エクセル 百万。 【2つの方法を使い分ける】エクセルで、千円単位・百万円単位で表示する

グラフの数値軸の表示単位を「千」「百万」などに変える

エクセル 百万

軸ラベルで単位を表示する方法 縦軸や、横軸には、単位を付けていないと何の数値か分からない場合が多くあります。 縦の軸に単位を付けたい場合は、[縦軸ラベル]を表示します。 これで「縦軸ラベル」が表示されます。 最初の設定だと、文字が横向きになっています。 すると、右側に[軸ラベルの書式設定]作業ウィンドウが表示されます。 [サイズとプロパティ]の中の [文字列の方向]の場所をクリックして、 一覧から、 [縦書き]を選択。 これでラベルが縦書き表示になります。 あとは、 中の文字を適切な単位に入力し直せばOKです。 最初のグラフの縦軸のラベルに「単位 個」、横軸のラベルも表示して「商品名」と入力してみました。 最初よりは分かり易いグラフになったのではないでしょうか。 また、このラベルは移動することもできます。 ラベルの枠にマウスを重ねて、矢印十字に変ったところで、 移動したい場所まで引っ張ります。 移動できました。 軸の数値を百や万単位に変更する方法 下のように数字が大きい表をグラフにすると、 どうしてもグラフが恰好悪くなります。 目盛りの数字が場所をとりすぎですね。 では、数字を億単位に変更してみましょう。 まず作業ウィンドウを表示します。 画面右側に[軸の書式設定]作業ウィンドウが表示されます。 その作業ウィンドウで、 [表示単位]の場所をクリックして設定を変更します。 「百~兆」まで選ぶことができますが、今回は [億]を選んでみます。 下のように表示が変更されます。 「0」が少なくなったのでスッキリして、見やすくなりましたね。 単位を変更すると 自動的に縦軸ラベルが表示されます。 ラベルを縦書きにするには、先ほど説明した方法を使用しましょう。 画面右の作業ウィンドウで、[サイズとプロパティ]の中の [文字列の方向]の場所をクリックして、 一覧から、 [縦書き]を選択です。 ラベルの文字を「億円」にして、縦書きに変更後、上に移動したものが下の画像です。 まとめ 作成者は、表やグラフの内容を理解して作っているため、ついつい単位を付けるのを忘れがち。 グラフは誰かに見せるもの。 少しでも分かり易く、一目で理解できるグラフを作りたいですね。

次の

Excel(エクセル)でのグラフの作り方⑥|単位を表示して、「人」「円」「mm」などに変更する方法

エクセル 百万

この記事の目次• ROUNDDOWN関数で1000円未満を切り捨てる方法 それでは始めていきましょう! 1000円未満を切り捨てた数値を表示するセルをクリックして選ぶ まずは 1000円未満を切り捨てた 数値を表示するセルをクリックして 選んでください。 「数式」タブをクリックして選ぶ 1000円未満を切り捨てた数値を 表示するセルを選んだら、 「数式」タブを クリックして選びます。 その表示された関数メニューの中から 「ROUNDDOWN」をクリックして 選んでください。 「数値」欄の入力ボックスをクリックして選ぶ 「ROUNDDOWN」を選んだら 「関数の引数」ダイアログが表示 されます。 「関数の引数」ダイアログが表示されたら 「数値」欄の入力ボックスをクリックして 選びます。 1000円未満を切り捨てたいセルをクリックして選ぶ 「数値」欄の入力ボックスを選んだら 1000円未満を切り捨てたいセルを クリックして選びましょう。 「桁数」欄の入力ボックスに「-3」を入力する 1000円未満を切り捨てたいセルを 選んだらダイアログにある「桁数」欄の 入力ボックスに 「-3」を入力してください。 「関数の引数」ダイアログの「OK」ボタンをクリックして終了! 「桁数」欄の入力ボックスに「-3」を 入力したら「関数の引数」ダイアログの 「OK」ボタンをクリックして選びます。 そうすると、1000円未満を 切り捨てることができます。 まとめ• 1000円未満を切り捨てた数値を表示するセルをクリックして選ぶ• 「数式」タブをクリックして選ぶ• メニューから「ROUNDDOWN」をクリックして選ぶ• 「数値」欄の入力ボックスをクリックして選ぶ• 1000円未満を切り捨てたいセルをクリックして選ぶ• 「桁数」欄の入力ボックスに「-3」を入力する• 「関数の引数」ダイアログの「OK」ボタンをクリックして終了! お疲れ様でした。 1000円未満を切り捨てることは できましたでしょうか? ROUNDDOWN関数を使えば 1000円未満を切り捨てることが できるので活用していきましょう。 あなたの作業が、つまづくことなく 進められることを心より応援しております。

次の

単位を千円や百万円にして、それ未満の桁を省略する【Excel・エクセル】

エクセル 百万

対象となる数値に合わせて変える必要がある 億万円表示は、表示形式の設定を利用することでカンタンに設定できます。 しかし、注意すべきことがあります。 それは、 対象となる数値に合わせて設定を変えなければならないということです。 下の図をご覧ください。 この図では、A列の数値をB列に 同じ表示形式の設定で億万円表示にしているものです。 A2セルの1234567890(12億3456万7890円)では問題がありませんが、 A3セルの123456(12万3456円)やA4セルの1234(1234円)の場合は表示がおかしくなっています。 A3セルの123456(12万3456円)の場合は、億までいかないので「億」は表示される必要がありませんが、「 億12万3456円」という風になってしまっています。 これを解消するために、それぞれの 数値の大きさ(桁数)に合わせて表示形式を設定しなおしてあげなければいけません。 今回のA3セルの場合、表示形式は「 万 円」となり、A4セルの場合は「 円」という風になります。 数値の大きさ(桁数) 表示の種類 千の位(4桁)まで 円 千万の位(8桁)まで 万 円 千億の位(12桁)まで 億 万 円 千兆の位(16桁)まで 兆 億 万 円 こんなときはためセナイ・・・ キリのいい数値 例えば、10000=1万円や100000000=1億円のようにキリのいい数値のときはきちんと表示することができません。 この場合は、10000は1万0000円、100000000は1億0000万0000円という風に表示され、0000万や0000円という部分が出てきてしまいます。 桁が飛んでいる数値 10001(1万1円)や100000001(1億1円)のように数値の桁が大きく飛んでいるときもきちんと表示することができません。 この場合は、10001は1万0001円、100000001は1億0000万0001円という風に表示され、0000や0001という部分が出てきてしまいます。 対応策 このように、キリがいい数値や桁が飛んでしまう数値を億万円表示にするときは、設定を見直すか、次の方法をタメすといいでしょう。

次の