スラアク 立ち回り。 【MHW】【スラアク】クラッチ解放突きが出来ないんだけど理由分かる? →ワールドの頃から使ってたのにイヴェ12分もかかる…

【MHWアイスボーン】スラアクの立ち回りと操作方法【モンハンワールド】|ゲームエイト

スラアク 立ち回り

モンハン4Gをプレイしていたときもそうだったけど、ワールドを始めた当初もスラッシュアックスとチャージアックスが混同してしまい、どちらがどっち状態でした。 その頃からガードが出来る方がチャージアックス、ガードが出来ないのがスラッシュアックスみたいな覚え方をしていました。 ワールドの頃はチャージアックスが猛威を振るっていて、スラッシュアックスは趣味武器だなんて言われていた記憶があります。 そんなスラッシュアックス、スラアクはアイスボーンで急にスポットライトを浴びることになった。 それはクラッチとゼロ距離属性解放突きがお手軽に火力が出せるようになったから。 転身や不動の装衣を使用中は無理やりにでも弱点に張り付いて、ダメージを与え続ける。 アイスボーンで動きが早くなったり、動き回るモンスターに対しても、すまし顔で立ち回れることも脚光を浴びた要因になっているのだろうと思う。 反対にチャージアックスはアイスボーンで大人しくなってしまった感がある。 スラアクはどんな武器? 基本は移動が速い斧モード、そして移動は遅いが剣モードに変形させて戦うことができる。 そしてスラアクにはスラッシュゲージというものが存在している。 このゲージが十分に溜まっていれば剣に変形することができ、このゲージは時間経過で溜まっていくようになっている。 斧モード時は斧強化状態にすることができ、この状態は斧が赤く光り、斧による攻撃で怯ませやすくなり、部位破壊しやすくなるもよう。 剣モードは攻撃に心眼がデフォルトでついているので、攻撃が弾かれることが無い。 ただし、剣モードでは攻撃の度にスラッシュゲージを消費するようになっており、ゲージが無くなると強制的に斧モードになる。 その際、隙だらけになるので注意が必要になる。 もう1つ注意点があり、スラッシュゲージが3割以下の状態で剣モードに移行しようとすると、リロードすることになり、隙だらけになってしまう。 ビンの効果が付与されるのは剣モードでの攻撃時であり、剣モードで攻撃を与えていくとビンの出力が増した高出力状態になる。 追撃ダメージが追加されるこの状態は、結構病みつきになるほど気持ちよかったりする。 (私だけ?) 高出力状態ではゼロ距離解放突きと呼ばれる、モンスターに張り付いて攻撃できるようになる。 スラアクの立ち回り 実際スラアクを触って間もない私ですが、立ち回り方は大きく分けて2パターンある感じです 1つは素早く高出力状態に覚醒させて、クラッチで張り付いてゼロ距離解放突きをどんどん狙っていくパターン。 ゼロ距離解放突きは切れ味を消費せず、モンスターの弱点にガンガンダメージを与えられるので強力。 回復カスタム、転身・不動の装衣と相性が凄まじく良いが、飽きやすい(私だけ?) 転身・不動の装衣を使用中は動き回るモンスターをもろともしないのが魅力なので、整備スキル5は欲しいところ。 そしてもう1つは斧・剣モードをメインにする立ち回り。 変形切りや斧強化の叩きつけ、高出力状態からのラッシュなど、使っていて気持ちよくなれるしカッコいい。 前転してからの変形切りや下がりながらの変形切りなど、奥が深い立ち回りができる。 剣から斧への変形切りにはゲージを回復させる効果があったり、斧による切り下がりは機動力があったりするので、個性が出る。 モンスターダウン時には斧ブンブンから、復帰に合わせて叩きつけを狙ったり、モンスターダウン時にはひたすら剣攻撃で、復帰したら装衣を着てゼロ距離解放突きを狙ったりと多様性がある。 スラアクに必要なスキル 攻撃や達人、弱点特攻やマルチ用の怯み軽減に関しては他近接と同じ。 整備5、体力増強3、精霊の加護5、弱点特攻3、耳栓1、超会心3、見切り、強化持続3が基本になるのかな そのうえで回避距離や回避性能など入れ替えたりを好みでするといいかも ちなみにゲージの回復と覚醒を早める集中を入れる場合は、集中3まで盛るよりも集中2で十分だ。 理由としては3と2では効果に大差がないから。 個人的にはそれよりも他に優先するスキルが多いので、集中はあればいいなくらいの立ち位置。 そしてゼロ距離解放突きにはデフォルトで耳栓4が付いた状態なので、耳栓1があればゼロ距離解放突き中は耳栓5になり、咆哮による中断がなくなるので耳栓1は是非とも採用したいところ。

次の

【MHXX】スラッシュアックスと相性のいいスタイルは? ~スラッシュアックスにおける各スタイルの特徴~

スラアク 立ち回り

スラッシュアックスの特徴 スラッシュアックスの長所• 斧・剣の2つのモードが使える• 斧モードは機動力がありリーチが長い• 剣モードは攻撃速度が早く火力が高い• ビンで攻撃強化や効果付与できる スラッシュアックスの短所• ゲージ管理が必要• 納刀動作がやや遅い• ガードできない• リーチの長い攻撃を行える斧モードと、 ゲージを消費して火力を出せる剣モード この2つを駆使して狩猟するのが特徴の武器です。 斧モードでゲージを溜め、 ゲージが溜まったら剣モードに移行して 火力を出していくのが基本となります。 剣モードでは攻撃時にスラッシュゲージを消費し、 武器毎に付いているビンの効果を発揮できます。 また、剣モードは弾かれず攻撃を加えていくと 覚醒状態に移行できます。 覚醒状態で火力UP 剣モードでモンスターに攻撃を当てていくことで、 「覚醒ゲージ」が溜まっていき、 ゲージがMAXになると覚醒状態に移行します。 覚醒状態になると刀身の色が変化し、 剣モードで攻撃した際に属性追加ダメージが入るようになり、 さらに『属性解放突き』が使えるようになります。 新アクション『飛天連撃』を当てることができれば、 大幅に「覚醒ゲージ」を溜めることができます。 属性解放突きはコンボの締めで使おう 覚醒状態で使える『属性解放突き』ですが、 この技はフィニッシュを当てられなければ 最大火力を出すことができません。 モンスターに大きな隙が生じたときに使用しましょう。 , LTD. All Rights Reserved. , LTD. ALL RIGHTS RESERVED. All rights reserved.

次の

【MHW】モンハンワールド攻略 スラアクが強い? 覚醒張り付き属性解放や基本コンボ

スラアク 立ち回り

この記事では、スラッシュアックスの特徴や立ち回り方について書いていきます。 モンハンダブルクロスではスタイルによって同じ武器でも戦い方が少し違ってきますが、ここではどのスタイルでも共通して言えるスラッシュアックスの基本をまとめます。 スラッシュアックスは斧モードと剣モードを変形させながら戦っていく武器で、複雑な操作を必要とします。 また、抜刀・納刀に時間がかかり、抜刀時の移動速度も遅く、ガードもできないので、生存能力は低い武器です。 全14種の武器の中では結構癖の強めの武器ですが、ラッシュ能力は全武器中でもトップクラスで、ダウンをとった時など、モンスターが大きな隙を見せたときに叩き込むダメージは相当のものです。 生存能力や使いやすさよりも、火力の高い武器がとにかく好きだという方にはおすすめの武器です。 【1】特徴 ・斧モードと剣モードの2種類のモードを変形させながら戦うため、操作が複雑。 ・抜刀時の移動速度が遅い(特に剣モード)。 ・斧モードで溜めたスラッシュゲージを使って、剣モードによる攻撃が可能。 ・斧モードの斧振り回しや剣モードの縦斬り連打など、2モードとも高火力を出せる連続攻撃が出せる。 ・ガードができないため、モンスターからのハメ攻撃に弱い。 ・武器についているビンの種類によって、剣モードの性能が変わる。 【2】ビンについて チャージアックス同様、スラッシュアックスには武器ごとについているビンが決まっていて、ビンによって剣モードでの攻撃にかかる効果が変わってきます。 〇ビンによる効果 ・強撃ビン:剣モードの攻撃力1.2倍 ・強属性ビン:剣モードの属性値、状態異常蓄積値1.25倍 ・滅龍ビン:剣モードの攻撃に龍属性が付与される ・毒ビン:剣モードの攻撃に毒属性が付与される ・麻痺ビン:剣モードの攻撃に麻痺属性が付与される ・減気ビン:剣モードの攻撃にスタミナダメージが付与される 6種類ものビンがありますが、基本的に使用するスラッシュアックスは強撃ビンか強属性ビンの武器にするのがいいです。 スラッシュアックスは手数・ヒット数が多い武器のため、強撃ビンの1.2倍の攻撃力アップ効果は非常に大きいです。 基本的にはじかれることなく、普通に物理攻撃が通る肉質の相手には強撃ビンが最も効率よくダメージを稼ぐことができます。 はじかれる場所が多いなど、肉質の硬いモンスターには、強属性ビンの方がダメージが多くとおります。 属性攻撃強化のスキルなんかと合わせれてモンスターの弱点属性武器で攻撃すれば、こちらも相当な火力になります。 この2種類のビンによる火力と比較すると、他のビンの性能はちょっと物足りない感じです。 【3】基本的な立ち回り モンハンダブルクロスでは、狩技やスタイルの仕様によって剣モードの方が火力が上がりやすい調整になっているので、基本的には斧モードの攻撃でスラッシュゲージを溜め、溜まったゲージで剣モードの攻撃を加えていく戦い方になります。 ここだけ聞くとチャージアックスを斧モードと剣モードの役割を逆にしただけに見えますが、スラッシュアックスは斧モードでも十分な火力を持っているのが特徴です。 斧モードのままでも斧振り回し攻撃によって大ダメージを与えることが可能なので、モンスターが転倒したり、スタンしたりして大きな隙を見せたら、今の自分のモードで最もダメージを稼げる定点コンボを出せば、どちらのモードでも大きなダメージを与えることができます。 もちろん、剣モードの方が大ダメージにはしやすいので、斧モードでの攻撃などでスラッシュゲージが溜まったら、剣モードでの攻撃をまずは狙うようにしましょう。 属性解放突きはモンスターの大きな隙に連撃を加えた後の最後の締めとして使っていくのがおすすめです。 【4】マルチプレイでの注意点 マルチプレイでは、特に斧モードの時に味方に迷惑をかけてしまうことが多いです。 斧モードには味方を上空に飛ばしてしまう斬り上げ、横に広範囲で攻撃して味方をこけさせてしまう振り回しなぎ払いフィニッシュがあるので、それらが味方の攻撃ペースを乱すことに繋がってしまう場合があります。 剣モードでは味方を邪魔するほど範囲の広い攻撃はないので、斧モードほど気を使って戦う必要はないのですが、属性解放突きが味方に当たってしまうと大きく吹き飛ばしてしまいます。 剣モードでは、属性解放突きをする際に周囲の状況を掴んで攻撃するようにしましょう。 上記の注意点を除けば、マルチプレイでは味方がサポートしてくれた大きな隙に強力なラッシュを加えていく、パーティの重要なダメージソースとして狩りに大きく貢献できることでしょう。 以上、スラッシュアックスの特徴と基本的な立ち回り方についての内容でした。 変形をまり混ぜながら戦い、テンポよく変形して2つのモードを自在に操ることができるかがこの武器を使いこなす際の決め手です。 2つのモードへの変形は R を押すだけでできますが、これを使って変形する場面は本当にごくわずかです。 基本的には連携の中に変形斬りを織り交ぜ、ダメージを与えつつスムーズに変形するようにしましょう。 ちょっと慣れるまではわけわからない武器ですが、使いながら少しずつ操作になれていけば、単調な戦いになりにくく、使っていて楽しい武器になります。 火力も高いので、私も結構好きな武器です。 カテゴリー• 344• 105• 8 アーカイブ•

次の