ヘルペス 薬 市販。 口唇ヘルペスの市販薬軟膏は性器ヘルペスにも有効?

口唇ヘルペスの軟膏 市販薬でおすすめは?いつまで塗るの?

ヘルペス 薬 市販

帯状疱疹はヘルペスウィルスの一種である「水痘・帯状疱疹ウィルス」によって引き起こされます。 体の片側に現れる湿疹や水疱、痒み、痛み、発熱が主な症状です。 そのため、帯状疱疹に罹って病院に行くと痛み止めと、痒み止めの他に「抗ヘルペスウィルス薬」が処方されます。 帯状疱疹の原因となる水痘・帯状疱疹ウィルスは、子供のころに水疱瘡として感染し、大人になっても神経節という場所にウィルスが残っています。 そして免疫力が低下したとき、この残ったウィルスが増殖し活動するため、帯状の疱疹となります。 病院で処方される抗ヘルペスウィルス薬にはこのウィルスの増殖を抑える効果があります。 抗ヘルペスウィルス薬は処方箋が必要な薬である上、同等の効果を持つ薬は市販されていません。 よって、帯状疱疹に効果のある市販薬はありません。 ですが、 痛みや痒みなどの症状については市販薬を用いて緩和することができます。 痛みに対しては「ロキソニン」が使用できます。 鎮痛剤には胃腸に負担のかかるものが多いので、胃腸薬と一緒に服用するようにしましょう。 ロキソニンも例外ではありません。 「アセトアミノフェン」は胃腸障害などの副作用が少なく小児でも使用することができるとされています。 痒み止めについてはたくさんの市販薬がありますが、帯状疱疹の痒みに使用するには選択が難しいです。 例えば「ムヒ」はご家庭に常備している方も多いと思いますが、帯状疱疹への使用は避けてください。 帯状疱疹では患部は温めて血行を良くすることで痛みが和らぐと言われています。 ムヒは患部を冷やしてしまうため、帯状疱疹に対する痒み止めとしては適切ではありません。 ステロイドを含有している痒み止めも数多く市販されていますが、ステロイドも帯状疱疹の痒みに対しては適していません。 ステロイドは炎症を抑える効果の他に、免疫を抑制する効果を持っています。 帯状疱疹では抗ウィルス薬を服用し、免疫力を高めるような生活をして治療します。 そのため、免疫を抑える効果を持つステロイド剤を使用するとかえって症状が悪化してしまう場合があります。 痒み止めを使用する際はステロイドを含まない薬を選択しましょう。 このように帯状疱疹に直接効果を発揮する薬は、処方箋がないと手に入りません。 また、帯状疱疹は放っておくと発疹が水疱や潰瘍になり重症化してしまうことがあります。 抗ヘルペスウィルス薬は早めに服用を開始することで、1週間前後で治り、発疹の痕を残さずきれいに治癒しやすくなります。 可能な限り早めに病院に行きましょう。

次の

口唇ヘルペスの市販薬でおすすめ!効果的な使い方

ヘルペス 薬 市販

口唇ヘルペスは 単純ヘルペスウイルスに感染することによって引き起こされる病気です。 唇の周りに水疱(水ぶくれ)ができるのが特徴で、痛みをともないます。 単純ヘルペスウイルスは一度感染すると症状が良くなった後も神経細胞に住み着きます。 疲労やストレスで抵抗力が落ちるとウイルスが活発に活動し始め、再発を何度も繰り返す場合があります。 口唇ヘルペスは市販薬で治療が可能 口唇ヘルペスは市販薬での治療が可能ですが、それは過去に病院で口唇ヘルペスの診断を受けた方に限ります。 口唇ヘルペスの市販薬を使用できるのは 再発の場合のみです。 初めて口唇ヘルペスらしき症状が出たという方は、まずは病院へ行き、医師の診察を受けるようにしましょう。 口唇ヘルペスにステロイドの使用は厳禁 口唇ヘルペスに効果があるのは 抗ウイルス成分が配合された治療薬です。 ステロイドにはウイルスを殺菌する効果はないため、口唇ヘルペスにステロイドを使用しても効果はありません。 むしろ症状が悪化する危険性もあるため、口唇ヘルペスにステロイドは使用しないようにしましょう。 口唇ヘルペスは唇の周りに水疱ができるのが特徴ですが、約半数の方が水疱ができる前に前兆症状を感じるようです。 前兆症状 水疱が出てくる前に口の周りにピリピリ・チクチクといった違和感を感じます。 そのほかにもかゆみやむずがゆさ、痛みなどの自覚症状が現れます。 この段階から薬の使用を始めると、症状を軽くおさえることができます。 赤みや腫れが出る 前兆症状が出てから約半日以内に患部が赤く腫れてきます。 水ぶくれができる 1〜3日後には赤く腫れた部位に水ぶくれができます。 初感染時は大きな水ぶくれができることが多いですが、再発を繰り返すと水ぶくれは小さくなっていきます。 水ぶくれの中にはウイルスが沢山詰まっているため、破かないように注意してください。 かさぶたになる 1〜2週間経つと水ぶくれが乾き、かさぶたになります。 この状態になれば、薬の使用を終了しても問題ありません。 口唇ヘルペスの市販薬には主に軟膏タイプとクリームタイプの薬があります。 メリット デメリット 軟膏 ・患部を保護する機能が高い ・刺激が少ない ・べとつく クリーム ・伸びがよく塗り広げやすい ・べとつかない ・軟膏に比べると取れやすい 軟膏は薬が患部にとどまる性質が強いため、患部を保護することに優れた剤形になっています。 食べたり飲んだりした時に患部への刺激が少なくなることもメリットです。 ただし、使用感が若干べとつくため、苦手な方はクリームタイプがおすすめです。 クリームタイプは伸びが良いため、薬を塗り広げやすく、べとつかないことが特徴です。 使用感を重視する方はクリームタイプ、患部を強く保護したい方は軟膏タイプを選ぶと良いでしょう。 成分に違いはある? 口唇ヘルペスの市販薬にはアクシロビルやビダラビンといった、ヘルペスウイルスに直接作用する抗ウイルス成分が配合されています。 それぞれの成分に大きな違いはなく、どちらか一方の有意性が高い、といったこともありません。 軟膏タイプ・クリームタイプの口唇ヘルペス用市販薬をご紹介します。 成分の有効性における差はないので、各剤形の特性からご自身に合った製品を選びましょう。 ミナカラ薬局は第一類医薬品の購入が簡単 ネット通販で第一類医薬品を購入する場合、通常は質問に答えた後、薬剤師から送られてくるメールを再度お客様が確認し、承諾をする作業が必要となりますが、ミナカラ薬局の場合は問診項目に答えるだけで第一類医薬品を購入することが可能です。 もちろん、お客様側で薬剤師に質問をしたい場合は問診に引き続き薬剤師とのやり取りが可能です。 問診項目に不備があったり、質問が発生する場合はミナカラ薬局から再度ご連絡をさせて頂きます。 クリームタイプの薬なので、塗り広げやすく、ベタつかない使用感です。 口唇ヘルペスは再発しやすい病気です。 再発を予防するためにも日常生活において次のことに注意しましょう。 睡眠を沢山取る 口唇ヘルペスは疲労で抵抗力が弱まると再発するリスクが高くなります。 毎日しっかりと睡眠を取り、規則正しい生活を心がけてください。 ストレスをためない 口唇ヘルペスはストレスも再発の原因となります。 難しいかもしれませんが、なるべくストレスを感じる環境を避けること、またストレスを解消する方法を自分なりに見つけておくと良いでしょう。 強い紫外線を避ける 強い紫外線は皮膚の抵抗力を下げるため、夏のレジャーの後に口唇ヘルペスを再発することがあります。 UV効果のあるリップを塗るなどして、紫外線を避けるようにしましょう。 生理前は要注意 女性は生理前になるとホルモンバランスの乱れによって、口唇ヘルペスを再発するリスクが高くなります。 生理前はいつも以上に生活習慣等に気を配るようにしてください。

次の

口唇ヘルペスにおすすめの市販薬4選!購入方法と塗り方のポイントも紹介

ヘルペス 薬 市販

抗ウイルス成分である、アシクロビルが配合されたクリーム。 一応、軟膏>クリームという評価をつけました。 ですが、アラセナも、アクチビアもヘルペシアも成分が同じなので大した差はないと思います。 インターネット上では、アクチビアが人気のようですが、個人的には病院で処方されたのと似たような感じの、アラセナが良かったので、おすすめにしました。 何度も口唇ヘルペスにかかっている私にとっては、市販薬にしろ、病院でもらった薬にしろ、軟膏やクリームで治る期間は 「患部の症状」によって治りには「個人差」があります。 じつは口唇ヘルペスが、水泡ができていないブツブツができていない時、経験上クリームを塗れば比較的早く治りやすいとされています。 そういった人が、上記の市販薬を使ったとき、2~3日で治ったかもしれません。 ですが、すでに水泡ができてブツブツが悪化している場合だと、市販薬の軟膏やクリームを塗っても、2~3日では治らない場合が高いです。 即効性はないということにもなります。 最低でも1週間以上はクリームを塗っても治すのには目安として必要です。 口唇ヘルペスは自然治癒でも治る 本来、口唇ヘルペスは自然治癒されます。 ですが、自然治癒は2~3週間ほどの時間が治るにはかかります。 軟膏やクリームは悪化してしまった場合は、塗ってら治るのが少しばかし早くなるという感じで、軟膏やクリームを塗ったからと言って、 初期症状以外は、すぐに治るという訳ではないのでご注意ください。 そのため、「口唇ヘルペスの患部の症状」で治る日数は違うので、あくまでも薬剤師さんに相談するのがおすすめです。 再販して初めて市販薬を買いたい場合は、一度薬剤師さんに相談した方が安心かもしれません。 あくまでもおすすめの市販薬といっても、各市販薬は個人差もあるので、参考にしてみて下さい。 口唇ヘルペスを早く治すコツ 口唇ヘルペスを市販薬で早く治すコツは、なんといっても初期症状の「 早期発見」です。 あまりヘルペスになったことがない人はわからないかもしれませんが、初期症状は口唇の違和感があります。 ピリピリするなどはわかりやすいのですが、何にも変化がない人もいます。 そういう人は、何かできそう?とか、ついつい下でペロッと舐めてしまうところ。 こういう時の初期症状に市販薬を塗ると、比較的早く治ります。 悪化すると市販薬を塗っても治りにくいので、違和感があったら、念のためにつけてみるといいかもしれません。 3~5回程度が目安です。 1回だけだと、食事などでとれてしまう場合があるからです。 舐めたら危険っぽそうですが、気になって舐めてしまてっても特に体に害はないので安心です。 ですが、市販薬を塗った後は触ると付けたクリームや軟膏が取れてしまうので、できるだけ触らないように注意してみて下さいね。 市販薬を塗ったら安静にする 口唇ヘルペスは、免疫力の低下で発症することがほとんどです。 なので、身体は疲れています。 市販の軟膏やクリームを塗ったからと言って大丈夫でなく、できるかぎり早く寝たり、体を安静にして休ませて、バランスの良い栄養を摂るようにしてみて下さい。 無理は禁物です。 ヘルペスウイルスは、ウイルスが細胞の中に隠れているのでなくなるということはなく、再発したり、無理をするとヘルペスの部分が大きくなったりして悪化します。 なので、市販薬を塗りつつ、身体を大切にすることで、少しだけ口唇ヘルペスの治りが違ってくると思います。 【関連記事】 ・ ・ ・ ・.

次の