夏休み 計画表。 夏休みの宿題がサクサク進む計画表の作り方【小学生 夏休みの宿題バッチリ大作戦! 第3回】

夏休みのカレンダー、学習計画表、学習記録

夏休み 計画表

夏休みの過ごし方 夏休みを有効に使うためには計画が大切です。 学校や予備校でも、計画を立てて勉強しなさいと言われる人も多いのではないでしょうか。 それでも、計画を立てるのが苦手な人もいますよね。 大まかな学習計画を立てる 私もそのようなタイプでしたが、河合塾のチューター(進学アドバイザー)から、「毎日の計画を立てるのではなく、大まかな計画を立ててみてはどうか?」というアドバイスもらいました。 そこで私は、「夏休み中にこの範囲の復習をする」という大まかな計画を立て、毎日の細かな計画は立てませんでした。 模試を計画の一区切りに 計画を立てるうえで、8月初頭にあるを一つの区切りとしました。 マーク模試まではセンター試験の勉強に自習時間のほとんどを使い、マーク模試の復習が終わり次第、二次試験の勉強を中心に計画しました。 これは、夏休み後はセンター試験の勉強を中心に計画を立てていたので、夏休みの間に二次試験の勉強を固めておこうと考えたからです。 マーク模試までの期間は、特に学校で全範囲の勉強が終えたばかりの物理・化学と地理に力を入れ、苦手分野を克服できるように勉強することにしました。 物理は電磁気、化学は有機無機、地理は全範囲を一通り見ることを目標にしました。 しかし、7月中旬に部活の全国大会があったり、学校の授業も7月末まであったため、思うようにセンター試験の勉強ができませんでした。 そのため、 マーク模試でも思うように点数が取れず、8月の計画を見直すことにしました。 模試の結果を活かした勉強 私はの受講講座が5タームにまとまっていたので、それまではセンター試験の勉強をすることに計画を変更しました。 模試の自己採点の結果から、どの分野が勉強不足なのかよくわかったので、 模試の復習をしたうえで、点数の取れていない範囲の勉強をすることにしました。 物理と化学は今までの河合塾の通常授業のテキストを使用しました。 各項の説明や板書を見直したうえで問題を解きました。 この勉強方法だと二次試験の勉強も兼ねることができたので良かったです。 夏期講習で苦手分野を克服 また、夏期講習の講座のとり方もよく考えたうえで決めました。 夏期講習は分野別になっている講座が多いので、苦手分野を克服するとても良いタイミングだと思います。 私は地方大学の医学部をめざしており、英語は二次試験で長文読解問題しか出ない大学が多いため、長文読解に絞った講座を受講しました。 また、数学は全範囲の授業を取ったうえで、苦手な微積の講座を取ることにしました。 物理と化学は苦手分野の克服を夏休みの目標にしていたので、苦手分野の電磁気と有機に絞った講座を受講しました。 何を重視して講座を選ぶか 私が夏期講習の講座を選ぶうえで一番重要視したのは講師でした。 各校舎で同じ講座が開講されていたりしますが、自分がわかりやすいと思う講師の授業を受けるようにしていました。 その結果、1日に3校舎を移動するスケジュールになり、周りの友人からは無駄だと言われることもありましたが、自分のモチベーションに繋がりますし、リフレッシュにもなりました。 何に重きを置くかを考えて夏期講習の授業を組むと良いと思います。 約40日もあると思っていると、すぐに終わってしまう夏休み。 1日1日を大切に、満足のいく勉強ができるよう計画を大事にしましょう。 夏期講習で受講した講座一覧 【英語】• 【数学】• 【理科】• トップ・ハイレベル物理(電磁気)• トップ・ハイレベル化学(有機演習) 夏休みの学習計画 計画を立てるときのポイント 8月初めにあるを基準として計画を立てました。 当初は、センター試験対策はマーク模試までの期間にやる予定でしたが、模試の出来を見て計画を変更しました。 一度立てた計画だからと意地にならず、臨機応変に対応することが夏休みを有意義に過ごすうえで大切であると思いました。 二次試験対策については、今までに解いたことのある問題の解き直しをするようにしました。 何がまだ身についていないのかよくわかるので、やみくもに問題をこなすよりも効率が良いと感じました。 学習計画表• 授業・講習• 基本的に5日間で1タームとなります。 1日のスケジュール•

次の

本当に使える夏休みの計画表はこれ!「宿題バッチリ☆カレンダー」

夏休み 計画表

ポイント そのためにも夏休みには「毎日の勉強計画を立てる」ということを行ってほしいと思います。 毎日のやるべきことを明確化することによって「今日は何をしよう」と悩んでいることもなくなりますし、モチベーションの維持にもつながります。 いままで勉強計画を立ててきた人はもちろん、立てていなかった人もこの機会に夏休みの勉強計画を立ててしまいましょう。 夏休みの勉強計画・スケジュールの立て方 ここでは具体的な夏休みの計画の立て方について手順を追って1から説明していきます。 この部分は決して省略してはいけないので必ず決めてください。 目標が決まっていないと何をすればいいかがいまいち明確にならず、結局勉強計画も曖昧なものになってしまいます。 それでは成績も上がる可能性は低いでしょう。 自分には何が足りないのかを確認してください。 「英語の単語力が足りない」、「数学の実力がつけられていない」など、いろいろ足りていない部分があると思います。 では、その部分を埋めて目標を達成するためには何をすればいいのかを紙に書き出してください。 この『紙に書き出す』ことはかなり重要です。 紙に書き出すことで考えを整理することができ、やるべきことを正確に決めていくことができます。 例えば、問題集を終わらせることがやるべきことでそれが50ページあったとすると、10日かけて行うと決めたら1日5ページ進めればいいことになります。 このようにやらなけれなならないことを細かくすることで1日にやらなければならないことが決まっていきます。 これで夏休みの勉強計画は完成します。 ここで注意してほしいことは「日曜日は勉強計画を入れない」ということです。 今までの経験から分かる人もいるかもしれませんが計画通りにうまくいく可能性はかなり低いです。 その原因としては1日やるべきことを入れすぎて途中であきらめてしまうからなのです。 計画を立てた直後はモチベーションも高く厳しい勉強計画を立てがちです。 しかし、その計画も実行できなければ全く意味がないので日曜日は休憩日にして勉強を継続できるようにしましょう。 計画は立てた際は「絶対に勉強計画通りに進めるぞ!」と意気込んでいる人が多いのですが、実際はまず勉強計画通りにいかないでしょう。 これは仕方のないことです。 なので、計画通りに進めるやる気も大事ですが、計画通りにいかなかったときに修正を加えやすいような計画にしておくこともかなり重要なことです。

次の

夏休みの計画は柔軟に見直す

夏休み 計画表

【東大生作】22の勉強計画テンプレート!成績のあがる学習計画表が作れる! 皆さんこんにちは! 勉強計画作りで悩む受験生「学習、勉強の計画って自分だと作りづらい・・・。 効率的な勉強計画が作れる表とかテンプレートがあればなあ。 」 こんな悩みに答えます。 今回は東大生が使っていた、 勉強計画のテンプレート22種類を無料公開しています。 有効活用してください。 ご迷惑をおかけいたします。 ご迷惑をおかけします。 PDCAサイクルを回す極意も併せて紹介しているのでぜひ参考にしてください。 ご迷惑をおかけします。 ご迷惑をおかけします。 ご迷惑をおかけします。 それが以下の図になります。 結論は【逆算】が大切です。 東大BKKは、【勉強計画】と【東大受験】に特化したwebメディアです。 ライターも現役東大生で構成されており、サイト内にはオリジナルコンテンツを豊富に揃えています。 ぜひこれからも東大BKKをよろしくお願いします! 自分だけの勉強計画が 欲しい人へ 受験に必要なのは信頼できる先生でも塾でもありません。 合格から逆算した勉強計画です。

次の