デトックス スープ ダイエット。 【デトックススープのレシピ10選】ダイエット効果もうれしい!|おすすめ食材やダイエット中の食べ方などもご紹介します!

【体験談】デトックススープダイエットで1週間5kg減!効果と自己流レシピ

デトックス スープ ダイエット

うわさの「野菜スープ」はホントに脂肪燃焼に効果的なのか 痩せる! 今年の夏は痩せる! 言うのは簡単だが、中年が痩せるのは本当に難しい。 しかし あっさり簡単にやせてしまう方法があるというのだ。 それがこのスープ。 ただの野菜スープにしか見えないが、飲んだ人は1週間で7キロ痩せたというのだ。 なんだそれ? あぶない薬のスープか? 痩せたのは、 さん。 シンガーソングライターの癖に178センチで87㎏もあった体重を1週間で7キロ、さらに10日かけてトータル12キロ落としたという。 マジですか。 吉原さんがベースにしたのが「1週間脂肪燃焼ダイエット」。 ダイエットに挫折しまくっている人の間では有名なダイエット法である。 1週間の食事を以下の通りに制限する。 1日目 野菜スープ飲み放題、果物食べ放題• 2日目 野菜スープ飲み放題、野菜食べ放題• 3日目 野菜スープ飲み放題、野菜・果物食べ放題• 4日目 野菜スープ飲み放題、バナナ3本とスキムミルク• 5日目 野菜スープ飲み放題、肉350~700g、トマト最大6個• 6日目 野菜スープ飲み放題、肉350~700g、野菜食べ放題• 7日目 野菜スープ飲み放題、玄米、野菜食べ放題 アメリカで太り過ぎて手術できない人を強制的に痩せさせるためのプログラムで、ポイントは野菜スープ。 もともとの名称はキャベツスープダイエットというだけあって、キャベツプラス他の野菜でスープを作る。 野菜スープのカロリーは1食分で100キロカロリー程度。 少々食べても1,000キロカロリーにもならない。 成人男性の1日の基礎代謝量は1,500~2,000キロカロリーといわれているので、差し引き分だけ痩せることになる。 とうもろこしや根菜類、イモ類は使用禁止。 つまりは糖分禁止。 最近はやりの糖質制限ダイエットの一種と考えればいい。 カロリーを極端に落とすと筋肉を消費してしまうので、たんぱく質の補充は必須だ。 脂肪の燃焼が始まるのが3~4日目。 糖質が足りない分を、脂肪からケトン体を作って補うようになる。 脳がブドウ糖もしくは代替物のケトン体しか栄養にできないためだ。 それでも足りないから筋肉を分解してエネルギーに変える。 そういう点で、たんぱく質の消費が始まる5日目から肉を食べるというのは理にかなっている。 「私はこれにあるものを加えて、真・脂肪燃焼スープに改良したのです」 と自慢げに吉原さん。 加えたのはココナツオイル? そういやありましたね、ココナツオイルダイエット。 あれさ、痩せるどころか太ったよ? 「パンに塗ったらダメですよ」 バターの代わりに使うんじゃないの? 違うの? ちょっとでいいんですか。 使いすぎるとダメですか。 吉原さん曰く、ココナツオイルのような中鎖脂肪酸は脂肪を分解、血管にも良いとのこと。 ココナツオイルを加えることで、キャベツスープが文字通りの脂肪燃焼スープになるという。 でも7キロ減は大げさ……まあいい、やってみましょう! さっそく野菜スープをつくってみる というわけでスープの材料はこちら。 玉ねぎ 1個• セロリ 1本• キャベツ 半玉• トマト缶 1缶• にんじん 1本• ピーマン 2個• マッシュルーム 4~5個• ココナツオイル 大さじ1• 水 適量• 唐辛子 1本• コンソメスープの素 1個• 塩コショウ 適量 玉ねぎは皮をむいて千切り。 茶色の皮もとっておく。 野菜のきれっぱなしを煮て、ダシを取るのだ(面倒な人はやらなくていいです)。 にんじんも皮をむき、適当なサイズに切る。 根っこや皮は全部鍋に放り込んで煮る。 キャベツも根っこと表皮をとって鍋へ。 本体は5~6つにざく切り。 セロリの葉っぱは折ってそのまま鍋へ。 グツグツと中火で煮る。 マッシュルームは千切りに。 脂肪がケトン体に変わって消費され始めると、独特の妙な体臭がする。 体が臭い。 なのでマッシュルーム。 体臭を抑える働きがあるのだ。 準備完了。 玉ねぎと他の野菜は分けておく。 ココナツオイルを大さじ1杯。 フライパンで熱し、 中火にして玉ねぎを投入。 茶色になるまで辛抱強く炒める。 煮ていた野菜くずをこす。 厚手のクッキングペーパーを網に敷き、こせ上等な野菜スープの出来あがり。 トマト缶を加える。 ホールでもカットでもいい。 とうがらしを一本入れておきたい。 とうがらしの辛味で食欲が増す。 さらに、コンソメスープの素を入れた方がおいしい。 自分の体重を測ってみる さて。 初日の体重は86. 9kg。 重すぎる。 写真も撮ったが、醜悪なので掲載取りやめ(笑)。 怖いな、まるで父親にそっくりだ。 遺伝子が怖い。 ココナツオイルが効いていて、思ったほどおなかはすかない。 そりゃ多少はすきますけどね、当たり前だけど。 逆に考えると、ココナツオイルのカロリー分だけ痩せにくくなるってことか? 2日目、3日目。 そう簡単に減るものではないらしい。 4日目。 急に体重が減ったが、いまの精神状態としては「食べ物のことしか考えられない」。 ただし、恐ろしい量の野菜を食べているから、おなかがすいているわけではなく、糖質の問題らしい。 脳が栄養にするブドウ糖が足りず、いわば「脳のおなかが減っている状態」なのだ。 トマトスープに飽きたので、新しくエスニックなスープを作る。 キャベツ1玉、ブロッコリー1株、トマト3個、セロリ1本、玉ねぎ1個、たけのこ1個、マイタケ2パックとマッシュルーム1パックはダシ代わりにミキサーでみじんにして加えて、これを煮ると6リットルの鍋がいっぱいに。 タケノコは糖質が低いのだ。 歯ごたえ大事。 唐辛子とナンプラーで食べるとエスニックでとてもうまい。 うまいなあとお代わりしていたら、夕方までに9割方、食べ尽くしてしまった。 夜、トイレに何度も起きる。 スープも含め、すごい量の水分を取っているので仕方ない。 スープにはマイタケも入れているので、おなかも緩くなるし、液体と野菜ばかりなのだから当然だろう。 これが女性誌だと、「デトックス」とかいうんだろうな。 5日目。 25㎏。 5㎏減は順調と言えるか? 全然見かけは変わらないけど。 空腹でイラつき、困った。 どうにも仕事が手につかない。 5日目と6日目は肉を食べていい。 肉は最大700グラムまでで、脂肪分の少ないものを。 あとはスープとトマト。 なんでトマト? 朝飯に白ワインに漬けていた豚の赤身を150グラムほど食べたが、余計にお腹がすいた気がする。 6日目。 75㎏。 食べた肉の分だけきっちり戻ってないか? いいのか? 食べてもいいというから、ここで肉を食べる。 450グラムのステーキだ。 おにぎりでも食べるみたいにあっという間になくなり、ガッカリ。 7日目。 95㎏。 ほらあ、肉を食べた分だけ戻ったじゃないか! もともとのキャベツスープダイエットでは、最終日は野菜スープと野菜のみ。 玄米なんてアメリカ人は食べない。 なので野菜スープのみで過ごしてみたが、結果はこのとおり。 どだい1週間で7キロ減なんてのは無茶な話なのだ。 それにしても、2キロしか落ちなかったのは残念だ。 もうちょっとがんばってほしかったな。 そして、この「1週間ダイエット」を終えてもとの食事に戻したら、3日で1キロ戻してしまった。 最終的には1キロしか体重が減っていないという厳しい現実が待ち受けていた。 そういうわけで現在は2巡目に入り、85キロという状況である。 短期間で落とした体重は、短期間で戻る。 気長に野菜スープと付き合っていくしかなさそうである。 すべての方が同様の結果になるとは限りません。

次の

デトックススープで毒出し宣言!代謝を上げて痩せやすい体質へ

デトックス スープ ダイエット

スザンヌが考案したデトックススープ 出典: デトックススープを飲みながら脂肪燃焼 スザンヌは、独自のレシピで「デトックススープ」を作り、それを飲み続けることでダイエットを成功させました。 彼女のデトックススープはバラエティ番組「深イイ話」でも取り上げられ、女性を中心に簡単で効果が高いと話題になりました。 彼女が考案したデトックススープは、食物繊維や脂肪燃焼の高い食材で作られていて、効率的にダイエット効果を得ることが出来ます。 スープに使う食材はすべて、年中スーパーで買うことが出来るので、すぐに始めることが出来ます。 また、スープは冷凍保存も可能なので、時間的にも手間を掛けずに続けることが出来る、とてもオススメなダイエットです。 デトックススープの効果 スザンヌ考案のデトックススープは、基礎代謝を上げるので、体内の脂肪を燃焼し太りにくい体質になれます。 食物繊維が豊富なので、便秘も解消でき、ぽっこりしたお腹周りもスッキリさせます。 食べれば食べるほど脂肪が燃焼出来るだけではなく、野菜も多く含まれているので、栄養不足の心配もありません。 また、スープ自体が温かいので、リラックス効果や冷え症の改善にも効果があります。 美容面でも効果が期待出来て、ニキビや吹き出物が出来るのを防ぎ、肌を綺麗にします。 ダイエット効果だけではなく、栄養面もカバーできて美容効果も高いのは、女性にとっても嬉しいですよね。 スザンヌ流デトックススープのダイエットプラン 出典: デトックススープのレシピとアレンジ それでは、スザンヌ考案のデトックススープとはどのようなレシピで作られているのでしょうか。 材料は、• 玉ねぎ3個• ピーマン1個• キャベツ半玉• 鶏ささみ3切• しょうが1片• ホールトマト1缶• チキンスープの素1個に水2000㏄ という野菜たっぷりの材料です。 まず、野菜を食べやすい大きさに切って、その後10分間煮ます。 この時、もし苦手な食材があれば、細かく切ることで飲みやすくなるので、試してみてください。 味付けは自由で、塩コショウやカレーパウダーなどが飲みやすくてオススメです。 ダイエット関係なく、味自体もとても美味しいですし、具だくさんで腹持ちもするスープになります。 基本的に調味料は自由に決めて問題ないですが、砂糖などの糖分は入れすぎると肥満に繋がるので、あまり入れないよう注意しましょう。 調味料を工夫したり、具材をより足してアレンジしても楽しいので、是非試してみてください。 スザンヌは、このスープを1日1食は必ず飲むように心がけ、それ以外の2食は好きな食事を摂っていました。 この方法なら、食事面でも大きなストレスなく毎日続けられそうです。 それから、スザンヌは、その他の飲み物でも糖分を摂らないように心がけていました。 お酒も頻繁に飲まないように気を付けて、水やお茶、コーヒーはブラックで飲むように心がけ、豆乳も時々摂っていました。 毎日の食生活の中で無理せずダイエットを実践した結果、成功することが出来ました。 ダイエット結果 オリジナルのデトックススープをダイエットに取り入れた結果、スザンヌは 1ヶ月で7,1㎏、ウエストはマイナス17㎝のダイエットに成功しました。 1週間でも3㎏のダイエットに成功出来ました。 短期間で効果が表れるのは嬉しいですよね。 効率良く代謝を上げることが出来るので、腹筋、背筋なども一緒に行うとよりくびれも出来て、姿勢も良くなるのでオススメです。 是非一緒に取り入れてより多くの効果を実感してみてください。 ダイエットに成功したスザンヌ、テレビでレシピを紹介したことをキッカケに、多くの女性がその効果を実感出来ています。 一回多めに作っておくだけで、効率よく毎日飲むことが出来るので、仕事や育児が忙しくてなかなかダイエットに取り組めないという方でも、始めやすい方法です。 短期間でも効果が出やすいので、まずは2~3週間試しに実践してみてください。 歳を重ねるごとに可愛さと美しさを増していくスザンヌさん。 これからもどう活躍していくのか楽しみですね。 まとめ 以上、スザンヌが実践した「デトックススープ」を取り入れたダイエット方法のご紹介でした。 このダイエット方法は、使う野菜の栄養価も豊富なので、ダイエット効果だけではなく、美容や健康にも効果が高い、女性にとって嬉しいダイエット方法です。 毎日続けて飲むものなので、自分なりにアレンジを加えて、楽しく取り組んでくださいね。 手軽に作れるデトックススープを活用して、効率的かつ美容面でも、その効果を1日でも早く実感していきましょう。 芸能人のダイエット一覧 -.

次の

スープダイエットの注意点 下痢と頭痛の副作用

デトックス スープ ダイエット

脂肪燃焼デトックススープとは、数種類の野菜を煮込んだ低カロリーのスープのことです。 スープ1杯分のカロリーは約80~100kcal、多めに2杯分よそっても200kcal。 1日に3食食べても300~600kcalと低カロリーですが、たっぷりの野菜を煮込んであるので、スープ1杯でも満腹になります。 デトックス効果が期待できる! このスープの特徴は、何といってもデトックス効果です。 体の中に溜まった老廃物などの毒出しが可能になり、その後に食べる野菜やフルーツなどの栄養分を吸収しやすくしてくれます。 スープに入っているトマトのリコピンは美肌効果もあるので、毎日飲むと肌がきれいになることも期待できるそうです。 そんな脂肪燃焼デトックススープダイエットに、私もチャレンジしてみました! 煮込むだけ!脂肪燃焼デトックススープの簡単レシピ まずは、脂肪燃焼デトックススープの作り方をご紹介します。 野菜を全て入れ、トマト缶、コンソメを入れて野菜がクタクタになるまで20分煮込む。 大きなお鍋で一気に煮込むだけなので、本当に簡単です。 ちなみに私は、このトマト缶の中身にニンニクを加えて煮込みました。 私にとっては飲みやすいスープだと感じたのですが、トマトそのものや、トマト缶独特のドロッとした食感が苦手な方には、毎日この脂肪燃焼デトックススープを摂るのはきついかもしれません。 脂肪燃焼デトックススープダイエットは、1週間限定のダイエット法です。 短い期間で効果を出すためには、以下のルールを守って行うことが大切になってきます。 スープは1日3食だけでなく、お腹が空いたら飲んで良し。 決まったルールを守って食事に食材をプラスする。 小麦粉を使った食べ物(パンやパスタなど)は食べない。 アルコールは飲まない。 飲んでもいいのは水、加糖無しのブラックコーヒー、お茶、100%果汁ジュースのみ。 砂糖を使った甘い食べ物は食べない。 肉を食べる日は、牛肉以外の場合は豚肉の赤身肉を食べる。 鶏肉は全て皮を取る。 油で炒めることは絶対にしない。 肉以外の場合は煮魚を食べる。 スープと合わせるメニューは、前半はフルーツ多め、後半は野菜が多めなど、日によって変える必要がある面倒もあります。 1週間の食事スケジュール いよいよ1週間のダイエット生活が始まりました。 脂肪燃焼デトックススープは毎日、毎食食べますが、合わせて食べて良いメニューは、日によって異なります。 1週間のダイエット期間で私が食べたメニューを箇条書きでまとめてみました。 1日目:スープとフルーツだけの日• フルーツはバナナ以外であれば何でも良い。 キウイを6個。 私はオレンジジュースを用意。 2日目:野菜とスープだけの日• 野菜を買うのが面倒だったため、スープを大きめのカップで3食。 お腹いっぱいになる。 夕食時はベイクドポテトを食べても良い。 じゃがいもを中2個を茹でてコショウで味付け。 3日目:フルーツと野菜とスープの日• この日は、ベイクドポテトを食べてはいけない決まり。 フルーツ、野菜、スープは好きなだけ食べて良いというのがルール。 1日目と変わらずフルーツはキウイを1食に1個。 昼食にはリンゴを1個追加。 野菜も変わらずスープのみ。 4日目:スープとバナナとスキムミルクの日• バナナは3本食べるのがルール。 スキムミルクは水に溶かして500ml飲む。 この日は水をいつもより多めに飲むことも忘れずに。 5日目:スープとトマトと肉の日• トマトは6個までのルール。 トマト大3個を用意し、1食につき1個。 肉は牛肉、豚肉赤身、皮無し鶏肉、(肉以外であれば煮魚)のどれかを350~700g食べること。 「これで痩せるのなら」と奮発して普段は食べない牛肉を500gを購入。 油をひかずに塩とコショウのみで味付け。 6日目:スープと野菜と牛肉の日• 少なくてもカップ1杯はスープを飲むこと。 この日は牛肉限定。 牛肉の量は制限無しでどれだけ食べても良い。 5日目と同じく、牛肉500gを塩とコショウで食べる。 野菜はベイクドポテト以外なら何でも良い。 スープに入っている野菜にも飽きてきたので、好きなブロッコリーを茹でてスープに追加。 7日目:スープと野菜と玄米とフルーツジュースの日• 少なくてもカップ1杯はスープを飲むこと。 玄米は、1食ごとにレンジで温めたらすぐに食べられるものを3食分購入。 野菜は6日目に食べたブロッコリーをまたスープに加えて飲む。 オレンジジュースに飽きてきたのでグレープジュースも追加。 脂肪燃焼デトックススープダイエットの効果は? 2kgの減量に成功! 脂肪燃焼デトックススープダイエットに1週間挑戦した結果、落ちた体重は2kgでした。 ダイエットを始めて1日目は-1. 7kgでしたが、その後3日目から停滞期に入ってしまい、結果として1週間で落ちた体重はわずか2kgでした。 1週間で7kgも体重が落ちた人がいると聞いて期待していたので、痩せはしたものの結果としては残念でした。 効果には個人差が出やすいのかもしれません。 体が温まり代謝アップ! しかし一方で、デトックス効果は確かに感じられました。 ベースが温かいトマトスープなので、体全体が温まり、代謝も良くなりました。 食事を抜かずに短期間で痩せたい人におすすめ! 脂肪燃焼デトックススープダイエットは、効果の大きさには個人差があるものの、1週間という短期間で痩せたい人にはおすすめのダイエット法だと思いました。 食事を抜かず、お肉も食べながら痩せることができるので、食べるのが好きだけど痩せたい!という人にも向いていますよ。 私は2kg減という結果でしたが、ダイエット後半でしっかり食べてしまった玄米の量を少なくしたり、野菜の日にもっと多くの野菜を摂るようにしていたら、さらに高い効果が期待できたのでは?と思っています。 次に挑戦する時には、今回のチャレンジの反省点を生かしてみようと思います!.

次の