ささみ 筋 取り方。 ささみのコンソメオイル蒸し*日持ちします(簡単な筋の取り方)

【みんなが作ってる】 ささみ 筋の取り方のレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

ささみ 筋 取り方

まずは、筋の先端部分(1cm位)に包丁で切れ目をいれ、筋の先を指でつまみやすくします。 筋にそって切り込みを入れました。 ここはただ取りやすくするだけなので、深く考えずにできました。 筋の切れ目を入れた部分を親指と人差し指でつまみ、ささ身の筋の下側(内側)部分にそって包丁の先を入れていきます。 あまり深く入れすぎると裂けてしまうので、包丁の先5mmくらいを使って、筋に包丁をあてるように切れ目をいれます。 「下側 内側 ってどこから見て何のことを言っているんだ」とモヤモヤしながら、筋の下のラインと思われる方に切り込みを入れていきます。 白い筋が表面に出ているものはやりやすいんですが、出ていないものは筋をなぞって勘で切り込みを入れるのが難しかったです。 筋が見えるくらいに指で身を開いて微調整しておくと、次の行程がうまくいきやすかったです。 ささ身の筋をまな板側にし、最初に切れ目を入れた筋の部分を親指で押さえ、包丁の背をまな板に押し当てるようにして筋を抜きます ささみをひっくり返して包丁の刃の部分を上にして、包丁を横に動かしていきます。 刃の方を下にすると筋が切れてしまうので、刃が上なのがポイントなのだそうです。 刃が上なので最初は怖いですが、筋をひっぱるのではなく包丁をノコギリのようににギコギコしながらすべらせていくようにすると、それほど力を入れなくてもすべりだしていきました。 取れました。 感想:綺麗に取れたのは7割ほど。 悪くはなかった 切り込みアリで包丁で取る方法を試した結果、 綺麗にとれる成功率は約7割ほどといったところでした。 筋が見えにくかったり切り込みがうまく入っていないと、肉の部分まで一緒にはがれてしまうことがありました。 でも、大きくぐちゃぐちゃになるということはなかったです。 筋の入り方によっては動画のようにきれいにはいかないけれど、成功率から見れば悪くはなかったという感想でした。 手順は割り箸の隙間に筋を挟み、キッチンペーパで筋をもったら、割り箸をスライドさせます。 割り箸の食べ物をつかむ方の隙間に、筋を入れます。 筋を割り箸中央まで動かして・・ キッチンペーパーで筋を持ちます。 このキッチンペーパーというのがポイントで、素手で持つとうまく力が入らなかったです。 他の方法に比べて少ない力でスライドするので、あまり筋力の無い私でもやりやすかったです。 取れました。 感想:道具を使うけど比較的綺麗に取れて成功率も高い。 良かった。 筋の方にわずかに肉はついていますが、許容範囲でした。 他の方法に比べて力が必要ないので、力のない方や子どもでもできる所と、包丁を使わないので怖くないところが良かったです。 ただ、筋を取った後はこんな風に中央に空洞ができてしまうので、ささみの使い道によっては少し不格好になってしまうかもしれないという点がありました。 フォークだけで取る方法 4つ目はフォークを使ってスライドさせる方法です。 ただ筋をもって、フォークでスライドさせるだけなんですが・・・ かなり力を入れているのに動きません。 フォークが刺さったりしないか心配で、怖いです。 動いたと思ったら・・・ あ~っ・・ 失敗しました。 感想:力がいる上に成功しにくい。 もうやりたくない 試した方法の中で一番力が必要で、何本か試したものの一つも綺麗に抜けませんでした。 包丁を使わないとはいえ、思いっきり力を入れないと動かないので結局怖いです。 この方法はもうやりたくないと思いました。 フォーク+キッチンペーパーでとる方法 【この方法は2017年7月15日に新しく加筆しました。 】 そして、最後はフォーク+キッチンペーパーでとる方法です。 得する人損する人というテレビ番組で紹介していた方法をそのまま真似てみます。 キッチンペーパーでスジをつかみ、フォークの間にスジを入れて取り除く。 以前は割り箸で紹介した得ワザだが、 フォークの方がスジを固定し取りやすい。 引用元: 2017. 13 筋をキッチンペーパーでつかみます。 フォークの間に筋をいれます。 放送では、フォークはこのような向きになっていました。 横から見るとこのような状態になっています。 あとは動かしていくと・・ できました! 感想:割りばし同様成功率が高くて良い。 ただ、仕上がりの形が少し崩れる フォーク+キッチンペーパーなしだと力が必要でうまく取れなかったのですが、キッチンペーパーがある事であまり力がなくても動かすことができ、成功率も高かったです。 ただ、中にはこんな風に筋を取った後の形が崩れてしまうものもあった 感覚的には、割りばしよりも形が崩れるものが多い気がしました。 ので、ささみの使い方によっては気になる点になると思いました。 結論:ほぐしたりひと口大に切ってしまう場合なら「フォーク+キッチンペーパー」、綺麗さ重視なら、筋の取りやすそうなものを選んで「切り込みあり包丁」。 5つの方法を試してみて、成功率が高かったのはと、でした。 どちらもキッチンペーパーを使うことであまり力がなくても動かすことができ、いくつか試してみても大きく失敗してしまうものは一つもなかったです。 割りばしを使わなくても良いことを考えれば、フォーク+キッチンペーパーが一番手軽で良いといえるでしょう。 ただし、どちらの方法も筋を取った後の形に空洞ができたり、一部が裂けてしまうものがあったので 上:割り箸 下:フォーク+キッチンペーパー 、筋をとった後の形がそのまま出来上がりになるような、見た目を重視したいささみ料理の場合には、で切るのが見た目は一番きれいに出来上がりやすいのかなという感想でした。 ただし、私が試したときは切り込みあり包丁の成功率は7割ぐらいで、筋がみつけにくいものだとうまくいかないこともあったので、買うときに比較的筋が見えるているものを買うなどして成功率を高めるのが、見た目を重視する場合では今のところ一番期待できる方法ではないかなと思いました。 できればどんな筋の形でも失敗がなくて、ささみの形もきれいに出来上がるパーフェクトな方法があればいいのですが、今のところはまだそのような方法には辿りついていません。 今のところの私の結論は、「ほぐしたりするならフォーク+キッチンペーパー、そのまま使う場合には筋のとりやすそうなものを買ってきて切り込みアリ包丁で丁寧にとる、もしくは見た目が落ちてもフォークか割り箸でとる」となっています。 また新しい方法が見つかったら、追記していきたいと思います!.

次の

ささみのコンソメオイル蒸し*日持ちします(簡単な筋の取り方)

ささみ 筋 取り方

鶏ささみの加熱&だし取り 鶏ささみのゆで汁を美味しいスープに活用するには 『風味づけの"生姜"と"ねぎの青い部分"を一緒にゆでる』とよいです。 生姜は皮ごと薄切りに、ねぎは料理では少し使いづらい長ねぎ(白ねぎ)の青い部分を捨てずに取っておいて使用します。 はじめの水分量は、鶏ささみ2本に対して500ml。 鍋に水と生姜、ねぎを入れて火にかけ、沸いたら分量の塩とささみを投入します。 ささみを入れたら1分ほどぐつぐつと煮出し、それから火を止めます。 蓋をして余熱で7〜9分ほど蒸らして鶏ささみにふっくら火を通します。 時間がくれば鍋の中のものをすべて取り出し、粗熱が取れたら鶏ささみを粗くほぐします(このとき筋があれば取り除くとよいです)。 今回は 三つ葉とえのき茸を合わせました。 三つ葉は1〜2㎝幅に、えのきは2〜3㎝幅に切ります。 また、鍋に残ったゆで汁(出汁)はAの調味料を加えて味を調えておきます。 具材の準備ができたら、鍋を再び火にかけ、沸騰直前に鶏ささみと三つ葉、えのき茸を加えます。 具材に軽く火を通したら完成です。 椀に盛り付けてごまを振りかけます(ごまを指で軽くつぶしながら加えるとごまの香りが立ってくれます)。 具材のアレンジとしては、絹さや、セロリ、ブロッコリー、椎茸などのきのこ類、れんこん、じゃがいも、人参などでも。 火の通りづらいものは、ささみをゆでる時にいっしょに加えるか、ゆで汁だけになったときに先に火を通すか、などするとよいです。 仕上がりに加えるものとして、ごま以外に一味唐辛子や、風味づけにごま油やオリーブオイルなどの油を少量好みで加えても。 のページでは、塩の量と蒸らす時間が少し多く(長く)なっています。 これはあくまで鶏ささみにしっかり塩気をつけたかったり、ふっくら火を通したいという理由からです。 このページはあくまで 「ゆで汁をスープして美味しくする」ことを念頭にしているので、ちょっと違いがあります。

次の

【みんなが作ってる】 ささみ 筋の取り方のレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

ささみ 筋 取り方

高タンパク質で低脂肪、疲労回復や滋養強壮の効果もあるささみはダイエット中や身体を鍛えたいトレーニング中の方にもぴったりな健康にいい食材です。 最近では糖質を制限したダイエットをしている方も多く、そのような方はご飯の代わりにささみを食べるようですね。 もちろんそうでない方でも、旨味が多くしっとりと食べやすい鶏のささみは美味しくて好きな方も多いはず。 茹でたり蒸したりするだけでなく、焼いたりフライにしたりどんな料理にしても美味しい万能なささみ、糖質も脂質も低いとなれば女性に人気なのも頷けます。 今回はそんな ささみを柔らかく茹でる方法とゆで時間、下ごしらえや保存方法をまとめてみました。 スポンサーリンク 目次• ささみの下ごしらえ、筋の取り方は? あなたは、鶏肉のささみの筋はいつも取って調理していますか? 茹でてほぐすことが前提なら茹でる前に、筋取りをせず、ほぐす際についでに取ってしまうという方法もありますが、フライや焼き物にする場合や茹でた後、手っ取り早くほぐしてしまいたいと言う場合には、 筋を取ると食べやすく、 口当たりも良くなります。 またすじを残したままだと加熱した際に 身が縮んだりもするので、一手間かかりますが是非筋取りをしてみてください。 筋を切り落とさないよう気を付けながら少し包丁を上下させるような感じで移動させると取りやすいですよ。 ささみの筋を簡単に取る方法は フォークや割り箸を使ってもできます。 筋が持ちにくい時はキッチンペーパーなどを使うと滑りにくくなります。 はじめ引っ張るときには力が入りますが、取り始めるとするっと簡単に取れます。 どちらかの方法で試してみてくださいね。 ささみの茹で方、茹で時間は? ささみは火を通しすぎると瞬く間に パサパサになってしまい、美味しくなくなります。 しっとりと柔らかくする方法は、適度に中まで火を通すのであれば 余熱調理がおすすめです。 いつも茹でる度に固くなりすぎて失敗してしまうという方は是非試してみて下さい。 沸騰したら放置するのがポイントです。 この 茹で汁はスープにも使えます。 例えば、すりおろした生姜、酒と醤油などで味付けをして、ねぎやわかめ、溶き卵などの具材を入れれば立派な一品になりますよ。 ぜひ捨てずに活用してみて下さい。 ささみのほぐし方は、実が柔らかいので簡単にほぐすことができ、繊維に沿って指でさくか、フォークを使ってほぐします。 ほぐしたささみはサラダやバンバンジーにするとおいしいですね。 ポリ袋に入れたささみを袋の上から指でやさしく押しながら、ほぐしても手軽で衛生的ですよ。 スポンサーリンク 電子レンジでささみを調理、蒸す方法と加熱時間は? 鳥のささ身は電子レンジでも調理することができます。 ただし時間が長すぎると パサパサで身も固くなってしまうので注意が必要です。 茹でるときと同じように 余熱調理をすることで固くなりすぎません。 加熱が終わったら しばらく熱いのでささみやお皿を触るときは気を付けてくださいね。 電子レンジを使うと簡単でしかも時短になって便利ですね。 ラップは 2重にすると加熱中破裂しないのでおすすめです。 お肉を柔らかくする方法、ご存知ですか?重曹や炭酸水など、いろいろな方法で柔らかくできますよ。 冷蔵庫での保存の仕方は、そのまま保存でもいいのですが、少し長持ちさせたい場合は、パックから取り出し、ドリップ(肉汁)をキッチンペーパーで拭き取ってラップで包み、保存用袋に入れて冷蔵庫のできれば チルド室に入れて保管します。 チルド室で保管すると 1,2日長く日持ちしますが、おいしく食べるためには賞味期限内に使いきりましょう。 また、ささみは 冷凍保存も可能です。 冷凍庫での保存法は、先に下ごしらえの筋取りをしておくと使う時に便利です。 筋トレなどでしょっちゅうささみを食べる方は冷凍保存しておくと便利ですね。 冷凍の保存の仕方は、筋取りをしたささみを観音開きにして 厚みを均一化し、ラップで包みフリーザーバッグに入れて冷凍庫で保存します。 保存期間は2~3週間可能です。 冷凍ささみの使い方は冷蔵庫で 自然解凍させるか、 生の時と同じ茹で方で茹でて調理します。 また、 茹でてほぐしたささみも冷凍保存ができます。 パサパサするのが気になるようであれば茹で汁も少し一緒にフリーザーバッグに入れて、冷凍をするのがおすすめです。 冷凍庫での 保存期間は3~4週間ほどで、冷蔵庫で保存をするのであれば 大体3~4日で使い切るようにしましょう。 茹でてほぐしたささみの食べ方は、塩もみをしたきゅうりと共にマヨネーズに和えて サンドウィッチの具材にしたり、 バンバンジーにしたり 酢の物に入れても美味しいですよ。 ほぐしたささみは冷凍しておくと使い勝手がよく、保存期間も伸びるのでおすすめです。 スポンサーリンク まとめ 茹でてほぐしたささみをたっぷりの野菜にのせるだけで、いつものサラダがちょっと豪華になるささみ。 大葉やチーズを挟んでフライにしても、梅を挟んで焼いても美味しく、薄い削ぎ切りにすればしゃぶしゃぶや炒め物にだってできますね。 ささみの美味しさは 火加減で大きく左右されてしまいがちですので 加熱しすぎないよう注意してしっとりジューシーなささみを頂いて下さいね。

次の