火、海、フェス、暑さに身をまかせたひと夏の恋。 夏はやることが多い! 冬のイベントと言えばクリスマスと年越し、バレンタインとか? まぁ、夏に比べると冬はやること少ないよね 汗 だからこそ、夏が終わってしまうのは切ない。 夏のイベントが終わりを迎えることが切ない。 夏は風景も服装も色が明るい 夏と言えば、カラフルな色が多い。 青、白、緑。 こういった色は夏って感じがする。 青い空、広い海、まぶしい太陽、緑の葉っぱ、色とりどりな浴衣、綺麗な花火。 夏は、色的に明るいイメージが強い。 私服も明るい色が多い。 夏場に黒色の服を着てる人ってあんまりいないじゃん? サラリーマンだってワイシャツで通勤してるし、全身黒色の人って夏場は少ない。 そんな色が鮮やかな夏だからこそ、夏が始まるとワクワクした気持ちになりテンションが上がる。 そして、その夏が終わりを迎えるから切ない。 夏は汗をかき生きてる実感がある 夏は暑いから汗もかくし、1日の終わりって「ホントに今日もお疲れ様」って感じになる。 それくらい、 夏は良い意味で疲労するし、1日をやり切った感がある。 そして、1日をやり切った後のシャワーとかメッチャ気持ち良いし、シャワー浴びた後のアイスも美味しいよね~ 夏って、全力で1日をやり切る季節。 そういう全力で生活してる季節が終わるから、夏の終わりは切ない。 寒くなると汗もかかないし、冬だと変に肩がこったり疲れたりする。 冬だと1日の終わりも、気持ちよく「今日もお疲れ様」って感じになれない日が多い。 冬ってどちらかと言うと、「あ~、疲れた~、早く帰って寝よ」みたいなイメージ笑 まぁ、冬って鍋が美味しい季節だから私は好きだけどね。 でも、夏は1日1日を全力で生きてるって感じがするから、そんな夏が終わりを迎えると切ない気持ちになるんだよ。 温かい季節から寒い季節へと変わる 夏が終わりを迎えると秋が来て冬を迎える。 つまり、暑い季節から寒い季節へと移り変わっていく。 これも、夏の終わりを切ない気持ちにさせる要因の1つ。 やっと暖かくなってきて嬉しいし、新しい生活の始まり。 新生活にも慣れ、気がついたら暖かくなってる。 そして急に夏になる。 気がついたら徐々に寒くなって冬。 冬は出かけるってよりかは家でゆっくりとか、温泉で温まってゆっくりってイメージ。 つまり、活発に活動するってよりかは休憩の季節。 冬って動物も冬眠するし、何か動けなくなる季節。 寒くて体も凍えて固まり、気持ちも固まる。 夏は暑いから涼しい時間帯の夜にイベントが多かったり、アクティブなイメージが強い。 海、花火、外で運動して汗かいたら水遊びとか。 そういうアクティブな夏が終わるから切ない。 そして、アクティブな季節なのに自分は何もしてないって思うと、更に切ない気持ちになる。 そもそも、夏の夕日が切なすぎる! 夏の暑い気温とジメジメした湿度の状態で、日が沈んでいき空がオレンジ色に染まっていく光景がメチャクチャ切ない気持ちにさせる。 ただ、夏が始まったばかりだと、また明日も夏だから切ない気持ちは生まれないんだよ。 でも、夏の終わり頃だと、また明日も夏とは思えないから切ない。 もう、夏が終わりを迎えるんだって思うから切ない気持ちになる。 まとめ 夏の終わりってさ、誰しも切ない気持ちになるものだよ。 私なんて行動力がないから、せっかく夏だってのに、お祭り行ったり海行ったりしないことが多い。 で、夏が終わる頃になって「今年の夏も何もしてないな…」とか思って切ない気持ちになる笑 で、夏の終わりにこんな切ない気持ちになるのは、以下の理由があるから。 夏は 何かしたくなる季節だから。 夏は イベントが多いから。 夏は風景も服装も 色が明るいから。 夏は汗をかき、 生きてる実感があるから。 夏が終わると以上のことが無くなるから。 そして、温かい季節から寒い季節へと移り変わるから。 基本的に、夏がメッチャ嫌いな人以外は、夏の終わりって切ない気持ちになる。 特に、日が沈んでいく夕日なんて、最高に切ない。 夏の終わり頃の夕日はヤバイよね 汗 私の兄は、夏がメチャクチャ嫌いで暑いのが無理って人だから、夏が終わる頃は嬉しそうだったけど。 普通は、夏の終わりって切ない気持ちになるよね。 きっと、私は今年の夏終わりも切ない気持ちになるんだろうな笑.

次の